FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

◆Date:2005年06月18日
全記事一覧

映画館で映画を見る理由 (BlogPet)

2005-06-18-Sat
今度これ考えてみようかな……
、圧倒的に映画館でみるのブログ「忘れねばこそ、思い出さず候」
の風の吹き抜ける音がなんか小気味よかったし、テレビも音がなんか小気味よかったにもかかわらず、なぜ映画館で映画を観る
ということを立ちたくなったんです
「バーティカル・」
リミット
をレンタルで見て、これ大画面でこそDVDソフトで「5.1ch」
というのもあるのです


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ピーター」が書きました。
スポンサーサイト



めんどくせ~(笑)

2005-06-18-Sat
「音楽バトンリレー」だそうです。

 1.コンピューターの中にある音楽ファイルの大きさ
 2.最近買った音楽CD
 3.好んで聞く歌、もしくは思い出のある歌は?
 4.ブログをして、一番うれしい時は
 5.バトンを渡す5人。

「1~5を満たしてブログに広めるっていう企画」らしいんです。これも「トラックバック」の企画として成り立たせることができるのでしょうね。とりあえず、わたしのやつ。

1.コンピューターの中にある音楽ファイルの大きさ
 どうやって調べるの? 調べ方を教えて下さい。
 CDから入れたヤツだけでいいのですか? 
 wavとかmidiとかmp3とかありますけど。
         (と、いけずなことを書いてみる)

2.最近買った音楽CD
平原綾香の「Odyssey」です。
ODYSSEY
ODYSSEY
posted with amazlet on 05.12.26
平原綾香
ドリーミュージック (2004/02/18)
おすすめ度の平均: 3.86
4 今後に期待できるヴォーカリスト
2 やっぱり、ちょっと早かった。
3 声はイイ!けど詞は凡庸

デビューシングルで大ヒットとなった「Jupiter」と、フジ系列ドラマ『優しい時間』の主題歌になった「明日」とが収録されています。「蘇州夜曲」なんかも入っていて、平原綾香のさまざまな魅力に気づきます。

3.好んで聞く歌、もしくは思い出のある歌は?
現在通勤に使うクルマのCDには「薬師丸ひろ子ゴールデン・ベスト」が。
ゴールデン・ベスト
ゴールデン・ベスト
posted with amazlet on 05.12.26
薬師丸ひろ子
東芝EMI (2002/11/20)
売り上げランキング: 1,413
おすすめ度の平均: 4.67
4 アルバムバージョンとシングルバージョンの両方を収録してほしかった
5 アイドルという言葉では片付けられない充実ぶり
5 薬師丸ひろ子


おなじくMDには「冬のソナタ・サントラ」が入っています。
冬の恋歌(ソナタ) オリジナルサウンドトラック完全盤 ~国内盤~
サントラ
3Dシステム (2003/09/10)
売り上げランキング: 841
おすすめ度の平均: 4.64
3 BGMとしてはGOOD
5 心、癒されて・・・。
5 どこか懐かしい

なんというか、ちょっと感傷的になってまして。

気に入っているのは「月のしずく」ってマキシシングルです。映画「黄泉がえり」のテーマ曲です。「風の果て」もいいです。というか、こっちの方が好きかも。Ruiのやつ。Satomiの詩がいいです。
月のしずく
月のしずく
posted with amazlet on 05.12.26
RUI Satomi 松本良喜 前田たかひろ
ユニバーサルJ (2003/01/15)
売り上げランキング: 8,384
おすすめ度の平均: 4.5
4 歌うまい。びっくり。
5 心に響く詩に注目!
5 歌も見事。RUI こと 柴咲コウの大ヒット・シングル。


4.ブログをして、一番うれしい時は
やっぱり投稿するときでしょう。ブログの記事とはいえ、一つのまとまった文章ができると、すっきりします。時間がたっぷりとれて、いいたいことがうまくまとまったり、書きながら新しい気づきがあったりすると、なにかこう、すっきりします。

5.バトンを渡す5人。
うへ、困ったなぁ。NAVERブログ難民のわたしには、まだ、バトンをつなげる5人が見つからない。

音楽好きそうなんで、ヒヨコさんはいるんだけど、テンプレもらったってだけで、おしかけるだけの関係だし、あとはもうブログからSNSに移転した元NAVERの人たちで、もうブログじゃないんだから、すでに趣旨上破綻している。

かといって、最近コメントもらった人へってわけにもいかないんで……。ああ、すまん。わたしのところで止まります。

もし、わたしがもらってやるよって方がいらしたら、えへへ、コメントまたはトラックバックしてください。

HOME