FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「隠された記憶」~DVD

2008-02-05-Tue
最近DVDレンタル店に行くと「このディスクには日本語吹替版が入っていません」みたいなラベルがあるのが増えているような気がするのですが、そんなことはありませんか? 以前から(テープの時代から)もちろんあったのでしょうけれど、ま、最近目立つなぁと思います。そこまでしていろんな作品を紹介してくれるのはありがたいことだと思いますけれど。

さて、この「隠された記憶」には、そんなラベルが貼られていませんでしたが、どういうわけか、わたしの借りてきたものは日本語モードにできませんでした。こういうときはちと困ります。集中して字幕を追うのは、やはりちと、いろいろ疲れます(特に目が)。特にこの作品は、じっくり見ないとならないような気がしてくるので、よけい(笑)。

隠された記憶
隠された記憶
posted with amazlet on 08.02.05
タキコーポレーション (2006/10/06)
売り上げランキング: 29830
おすすめ度の平均: 3.5
4 面白かったけど
1 監督ありき
5 隠された記憶そして悪意

 → 公式ページ

パッケージに「全世界を震撼させた衝撃のラストシーン」みたいなことが書いてあったのです。「震撼」だったか「驚愕」だったか、「ラストシーン」だったか「ラストカット」だったか忘れましたが、とにかく、「最後のシーンは衝撃的」みたいなことがあったので借りてきました。2006年度のカンヌの監督賞ほか3部門の受賞作でもあるようなので。

ストーリーは大雑把に言えば、夫ジョルジュはテレビの人気キャスター、妻アンは出版関係の編集者かなにかで、ともに、ま、知的で責任ある仕事をして成功しています。息子ピエロは、素直でいい子。ま、そういう平凡というよりは、むしろ、幸福で「勝ち組」の家族なんですが、そこに、いたずらとも思えるあるビデオテープが届きます。

映っているのはある朝のジョルジュの家を前から撮ったシーンです。対面する道路のどこか見通せる位置から、ただずっと、延々2時間あまりに渡って撮り続けているだけのものです。早回ししても特に何もこれというものは映っていなくて、ジョルジュの出勤していく姿が映っています。もちろんそれは一時で、その前後合計2時間余りは、なんの変哲もない普通のどこにでもある街角を映したものと言っても言いすぎではありません。ただ、それが、本人のところに、差出人不明で届けられるから、ちと不気味なんですね。そして、一枚の絵が添えられています。

黒いクレヨンで、幼稚園児が描くような線だけで人の顔が描いてあって、赤いクレヨンで血を吐いているかのように塗りつけられている……。絵は幼稚なタッチの落書き的な絵なのですが、内容的には過激です。警察に行ってもとりあってもらえません。「何か被害があったら言って」と。ま、日本の警察も同じですね。


これだけで場面設定としては充分おもしろいと思いますが、役者の演技というか、監督の演出というのか、字幕なのか気にならないくらい(笑)、見入ってしまいます。おもしろいです。家族の仕事ぶりや生活を描きながら、この気味の悪いテープと落書きはなんだろうという不安を描きながら、また、別のテープが届く。そうして、やがて、ジョルジュは、自分の過去、それも少年時代にあるアルジェリア人の男マジットとかかわったことを思い出すのです。それにはある時テープとともに送られてきた一枚の決定的な絵がその記憶に直結しているわけです。

マジットへの疑惑が一気に膨らみます。犯人はマジットで、成功したジョルジュを妬み、あのときのことをお前は忘れているのかと、一種脅かされているような追いつめられた気持ちになるわけですね。ネタバレの可能性ありたぶん、それがこの邦題の「隠された記憶」ってことなんだと思います。今では成功した男の、過去の、ちょっとした子供じみた素朴な感情からついたウソというか、裏切りというか、罠が、ま、子供じみた素朴な感情からのものだけれど、やられた側には大きな痛手になることがあるというか。いわゆるイジメ問題や「差別」もそんなところがあるかもしれません。無知というか、無邪気というか、素朴というか、その瞬間には別の事情から相手に対して腹を立てたり、妬んだりしたのだけれど、でも相手に向けて責める言葉はその事情ではなくて、最も相手が嫌がる弱点だったりすることもありますよね。また、ほんとうに子どもっぽい無理からぬ衝動からおきた振る舞いが、弱者にとってはたった一筋の光明を奪ってしまうってこともあるわけです。ジョルジュがマジットに過去にしてしまったことはこういう類のことだったわけです。ジョルジュにとっては後味の悪い、ちょっとしたウソが、マジットにとっては一生を左右するようなできごと

