David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン店のアルバイトの口調が耳障りなこと

2007-06-30-Sat
たまに行くラーメン店なのだけど、喜多方ラーメンの店で、あっさりタイプの和風醤油味がわたしはけっこう気に入ってる。肉厚のチャーシューもうまいし。幸か不幸か、交差点やガードレールの具合などの微妙な位置関係で、クルマでいくとなかなか気軽に入れないのが玉に傷で、その店の駐車場に正しく入るためには、その交差点を約1キロほど走り過ぎ、信号のある交差点で曲がって向きを変えて、同じ道を戻るというずいぶん無駄なことをしなければならない。あるいは、その駐車場にクルマを止めることを最初からあきらめて、ま、数十メートル離れたゲームセンターにクルマを止めて歩いて向かうという裏技もある。

ちょっとゆとりがあったんで、その店に出かけた。正しく駐車しようと無駄にガソリンを費やして、きちんと店に入った。ロケーションは悪くないのだが、この微妙な関係で、昼時でも店内はさほど混んでるという感じではない。ま、店にとっては不幸なことだが、ま、すぐ座れて、注文したものがすぐくるのでわたしは気に入ってる。流行る店がいい店だと思っている人は、でも、ダメなんだろうな。

「イラッシャイマセー」。アルバイトらしき若い店員が、抑揚のない低い声で冷麦茶を出した。「ゴチュウモンガオキマリニナリマシタラボタンヲオシテクダサイ」というとさっさと立ち去った。

実はこの時点で「和風冷やしラーメン」にしようと心に決めていた。入り口の陳列蝋細工のケースの前で、連れFとこれにしようかと言っていたのだ。ま、それでも、蝋細工にないメニューがあることもあるので、一旦メニューを開いて一眺めしたいという気もあった。一応念のためにFに確認して、ちょうど奥のテーブルにラーメンを届けた店員を呼び止めて、和風冷やしラーメンを注文した。それほどの強いこだわりがあるわけではないが、わたしはできるだけこの手の呼びボタンを押さずに、声をかけるとか、手をあげるとかして店員を呼びたいものだと思っている。もちろん、店の規模や混み具合を考慮してのことで、広い店や混雑してるときは、ボタンの方が合理的なのでそっちを選ぶけど。

和風冷やしラーメンは、ちょっと辛めのソバつゆでラーメンを食べるという感じだ。肉厚のチャーシューが数枚乗っていて、わさびがヘリついてある。美味い。

「カツオ出汁なんだ」「チャーシューが美味い」「レンゲがちょっと脂ぎってるな」などと言いながら、連れとラーメンをすすっていると隣ののテーブルに若いお客がすわった。わたしたちに対応したのとは別の店員が冷麦茶を持ってやってきて、「イラッシャイマセー」「ゴチュウモンガアリマシタラボタンデオシラセクダサイ」と言って、さっさと行ってしまった。

こういうことに時々過敏になることがある。マニュアルにあるのか、自分たちで思いつくのかしらないが、平板で早口な店員の口調。あんまり心がこもってないなぁこれじゃぁとなんとなく思う。別に、店それぞれの言い方とかがあってもいいんだけど、なんとなく、一本調子の、あんまり口を開かない平板で早口な言い方はなぁと思いながら、でも、これどこかで聞いたことがあるなぁと考えていて思い当たった。

ひょっとして、電車車内アナウンスってこんな感じじゃなかかったかなと思ったのだ。車掌の発声が、平らに開いた唇の両端から、息が、ちょっとだけスースー抜ける感じ。「コチラワフウヒヤシラーメンデゴザイマス」と言って持ってくるのだ。いやもっと鼻声に近い感じか、よく山田邦子がマネしてた感じか、などと思って聞いていた。

食べ終えた客が代金を払って帰ろうとすると、「ァリガトウゴザイマシタ~」と元気な張りのある声をあげる女店員もいる。元気がいいが、どことなく機械的な印象を受ける。

ああ、機械的。電車の車掌に似ているのは、声のトーンじゃなくて、機械的な感じがしたところだったのかもしれない。マニュアルどおりなのかもしれないが、なんとなく不自然に感じたのは、そんな点だったのか。

あ、あるいは、お客が増えないのは、駐車場が入りづらいからじゃなくて、この規模で押しボタンがあって、注文もなにかキーボードで打ち込んで飛ばして、そして、店員の口調も機械的……。会津・喜多方ラーメンのイメージに合わないからなのかなとなんとなく思ってしまった。

