David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「LOOP」~DVD

2007-11-30-Fri
シチュエーションスリラー「LOOP」です。

LOOP ループ
LOOP ループ
posted with amazlet on 07.11.30
アット・エンタテインメント (2007/04/27)
売り上げランキング: 4859
おすすめ度の平均: 3.5
3 もっとLOOPしてるのかと思った・・・
4 傑作B級SFホラー
3 気付かなかった。。。

Amazonの「商品の説明」によると「サンダンス映画祭発、またしてもシチュエーション・スリラーの傑作が誕生! 時間軸が交差しながら更に恐怖が増加していく見事なストーリーに全世界の映画祭で絶賛の嵐!」なんだそうです。

……そうですか。わたしには今ひとつわかりませんでした。合理的な説明を求めすぎなのかもしれません。どうせB級なら、もうちょっと泥臭くていいからスッキリさせてよって言いたいです。

夢とループを扱った作品としては、「ジャケット」を思い出しました。
ジャケット
ジャケット
posted with amazlet on 07.11.30
松竹ホームビデオ (2006/10/28)
売り上げランキング: 18850
おすすめ度の平均: 4.0
2 不完全燃焼。多くの人がエイドリアン・ブロディに期待していたと思う。
4 とても面白かったです♪
4 暗いです。

同じわけがわからん状態にされるしても、こっちの方が結末が断然いいです。いや、こうしてみると、今さらながらに「ジャケット」が難しいところをうまく作品化しているのではないかと、あらためて評価したくなります。

あるいは、結末のすっきり感を問わなければ、……というのはつまり、ハラハラ感、ドキドキ感がどうなのかというのを最優先するのであれば、ま、それはそこそこ楽しめる作品だとは思います。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

「相撲は国技にあらず」by日本相撲協会

2007-11-30-Fri
今まで、「日本の国技は相撲ということになっている」もしくは、「厳密には決まっていないが、そういうコンセンサスを得ている」と思っていました。そして、ちょっと語弊があるかもしれません、「その背景としては、日本相撲協会がうまいことやってそういう認識を得ることに成功した」と思っていました。つまり、「相撲協会の陰謀」とまでは言いませんけれど、「国技館」という名称が奏功して、「相撲は日本の国技たる地位を得た」と信じていました。

ところが、こんなライブドア・ニュースを見て、あれ、どうなってるの?と思いました。

相撲はいつから、どういう経緯で国技と見なされるようになったのだろうか。早速、日本相撲協会の広報部に聞いたところ、驚愕の事実が発覚!

相撲は国技ではありません

なんと、当の日本相撲協会から否定されてしまいました! どういうことですか?
  → ライブドアニュース:「「国技」をめぐる日本と世界の不思議な事情

ほんとうです。驚愕ですよ。どういうことなんですか……。相撲協会の返事はこうだったようです。

「国技館で行われているために、そう思う方々が多いのではないでしょうか。国技館は、日本相撲協会が相撲を行うために建てた施設で、明治42年の6月に開館されたのですが、完成前までは『常設館』という名称の予定でした。しかし、完成した際に「国技館と命名しよう」という提案があり、それが了承されたため、現在の名称になったんです。そのあたりから、相撲は国技といわれてきたのでしょう」
  → (同)

はい、こういうおおよそのことは知っていました。で、事実はその通りにしても、「……こういう経緯で、相撲は国技と言われてきており、国民のコンセンサスも得られていると思います」と言ってしまうのかと思っていたのですが、そうでないのが、実はびっくりです。

※すでにライブドアニュースは削除されています。ライブドアニュースが参照していたのは、この記事です。
 → R25:「え、相撲って国技じゃないの?~「国技」をめぐる日本と世界の不思議な事情」(掲載日 2007.11.22) ※URL補正(2010/11/17)

もし、相撲協会に背負う気がないなら、わたしも「相撲は国技」っていう認識を捨て、今後はそういう方向で発言していきたいと思っています。ちょっと皮肉な言い方をすれば、島国根性的なナショナリズムの抜けない大相撲の現状を見ていると、むしろ「国技」と呼ぶにぴったりだと思うのですが、もし、相撲協会が引き受ける気がなく、日本の国技を見直すことが可能であるなら、わたしは「柔道」を押したいと思います。理由は、「日本発のスポーツであり、かつ、国際的な競技にまで広がっていること」、「老若男女(ちと「老」は苦しいかも)を問わず、広く愛好者がいること」、また、「国際大会にもそれなりの好成績を残していること」などが上げられます。