そして、おそらくそれが根底にあって、今回の「嫌がらせテープの送付事件」は起きているだろうことは、観客にもわかります。ジョルジュはマジットのアパートを訪ねて行き、マジットと直接対峙しますがマジットは自分がやったとは白状しません。むしろこのことが、もっとジョルジュを驚かせる結果につながっていくわけです。

いろんな要素を絡ませながら、謎が謎を呼ぶ展開になるわけですが、けっきょく、このテープによって、ジョルジュは成功の陰で忘れようとしていたマジットへの仕打ちには向かい合うことになります。たぶん、それがテープ送り主の目的だったんでしょう。今ではテレビで人気キャスターになっている彼に、つまり、社会に対していっぱしの意見が言える立場になったジョルジュにこそ思い出してもらいたいという気持ちだったのだと思います。自らの過去、そうして、謝罪や懺悔を求めたのかもしれません。しかしそうではなくて、あるいは、今の彼の力で、マイノリティを救ってもらいたいというメッセージだったのではないかとも、わたしには思えます。

ジョルジュがそうであったように、軽はずみな言動は予想外の結末を招く場合があります。テープの送り主にしたところで、どこまで計画通りに運ぶのか、それはわかりません。どこまでが意図されたもので、どこが計算違いで、プラスアルファ(マイナスアルファ?)だったのかもわかりません。どちらが主犯格だったのかはわかりませんが、ある二人が関係者で、おそらく協議の上でテープを撮り、テープを送ったのだろうということは、「衝撃のラストシーン」で一応はわかります。

この作品からメッセージがあるとすれば、成功者よ、自分の胸に手を当てて過去を振り返れ。懺悔せよ。そして、その自分の今の力を使って、その償いを社会に対してなせということなのだと解釈したいと思います。けっして、人を呪わば穴二つなんてレベルじゃなくて。

ま、結末のスッキリ感じはありますが、見ていて席を立てなくなる作品です。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



FC2ブログ登録210万人に贈る、ユーザフォーラム雑感~週別集計

2008-02-05-Tue
FC2ユーザフォーラムに「FC2ブログの現在の登録者数を教えて下さい>FC2スタッフ」というスレッドがあります。

これは、以前わたしが質問ボードに書いたのですが、どうも不適切ということで雑談ボードに移転されました。このトピックはFC2ブログに対しての歴とした質問です。また、FC2ブログのユーザの中には、FC2ブログの中の人もいらっしゃいまいて、実際、「FC2::Developer'sBlog」というブログを書いていらっしゃるのです。つまり、つまり「中の人兼ユーザ」って人もいるってわけです。その人がわかる範囲で答えてくれれば、なんらユーザフォーラムの趣旨に違わないと思うのですが、ま、こちらも「>FC2スタッフ」とタイトルでスタッフを召喚して、そこが主旨にあわないと言われれば、ま、さようですかとも思うので、ま、クレーム書くのはやめておきました。それに雑談ボードであれば、漫然とした今後雑談につながっても構わないので。

上にも書きましたように、正直ちょっとクレームを書きたかったのですけれど、ま、楽しむためにやっていると思っていますし、他のユーザーとも、管理者ともうまくつき合いたいと思ていますし、相手の立場も理解しますのでそのまんま飲み込みましたが、時に、そうでなくて直接クレームをフォーラムに書いてしまわれる方がいらっしゃいます。たとえば、これ。
 → ユーザフォーラム:「なぜ、断りなく記事を移動させるのですか?

