FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

植田まさし風似顔絵ジェネレーター

2005-09-11-Sun
sugarさんにまた教えていただいて、わたしもつくりました。(→ sugarさんの「地味なんですなやっぱり」

u_nigaoe75.png


これは、裂斬さんのブログの「植田まさし風似顔絵ジェネレーターver.1.0」でできます。ブログでこんなことができるなんてのもびっくりです。

ただ、まだ、できたばっかりで、パーツが少ないです。なで肩感がよく出てますが、わたしはもっとがっちりしてまして、スポーツ刈りで、唇が厚いです。目もたれ目(笑)。何度か書いてますが、パンダにめがねつけた方が似ているくらいのものです。

でも、せっかくなんで、公開しておきます。画像形式はなにがいいかわからないんで、bmpはFC2が受け付けてないんで、pngにしときましたけど、jpgの方がいいのでしょうか? その点どなかたアドバイスいただけたら、この絵をあげた甲斐があったというものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



白い影の話

2005-09-11-Sun
わたしの「オカルト体験」は二つしかないんです。

一つは「金縛り体験」として、トラックバックテーマに投稿しましたが、もう一つがこの「白い影」の話です。

「金縛り」の方は眠っている時のもので、体調とか、レム睡眠ノンレム睡眠とか、ストレスとかなんとか自分の側の問題として説明できそうなんだけど、こっちの「白い影」の方は、いったいなんなのでしょうか……。一人で夜読むのはおすすめしません。

もう就職してからの話です。

当時、ある気まぐれから、わたしは会社にマウンテンバイクで通っていました。その営業所はちょっと山の麓にありまして、営業所の後ろには小さな山が控えています。営業所の周りは畑が多く、夜遅くなると、街灯もまばらで、かなりさびしげなんです。朝や昼間だと、それが意外に自転車にはぴったりで、ちょっとしたサイクリング気分なんですが、夜は逆です。むしろ、いささか心細い感じさえします。

都会というか、街の暮らししか体験してない人は、そういう山や畑ばかりの中にある暗闇って知らないかもしれません。少し遠くには街の灯も見える、住宅もある、往来の音もなんとなく聞こえるようなんですが、どっぷりと暗いんです。

営業所から下る道は左手は池、池の奥は山です。池のとぎれたところには竹やぶがあって、竹やぶのよこに山側へあがる立派な道が一本通っています。その道の先はN制作所の工場で、そことうちの会社とがこの道沿いでは比較的大きな会社なんです。さらに道を下るとアパートがあって、そのあたりから住宅も増えていきます。

道の右手にはずっと畑が続いていて、畑の向こうはやはり住宅地です。だから、全く田舎ってことでもないんだけど、道沿いはどうだろう500メートルくらいは本当にさびしいんですよ。

その日わたしは仕事の残務整理があって、退社の波に遅れて帰ることになりました。クルマで帰る連中はさっさと引き上げ、わたしは一人、お気に入りのマウンテンにまたがって帰ることになったのです。もう、あたりはどっぷりと暗く、空には星が出ています。

会社の門から調子よく坂を下って、ちょうど池のほとりを駆け抜けようとしたとき、左手の池の側から白いもやのような、影のようなものがすっと出てきて、わたしの前に現れたのです。「あぶない。ぶつかる」と思って、さっとハンドルをきったんだけど、けっこうなスピードが出ていて、間一髪かわしたとは思うのだけれど、全くぶつかった感じもなくて、そのまま通り過ぎてしまいました……。

ただ、それだけなんです。あとはやたらにぞくぞくして、あれは何? あれは何? って思うだけなんです。だってあんなもの、今まで見たことありませんし、なんだったんだろうって振り返っても、何も見えませんし……。

不思議なのは、夜自転車のライトが映し出せる範囲って決まってますよね。ところが、明らかにその範囲からはずれているのに、その白い影がすっと動いてくるのが見えたんですよね。あれ、なんなのでしょうか。

そのことを誰にも聞いてないですよ、怖くて……。もちろん会社の人にも。池で死んだ人がいるかとか、入水した人がいるかとか……。そんなの池だったら、何年も、何十年もさかのぼれば、水死した人なんているにきまってますから。事故だろうと、自殺だろうと……。それに、水辺って集まるって言いますからね。川とか、井戸とかさ。

あぁ、いったい、あれは何だったのでしょうか?

会社での出来事 - 日記・ブログ

HOME