FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

深刻な医師不足に小手先の調整か?

2006-08-31-Thu
医師不足が深刻なようです。

医学部定員増員へ 医師不足10県、24年ぶり方針転換    

厚生労働、文部科学、総務、財務4省は31日、医師不足が深刻な地方の10県について、平成20年度から暫定的に大学医学部の入学定員を増やすことを正式に決めた。また、自治体からの要請に基づき緊急避難的に医師を派遣するシステムの構築など総合的な医師不足対策を盛り込んだ「新医師確保総合対策」を発表した。
   iza「医学部定員増員へ 医師不足10県、24年ぶり方針転換」全文を読む……

記事によると、これまでは医師が増えると医療費も増加するんで、医学部の定員を抑制してきたんだそうです。ところが、医師の都市部への流出・偏在が深刻なことから24年ぶりの方針転換を図ったと。

今度の入学生が医師になるのに、いったい何年かかるのでしょう。最短で8年くらいなんですかね。よくわかりませんが。10年かな。で

今回定員増になるのは、青森、岩手、秋田、山形、福島、新潟、山梨、長野、岐阜、三重の各県だそうで、これらの県は、平成16年に人口10万人あたりの医師が200人未満で、100平方キロあたりの医師数が60人未満だった。

東北はともかくというと、東北に悪いんですが、こういう話題になって東北が上がってくるのはわからないでもないんです。ところが、中国四国地方は入ってないですよね。九州も入っていてもよさそうなんでしょうが、というとやっぱり九州に悪いんでしょうけど、ま、しかし、一応そういう疑問が出ますよね。てのは、偏見なんでしょうか(気分を害したらすみません)。でも、岐阜とか三重とか、長野とかって、そんな感じはしないですよね。ところが入っちゃってる。山梨も。きっと、条件のいいところへ流出しちゃうんですよね。

ところが、愛知が入ってないんで、心配ないかというとそうでもないんです。検索するとこんな記事がありました。

深刻な東三河地域の医師不足!愛知県に対策を要望してきました

全国ネットのテレビでも報道されましたが、東三河、とりわけ奥三河で深刻な医師不足が起こっています。
新城市民病院が救急車の受け入れができず、設楽郡から走ってきた救急車が、豊川や豊橋まで患者を運ばなくてはいけないという事態まで生まれているんです。

また、産科医と小児科医の不足は、奥三河だけでなく、豊橋や田原の地域でも起こっています
  斎藤ひろむ・ブログの記事の全文を読む……

愛知もやばいんです。豊橋がやばいってことは、おそらく日本全国どこでも不足してるんじゃないでしょうか。こんな10の県だけでいいのかと思います。おそらく、小児科とか、産婦人科というような科目を限定したら、関東だって、関西だって、中国・四国、九州だって、よほどの都市部に行かない限りは医師は不足してるんじゃないでしょうか? 北海道も。

医師不足の原因は、「これまでは医師が増えると医療費も増加するんで、医学部の定員を抑制してきた」とあります。これって、なんなのでしょう。

社会保険庁は不正だらけで年金がやばいっていうのに、医療費の増加もこわいんで、医師の育成を抑制してきた結果だなんていうのに。いったい、この国の福祉というのは、どうなんているのでしょうか。少子化対策、高齢化対策の観点からいっても、非常におそまつですね。

まじ、「なんとかしてほしい」です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



映画:「ドット・ジ・アイ」~DVDで

2006-08-31-Thu
タイトルの「dot the i」は、そもそも「iとtは似ているので、iには点を、tには横棒をつけなさい」ということで、そこから転じて「ちゃんと最後まで注意を払いなさい」という意味の慣用句だそうです。

「ちゃんと最後まで気をつけろ」とは、そのまんま見る者への挑戦というか、「最後のどんでん返しまで注意して見ろ」という警告にもなっています。
ドット・ジ・アイ
ドット・ジ・アイ
posted with amazlet on 06.08.31
エスピーオー (2005/04/08)
売り上げランキング: 10,902
おすすめ度の平均: 4.17
4 最後まで目が離せない!
5 意外な結末!!
5 欧州映画も捨てたものじゃないですね。

作品中でヒロインのカルメン(ナタリア・ヴェルベケ)が、キット(ガエル・ガルシア・ベルナル)に「dotはiの最後の点」というようなことをいうシーンがあったのですね。ところがこれが「dotは愛の最後の点」ということに、フランス語ではそうなるようなことを言うです。「Je t'aime.」ってことなのかと思うけれど。表題は、見る者への挑戦でもあり、映画の中での二人の大切なキーワードだったりするんです。

ストーリーです。いささか過去に傷つきながら、エキセントリックなところのある、女性カルメンは、優しくなんでも望みを叶えてくれる、白馬の王子様的なバーナビーと婚約している。しかし、ヘン・ナイト(フランスのおしゃれなしきたり)で、カルメンはたまたま居合わせた男性キットとキスをする。しかし、その時カルメンは気づく。バーナビーにはなく、初対面の男が持っている、カルメンにとって最も必要なもの……。それが少しずつ運命を狂わせる。そして、虚々実々、意外な結末への二転三転のドラマがスタートするのです。

あるいは人によっては「過ぎたるは及ばざるがごとし」などという言葉を思い出させるほどの、どんでん返しです。わたしは、おもしろいと思いましたけど。ただ、こういう体験しちゃうと、たとえ「ゲーム」に勝ち残っても、今後の人生ずっと疑心暗鬼で生きていかないとならないんじゃないだろうかって。

わたしは極力ネタバラシは避けたい派なので、実はあのシーンで変だと思ったというのもないわけではないのですが、これ以上は書けませんけれど、そうかなと思ったところもあるんです。そこまではそうだろうなとか。そして、あるいはそういうのもあるかなとも思ったんです。ただ、あそこまでは。そしてそこまで行くとは思いませんでした。って、変な感想(笑)。

カルメン役のときどきジーナ・ガーションかと思う女優、ナタリア・ヴェルベケというらしいんですが、いいです! でも、ジーナ・ガーションのがいいけど。「パズル」に出てるらしいけど、ちょっと印象にない。ヴェルベケ。
パズル
パズル
posted with amazlet on 06.08.31
ポニーキャニオン (2002/01/17)
売り上げランキング: 44,331
おすすめ度の平均: 3.67
3 『学のある落伍者達』の対決を描く
3 日本人には配慮を欠いた映画
3 スペインの新本格ミステリー


にほんブログ村 映画ブログへ
HOME