FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

ラーメン店のアルバイトの口調が耳障りなこと

2007-06-30-Sat
たまに行くラーメン店なのだけど、喜多方ラーメンの店で、あっさりタイプの和風醤油味がわたしはけっこう気に入ってる。肉厚のチャーシューもうまいし。幸か不幸か、交差点やガードレールの具合などの微妙な位置関係で、クルマでいくとなかなか気軽に入れないのが玉に傷で、その店の駐車場に正しく入るためには、その交差点を約1キロほど走り過ぎ、信号のある交差点で曲がって向きを変えて、同じ道を戻るというずいぶん無駄なことをしなければならない。あるいは、その駐車場にクルマを止めることを最初からあきらめて、ま、数十メートル離れたゲームセンターにクルマを止めて歩いて向かうという裏技もある。

ちょっとゆとりがあったんで、その店に出かけた。正しく駐車しようと無駄にガソリンを費やして、きちんと店に入った。ロケーションは悪くないのだが、この微妙な関係で、昼時でも店内はさほど混んでるという感じではない。ま、店にとっては不幸なことだが、ま、すぐ座れて、注文したものがすぐくるのでわたしは気に入ってる。流行る店がいい店だと思っている人は、でも、ダメなんだろうな。

「イラッシャイマセー」。アルバイトらしき若い店員が、抑揚のない低い声で冷麦茶を出した。「ゴチュウモンガオキマリニナリマシタラボタンヲオシテクダサイ」というとさっさと立ち去った。

実はこの時点で「和風冷やしラーメン」にしようと心に決めていた。入り口の陳列蝋細工のケースの前で、連れFとこれにしようかと言っていたのだ。ま、それでも、蝋細工にないメニューがあることもあるので、一旦メニューを開いて一眺めしたいという気もあった。一応念のためにFに確認して、ちょうど奥のテーブルにラーメンを届けた店員を呼び止めて、和風冷やしラーメンを注文した。それほどの強いこだわりがあるわけではないが、わたしはできるだけこの手の呼びボタンを押さずに、声をかけるとか、手をあげるとかして店員を呼びたいものだと思っている。もちろん、店の規模や混み具合を考慮してのことで、広い店や混雑してるときは、ボタンの方が合理的なのでそっちを選ぶけど。

和風冷やしラーメンは、ちょっと辛めのソバつゆでラーメンを食べるという感じだ。肉厚のチャーシューが数枚乗っていて、わさびがヘリついてある。美味い。

「カツオ出汁なんだ」「チャーシューが美味い」「レンゲがちょっと脂ぎってるな」などと言いながら、連れとラーメンをすすっていると隣ののテーブルに若いお客がすわった。わたしたちに対応したのとは別の店員が冷麦茶を持ってやってきて、「イラッシャイマセー」「ゴチュウモンガアリマシタラボタンデオシラセクダサイ」と言って、さっさと行ってしまった。

こういうことに時々過敏になることがある。マニュアルにあるのか、自分たちで思いつくのかしらないが、平板で早口な店員の口調。あんまり心がこもってないなぁこれじゃぁとなんとなく思う。別に、店それぞれの言い方とかがあってもいいんだけど、なんとなく、一本調子の、あんまり口を開かない平板で早口な言い方はなぁと思いながら、でも、これどこかで聞いたことがあるなぁと考えていて思い当たった。

ひょっとして、電車車内アナウンスってこんな感じじゃなかかったかなと思ったのだ。車掌の発声が、平らに開いた唇の両端から、息が、ちょっとだけスースー抜ける感じ。「コチラワフウヒヤシラーメンデゴザイマス」と言って持ってくるのだ。いやもっと鼻声に近い感じか、よく山田邦子がマネしてた感じか、などと思って聞いていた。

食べ終えた客が代金を払って帰ろうとすると、「ァリガトウゴザイマシタ~」と元気な張りのある声をあげる女店員もいる。元気がいいが、どことなく機械的な印象を受ける。

ああ、機械的。電車の車掌に似ているのは、声のトーンじゃなくて、機械的な感じがしたところだったのかもしれない。マニュアルどおりなのかもしれないが、なんとなく不自然に感じたのは、そんな点だったのか。

あ、あるいは、お客が増えないのは、駐車場が入りづらいからじゃなくて、この規模で押しボタンがあって、注文もなにかキーボードで打ち込んで飛ばして、そして、店員の口調も機械的……。会津・喜多方ラーメンのイメージに合わないからなのかなとなんとなく思ってしまった。

味はいいのだけれど。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



映画:「かもめ食堂」/DVD

2007-06-30-Sat
いい映画なんですね。メインの登場人物は3人の女性です。視点も女性向けだし。前に紹介記事書いたときにはこんなにいい映画だと知らずに書いた(→過去記事「おかま」

あの記事を書いて以来、見たいなぁ見たいなぁと思っていて、やっと見ることができた。
かもめ食堂
かもめ食堂
posted with amazlet on 07.06.30
バップ (2006/09/27)
売り上げランキング: 243
おすすめ度の平均: 4.5
4 淡々としているが印象深い
5 構えない、けど、貫く、心地よさ
5 じわじわ・・・

いや、いい映画です。タイトルの「かもめ食堂」は主人公の女性がフィンランドに開いた和風食堂(メインメニューは「おにぎり」)の名前です。なかなかお客が来ないけれど、自分のペースを崩さずに続けていると、やがて共感する人、協力者が増え、仲間が増え楽しい場所になっていく……、ま、簡単に言うとそんな作品です。

ちょっと匂いはNHKの朝のテレビ小説みたいな感じもするんですけど、あんなに劇的な人生ではなくて、起きるトラブルも等身大(?)で、また、なんというか、一途は一途にしても、信念とか思いを秘めるみたいな切迫さというか、重さがなくて、もっとしなやかに一途というか、マイペースというか、こういうリズムで暮らしていきたいなぁと思いますね。できることなら。「凛としたマイペース」という言葉を思い出しながら見ていました。

おそらくターゲットは女性で、共感を得るのも女性だろうと勝手におもうのですが、ここで女性がどうの、男性だどうのと考える必要はないと思うのですが、それでもやっぱり、これは女性の映画だと思うのはいったいなんなのでしょう。監督は三谷幸喜。主演は小林聡美です。小林の魅了がよく描かれています。
 ※違ってました! 原作/群ようこ 脚本・監督/荻上直子

オールフィンランドロケです。フィンランドの名所はほとんどでてきませんが、フィンランドに行ってみたくなるから不思議です。「かもめ食堂」の公式ページで知ったのですが、フィンランドって東京から飛行機で10時間の遠くて近い国らしいです。

★★★★★



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
HOME