FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

平成19年度名古屋場所/番付発表

2007-06-25-Mon
名古屋場所の番付速報版(幕内)が発表になっていました。
 →goo大相撲:「平成19年七月場所番付速報 幕内」



注目だった新横綱白鵬は東か西かですが、過去の貴乃花の例もあるので、全勝優勝ならいきなり東ではという予想もファンのあいだにはありました(たとえば、Gacktohさんなども)。しかし、ま、今回は、原則通り西の横綱でした。新横綱でどこまでいけるか、白鵬には注目です。

また、わが愛知の期待度ナンバーワン。琴光喜はこの二場所を10勝、12勝と来ているので、大関挑戦ということになりますが、こうして改めて表にしてみると、わかっていたことですが、白鵬が上がり、栃東が引退した関係で、先場所までの5大関が一気に3大関になってます。琴欧州とあたらなくてもいい点を考えると、番付どおりの成績なら11勝4敗ということになります。さて、力が出せますでしょうか? 先場所、腰痛であまり稽古ができなかったから後半疲れなかったみたいなことを言ってました。どういうことかよくわかりませんが、名古屋は暑い上に、地元で接待なども大変でしょうが、ここは勝負。調整をばっちりして、踏ん張って欲しいです。

ま、三大関になったことで上位の可能性が出てきたのは、琴光喜に限ったことではありません。他の力士もいっしょですんで、なんかおもしろい場所になりような期待ができそう。

なんとか、仕事をやりくりして、会場までいきたいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



コメントできない携帯テンプレがあるけど~週別集計

2007-06-25-Mon
本当はFC2ユーザーフォーラムで報告したり、テンプレの作者にメールなどするべきものなのかもしれませんが、自分のブログで使っているテンプレでなくて、わたしが近しく巡回させていただいている方のブログので、携帯からコメントしようとしてクリックすると、画面が真っ白になってしまうところが2、3あります。

わたしが携帯から閲覧するのは、主にトラックバックをいただいたときですね。もちろん、PCの前にいたり、手が離せないときはしませんが、例によってネット依存状態のわたし(→関連過去記事)は、頻繁にメールチェックなどしてまして、出先でもそこからトラックバック先のブログを読みに言って、できたら、一言感想を書きたいと思うのですが、コメントをクリックすると真っ白で進めないってことがありました。

ただ、携帯のテンプレってのが、どの程度の機種について対応しているかということは、実際よくわからなくてこれが、テンプレ作者側の責任なのか、たまたま、わたしのauのWin機との相性の問題なのかわからないわけです。そんなことも考えると、冒頭に書いたような正規の報告が必要なのかどうなのか、迷ってしまうのですね。同時に、その場で報告ができるならともかく、それをPCの時に思い出して、改めて報告するというのもが、単に面倒というのもあるし、そういうことも適当に考えておいた方が、いくらかネット依存症状が軽くなるのではと、最近自己調整機能をはたらかせているのかもしれません。

そんなわけで、ま、一度、よろしかったら自分の携帯テンプレがきちんとコメントできるものであるかくらいは、試してみるのは、ま、テンプレいじったらぜひなさったらいいかと思うのですが、ま、需要はそんなにはないのかもしれません。

じゃ、週初めですので、週別集計です。FC2ブログ初め多くのブログに大きな変化はなく、最近の傾向は変わりません。FC2もアメーバも伸びなくなりましたし、エキサイトも落ちなくなりました。

そんな中でseesaaが「無料写真素材からブログデザインを作成しよう!」(6/22)ってサービスを開始。提供された写真素材を自由に加工してテンプレなどに使えるようです。こういうことは、とりあえず、「試してみよう」「使ってみよう」というぐあいに気持ちをくすぐるので、更新が増えるわけです。グラフなどにしていると、ついついそういうことが、seesaaとJUGEMの逆転につながったのかもなどと結びつけて考えたくなるのですが、どうなのでしょうか?

写真素材の提供って言えば、ちょっと前でしたが、「竹内結子の写真が使えるブログサービス」(参考記事→http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/14/news070.html)ってのがあって、ああ、FC2ブログもこういうことやってくれたらなぁって思いました。無理なのはわかっているので記事にしませんでしたけど。

acts070625a.gif

※集計はブログファン(http://www.blogfan.org/)です。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
HOME