味はいいのだけれど。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

映画:「かもめ食堂」/DVD

2007-06-30-Sat
いい映画なんですね。メインの登場人物は3人の女性です。視点も女性向けだし。前に紹介記事書いたときにはこんなにいい映画だと知らずに書いた(→過去記事「おかま」

あの記事を書いて以来、見たいなぁ見たいなぁと思っていて、やっと見ることができた。
かもめ食堂
かもめ食堂
posted with amazlet on 07.06.30
バップ (2006/09/27)
売り上げランキング: 243
おすすめ度の平均: 4.5
4 淡々としているが印象深い
5 構えない、けど、貫く、心地よさ
5 じわじわ・・・

いや、いい映画です。タイトルの「かもめ食堂」は主人公の女性がフィンランドに開いた和風食堂(メインメニューは「おにぎり」)の名前です。なかなかお客が来ないけれど、自分のペースを崩さずに続けていると、やがて共感する人、協力者が増え、仲間が増え楽しい場所になっていく……、ま、簡単に言うとそんな作品です。

ちょっと匂いはNHKの朝のテレビ小説みたいな感じもするんですけど、あんなに劇的な人生ではなくて、起きるトラブルも等身大(?)で、また、なんというか、一途は一途にしても、信念とか思いを秘めるみたいな切迫さというか、重さがなくて、もっとしなやかに一途というか、マイペースというか、こういうリズムで暮らしていきたいなぁと思いますね。できることなら。「凛としたマイペース」という言葉を思い出しながら見ていました。

おそらくターゲットは女性で、共感を得るのも女性だろうと勝手におもうのですが、ここで女性がどうの、男性だどうのと考える必要はないと思うのですが、それでもやっぱり、これは女性の映画だと思うのはいったいなんなのでしょう。監督は三谷幸喜。主演は小林聡美です。小林の魅了がよく描かれています。
 ※違ってました! 原作/群ようこ 脚本・監督/荻上直子

オールフィンランドロケです。フィンランドの名所はほとんどでてきませんが、フィンランドに行ってみたくなるから不思議です。「かもめ食堂」の公式ページで知ったのですが、フィンランドって東京から飛行機で10時間の遠くて近い国らしいです。

★★★★★



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

月の話

2007-06-29-Fri
今日は雨で月など望めないかとおもっておりましたら、外にはあざやかに月が出ています。満月なのかぁと惚れ惚れと見入っていて思い出しました。こないだラジオで誰かがいっていました。満月は今日でなくて明日のはずでした。

なんで明日なんてことをはっきりと覚えていたかと申しますと、「今月は満月に始まり満月に終わる」というようなことを誰かがラジオでしゃべっていたからです。6月1日と6月30日が満月なんです。だから、明日が満月だったはずだと、思い出すことができたのです。

ひと月に満月が2回あるのは大変珍しいそうでして、これは、当然ですが、新月もその途中にあったはずなんですね。1日満月で、日に日に月は痩せていき、下弦の半月を過ぎて新月へとなっていったはずです。そして、これまたいうのも今更なのですが、三日月、そして上弦の半月、そして再び満月となったわけですね。当たり前といえばあたりまえ。今夜の月は別に特別でない、いつもの月なのですけれど、そんな話を思い出しながら、夜空を見ると月がひときわ美しく、神秘的に見えるような気になります。

今宵も雨上がりのまさやかな月なのですが、満月は明日の夜で。今年は梅雨の始まりが遅く、始まっても夏みたいな暑い日が多くて、けっこう空梅雨めいてますけど、そうはいっても梅雨の合間の満月はまた美しく思われますね。

ちょっと夜空も見てみてみ~。



ブログランキング・にほんブログ村へ

映画:「舞妓Haaaan!!!」/劇場

2007-06-28-Thu
いつもは一人でいくんでが、たまに連れがいたりすると、相方に合わせることが必要になるときもあって、今日は、今なら「ゾディアック」を選ぶところだったのですが、意外にも「舞妓Haaaan!!!」と「憑神」で迷った末に、「舞妓Haaaan!!!」に入りました。

