FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

年のうちに春は来にけり~「節分」「立春」「元日」

2007-02-03-Sat
2月3日は節分でした。「鬼は外、福は内~」といいながら、豆をまく日ということになっておるようです。ところが、節分というのは、実は年に4回あります。季節の分かれ目はみな節分で、今日のように立春の前日ばかりでなく、立夏の前の日も、立秋の前の日も、立冬の前の日も歴とした節分なのです。

おそらく春というのが一年のスタートで特別であるということや、豆まきの行事などとの関連で、ま、節分中の節分とでも言いますか、節分といえば立春の前日を特別にさすようになったのです。

ところで、豆まきの起源はなにかということで、ネットで調べてみますと中国に発する「追儺式(ついなしき)」がそのもとではないかという見方もあるようです。追儺式とは大晦日に大晦日の夜に悪鬼を祓い疫病を封じる宮中の行事です。

一方で、あくまで宮中行事の追儺式とは別の信仰に由来するという見方もあって、それは寺社が行った邪鬼払いの儀式(「豆打ち」)だということになっています。また、追儺式と豆打ちとが融合する形で現在の「節分の豆を撒き」という形になったという見方もあるようです。
 → 「方相氏、追儺式と節分」
 → wikipedia:「節分」

ま、いずれにしても、わたしの家では子どものころから、豆まきはもっともまじめにやる行事の一つでした。簡単だからかもしれません。あるいは、ちょっとゲーム性があっておもしろいのかも。でも、「恵方巻きを丸かじりする」なんていうしきたりは全くなくて、この2~3年のことだと思います。

さて、その節分の今日は、陰暦では十二月十六日でした。夜空を見れば十六夜の月(いざよいのつき)が浮かんでいたはずです。まだ、旧暦では今年はまだ十二月なんですね。旧暦では正月になっていないのに、立春になってしまうんですわ。 江戸時代までは、陰暦を使っていましたのでこういう年はちょっと奇異だったのですね。元日の祝いをするまえに立春になってしまったわけです。その奇異さがわかりにくい人には、ちょっと妙ですがクリスマスの概念をあえて持ち込むんでみてはどうかと思います。クリスマスにもなっていないの立春になってしまったと。

今日はそんな節分で、明日はそんな立春になります。それは、ちょっと珍しく、ちょっと妙な気分だったのですね。

 年のうちに春は来にけり
   ひととせを こぞとやいはん 今年とやいはん   在原元方

 (年も明けないうちに立春になってしまったんだなぁ。
  この一年を、去年と言おうか、それとも今年と言おうか、ちょっと妙な気分だ)

みそひと文字の抒情詩―古今和歌集の和歌表現を解きほぐす
小松 英雄
笠間書院
売り上げランキング: 22751
おすすめ度の平均: 5.0
5 目からウロコが落ちます


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



映画:「小さき勇者たち~ガメラ」~DVDで

2007-02-03-Sat
ガメラシリーズの最新作です。

ガメラシリーズは初代シリーズ(昭和ガメラ)と、平成ガメラシリーズとあるわけですが、今のところそのどちらでもないようです。

初代シリーズは8作で、「大怪獣ガメラ」「大怪獣決戦ガメラ対バルゴン」「大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス」「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」「ガメラ対大悪獣ギロン」「ガメラ対大魔獣ジャイガー」「ガメラ対深海怪獣ジグラ」と「宇宙怪獣ガメラ」です。前の7編がいわばレギュラーであるのに対して、8作目はオールスターキャストでスペシャル編ともいうべきのでして、7作目の「ジグラ」までは年1作のペースで続いてきたシリーズが、9年ぶりに歴代怪獣を集めて8作目のだわけです。

平成シリーズは3作で、「ガメラ~大怪獣空中決戦」(ギャオス)「ガメラ2~レギオン襲来」「ガメラ3~邪神(イリス)覚醒」とあります。後々の位置づけはどうなるかわかりませんが、この「小さき勇者たち~ガメラ」はこの平成ガメラシリーズとは別の系統と考えるのがよさそうです。そもそもタイトルが「小さき勇者たち」と複数になっていますが、複数の子ガメラが出てくるわけではなくて、子ガメラを助けるために子どもたちが協力する、その結果子ガメラが敵怪獣との戦いで劣勢のなか、勢いをとりもどす……というようなストーリーなんです。ま、つまりガメラもさることながら、子どもたちにスポットがあたってます。

話は、33年前~1973年(初代シリーズの7作めと8作目にあたる時期ですね)にガメラがギャオスとの戦いで苦戦。自爆してギャオスと巻き込み、結果人々を救ったということを踏まえて始まります。このガメラの卵が残っていて、それが偶然、母を亡くした少年トオルに発見される。トオルは卵からかえった子ガメをトトと名付け、もちろんガメラと知らずに育てます。そして、トトは驚異的な成長をし、そして、ま、そんなときになんでか怪獣(ジーダス)が日本に上陸するというわけです

小さき勇者たち~ガメラ~ スペシャル・エディション
角川エンタテインメント (2006/10/27)
売り上げランキング: 2284
おすすめ度の平均: 4.5
3 悪くはない
4 小説読んで劇場行ってDVDも買いました
5 ガメラ かわいいぞ


今回の怪獣ジーダスは、イグアナというか、エリマキトカゲというか、痩せたゴジラみたいな感じです。名古屋に上陸して、万博だの、セントレア開港だの、好景気だのと明るい話題の続いた名古屋の街を舞台に、強いジーダスと、まだまだあどけなさの残るガメラとの戦いが展開されるというわけです。ま、いちおうメインの戦いはガメラ対ジーダスなわけなのですけど、弱り切ったガメラに、なにか魔法の力を与える「赤い石」を子どもたちの命がけのリレーで届け、ガメラは瀕死状態から蘇生、大団円へと突入します。
 → 「名古屋壊滅!?「ガメラ」ロケ地ツアー!」

ま、子どもの向けの映画ですが、怪獣が闘う危険地帯から逃げ出す大人たちと、ガメラを救うためにその危険地帯に向かって逆走子どもたち。大半の大人はその子どもたちの危険な暴走を止めようともせず、自分が逃げることだけが一生懸命で、子どもは子どもで大人の意見など聞きもせずひたすらガメラのために「赤い石」を、ま、ラグビーのように運ぶわけですね。大人たちの人の波をかき分けかきわけ。

なんだろう、ここまで名古屋人は薄情でも、無責任でもないと思うのだけどと、ちょっとそんなところが不満でありました。



にほんブログ村 映画ブログへ

「ガンダム無双」公式サイト更新!

2007-02-03-Sat
必ずしもそうってことは言えないが、おそらく多くの「ガンダム」ファンは無双シリーズを知らず、「無双」ファンの多くはガンダムをさほどしらない。そういう両者を吸収して、ほんでもって、両方知ってる人は大喜び。そんなPS3キラーソフトが『ガンダム無双』だ。

ガンダム無双
ガンダム無双
posted with amazlet on 07.02.03
バンダイ (2007/03/01)
売り上げランキング: 15
おすすめ度の平均: 4.0
5 すげぇよ!!
4 無双らしさはいかに?
5 カオスだがほしい


3月1日(木)の発売を控えて公式サイトが充実の更新ぶりだ。
 → 『ガンダム無双』の公式サイト

今回の更新では、「ゲームモード」の紹介と、サブキャラクターの情報が「Game System」に公開され、さらに、「Mobile Suit」の項目に、「百式」やその他のモビルスーツの情報を追加された。

・PS3ソフト『ガンダム無双』は、3月1日発売予定(価格7,800円)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
HOME