FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

◆Date:2005年09月15日
全記事一覧

ネット雑感(blogpet素材その他のこと)

2005-09-15-Thu
先日、blogpetの背景をjpgやflashでつくっていらっしゃるmayuさんが、すごくショックを受けていらっしゃったので、今回はその話です。

まず、blogpetについて。わたしのブログで最初から買っている右のサイドバーに張り付いている「小パンダのピーター」。これがblogpetです。一応公式サイトはこちらです。

いろんなことができます。いわゆるミニメールみたいのが送れます。メールフォームがなかった頃は、メールの送信ポスト代わりになりました。また、RSS機能に対応してますので、友だち登録すると相手のブログの更新状況がわかったりします。別にどちらも、このblogpetに頼らなくてもできますけどね。アクセス解析もついています。これもまた、別にここに頼らなくても、FC2のもありますし、ほかにもいろいろありますけどね。

わたしにとっての導入時の魅力の一つは、俳句とも川柳ともつかぬ五七五作文と、ゲリラ時に言語明瞭意味不明の記事を投稿することでした。

川柳もどきの五七五作文は、ピーターを何度か繰り返しクリックしてやると詠みます。この難解な作品を解釈するのが好きでした(→「6月は……」)。ほら、今も7回めのクリックでこんなのを詠みました。

「さかのぼれ 営業された 一つなり」

とにかくその川の流れをさかのぼれ。そうして川上まで行け。営業部の働きで在庫は一つしかない。あとは川上の村まで行って、とにかく現物を仕入れてこい。大もうけのチャンスなんだ。ほぼ完売、在庫は一つ。とにかく必死で川をさかのぼれって感じですかね。肝心の商品はなんなのかわかりませんが、産直のキノコかなんかが、好評なんですよね、きっと。

ほかにも、ピーターはわたしの記事を読んで言葉を覚えて、それをつぎはぎして作文もします。これもクリックすると、「スポーツ刈りで思うのだがけれどって言ってたよ」などと、聞いたようなことを言うのです。

そして、記事の投稿なんかもしてくれますよね。最近ではこんなのこんなの

そんな楽しいブログアイテムなんです。わたしのような文章が多めのブログにとっては、かわいいアクセントになっています。さらにその背景の絵をいろいろと変えることができて、そこが楽しいです。そして、そういうものには、ネットなどではよくあることなのですが、その背景画をいろいろ作ろうって人たちがいらっしゃるのです。

最初はblogpet背景工房の「松下村塾」や「和室」を気に入って使っていました。和風な素材がいいなと思って。そのうちに、flashのものがあることを知り、今ではすっかり、Silver Heartにお世話になっています。ノスタルジーを感じさせる、カラフルな素材が魅力です。

さて、前置きが長くなりましたが、本題はこれからです。そのSilver Heartの運営者mayuさんが、すっかり困惑し、悲嘆に暮れているご様子なのです。それは9月9日付けの記事「もう悲しませないで」です。

簡単に言うと、これまでblogpetの背景を作って多くの人に使ってもらえてうれしかったんだけれど、「直リンク」や「改変・加工」「再配布」などで、マナー違反が続出し、不愉快な思いをなさっているとうことです。

こういうことは昔からある問題です。「素材」なんかでもよくあるし、似たようなことはFC2の「テンプレート」でもあり得ることでしょう。著作物ならすべてに起こりえることです。JASRACなどは音楽著作物の無断転載、盗用に関してそれなりに強い姿勢で望んでいます。

わたしがここで時々やっている、「映画館でポスター撮ってきました」って言って映画のレビューに貼ってるのだって、厳密に言ったら権利を侵害してると言えるかもしれません(ま、金払って映画見て、そのレビュー書いて、半分宣伝してるわけだから、このくらい大目に見てくれるだろうとたかをくくってますけれど……)。

ただ、このblogpetの背景みたいに、個人が趣味でやってるレベルのことというのは、なかなかその権利を守るのは大変になってきます。ボランティアって言えるくらいに、幾人もの人に喜ばれている一報で、そういう使用条件をきちんとしていくっていうのは、なんていうのだろう、面倒くさいというか、どうしてそこまでしてやらなければならないのって気持ちになってしまいがちですね。こんなことなら、もうやめちゃおうかなって。