剣道や弓道あたりも、日本的な種目で「国技」とも言えると思うのですが、愛好者がひどく国内に限定されている感があります。また、相撲は「男女に等しく愛好者がいる(※「見物」でなく「実技」という点です)」とは言えないし、アマチュアでは国際大会がおこなわれるようになっているようですが、大相撲では外国人差別などが色濃く残っているようで、その点が個人的には嫌なんです。「国技」を決めるにあたって、なにもわざわざ、女性があまりしない種目を採用することもないでしょう。

それに比べたら、柔道は、男女とも愛好者(競技者)がいて、なおかつオリンピックなどの国際大会でも、近年多少ピンチの感がないでもないですが、まだまだ日本が活躍していると思います。

相撲協会に「国技」を背負う気がないようですから、わたしは今日から、「日本の国技は柔道の方がふさわしい」と言うことにしたいと思います(「野球」を推す人がいらっしゃるようですが、まだまだ女性の競技者は少ないし、柔道や相撲をさし置いてわざわざ西洋の球技を採用することはないと思います。強いと思いますけどね、日本の野球)。

参考:
「国技」(Wikipedia)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

演芸情報:モロさんのX'mas Box~長久手

2007-11-29-Thu
半月ほど前に、雷門幸福の独演会の情報を記事にしたときに、スゥ。さんがコメントで教えて下さいました。

モロさんのX'mas Box
~モロ師岡と仲間たちの飛び出す芸ライブ~
● ● ● ● ● ● ● ● ●
12月22日(土)17:00~
12月23日(日)14:00~
主催:長久手町
お問い合わせ:長久手町文化の家
電話:0561-61-3411
 → モロさんのX'mas Box

ちなみに長久手文化の家はこちら(Yahoo!地図)
モロって言えばモロ師岡。
 → 公式サイト

でも、スゥ。さんがモロが好きだったとは初耳だけれどと思って、教えてもらったチケットぴあのページをよくみると、理由がわかりました。獅篭も出てるんですね。福三も出るらしい。ふむ、大須演芸場のレギュラー陣が出るんですね~(ふむ。モロを食いかねないのでひと:みちゃんには声がかからなかったのかもしれんね~)。

【出 演】
 モロ師岡(一人芝居)
 伊藤みづめ(歌舞伎)
 少年ボーイズ(ショートコント)
 雷門獅篭(落語)
 雷門福三(落語)

 噛まないアナウンサー
 藤 深智(ヴァイオリン)
 水嶋千詠(お天気お姉さん)
 松井真人(コント)
 とみぃ(コント)
 武藤祥子(オカリナ)
 多田木亮祐(演出・進行役)
 ほか
  → 長久手文化の家のイベント情報のページより


とはいっても、メインはモロ師岡なんで、ちょっと動画がないかと思ってYouTubeとか検索してみたのだけれど、なかなか見つからない。著作権、肖像権とかの問題があるから、もちろんわたしがなんとも言えないのだけれど、こういう紹介の時にも使えるので、1本くらい、見本というか、お試しモードというか、ちょっとした宣伝を兼ねて、あえて流出させておいてもいいんじゃないかと思うのだけれど、そういうふうには考えないのでしょうね。

ここまで私が宣伝する必要もないんでしょうが、モロ師岡のDVDはこちらから買えます。

モロさんのX'mas Boxチケットはこちら(チケットぴあ)で買えます。

主な出演者のサイト
モロ師岡のWebサイト
少年ボーイズのWebサイト
雷門獅篭のWebサイト

それにしても、出演者の中にある「噛まないアナウンサー」って何者でしょう? 情報を待つ~。

▼モロが出ている映画。もろにでているかどうかはしらんけど~。


ブログランキング・にほんブログ村へ

一人で恋をちょっと妄想~「ハートメーカー」

2007-11-29-Thu
トシコさんところで、ハートメーカーを紹介してました。例の脳内メーカーのうそこのやつです。

 → ハートメーカー

名前を入力すると「大きなハート」と「ちびパンツ」の中に文字が表示されます。「大きなハート」には恋愛観が、「ちびパンツ」にはその恋心に隠れている下心が、それぞれ面白おかしい言葉で表示されます。

ってことです。本当は、意中の彼女(カレ)の名前でも入れてみて、相手の恋愛観や本音をチェックしたらいいのでしょうけれど、ま、ブログですから、自分のハンドルを入れます。ま、一人でちょっとやってみるだけで~。

万一、わたしが意中の相手という奇特な方がいらしたら(いないと思うけど)、参考にしていただけたら幸いです~(笑)~。ま、ちと妄想ぎみですね(笑)

■「出人」でチェック。

※「きれい事に隠された愛」ってのがわたしの恋愛観で、ま、「自己中」ってことなんでしょうかね。

■「david3rd」でチェック

※「謎」と「情」とが相半ばする恋愛観で、ただし、本心は「もっこり」なんだそうです。「もっこり」……。

ま、どっちにしても、自己中で、もっこりなんですわ~(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。