FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

映画:「トゥモロー・ワールド」~DVD

2007-11-22-Thu
少子高齢化社会と言われて久しいです。日本だけのことではないと言われています。少し前のページですがこんな記述を見つけました。

このエライこっちゃの少子化傾向ですが、別に日本だけの話ではないというのはよく指摘されています。
 実際のところどうなんだろと思って調べてみたら、内閣府政策統括官(共生社会政策担当)のホームページの少子化高齢化対策が比較的データーが揃っておりました。そのなかの「平成16年版少子化社会白書」国際比較の項目を見ると、一番新しいデーターでの出生率の世界平均は 2.69 でありました。個人的に思ってたより全然少ないです。日本は少子化か人口減少とかいってますが、地球規模では人口が爆発的に増えるのが大問題と言われてますから、出生率もガンガンに凄いのかと思ってましたが、2.7くらいだったら比較的おとなしい数字に感じます。

 実際、戦後の1950-55年の世界平均の出生率は、5.02もありました。5以上の出生率がわずか半世紀で約半減しているのですから、少子化は地球規模での傾向であるといっていいと思います。
  → シドニー雑記帳/今週の一枚:「ESSAY 213/少子化とメィティング環境

世界的な規模で見ると人口爆発が心配されるのですが、所謂先進国では少子化傾向にあるようですね。

だから、この映画の設定である「子どもが誕生しなくなった世界」というのが、所謂先進国ではあるいはいくらかのリアルさをもって受け入れられるかもしれません。ことに日本のような「少子高齢化」が切実な話題になっている国にはことにリアルに感じられるかもと思うのですが、逆に、所謂発展途上国では、まだまだ飢餓の問題や貧困が切実な問題だと思うのです。

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
ポニーキャニオン (2007/03/21)
売り上げランキング: 3240
おすすめ度の平均: 4.0
5 リアル過ぎて吐く
3 あれ〜〜(^_^;)
4 みらいに残すものは・・


ま、18年間新生児がまったく生まれないという設定もさることながら、これが未来の話として、世界観としては明るい科学万能の未来ではなくて、一部の中枢都市を除いては科学文明が破綻して、モラルハザードを起こし、テロと暴力が支配するような、所謂世紀末的な世界になっているのが、気になるというか、不気味でして、日本も地方と都市との格差が広がっていますが、首都圏や都会が、どんどん21世紀型の「未来都市」に変貌していくなかで、地方は地方のまんま、過疎は過疎として、いわば20世紀のまんま時の流れをとめているような感があります。

映画とそっくり同じ光景ではもちろんないのですが、地方の過疎の混乱は、日本においても、あるいは一種のテロというか、ぶちこわしというか、一揆というか、そういうなにか不穏な要素に発展することはないのだろうかと、ちょっと思ってみたりする作品です。

ちょっと意外な展開もありますが、ま、そうだろうなと納得するところもあります。

……あの、ピンポン球のキャッチボールって難しそうだな。



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
スポンサーサイト



朝青龍の再来日30日に決まったようですね

2007-11-22-Thu
「2場所(秋・九州)出場停止と九州場所千秋楽(25日)まで謹慎」で、メンタル的な治療を含めて、モンゴルで治療と練習をしている朝青龍ですが、当初「26日の再来日」の予定が、30日に変更になったようです。

処分の解ける26日にある横綱審議委員会で謝罪する案も検討されていたが、滞在期間の切れている就労ビザの再取得が遅れるために間に合わないという。
 → asahi.com:「朝青龍、30日に再来日 ビザ切れで横審には出席できず」(11/20)

ま、朝青龍が元気で土俵に戻って、相撲を見せてくれることがファンのわたしとしては嬉しいのですが、謹慎は本来日本ですべきものだったはずで、治療が終わったらさっさと帰国してきっちり親方の指導の下、謹慎生活をしないと謹慎にならないと思いますね。これじゃ、帰国療養と変わらない。謹慎期間と治療期間がまるっと一緒ってのはあまりにもご都合主義的じゃないですか? もちろん治療しながらも自分と向き合うことは出来るとは思いますけど、期間がまるっと一緒ってのは気に入らないです。ま、わたしが気に入らないくらいは、別にどうだっていいんでしょうけど~(笑)。

冬の巡業については、「仮病」疑惑が発生した当初に、高田川巡業部副部長(元大関前の山)が「巡業には半永久的に出なくてもいい!」と発言していたので、今回それが訂正になったかたちですね。

朝青龍、再来日は30日 大島巡業部長「冬巡業に出てもらいたい」

大島巡業部長(元大関旭国)、高田川巡業部副部長(元大関前の山)らが20日、福岡国際センター内の記者クラブで会見を開き、モンゴルへ帰国中の横綱朝青龍(27)について、大島巡業部長は「場所後に再来日し、冬巡業も3日間、皆勤してもらい、この巡業と初場所に向け精いっぱい務めてもらいたい」と今後の見通しを語った。

朝青龍は名古屋場所後にモンゴルへ帰国。左ひじと腰の骨折で夏巡業の休場届を出しながら、サッカーをしていたことが発覚した時には「巡業には半永久的に出なくてもいい!」と高田川巡業部副部長は怒りをぶちまけていた。が、「ああいうことを言ったけど、横綱に参加して頑張ってもらいたい」と“謝罪”した。
  → 中日スポーツ:朝青龍、再来日は30日 大島巡業部長「冬巡業に出てもらいたい」

そもそも、夏巡業のとき、北の海(理事長)は「すぐに帰国させて、相撲がとれないなら土俵入りだけでも参加させたい」と発言していたのを、審判部が勝手に「朝青龍抜きで巡業を実施する」と言い、そして「半永久的に追放」と言っていたのですね。わたしは、この発言は、理事長の方針に対しての造反であり、むしろ騒動を大きくした一因と言っていいと思っています。マスコミにまんまと利用された感じですね。お粗末きわまりない。

この変わり身は冬巡業の不人気が理由。大分・豊後大野の勧進元は「朝青龍が参加するなら行くけど、参加しないならやめるという人がたくさんいる。出る出ないの問い合わせは多いです」と説明。3500人収容の会場で、1000枚が売れ残っているが、「参加が決定すれば売れてくれるのでは」と朝青龍頼みの状況。
 → (同記事)

今回の九州場所もガラガラですよね。

朝青龍自身が言ってたと思うけど「僕が勝つより、僕が負ける方がお客が喜ぶ」って。そのとおりです。憎たらしいほど強い朝青龍。そういう朝青龍が見たいんです。「朝青龍嫌い」「アンチ朝青龍」は、「朝青龍がいない方がいい」と決して同値じゃないんです。わたしはそれを横綱北の湖が引退のときに思いしりました。強くて強くておもしろくないなぁと思っていた。貴ノ花が北ノ湖に勝ったりしたら、もううれしかったですよ! あんなにふてぶてしくて、強かった力士が勝てなくなって引退する。その寂しさ……。あ、ボク、北の湖のファンだったことに気づかなかったんだって。

朝青龍が強すぎておもしろくないのはわかりますが、いないのって、もっとおもしろくないんですよ。朝青龍は強くていいんです。高くて超えられない山であり、壁であり続ければいいんです。

早く戻ってきて欲しいです! ケジメをちゃんとつけて(記者会見の想定問答をしっかりやってきて!)、まず勝って、強さ健在を見せつけて喜ばせて、そして勝ち続けて憎まれて、負けて悔しがって喜ばせて欲しいです。

ガンバレ! 朝青龍!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
HOME