FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェスト」~コロナで

2006-08-01-Tue
「さらば、ジャック・スパロウ」なんて言葉が、チラシとかポスターとかにあります。どういう意味で「さらば」なのかは、ネタバレになるので書きませんけれど、当然ですが、最後まで見ればわかります。
pok2.jpg

設定などはいろんなところで書かれていますのでわかるとは思いますが、前作でめでたく恋が成就したウィル(オーランド・ブルーム)とエリザベス(キーラ・ナイトレイ)ですが、結婚式の直前に逮捕されることになります。容疑は「ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の逃亡を助けた」というもの。二人は拘束されますが、ウィルはジャックの持つ謎のコンパス(方位磁針)を奪って来ることを条件に釈放されます。エリザベスはそれまでの人質というわけですね。一種の司法取引なんでしょうけど……。

かたやジャック船長はデービー・ジョーンズという、海賊妖怪のボスにある借りがあり、その督促を受けています。このデービー・ジョーンズは妖怪というか、魔王というか、見た目はタコが人間に憑依したようなルックスをしています。後頭部はタコの頭のようになっており、あごひげはタコの足そのもの。いつもくねくねと動いているのです。また、右手の指も人差し指だったか、中指だったか一本がタコの足になっていて、長く伸び、吸盤がついています。恐ろしいのはルックスだけでなくて、人間を呪いにかけることができるのです。そうして、人を異形のものに変え、自分の奴隷として死ぬまで働かせることができるのです。

ま、ジャックはそのデービ-・ジョーンズからの借りを返せないわけで、こうなっては命を奪われるか、まさに一生の奴隷と化すかしかないのですが、そこは例によって、お得意の機転やはったり、口八丁手八丁で切り抜けようとするわけです。もちろん、謎のコンパスが、デービー・ジョーンズとの交渉についても大切な役を負っていることを、ジャックは知っています。

それは「デッドマンズ・チェスト(=死者の宝箱)」に関するものです。その中身については書きませんが、ジャックの持っている謎のコンパスはそのデッドマンズ・チェストのありかを指し示します。また、デービー・ジョーンズはその宝箱をあける鍵を持っているようなのです。そして、その宝箱はデービー・ジョーンズにとってはとても大切なものだったのです。

こうして、エリザベスとウィル、そしてジャックとデービー・ジョーンズを巡る物語がスタートする--ということですね。

おもしろいです。「全世界がこれほど持ち焦がれた2作目があっただろうか」みたいなフレーズをどこかで聞いたことがあったのですけれど、わたしもとても楽しみでした。ま、おもしろかったですけれど、好みとしてはこの手のモンスター系(クラーケン)よりは、前のゴースト系の方がわたしは上物のように感じますんで、ま、1作目の方が好きってことは言えますけれど、ま、とてもおもしろいです。おすすめします。

そうそう、エンドロールになっても座席を立たない方が賢明です。前作ではサルでしたが、今回は別のものが別の形で出てきます。それが次作(第3部完結編は来年夏公開らしい)への一つの伏線ということでありましょうけれど。

 → 公式サイト



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



カブトムシでビールを釣る~夏祭り

2006-08-01-Tue
わたしの住む愛知県三河地方の祭りでは非常に花火が盛んなのですが、打ち上げ花火や川花火以外に、手筒花火(てづつはなび)というのがあります。きちんと調べてないのでわからないのですが、全国的には三河地方が最も古く、江戸時代からあるようです。江戸幕府は全国的に火薬の製造や貯蔵を禁じていましたが、徳川家の地元であった三河地域にには許可されていて、そこで家康の編成した鉄砲隊が、故郷の子弟たちに火薬の扱いを伝授し、それがやがて祭礼用の献上花火として打ち上げるようになったのが始まりと言われています。
 参考→三河の手筒花火

愛知県三河地方と静岡県の遠州地方で行われる以外は全国的にも珍しいようです。わたしも見てきました。安全のため近くまで入れてもらうわけにはいかなったのですが、こんな感じです。「手筒」という名前でわかるように、それぞれが長さ数十センチから1メートルくらいの太い竹の筒に藁を巻いた手筒を持ち、その口から花火が数メートルの火の粉を吹き上げます。持ち手は頭から火の粉をかぶるかたちになりますね。写真で見ると打ち上げ花火に比べて小さな感じなんですが、実際その場で見ると、人が火を噴き出す筒抱えていて、それが目の前のことなのですから迫力がありますし、怖さもあるのですが、自分でもできるのではないかと思えてきます。
maturi01.jpg

maturi05.jpg


この写真は豊川市の大社神社(7月29日)のものですが、翌日には歌舞伎行列をおこなわれていました。いわゆる旧東海道を、歌舞伎の中に出てくる若侍とか花魁などに扮した若者たちが、山車(だし)とともに練り歩きます。
maturi03.jpg


maturi02.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログアクティブユーザー数の比較グラフについて

2006-08-01-Tue
アクティブユーザーとは今さらいうまでもないでしょうが、「活動するユーザー」ということでいいのでしょう。ブログに限らずさまざまなジャンルで登録しても更新をしない登録だけのユーザーはいるわけでして、たとえば学生時代の部活動では「幽霊部員」という言い方をしてましたね。まさにアクティブユーザーとは、そういう人たちをのぞいた人ということになります。

さて、ブログサービスのアクティブユーザーを集計しているサイトがあります。それがブログファンです。ブログファンでは、毎日のアクティブユーザー数以外に、毎週のもの、毎月のものと都合3つのアクティブユーザー数を、それぞれのブログサービスごとに集計しています。それぞれのブログサービスの利用度を知る手がかりの一つにはなると思います。わたしはこのブログで、ま、そのブログファンの集計をもとにグラフ化するということをもう1年近くやっています。

今日は8月1日ですので、7月のアクティブユーザー数の集計が発表になっています。その月に1度でも更新したら1人とカウントします。逆に毎日更新しても1人は1人です。つまり、その月に1度以上更新した人の数ということですね。ブログファンでは21社のブログサービスについて統計をとっています。その中で上位11社について、アクティブユーザー数の推移を折れ線グラフにしていますするとこのようになります。
actg0707a.gif

ライブドアブログが断然トップなのですが、FC2ブログがおいついて来ていますね。一月後8月の集計が出ると、これが入れ替わっている可能性もあります。実際毎日のアクティブユーザー数を見てみるとすでに逆転しているからです。
act070801a.gif

このグラフを見ると7月に入ったころから、すでにFC2ブログの軌跡がライブドアブログの上を行くことが多くなっています。そして、その差も次第に広がってきています。同じようなことはseesaaブログでも言えていて、非常に勢いを感じます。

また、各週のアクティブユーザー数のグラフを見るとこんなぐあいです。acts070731a.gif

これは、毎週月曜から日曜までのアクティブユーザー数の比較です。その期間に1度以上更新をしたユーザですね。すでにFC2ブログがライブドアブログを1度超えたのですが(7月17日の週)、先週また逆転されました。

ライブドアやヤフーの知名度は高く、ネット外の人たちにも浸透しているのですが、FC2となると、ブログをしない人はほとんど知らないのではないかとさえ思いますんで、こうしたことでどんどん知られるようになっていくといいと思います。懸案の「独自ドメイン対応機能」や「タグ機能」についても、すでにテスト段階に入り、ますます機能充実というところですしね。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
HOME