そのあたりをmayuさんも悩まれたことと思います。そして、「背景の利用について」なんて記事(13日)が書かれました。

優しいですね。善意を信じ、善意に訴える。

ネットにはいろんな人がいます。社会の縮図ですから。むしろ、バーチャルなだけにリアルよりもストレートな言動がしやすいんです。たとえば、感謝の気持ちを伝えるのも、人助けも、こんなふうに人のブログやサイトについて意見を書いたりするのも、リアルよりも遙かに気軽に、またストレートに書けます。いい方にもそうなんですが、悪い方にもそうなんですね。わかんないからいいやって気持ちで、平気で軽くやれちゃうんです。ストレートに。

そもそもがそういう世界なんです。悪いと承知でしている人と、知らずになさってる人がいるんです。知らずになさってる人に対しても、承知でしている人に対しても、権利を守るために最初にできることで、そして最後にできることは、良心に訴えることしかないのでしょう。特に組織を持たない個人となると。

だからこそ、われわれユーザーは気をつけねばなりません。プログラム(ソフトウェア)でも、素材、写真、音楽に限らず、文章でも。作者や著作者の権利について知らねばなりません。嫌みではなく「機種依存文字」を知ることよりも大切なことです。

少し話がそれますが、ユーザー側の問題として同時に、フィードバックもできればしたほうがいいと思います。先ほども書きましたが、バーチャルなだけに、感謝の言葉や提案も簡単にできます。自分で言うのもなんですが、このFC2テンプレートの「ひまわり」や「犬」に関しては、作者のひよこさんには、ひょっとしたら「またかよ」って思われるくらい、わたしは使用感や要望を送っています。それはもちろん苦情でも文句でもありません。それが、フリーソフトウェアのユーザーの協力のあり方だと、パソ通時代に学んできたものですから。

もちろん、Silver Heartさんのところにも、9日づけの記事に非常にたくさんの励ましの言葉が送られています。それがmayuさんを勇気づけ、次のステップへの力になったのだと思います。

なんか、わかりきったようなことを、長々と書いたかもしれません。でも最近気づいたのは、ブログになってはじめて自分のページを持つって人が、決して少なくないんじゃないかってことなんです。偉そうなことは言えません。わたしもホームページは持ってましたが、ブログを始めてまだ1年もたっていませんからね。

「機種依存文字」の話が今さらめいて登場してくるってことも、こういう現実があるのでしょう。実はどこだとは書きませんが、先日未だに平気で歌詞を全文アップしているブロガーがいらしたのにはびっくりしました。それでいて人気ランキングへ登録している。もしそのまんまランキング上位に行こうモノなら、袋だたきにあいかねませんね(笑)。場合によってはJASRACから高額な請求をされるでしょう。ご注意しておきましたが、今後気をつけるそうで結構なことです(でも、過去の記事は放置したままで通用すると思っていらっしゃるのかなぁ。ま、あとは自己責任で。とりあえずわたしはチクったりしませんから)。

話が散漫になってきました。ブログペットの素材を作り、多くの人に使ってもらってうれしいとおっしゃりながら、一方で、無断転載された、盗用されたとショックを受けていらしゃるmayuさんが、13日に記事になさったのは、知らず知らずにそうしていらっしゃる方もいるのだろうという視点にたったガイドでした。さらに、中国語のガイドも必要じゃないかという話になってきたりしています。悲しいなどと感傷的な気分になっていないで、通らねばならない道なのかもしれません(残念ながら、それが現実なんですね)。

なんかまとまらないんで、くどいですが、もう一回。

ネットにはいろんな人がいるんです。承知でしてる人もいる、知らずになさってる人もいる。わかってくれる人も、助けてくれる人もたくさんいる。そういう世界です。そういうことを気軽にできる世界なんです。

プログラミング全般 - インターネット・プログラミング
スポンサーサイト



HOME