ユーザフォーラムにおけるモデレータをシステム的に明示する(該当ボードのモデレータはユーザ名の下に「★フォーラムモデレーター」と表示されるようになった)きっかけとなった歴史的スレということができると思います。それにしても、「大佐」「大尉」といった軍隊に由来する称号をつけたりするのは前から否定的でしたし、本人のキャラや希望を無視して「★フォーラム@(・∀ ・)ノ」などというのも疑問には思っていたが、ま、単なるお遊びで楽しんでいらっしゃる方もいたので、以前意見を撤回した記憶があるにはあるのですが、そこがどうも、ちとこじれる原因になったようです。

このスレ読んでいて不思議だったのは、そもそも元になったスレ(→「エラーメッセージ「多くのリダイレクトが発生しています。……」と出てページが開きません。」や「問い合わせフォームはどこにありますか?」)を見る限り、それなりに理性的な方なのに、なんであんな展開になってしまったのかということです。

sugar wrote:


この後の問い合わせフォームに関するご質問・ご意見は別トピックとして独立させました。
問い合わせフォームはどこにありますか?

sugar★フォーラム@(・∀ ・)ノさんは
このフォーラムの管理人なのでしょうか?
トピックを立てた本人に報告、承諾もなくというのは理解できませんが?
フォーラム管理人なら、顔文字は使わないで管理人と表示していただきたいですね。

も、一応、わからないでもないと思いました。もちろん、そこに引用された部分自体が、その次で質問されている、このボードの管理資格者であることを言うと同時に、トピックを立てた本人と周囲に対して、移動の報告(宣言)のをしているわけなのであって、それだって、「不慣れですみません」の一言で済んだものだと思います(わたしならとっくにそうしてる)。ちなみ、「顔文字がふざけている」という主張は全くその通りです。もちろん、われわれはその「おふざけ」というか「遊び心」を楽しむくらいのゆとりは欲しいはと思いますが、時と場合ということもあると思いますので。実際、その後、「★フォーラムモデレーター」と表示されるようになったという経緯から、それほど的はずれの指摘というわけでもなかったものと思います。

実際、「エラー表示」や「問い合わせフォーム」の件がどうということでなく、FC2ブログのユーザに対するもろもろの対応を見て、あまりうまくないというのは、フオーラムのモデレータの皆さんも共感するところだろうと思うのですね。このスレ主も、元はといえばそのあたりの不満が溜まっているところに、(・∀ ・)ノなんてふざけた顔文字の管理人に勝手にスレを移動されたということなのであって、同情すべきところもあったのではないかと思うのですね--もっとも、モデレーターの任命とか報酬の話が及んでいるところをみると、ニフティのシスオペ(フォーラム管理人)のことを思い浮かべていらしたのかもしれません(参考:Wikipedia:「ニフティサーブ」)。としたら、これはちと読み違いでした。

ええと、極論を承知が書きますが、よく、「喜怒哀楽」といいますよね。人の感情を。で、これをユーザーフォーラムに書いていけないのでしょうか。

「○○よかったです。ありがとうございました!」(「喜」の書き込み)とか、「FC2ブログの○○機能は楽しいです。快適です」(「楽」の書き込み)なんてのはけっこう書いたら喜ばれると思うんですね。「セッション切れしてショックです。泣きたいです」(「哀」の書き込み)なんてのは、どうなんでしょうか? これだと、「サポートにメールして下さい」となるのでしょうか? ユーザフォーラムなら「お気の毒です」と慰めていいと思うのですよね。

「バカヤロー、セッション切れしたじゃないか!」(「怒」の書き込み)って、ユーザーフォーラムにしたらいけないものなのでしょうか? 木で鼻を括るような回答でなくて、フォーラムなんですから、「確かにお気持ちはお察しします。わたしも腹が立つことがありました」の一言がそえてあってもいいんじゃないかなって、時々思うんですけど、ま、モデレーターともなるとそんなに気楽に構えていられないものなのかもしれません。(運営ごくろうさまです>モデレータ)

さて、うだうだと長くなりました。冒頭に示したスレにあった回答によると、1月21日に登録210万に達成したそうです。以前からのグラフに追加して貼っておきます。
ani210.gif

特にペースダウンということもないと思います。

いつものグラフは後で追記。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
HOME