FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

◆Date:2007年02月07日
全記事一覧

「『占い』がプラグインに追加」って~<日別集計>

2007-02-07-Wed
ちょっとFC2ブログが地味から脱却しようとしているのかもしれません。先日の「FC2ブログ 絵文字エディター機能追加!」に続いて、「FC2ブログ 『占い』がプラグインに追加!」(FC2インフォメーション)です。

ちょっと路線の変更かもと思うのですが、その前に……。「あいかわらず、日本語が変です」。

「FC2ブログ 絵文字エディター機能追加!」には、わたしの記事タイトルにしたように「を」入れないとよくわかりません。ただしくは「絵文字エディター機能を追加」がいいと思います。なぜならば、「機能追加」という熟語も目に映ってしまいます。「絵文字エディター機能追加」という文脈もそこに読むことができる。いや、その場合は「強化」というだろうという反論もわかりますので、だから、昨日は黙ってました。ことさらに言うことはないなと。

ところが、「『占い』がプラグインに追加!」と来ました。これはダメです。もし、「占い」がで始めたければ「『占い』がプラグインに追加」でないと。でも、「被追加」なんて言葉は認知されていませんので、やはり、「『占い』プラグインに追加!」とするか、「『占い』プラグイン追加!」とするか、要するに「追加」とあったら「」でないといけませんね。

さて、『占い』プラグインですが、キャラは「ドロンくん」「上林先生」「ティアラ姫」「たこぞうくん」「おむすびパンダ」の5種類で、占いは基本に「毎日の運勢」があり、キャラによっては「幸運向上・毎日の運勢」と「悪運回避・毎日の運勢」を選択できます。また、フレームなどデザイン的にな面も変更できます。ま、こうしたものは、オプションですから、いろいろバリエーションが広がることを期待しています。ま、わたしとしては、占いプラグインは置いてもいいと思うので、もうちょっとアダルトなキャラか、無人格なもの(たとえば「おみくじそのもの」)を追加してほしいです。

ちなみに、プラグインの追加方法は
 管理画面>プラグインの設定→プラグインの追加
です。

では、ブログファン(http://www.blogfan.org/)の集計する主要ブログのアクティブユーザー数の比較グラフです。
act070207a.gif

グラフを作るたびに思いますが、昨年末からのアメーバブログはすごいの一言です。こないのだK-1のリングにもあの緑のアメーバのマークが出てましたし、大相撲の懸賞にも出てますし、いろんなところで露出してきているのではないでしょうか。gooをとっくに超えてしまって、ヤプログ!や楽天ブログにも今月中にには並び、春には完全逆転単独4位で、ヤフー!ブログと並ぶでしょう。

ヤフーの閉鎖的な感じや、楽天の不自由さに比べたら、アメーバの方が何倍も素敵で可能性が感じられるブログだと、わたしは思います。

にほんブログ村 ブログブログへ
ブログランキング
スポンサーサイト



暖冬に思う

2007-02-07-Wed
先日ブログの記事を書いているときのこと、突然電話が鳴った--。ま、これは珍しいことではない。そしてついでにいうと、わたしは記事を書いてる途中に電話が入るとひどく不機嫌になる。平気で出ないということも、ごくたまにはあるのだが(笑)、ま、その日は出た。

:もしもし。そちらは出人さんのお宅ですね。こちらは××交番ですけど。
:はい。
:出人さんちの自転車がどこどこ(住所)の○○アパート横に放置されているというので取りに行っていただけますか?
:へ?

--今朝見たときは自転車は2台玄関前にあったけれど……。

:その場所がわかりません。何か目印でも?
:××という本屋さんの裏手のアパートなんですけど。
:場所はわかりました。ちょっと遠いですが、取りに行けなくはないので行きます。
:それがパンクしてまして。

--ふっと、以前パンクした自転車をカラオケ店置いてきたことのあるの顔が目に浮かぶ……。

:ああ、お詫びとか必要でしょうか?
:--。<なにやら電話越しに話している様子>お礼とかは要らないようなんでとにかく取りにいってください。
:はい。じゃ、今日中に……。

ということで電話を置いた。玄関に行ってみると自転車はちゃんとある。あら? 人違いか? でも防犯登録かなにかで調べて電話してきているのだろうから……。と思って、その後家族にクルマで送ってもらってそこまで行ってみると、もう忘れた頃(3年以上前)に盗られたモノだった。なんだよ。

実は、警察から自転車を取りに来いという電話が入ったのはこれで2度目だ。ついでに自転車が「無くなった」のは3回。

1度目はなんと人が乗ってる時に、警察が捕まえてくれたので、ま、そのときはライトやベルが壊れてはいたものの、なんとか乗れる状態だった。夜中にライトが灯いてない自転車で走っていたおっさんを呼び止めたとそのときの警官が教えてくれた。それにしても、盗られた後でこちらは困って、すぐに新車を購入、そのため逆に邪魔になった

そして、今度の奴はひどかった。錆びていた上にパンク。乗っていたという形跡がない。むしろ、誰かがパクって行って、乗り捨てたままになっていたのだろう。見つけた人も処分が面倒くさいので、それをまたその書店横のアパートの近くに放置して、結果本来の持ち主に届けられたというのが実状だろう。

なんか、こういう形で使えなくなったものを、汗をかいて引き取りにいき、金を出して処分させられるわけだ。一時は「お詫び」が必要なのかと電話で聞いた自分が滑稽にさえ感じられた。不条理だとなと思いながら、それほどの怒りを感じなかった。ま、一つには自分が使っていた自転車だったからではないということもあるのだろうけど、なにかちょっと麻痺しているのか……。

--傘など傘立てに立てて置こうものなら誰かが持っていってしまうのが当たり前、自転車もそういう存在になっている。わたしの周りではクルマでさえ「無くなる」とか聞くし、ニュースでは送電線が「無くなった」とか、ガードレールが「無くなった」とか、門扉が「無くなった」だとか、側溝の蓋が「無くなった」だとか~。もちろん、「無くなった」のではなくて「盗られた」のだ。

ああ、どうなってるのという感じだと書きながら、それでもこの程度の気持ちで済んでいる自分自身にどこかうすら寒さを感じた。

温かいのは日差しだけ、人の心の寒くもあるかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
HOME