FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

平成19年度名古屋場所/番付発表(BlogPet)

2007-06-26-Tue
昨日、出人が
FC2日本フォーラムで報告したり、テンプレの作者にメールなどするべきものなのかもしれません
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「ピーター」が書きました。
スポンサーサイト



日本のヘソは関市/人口重心

2007-06-26-Tue
本日(26日付)の朝刊で「人口のへそ(人口重心)が5年で2キロほど東に移動した」と報じられました。人口が関東に集中している結果、以前は滋賀県だったものが東へ東へと移動しているようです。
 → gooニュース:「「日本のへそ」、岐阜県内を東南東へ2・1キロ移動」

人口重心とは、すべての人が体重が同じだと仮定し、地域を平面に見たてたきに人口を一点で支えて平衡を保つことのできる点をいいます。別名「人口のヘソ」などというようです(ちなみに、少し古いですがこんなページがあって、さまざまな「日本のヘソ」を紹介しています)。

ちなみに関市はここです。ま、真ん中としてはいいような気もしますがね。mapionseki.jpg

 →マピオン:「関市」
 ついでに、関市ホームページ。包丁というか、刃物で有名ですね。

ところで、先日、「現代版「ナスカの地上絵」になるか?」で紹介した、FIATのSCIENCE×ARTのイベントが、その後着実にスケジュールを消化して、中部地方にやってきていまして、巨大アートの2作品めが完成したのですが、それ「人体図」でした(このFIATのSCIENCE×ARTのイベントですが、GPSの技術を使い、クルマで走った軌跡で巨大な絵を描こうということなんですね)。
CASDARS1b.jpg

これはレオナルド・ダ・ビンチの有名な「ウィトゥルウィウス的人間」(→Wikipedia:画像)です。名前は知りませんが、絵はどこかで見たことがあると思います。SCIENCE×ARTのトップページにも出てきます。

Wikipediaによると、「『ウィトルウィウス的人間』は、当時発見された古代ローマの建築家ウィトルウィウスの「建築論」にある「人体は円と正方形に内接する」という記述を表現している」ということで、その人体の周りには、四肢の先に接する形で正方形と円が描かれているのですね。(→Wikipedia:レオナルド・ダ・ヴィンチ「科学と技術」

うーん、人体図のヘソと日本のヘソ。ちょっとずれてるのが残念に思われます~。

ちなみに、第1作関東エリアでの作品はこれ。モナリザでした。
CA0GLL7U.jpg

作品はScience×Artアトリエのページで、実際の経路を含めて見ることができます。

残る九州は「最後の晩餐」でしょうか? それとも自画像かな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゲーム中毒は精神障害ではない/日別集計

2007-06-26-Tue
先日書いた「ネット中毒は精神障害」って記事の続報で、反論ということになるのでしょうが、「ゲームのやり過ぎは中毒ではない」という記事がライブドアニュースにありました。これ。

[シカゴ 24日 ロイター] 米国の精神科医らは24日、いわゆる「ゲーム中毒」をアルコール依存症と同様の精神疾患とは位置付けない考えを示した。米国医師会(AMA)の年次総会で明らかにした。
 ライブドアニュース:「ゲームのやり過ぎは中毒症状ではない=米専門家」


ちなみに先回の記事はITmedeaNewsで、これ。
 → ITmedeaNews:「ネット・ゲーム中毒を精神障害に分類」――米学会が推奨」

でも、これってかみあってるんでしょうか?

このことから、同学会は「インターネット/ビデオゲーム中毒」を「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)IV」の次の改訂版に正式な診断名として含めることを「強く推奨」している。ゲーム中毒は、このマニュアルに掲載されている症状の中では「病的賭博」と最も行動パターンが似ているという。
   先回記事:米医療情報学会

というのに対して、

マウントシナイ大学のスチュアート・ギトロー博士は「(ゲーム中毒が)アルコール依存症やその他の薬物乱用障害に並ぶ病状だと示すものは何もない」と指摘。その上で、中毒という表現を使うことについても疑問を呈した。
   今回記事:米国の精神科医ら


先回記事では「病的賭博に最も近い」というのに対して、「アルコール依存や薬物濫用障害などと並ぶ症状はない」と言ってるんですね。

立場の違いといえばそれまでなのかもしれませんが、「ゲーム中毒は精神障害か?」というテーマを巡って、「病的賭博を認定するならゲーム中毒もそうだろう」という主張も、「ゲーム中毒は薬物中毒とは違う」という主張も、わたしわからないではありません。じゃ、ギトロー博士たちは「病的賭博」をどう位置づけているのかを示して欲しいところです。残念ながらそこまで記事は触れてませんけれど。

ただ、同時に記事中に「「精神障害と位置付けられれば、「ゲーム中毒」にも保険が適用される可能性が出てくる」という言葉があって、なんとなく、純粋な医学の議論と言うよりも政治的な匂いもしますね。

もちろん、酒だって中毒といえない酒好きはいくらでもいるし、ギャンブルだって病的といえないで遊んで発散してる人もいくらでもいるわけです。そこで過剰反応して、やりすぎだ、病気だってのはあれでしょう。実際ゲームだって、ネットだって同じでしょう。酒が好きで居酒屋やる人もいるかもしれないし、馬が好きで馬主になる人もいるでしょうし、同じように、ゲーム好きがライターになったりしていくってってこともあると思います。そして、同時にいると思いますよね、取り憑かれてしまった病的な人って。

ま、それが、保険診療に値するような病気なのかどうかってのは、ま、微妙な、そして現実的な問題なんですが、さて、どうなるんでしょうか? 続報を期待したいです。

では、またグラフです。これも中毒なんでしょうかね(笑)。ま、わたしの場合は、中毒というか、依存というか、むしろ、しないといけないんじゃないかという強迫観念に近いものがありますかね。いや、分析的に言えばです。「やめようと思えばいつでもやめられる」なんてものでは確かにないので、その点病的って言えば病的なのかもしれませんが、どうなんでしょう(笑)。

そういえば、FC2ブログはブログジャンキーっていう、もう、発想自体が病んだ(笑)ツールがありますね。ハマれませんでしたが。これで上位にランキングされるってどんな気分なんだろって書こうとしたら、わほっき。さんがはいってるじゃん。わほっき。さんは素敵な絵ですよね。よかったかなぁ、こんなところからリンクして。ってなんか、今日は酔っぱらいモードですね。

グラフの方ですが、なかなかアメーバがすんなりヤフーをかわせないです。どこのブログサービスも現状維持ができれば上等という感じで、横ばいの状態が続くなか、唯一アメーバだけが勢いがあったという感じだったのではありますが。
act070626a.gif

※集計はブログファン(http://www.blogfan.org/)です。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
HOME