David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイで山田長政の映画を作るんだそうで

2007-03-30-Fri
「山田長政」タイで初映画化、主演は日本人の大関さんなんて記事が読売オンラインに出ています。先日「トカゲ女」の記憶があるので、いくらかは期待してます。タイ映画。

江戸時代にタイに渡り、アユタヤ王朝で傭兵(ようへい)隊長として活躍したとされる山田長政を主人公とした映画が、タイで初めて制作されることになった。
   全文を読む……


山田長政……正直、よく知らない。もちろん、名前は知っていましたけど。記事には「長政がタイに来て間もない青年時代に焦点を絞り、文化の違いにとまどいながらも日本人の誇りを失わず、ビルマ(現ミャンマー)軍などとの戦いに勝ってアユタヤ国王の信頼を得る」とありますので、傭兵ってことで、「SAMURAI」なんてタイトルがついてるんですね。知らなかったなぁ。日本の偉人再発見! この機会にお勉強ですね~。
  →Wikipedia:「山田長政」
  →ThaiSquar:「六昆王 山田長政」

17世紀のタイはアユタヤ王朝と呼ばれ、首都はアユタヤだったんですね。そこに外国人町があって、「日本人町」もあったらしいんです……なんか不思議。

この日本人町の人口は最盛期で1500人に上ったといわれ、山田長政の活躍した頃には商人だけではなくキリシタン・関ヶ原の役、大阪落城後亡命した浪人なども多くやって来ていたとわれています。
  ThaiSquar:「六昆王 山田長政」


へぇ、「関ヶ原の役、大阪落城後亡命した浪人たち……」って、そうかぁ、戦国後期の侍たちは国外に亡命していたなんて、初めて知りました。そうだったんですね。ま、死ぬよりましなんでしょうが。そうだったんですね。しらなかったなぁ。

アユタヤの日本町に山田長政がやってきたのは、1610年頃といわれています。彼がタイにくる前は、駿河の出身であるということと山田仁左衛門長政という名、また城主の籠かきをやっていたということ以外はよく判っていません。
 彼は、アユタヤに渡ると日本人町にて貿易活動に従事するうちに頭角をあらわし、やがてはアユタヤにとどまらず、マラッカや今日のインドネシアなど東南アジアを股に掛ける大仲買商人として活躍します。
  ThaiSquar:「六昆王 山田長政」


駿河だったら、どっちかというと徳川の膝元ってはずなんだけど、亡命だったんでしょうか。政争みたいなのがあったのかもしれませんね。

 貿易家であると同時に、優れた軍事的才能を持っていた長政は日本人の武士たちで構成された日本人義勇隊の隊長として、タイの内乱や外征に日本人義勇隊を率いて参戦し、つぎつぎと武勲を立てます。その功績を国王ソンタムに認められ、1628年にはついにタイの最高の官位であるオークヤーに任じられ、セナーピムックという名を賜ります。

 勇猛な日本人義勇隊を率いる長政の勢力はアユタヤ王国内でもかなりのもので、国王崩御の後の王位継承をめぐる内乱には、国王の遺児を王位につけるために日本武士団800名とシャム軍20000を率いて王宮を守り、これに成功します。
  ThaiSquar:「六昆王 山田長政」


「日本武士団800名」といえばけっこうな数ですね。これにシャム軍が20000人も。すごい数です。このあたりが映画の中心になってくるんでしょうが、その後、数々の業績から認められ、リゴール(六昆)という地域の統治者に任命されます(だから「六昆王」)。しかしながら、どうも敵も少なくなく、「毒殺」という非業の死を遂げるようです。

映画の中心は傭兵を率いて戦う若き日の長政のようです。主演の長政役はタイの舞台で活躍する日本人俳優(大関正義)で、「タイの武術を操る役柄をこなすため、古式のムエタイなどの特訓を受けているんだ」そうです。って、キックボクシングで戦うのか~?(笑)

タイトルは「YAMADA―THE SAMURAI OF AYUTHAYA」。来春完成予定です。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

槇原盗用疑惑(5)~第1回口頭弁論

2007-03-29-Thu
槇原敬之が松本零士を名誉毀損で訴えた裁判の第1回口頭弁論ってのが、28日にあったのですね。

口頭弁論とは、日本における民事訴訟手続において、双方の当事者または訴訟代理人が公開法廷における裁判官の面前で、争いのある訴訟物に対して意見や主張を述べ合って攻撃防御の弁論活動をする訴訟行為ということになっています。(Wikipedia

例の大相撲の「八百長疑惑」訴訟でも、当然ながら行われるわけでして、こちら(八百長)の場合は第1回口頭弁論は4月5日とういことになっておるようです(週刊現代側に、相撲協会と横綱朝青龍ら関係力士17人が名誉棄損で計約4億8000万円の損害賠償などを求めた)。
 → サンスポ:「【大相撲】「八百長疑惑」訴訟…第1回口頭弁論は4月5日」

