FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

おもろうて やがて哀しき 花火かな

2005-08-04-Thu
わたしの近くという言い方もきわめて感覚的で微妙ですが、それでもわたしの住む近隣市町村のあちこちでは、7月になると毎週末どこかで花火大会が催されます。

改めて花火大会の思い出と言われても、なぜかわかりませんが、家族と並んで見上げていたり、友だちと見上げていたりするよりも、なにかこう、最後の華やかな打ち上げが終わって、帰ってくるシーンばかりが思い出されます。

駐車場に引き上げたり、ぞろぞろと駅に向かってあるいたり。立ち込める火薬のにおいや人々の汗のにおい、出店の甘いにおいなどが入り混じって、独特のにおいの中、それまでどーん どーん、ヒュー、パチパチパチと上空に響いていたものが、静寂になり、人々の声も、幾分低い、途切れ途切れの雑談になりって感じで。盛り上がっていた全体が、一気に静まるというか。

そういう、花火大会の帰りの寂しさというか、首を疲れを癒すようにみんなうつむき加減で歩く姿というか、そういうものばかりが、おもいだされます。

おもろうて やがてかなしき 花火かな

そういえば、先週末には、わたしの町内の花火大会があったところです。毎年のように、青年団が回ってきて、うちも7千円前後の寄付をするのですが、なんかこう、じっくりみたってことが最近ありませんね。ついつい、キーボードに向かってしまうものだから(笑) 重症です。キリがついたら、物干し兼用のベランダにでもあがって見よう見ようと思いながらもついつい、機を失い、やがてあたりが打ち上げの音が止み、静かになっているのに気づくのです。

花火大会には、そういう華やかさと、突然とフィナーレを向かえ、そこから一気に全員が、静けさと疲労感に包まれるというようなところがあるかもしれません。

おもろうて やがてかなしき 花火かな

そうそう。これまたわたしの住んでるところの近くで、8月の最後の週末に「手筒花火大会」ってのがあります。7月から、近隣の市や地域であった花火を大会のラストを飾るように、手筒をあげるわけです。夏休み最後の週末です。楽しかった夏休みが終わってしまうという寂しさを、花火の華やかさの中に、おそらく子どもたちは感じているに違いありません。

まだまだ暑いまだ暑いと感じながら、なんとなく夜の風が秋めいていたり、あれ、ちょっと前より少しだけ夕闇が早くなったかもって感じながら、ちょうどそれは、サザエさん症候群と同じようなわけなんですね。

ああ、日曜もおわっちゃった、明日かまた仕事だの学校だのだなって感じる、あの寂しさをかみしめながら、サザエさんを見て、とりあえずほのぼのと笑う--夏休みの最後に設定された手筒花火の大海には、そういうペーソスもただよっているのです。

おもろうて やがてかなしき 花火かな


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



上野鈴本演芸場

2005-08-04-Thu
上京した間に、美術展か落語か観劇でもとは思っていたのですが、ちと上京直前にハプニングがあり、下調べが行き届いていなくて、計画的に行動できませんでした。おかげで、ということもないのですが、初日には、ぶらりと青山方面から渋谷に向けて歩いていると、少年隊のアニバーサリーコンサートをしているところに出くわしました(青山円形劇場)っ言うようですね。
200508040454034

わたしはとりたてて興味はなかったのですが、家族のなかにジャニ好きがおりますので、写メール用に一枚とって送りました。

二日目は上野で美術館でもと思っていたのですが、鈴本演芸場があったと思い行ってみましたら、ちょうど仲入り(間の休憩)の時間でしたの。はじめから見ると2800円のところ、後半だけだと2000円にしてくれるってんで、入ることに。
20050804045403


わたしが見たのは後半だけでして、

・マジック 松旭斎美智
----「一億円」のお札を数えてサイコロキャラメル投げてました(笑)。最後の踊りはようわからん。

・落語 春風亭正朝
----江戸の人が京へ旅して、旅先で京対江戸の対決が始まるってな話。祭囃子のまねが絶妙。おもしろかった。

・津軽三味線 太田家元九郎
----日本代表の津軽三味線が、日本はもちろん韓国、ペルー、イギリスなど世界各地の曲を頼まれて、嫌とはいえず、がんばって弾きます。

・落語 入船亭扇遊(▼ポスター撮ってきました)
200508040454032

----花魁木津川のところへ、幇間らしき人物が、以前ずいぶんとひいきにしてくれた旦那を連れてくるのですが、今はもう金にも人気にも困っていない木津川は、もう会いたくありません。仮病を使い追い返そうとするのですが、「病気なら見舞いにいく」と旦那が言い出し、間に入った幇間は困り果てます。相談にいくといい気なもので、木津川は「旦那への恋わずらいで死んだことにしよう」と言い出します。それを聞いた旦那は涙にむせび「墓参り行く」と言い出す始末。ますます幇間は途方に暮れますが、木津川は「そんなら連れて行っておやり……」と言い出して……。って、そんな展開です。爆笑です。

この扇遊さん、幇間をやるときは出川そっくりで笑えました。

むふふ。おもしろかった。とりたてて予約もいらず、気軽に入って気軽に見られますんで、ぜひどうぞ~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME