FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

仮の名を持つ花よ

2005-09-28-Wed
花の名前は知らぬのだけど
わたしはその花が気に入った。

雨降る初夏の夕ぐれ時、
白く豊かな花びらと
芯のあたりのほのかな紅色が
やさしくわたしに微笑んだのだ。

ひっそりとした細道の軒下で
点ったばかりの外灯に
ぼぉっと浮かぶように開いて
その花びらの一面から
外灯の光が万華鏡のように
滴る雨つゆに輝いていたのだ。

その不思議な輝きは
わだかまるわたしの心に
やさしく温かく光を与えた。
かすかに光を。

その軒下の外灯の下
その名を知らぬ花を見るために
その夏散歩のコースを変えた。

夏の終わりは花の終わり。

誰がしたとはわからぬが、
花は無惨に踏みしだかれた
花びらの踏みにじられた白き色に
わたしはひざまづき
流れる水を結ぶように
花びらをすくいあげ、
悲しみにふるえ、
寂しさにふるえ、
怒りにふるえ、
わたしは唇を寄せずにいられなかった。

花よ。

荒らしし者どもよ。
寂しき者ども。
君らもまた
この花の名を知るはずはなかったろう。
名も知らぬ道ばたの花にすぎなかったのだろう。

おそらくは
君らもその花の薫りを知り、
そのかぐわしさゆえ、
思わず花を散らしたくなったに違いないのだ。

ゆかんとする夏。

崩れゆこうとするわたしの魂を救い、
わたしに命をよみがえらせた花よ。
わたしはその名も知らぬ花の
踏みにじられた白い花びらを拾い集めて、
愛する詩集のしおりにしよう。



ブルーなんです・・・ - 恋愛

スポンサーサイト



「わたしの悲しみを背負う者」

2005-09-28-Wed
このところ記事をおとしたり、ブログの巡礼が低迷しているのですが、実は「悲しき恋歌」を見ています。今日は第4話です。見ていない方も多いと思います。ネタバレにならないように感想を書くのは難しいんで、一言。主人公の男のお母さんが魅力的です。あとは、悲しい話です。おもしおくなるのは、第3話くらいからですか。

タイトルの「わたしの悲しみを背負う者」というのは、第4話に出てきます。主人公の「友だち」が、主人公に言うのです。「インディアンの言葉で友だちとは『わたしの悲しみを背負おう者』のことだ」なんてセリフを吐くのです。気障なセリフですが、ま、それが似合う男です。

いい言葉であると同時に、ネットって、なんだろう「背負い」ってとこまではいかないまで、悲しみを理解してくれて、声援してくれる知り合いが、わりと簡単にできたりします。リアルな友だちには言えないようなことまでも、顔も名前も知らないし、利害関係もないだけに、気安く言えたりします。それでどんなに助かったことか。もちろん、わたしもいくらかお助けする側にも回ったこともあるのですが。

根本的な解決には至らなくても、動き出すエネルギーをくれたり、肩の荷が軽くなったりね。そういういい関係がブログを通じても築いていけそうです。ただ、バーチャルな文字だけの関係だけに、結びつくよりもいっそう簡単に切れてしまいます。大事にしたいものです。

日本語というか、もともと漢語なんでそもそもは中国の言葉なんですが、友だちというか親友のことを「知己(ちき)」と言いますね。熟語の構成から意味をとれば「己を知るもの。自分のことを知っている人」ってことです。

洋の東西を問わず、真の友だちとは得がたく、ありがたく、大切なものです。

「悲しき恋歌」は全20話ですので、まだまだ先が長いです。もう、うるうるしっぱなし。

その他 - 韓流

HOME