で、槇原敬之「盗作疑惑訴訟」(と言うのが適切かどうかわかりませんが)では、

槇原側は「盗作の証拠がないのに、(雑誌のインタビューなどで)盗作だと決めつけて大々的に宣伝したことは名誉棄損にあたる」と主張。盗作でないと認められた場合、2200万円の損害賠償を請求している。これに対し松本氏側は「和解するつもりはありません」と全面的に争う姿勢を見せた。
   サンスポ:「松本Vs槇原が全面対決!「盗作訴訟」第1回口頭弁論」


松本零士氏は「和解するつもりはありません」ではなくて、「証拠ならいくらでもあると言っていたわけだから、トーンダウンしないでそれを繰り返して欲しいものです。

さて、全面対決、行く末はどうなることか。注目(?)の次回の口頭弁論は5月14日の予定です。

参考記事→tag:「槇原敬之」

ブログランキング・にほんブログ村へ

「共有」の思想~<日別集計>

2007-03-28-Wed
もう先週のことですが、FC2ブログで携帯テンプレートの共有サービスが開始されました。
 →FC2インフォメーション:「FC2ブログ 携帯テンプレート共有機能を追加!」(3/22)

共有はFC2ブログの一つの売りでした。「(PC向)テンプレートの共有」「プラグインの共有」「絵文字の共有」など、FC2ブログはあるユーザーが作ったものを他のユーザーも便利に使うっていうのどんどん広げてきたわけです。おかげでわたしのブログも、こんなに立派に(?)できあがっています。わたしの場合、テンプレ(PC向)は現在使用中のものを含めて、数人の方のものにお世話になっているし、プラグインもいくつも切り替えて使わせていただいています。記事下のタグ表示もある方の方法をいただいてます。絵文字についてはさほどでもないのですが、今後、携帯テンプレもたぶんいくつかお世話になるだろうと思っています。ありがたいことであります。作者のみなさん、そしてFC2、どうもありがとう!

そもそもFC2ブログでは、サポートコーナー自体が「Q&Aの共有化」とでも言えるユーザーフォーラムの形になっています。これってブログサービスの中では案外珍しいのではないかと勝手に思っています(そんな渡り歩いてないので、ほんとのほんとはよく知らない~)。フォーラムの各コーナーの運営者も「モデレーター」という、ユーザーのボランティアでなりたっている(ようです)。

FC2ブログには、いわば、この「共有」の思想が綿々と貫かれているわけです。ユーザーもそこをわかって使って欲しいです。

ところが実際は、「共有」を巡ってさまざまな問題も起きていることも、ま、残念ながら事実です。たとえばテンプレートだと、他人のデザインをパクったテンプレートを共有として登録するということが、ずいぶん前から問題になっていました。共有への登録という形によって他者の権利を侵してしまうのですね。

また、最近では、配布者のアドセンスやアフィリエイト広告入っている共有テンプレート(申請時にはなくて承認後追加更新という悪質なケースもある)なども見つかっています。そもそもこんなことをしてもアドセンスやアフィリエイト側との契約違反で、その配布者は収益を得られないと思うのですが、あるいは逆に審査の厳しいところでは、サーバ全体をアポセンスしてしまいかねません。また逆に、FC2ブログの規定の広告のないをテンプレも見つかっています。

これらの点についても、携帯テンプレの共有機能の付加に合わせてガイドラインが変更になりました。テンプレについてずっと考察を続けているsugarさんがブログでがまとめていらっしゃいます。
 → sugar pot:、「共有テンプレート登録ガイドライン変更」

さて、携帯テンプレの話に戻します。一応、登録変更などの手順は次の通りで、基本的には従来の(PC向)テンプレの操作と変わりません。

■共有テンプレートの登録
管理画面の左側メニューの「テンプレートの設定」
>画面下の「共有テンプレートの登録/管理をする」
>登録画面へ


■ブログでの使用(「テンプレートの追加」「ダウンロード」)
管理画面の左側メニューの「テンプレートの設定」
>「共有テンプレートから新しくダウンロードする」
>「ユーザー共有テンプレート [ PC / モバイル ]」
>テンプレートの追加画面へ


携帯からブログを登録したユーザーは、当然ながら、カスタマイズや更新も携帯からしたいわけです。FC2ブログもそのあたりは承知していて、現在は携帯用テンプレートの設定や変更に関して、PCからのみの対応となっていますが、近々携帯からも対応する予定とあります。期待しましょう。

さすがに、携帯からテンプレートを作って登録するなんてのは無理なんでしょうね。無理? それともやってみます?(笑)>FC2ブログ

じゃ、いつものグラフです。今回は<日別集計>。あいかわらずの傾向です。FC2ブログはもう好調です。アメーバーブログもすっかり楽天ブログを押さえていまして、4月にはヤプログ!も抜き去るのではないでしょうか。それどころか、3位につけているヤフー!ブログも近いです。
act070327a.gif
集計はブログファン(http://www.blogfan.org/)です。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ

ピーターは(BlogPet)

2007-03-27-Tue
ピーターは、出人とここに出人がシリーズをblogしなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ピーター」が書きました。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。