FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

再び朝青龍不在の初日~平成19年度九州場所

2007-11-11-Sun
いよいよ初日です。例によって、朝青龍は出場停止、謹慎でいません。秋場所よりはいくぶん慣れてきたのですが、ま、おもしろみに欠けることに違いはありません。時泰山の暴行死などのスキャンダルの影響も少なくないのでしょう、会場はがらがらでしたね。

そんななかで、わずかに楽しみにしていた豪栄道が栃乃洋に、底力の差を見せつけられるような感じで負けてしまいました。一瞬、土俵際まで押して行ったときは、案外本人もいけるかと思ったのかもしれませんが、そこをしのがれてからは、なんというか、どっしりと受け止められて、まるで、力を試されているかのようでさえありました。実際とってる側はそうでもないのかもしれませんが、見ていると大きな差を感じました。

カド番魁皇は、もう、相撲以前の問題のような気がします。怪我。稀勢の里相手に、全然当たれてないし前に出られない。稀勢の里にしても遠慮してとってるって感じです。こういうのを無気力相撲とは、ま、あえて言いづらいのでしょうね。ま、ファンはそれでも応援してるのだから、ま、土俵にあがってもらって喜んでいるわけで、ま、これも一つのファンサービスかもしれませんが、このままでは……。

琴光喜と安馬……。どっちが大関?って感じですね。ほんでも琴光喜もがんばってとってました。いちおう。

白鵬。先場所の安馬戦に続いて、二場所連続で黒星スタートってことですね。今場所は本命中の本命なんですけどね~。しかも内容が一方的……

黒海いい。もみあげが~。

目多掘部屋勢
 → 「POG:ドリーム大相撲への参加
西横綱朝青龍
大関琴光喜
小結安馬
前頭筆頭豊真将
西前頭6豪栄道
前頭16把瑠都
前頭12露鵬
 今日の成績:2勝4敗
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(全体個別

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
大関琴光喜
十両11市原
西幕下16玉飛鳥
西幕下40武雄山
西序二段35玉海山
西序二段56舛名大
市原新十両白星スタート!四股名は瀬流潮(せるしお)にしましょう。
・玉海山も順調に上がってきました。優勝して一気に三段目とかいかないかなぁ~

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



槇原盗用疑惑(6)~「和解の道ない」

2007-11-11-Sun
久しぶりに、槇原敬之の「盗用」疑惑のことがニュースになってます。
 → 槙原敬之が松本零士氏と「和解の道ない」

記事によると、1年9カ月ぶりのアルバム「悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。」を発売したんだそうです。
悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。
槇原敬之
エイベックス・エンタテインメント (2007/11/07)
売り上げランキング: 9
おすすめ度の平均: 5.0
5 avexではどんな槇原敬之が見れるのか?
5 マッキー、最高!
5 この冬マッキーで癒されたい方にお勧めです


昨年の9月に愛犬(ゆんぼ)を亡くした直後に松本零士から、歌詞の一部が「銀河鉄道999のセリフの無断使用」と指摘されて、論争のすえ、そんなら裁判でと、槇原側から訴訟に持ち込んだのですね。ま、その時期に作ったのが今回のアルバムも収録されていて、「悲しみを味わって初めて感じたこともあるし人の痛みも分かる。前向きな作品集になった」などと、語っているようです。それはそうなんでしょうが、「初めて」って、今まで悲しみを味わったことなかったの? って、ついついあげあし取りをしたくなっちゃいます。愛犬を亡くすのは確かに悲しいことだとは思いますし、心に深い傷を負うことも、ままあるようです。それで初めて気づくことももちろんあるんだろうけど……、でも、今までに人の痛みがわかるようなきっかけってなかったの?って……。

ま、裁判の方は年内に第5回口頭弁論が行われる予定で、それに関して槇原敬之は現段階で「和解の道はない」と断言したそうです。

一方の松本零士は、先日日経産業新聞フォーラムで「創作者の立場からみた著作権」に関して講演などなさっていたようです。
 → 日経産業新聞フォーラム2007
近くであったら行きたかったですね。

先日、著作権法の一部改正で「罰則の強化」がありましたよね。


著作権侵害等に係る罰則の強化
 著作権等侵害罪の懲役刑及び罰金刑、並びに秘密保持命令違反罪の法人処罰に係る罰金刑の上限について、特許法等と同様の水準に引き上げられました。(第119条第1項及び第124条関係)
(懲役刑) 5年以下の懲役 → 10年以下の懲役

(罰金刑) 個人 : 500万円以下の罰金 → 1,000万円以下の罰金
法人 : 1億5,000万円以下の罰金 → 3億円以下の罰金

 → 著作権法の一部を改正する法律の制定について


また、「著作権保護期間延長問題」(死後50年から70年に延長しようという動きとそれに反対する動き)もありますね。



参考記事→tag:「槇原敬之」

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME