FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

大須演芸場で「笑い過ぎ」と叱られる(笑)

2006-08-11-Fri
仕事の都合というより、家庭の事情で、夏休みはあるものの旅行に行く計画はない。旅に行くなら一人で、家に留守番を残して行かねばならず、それも万一に備えて新幹線ですぐに戻れるエリアで、1~2泊ということになるだろう。いくら便利になったからと言って、飛行機に載って韓国だ、北海道だというわけにはいかない。

翻って、愛知県ではなにもないかというと、そうでもない。日本全国的に比べても適当に都会であろう。プロ野球のチームもJリーグのチームもある。すべてのコンサートが来るというわけでもないが、名古屋には主なアーチストや歌手は来る。演劇も中日劇場、御園座、劇団四季の新名古屋ミュージカル劇場がある。ただ、タイミングの問題もあるし、好き嫌いもあるので、それで満足するかどうかは個人の問題だ。遊園地とか動物園・博物館みたいのもそれなりにある。歴史を尋ねたいと思えば、なにせ信長・秀吉・家康という三英傑を輩出し、信長が今川を奇襲で撃破した桶狭間戦場とか、信長が武田騎馬軍団を葬り去った長篠・設楽原合戦場もある。花火は盛んだし、鵜飼いもあるし、サーフィンだってできるし……。海洋レジャー施設も充実。温泉くらいもちろんある。そんなところに住んでいるので、楽しもうと思えば日帰りでどこにだっていけてしまうんだ。

家の事情と、地元がまだ新鮮という理由で、夏休みは特にどこにも旅に行かない。ただ、昨年に引き続き、今年も大須演芸場に行ってきた。こういうと大須演芸場関係者にはしかられるだろうけど、G1(プロレス)を見に行ったついでに行った、「大須演芸場→G1クライマックス」というはしごである。
oosu.jpg

12時から公演がスタートしていたらしい。わたしは少し過ぎてから入った。

まず、そっくりショーなごやのバタやん。ええと、田端義男のモノマネである。あ~、流石に申し訳ないが、似ているのかどうかわかりませんわ。

次は、よしおかつかさの腹話術。この人は、去年来たときに独楽を回していた人だったが、腹話術もやるんだと思ってみていた。話のテンポが早い。立て板に水だ。テンポはいいんだけれど、わたしのような鈍い頭には、笑うタイミングが合わない。お客も4~5人しかないので調子が合わない。その調子が合わない空気が、妙におかしい(笑)。よしおかつかさ自身に聞いたわけではないのでわからないが、この人の話芸は調子が合わない、すべり具合を楽しむ話芸だとわたしは勝手に理解した。わたしはこういうメタな笑いが好きなのだ。そう思うとやたらおかしかった。あまりにも、嫌な笑いをしていたので、「お客さん笑いすぎ」と注意されてしまった。

三番目は雷門福三(かみなりもんふくぞう)。なんだか自分でもわからないそうだが、右足の甲を骨折しちゃったそうだ。正座をしていたら折れちゃったという、落語家の風上にもおけないヤツだと自分で言っていた。表情の豊かな、おもしろい話だった。わたしにとっては、「寄席に行く」=「落語を聞きに行く」なのだが、わかりやすい。たぶん、福三が思ったところで笑えていたのでよかったんだと思う。足、お大事に~。

四番はめおと楽団ジギジギの歌謡漫談ということになるのかな。大山のぶ代と仲本工事を思い出させるペアである。おもしろい!と思った。奥さん(めおとというのだから奥さんだろう)の歌が上手い! 声もきれいだし、声量もある。「うらわの唄」は素敵だった。シャンソンも素敵だった。頭で引く鍵盤ハーモニカも、豊かすぎる胸に乗せたアコーディオンも素敵だった。それも、あんなに楽しそうにうたって、演奏している。ほんとに楽しそうだと思った。あんまりおもしろいので、これまたゲラゲラ笑いながら見ていたら、「お客さん笑い過ぎ」と注意された。うわぁ、一日2回、別の芸人に注意されちゃうことも珍しいんだなぁ(でも、だんな叩くのはどうかと思う~)。
 → めおと楽団ジギジギのホームページ

五番手は、たぶん本当は伊東かおるの予定だったんだと思う。プログラムを見ると。しかし、柳家三亀司に変更になっていた。独楽回しだ。例によって、立て板に水のなめらかなトークがすべりまくる(笑)。なかなか、独楽は回さない。そこを笑っていいのかどうかわからないが、そのとぼけた間がおもしろい。わたしは思うのだが、もうすでに独楽回しの凄さが、われわれにはわからない。おそらく、相当の訓練を積んで扇の縁を伝わせたり、関の孫六風真剣の刃先に止まらせたりしているに違いないのだが、独楽自体で遊んだ経験の乏しい我々には、それを「ほぉ~」っと関心することは、申し訳ないが無理だ。この芸を成立させるには、独楽を回すことがどんなに難しいかと言うことを、もっとお客に実感させる必要があると思いながら見ていた。ある意味田端義男のモノマネといっしょで、本家(この場合は独楽回しの難しさ)を知らないので、目の前の芸が理解できないのである。三亀司はしきりに独楽を回す難しさを口で説明しようとする。コンディションやら、芯がぶれるやら、集中力やらそうしたものが影響するのだろう。確かにそうだろう。しかし、それが、何か失敗のための言い訳をしているようにしか聞こえない。

トリは雷門獅篭(かみなりもんしかご)。この人は去年も見た。去年より上手くなっていた(と思う)。もう、去年どんな噺を聞いた忘れていたが、途中で同じだと言うことがわかった。オチがわかっていても笑えるのが落語である。それは、ストーリーを笑うのでなくて、演じている落語家の表情や、声を笑うからだ。おもしろい話を笑うのではなくて、一人芝居で笑うのだ。そういう意味で、去年より上手くなっていたとわたしは思う。
  → 去年の「大須演芸場」の記事

獅篭はマンガも描けて、「ほんとうにあった笑える話」という雑誌で連載を始めたらしい。また、この日は立ち上がりにお客さんの似顔絵を描いていた。一番前の森下さんってお客さんが、描いてもらっていた。ちなみに、どうも挙動不審のわたしは調査されたようだ。「お客さんは何回目?」と。正直に2回と答えておいた。
本当にあった笑える話 2006年 09月号 [雑誌] 本当にあった笑える話 2006年 09月号 [雑誌]
(2006/07/29)
ぶんか社

この商品の詳細を見る


ちなみに獅篭はホームページも、ブログも持っている。この記事からトラバしておこう。
 → 雷門獅篭公式ホームページ
 → 獅篭blog

ブログはもう一つ、中京テレビの番組関連のブログもある。そのほかにもあるようなんで、ま、あとはいろいろたどっていって。
 → 雷門獅篭の旅ブログ

そして、『名古屋式。』って本も出している。こんど見かけたら買うことにしよう。
名古屋式。
名古屋式。
posted with amazlet on 06.08.11
雷門 獅篭
マガジンハウス (2005/03/28)
売り上げランキング: 47,490
おすすめ度の平均: 5
5 名古屋って・・・!
5 名古屋って・・・!
5 落語の雷門 獅篭に「も」期待


それにしても、ほんとんど人の枕が大須演芸場のボロさとか、古さとか、危なさがネタであった。自虐ネタというやつだ。それを聞くと、また今度、何かのついでに行こうと思う。

ちなみに、大須演芸場は8月中旬(11日~20日)は恒例怪談噺を上演中。平日はお昼の12時より2回公演、土日祝祭日は11時からの3回公演、入れ替えなし。場所は、大須観音の近く(大須観音の前の交番で聞いていきました~)。

 → 大須寄席情報割引券あり
 → マピオン「大須演芸場」

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



ユーザータグ機能の設置~<日別集計>

2006-08-11-Fri
かねてわたしも要望を出していたユーザータグ機能が付加された。(→ FC2インフォメーション「ユーザータグ機能を追加しました」) FC2ブログの機能としては久しぶりの大型補強ということが言えるだろう。記事の書き方や、テンプレートの作り方にもいろいろ影響を与えるかもしれない。わたしは、TagClickですでに200本以上の記事にタグをつけているので、内心導入するかどうか迷っているが、本質は同じならが、違う機能もあるので並行的に使ってみようと思う。

タグという言葉のイメージが難しい人は「キーワード」という言葉をとりあえず思い浮かべ、「キーワードタグ」とか「タグ・キーワード」と言い換え、「タグ」という言い方に統一していけばいいだろう。なんでこんなことを言うかというと、わたし自身の語彙では「タグ」という言葉がなかなか身に付いていず、「キーワード」の方がしっくりきていた時期がるという経験からだ。ただ違うのは、「タグ」は「記事本体に意識的につけてある」ということだ。