GET THE 舞妓Haaaan!!! RIDE!!!
しゃべりたおし!!!どす。 舞妓Haaaan!!! オフィシャル裏本

ぴあ (2007/06/08)
売り上げランキング: 5555

 → 映画「舞妓Haaaan!!!」公式ページ

ええと、メインのストーリーとしては、中学の修学旅行で京都に行き、舞妓はんにはって以来、舞妓さんと野球拳をすることに、ず~~っとあこがれていた鬼塚(阿部サダオ)と、三重出身なのに鬼塚に気に入られたくて京都出身と偽ってつき合っていた恋人(柴崎コウ)の、一風変わった恋愛コメディということになるのでしょうか。

この鬼塚は、Webに「舞妓遊び入門」みたいなサイトを作ってるんですね。ここは、ブロガーというかネットワーカーははまると思いますね。そこは映画の導入部分に過ぎないのですが、ボードチャットやってるんです。「(笑)」とか、「(蔑)」とか、「(呆)」とかが、ガンガン出てきてバトルモード全開。もう、おかしいやら、楽しいやらで、これみて正解とおもってわくわくしてました。

そのボードバトルの相手が、ま、いわば敵役の佐藤(堤真一)です。鬼塚が舞妓遊びにあこがれながら、なかなか実現できず、かろうじてそうしたサイトやってるんですが、片や、もう舞妓遊びの大ベテラン内藤(堤真一)が、憎々しげな書き込みを鬼塚のボードに書くということですね。内藤はプロ野球選手で金はたっぷりあって、舞妓遊びもしたいほうだいなんですね。

そしてそれが悔しくて鬼塚はなんとか祇園での舞妓遊びを実現しようと、頑張るわけですね。ここからが、本格的な物語のスタートです。なんとか祇園で遊ぼうと悪戦苦闘の連続。このあたりがけっこう映画的にはおもしろいわけです。恥をかき、挫折をし、努力して、やっとの思いで舞妓遊びにこぎ着けるわけですが、また、そこに内藤(堤)が出てきて、憎々しげなふるまいをするわけです。

あんまりネタバレにしてはいけないと思いますが、こうして、鬼塚にとって内藤は、目標であり、ライバルであり、目の上のたんこぶでもあるわけで、ほんとうに舞妓遊びが好きなんだか、単に、内藤への対抗意識からか鬼塚自身がわからない状態になっていきます。そして、舞妓遊びバトルに絡んで、鬼塚は内藤への対抗上意外な転職をします。なんとプロ野球選手になってしまうんです(そんなアホな~と思いますが)。

そして、なんとか内藤と勝負できそうなくらいにのしあがると、内藤の方は別の仕事に変わってしまう。すると、鬼塚もそれをおいかけて転職する……対決はつぎつぎと土俵が変わるという感じです。このあたりは、もうハチャメチャですね。

こういうハチャメチャな展開の中で、また、アホが一人登場します。鬼塚に会いたいがために追いかける形で東京の会社を退職、京都にやってきて、舞妓の修行を始め、着実に一人前の舞妓になっていく恋人の富士子(柴崎コウ)です。就職難の時代にこんな気まぐれな転職などあり得んと思うのですが、案外簡単に仕事を変わる現代の若者には、そうでもないのかもしれません。

この富士子の姉舞妓にあたる駒子や、そのたさまざまな人たちとの関わりや人間模様を描きながら、奇想天外ハチャメチャな展開と、意外な家族の秘密や、また、皮肉で捻れた恋愛関係など、いくつものおもしろいサイドストーリーが、たくみに組み合わされて、飽きないつくりになっているなと感じました。

キャストも豪華です。植木等が拝めるとは思いませんでした。故人かと思うと笑う前に寂しさが出てしまうのは、作品としてはちょっとあれなんでしょうけど、ま、貴重です。また、吉行和子はあいかわらずいいです~。

肩の力というか、全身の力を抜いて見たいという方にはピッタリの作品です。それでいて、花街や舞妓のことにつては、日本人の多くは知りませんので、ま、この作品自体がそうした「舞妓遊び入門」にもなっていたりします。そういう意味では知的にも満たされるところもあるし、また、笑うだけではちょっとって考えがちな方には、意外な感動話もありまして、ま、楽しめるエネルギー全開映画ですね。

ランキングオンラインでは「アクション・アドベンチャー」に分類されているけど、これ、そうだとは思わないけどなぁ。



にほんブログ村 映画ブログへ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。