このタグ(ユーザータグ)の機能はストックされた自分の過去記事から同じタグのをリスト化したり、そのタグを活用して、ブログを検索できたりする。また、多く使われているタグについては、「人気のタグ」とか「話題のタグ」というのができるし、また、それを自分のブログ内でやれば、自分のブログの話題タグが表示できる。現在のメニュー部分にあるTagClickのブログパーツは、わたしのブログ内での頻度の高いタグがfontの大きさでイメージ化されている。

ただ、何事もそうでその導入期は、よくもわからず飛びつくと混乱するので、こういうときは、先達の登場を期待したい。今回は、わたしがFC2ブログを始めた頃からテンプレでずいぶんお世話になったひよこさんが記事を書いてくれているので、非常に安心。
 → 「ユーザータグってなんだ?」

そこで、記事内の普通のリンクとユーザータグのリンクとが混同されてしまう問題について指摘があり、cssでクラスセレクタ関する設定を追加(この日本語であっているのか?)することによりそれは解決できることがわかった。
 → 「続・ユーザータグ」

また、記事内にユーザータグを表示するのではなくて、タグリストを記事の下に付加する方法もある。これはFC2ID統合問題のときに参考になった、名鏡恵さんのところで実現されていた。わたしはこっちの使い方がしたいけれど、少しじっくり時間をかけないとなかなかテンプレートの編集まではできそうにない。
 → それは仕様?:「タグ対応」 ※トラックバックあり

この件に関しては、FC2マニュアル「ユーザータグのテンプレート対応について」を参考にすればよい。

また、プラグインによって、自分のブログのタグを表示することも可能で、すでに公式プラグインが用意されている。「カウント順・ランダム順・新着順」の3通りで表示可能だ。
 → 管理画面>環境設定>プラグインの設定>プラグインの追加[公式]
 
いずれにしろ、非常に可能性のある機能が付加されたと思う。同時にデザインにも関わる問題なので、その活用に慣れ、またデザイン的にも定着してくるまでには、もう少し時間が必要だと思う。

では、例によって主要ブログのアクティブユーザー数の比較グラフです。集計はブログファンです。ライブドアブログは何かあったようですが、もう流れは変わりませんね。
act060810a.gif


にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ

G1 CLIMAX 2006名古屋決戦~行ってきました!

2006-08-11-Fri
もう、昨日(10日)のことですが、愛知県体育館に「G1 CLIMAX 2006」シリーズを見に行ってきました。入りは悪かったですね。見たところ7割じゃないでしょうか。

第1試合
○P.デヴィット・裕次郎組
(1/15)
内藤哲也宇和野貴史・●平澤光秀組
平澤選手のペアが宇和野に変更になっていました。わたしは平澤選手を応援しましたが、全体的にはプリンスの動きのよさ、技のキレが目立つ試合になりました。名前もデービッドでわたしと同じでいいしね。裕次郎は成長を感じます。宇和野はアピールというかパフォーマンスが今ひとつです。平澤選手は、なんとうか、まだまだです。関節技を磨きぬいて、藤原組長のようになって欲しいと思っています。そのためには、飛びつき腕ひしぎでやられるのも、ま、いいですね。

第2試合
田口隆祐・井上亘・E.サムライ・○タイガーマスク組
(1/30)
邪道・●外道・稔・獣神T.ライガー組
8人タッグは華やかで、メキシコのルチャを彷彿とさせる空中戦もあったのですが、サムライに対してCTUサイドの遺恨があって、それを集中的にあびせかけているようでした。コーナーのマットを外して、サムライ一人を徹底的に叩きつけていました。子どももたくさん見に来ていて、ダーティにサムライを痛めつけるライガーや稔を応戦しているので、ま、わたしとしては複雑でした。田口、タイガー、稔、ライガーが目立ち、お気に入りの邪外は今ひとつでした。
g1_tigsam.jpg


第3試合
飯塚高史・○永田裕志組
(1/30)
●石井智宏・矢野通組
これだったら、わたしは矢野と永田のシングルが希望です。飯塚はお客の反応を見られませんし、石井はあいかわらずアシスト志向な感じです。石井はもっとパフォーマンスして、矢野を食うくらいのアピールをしたらおもしろくなると思うのですけどね。矢野の胴タックルの上手さはわかりましたが、もっとレスリングできるのだから見せて欲しいですね。反則させてもよし、レスリングさせてもよしという、タイガー・ジェット・シンのような選手になってほしいです。永田は他の三人よりやはり一枚も、二枚も上です。

第4試合
○曙・長州力組
(1/30)
越中詩郎・●B.S.マシン組
ボノ・タイガーってのを小耳に挟んでいたので、ちょっと期待したのですが、普通の曙でした。勝ってもダンスなし~。越中はお客へのアピールがうまく、地味なマシーンとの白黒コンビも案外いけると思いました。長州・越中・マシンの三人をコーナーポストに重ねておいて、体格からのぶちかましは、長州も虫の息だったのでしょう。結果、その一撃で3人が弱っているところをボディプレスでマシンを葬りました。もっとプロレス覚えて、身体を締めて行って欲しい。蹴り技も一つ。ストンピングでもいいけど。
g1_akebono.jpg


第5試合
G1 CLIMAX Bブロック公式リーグ戦
○天山広吉
(1/30)
●山本尚史
山本にいくらか成長の跡が見えたのはいいと思います、粘ったし、善戦しました。天山の攻めをよく耐え返していましたしね。ただ、カバーが早すぎる。技がネタ切れで抑え込みに行くって感じなんですわ。そうじゃなくて、髪の毛でも引っ張って起こして、打撃でも、投げ技でももっと続けて出して、それを天山が何度も返すような展開に組み立てないとまだまだですね。山本は全敗の勝ち点0でリーグ戦終了。その結果はトバネにしたらいい。もっとスピードを! 天山は勝ち点6で決勝T進出決定です。

第6試合
G1 CLIMAX Bブロック公式リーグ戦
○金本浩二
(1/30)
●真壁刀義
真壁はちゃんとプロレスしてました。押し気味でした。ま、金本が受けていたと言えばそうかもしれませんが、途中かなり金本はヤバかったと思います。真壁がしなくてもいいグランドでのチョーク攻撃とかして、金本を回復を待ってやっていたと思えるくらいです。ま、金本が勝った方がファンも喜ぶし、興業としても成功なのでしょう。真壁に期待するんですけどね。金本・真壁ともともに決勝Tへの進出権を残します。

第7試合
G1 CLIMAX Aブロック公式リーグ戦
○中西学
(1/30)
●ジャイアント・バーナード
すでに2敗の中西は予選敗退決定的。バーナードはまだ目が残ってますから。このカードはおもしろい。バーナードがプロレスがうまいんで、中西の良さを出せるんですね。良さをださせてもらっている曙とは大違いです。中西も安心して正直なプロレスができてよかったと思います。ま、ぜひここに吉江もいてほしかったと、ふっと思いましたけれど。
g1_nakanisi.jpg


第8試合
G1 CLIMAX Aブロック公式リーグ戦
●棚橋弘至
(1/30)
○小島聡
盛り上がりました。勝者がっぷり四つの攻防という感じですが、やはり少しウェートと経験に勝る小島が上だったということでしょうか。非常に満足できるおもしろい試合でした。小島に王者の風格があり、棚橋はまだまだ若いという感じです。
g1_tanakoji.jpg


では、8月10日終了時点での星取表です。

Aブロック棚橋中西バナライ小島勝点
棚橋
中西
バーナード
ライガー
小島


Bブロック天山永田真壁金本山本勝点
天山
永田
真壁
金本
山本


各ブロック2位までが決勝Tです。

Aブロックは小島(勝点5)が中西戦を残して決勝進出決定です。対戦者中西(勝点2)ですが小島に勝てば勝ち点4になります。すでに全試合の終了の棚橋も勝ち点4です。この勝ち点4は現時点ではまだ可能性が残ります。問題はバーナード(勝点3)がライガー(勝点2)戦です。バーナードが勝つと勝ち点5となり単独2位で決勝行き。ライガーが勝ちもしくは引き分けると勝ち点4が2位のラインになります。その場合、棚橋、ライガー(引き分けだとバーナード)、(小島に勝てば)中西が同点2位になる可能性があります。

また、Bブロックは天山が1試合(真壁戦)を残し、早くも勝ち点6で決勝進出決定です。逆に山本は0点で全試合終了。2人めの決勝進出者ですが、永田が現在勝ち点3で金本戦(勝点4)を残します。金本が勝てば金本勝ち点6で決勝決定です。それ以外のケースは勝ち点5を巡る争いになりますね。永田が勝てば勝ち点5で、真壁(勝点3)の結果次第です。また、引き分けでも金本は勝ち点5になり権利を残します。真壁は天山戦です。天山を倒せば勝ち点5になります。

→ 新日本プロレス 試合結果

にほんブログ村 格闘技ブログへ
HOME