FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

◆Date:2005年06月11日
全記事一覧

ここまで嫌い

2005-06-11-Sat
これは、きょうブログめぐりしていてみつけた、ロデムさんの「今日こそ床屋へ」という記事のトラックバックです。

う~む。わたしも床屋さん嫌いです。

どのくらい嫌いかっていうと、えへへ、中学時代に、床屋さんいくの嫌だから、自分が床屋になろうって思うくらい嫌いでした。矛盾してますか? あんまり嫌だから、自分で床屋になって自分で髪切れたらどんなに楽かって思ったんですね。

わたしは、おそらく今で言うところ多動でありまして、床屋さんでじっとしていることがこの上なく苦痛だったのですね。おばあちゃんに連れてもらっていったんですが、わたしがちょっとでも動くと、コラッってしかられました。

もう、小学生のころは「床屋」=「長時間じっとしていないと叱られる場所」だったわけです。 嫌でしょう。だから、なるべく短く刈ってもらって、少しでも次に床屋さんにいく時期を先送りするというのが、ま、わたしの髪型を決定していました。

したがって、床屋さんで指定するのは、いつも「スポーツ刈り」です。で、学生の頃は「え? いいんですか?」って床屋さんに確認されてました。なぜかっていうと、その時点では逆に長かったからです。なんせ床屋さん嫌いですから、できるだけ先送りにして、伸ばしたいだけ伸ばすわけです。耳なんかすっかり隠れ、肩まだ届くくらいあることさえありましたから。社会人になった今では、そこまで伸ばせませんけれども、床屋さんに対する基本的な姿勢は変わりません。

妙な話ですが、組合に入っていない、安いけれど手早く終えてくれる床屋さんを見つけたときは大感激でした。ああ、これで人生の苦難の大きなものの一つから、俺は解放されたと思いました。

さて、ロデムさんは、もっと凄いことを考えていらっしゃいました頭髪の永久脱毛です。そして、もしかして髪の毛がこれ以上伸びなくなる薬とか開発したら売れるかしら!!!……そうですよね。

わたしもそこまで柔軟じゃなかったなぁ。ダメなのかな、このアイディア。



スポンサーサイト



あきらめ (BlogPet)

2005-06-11-Sat
ピーターは出人で転移ー!


*このエントリは、BlogPetの「ピーター」が書きました。

あきらめ

2005-06-11-Sat

2週間ほど前に子どもを亡くした母がいる。

17歳の少年は、5年以上の長期にわたって肝芽種とその転移と闘った。入退院を繰り返した。ベッドの生活。手術と投薬の日々。松葉杖の生活、車いすの生活。

突然の死のあと、父はなんとか立ち直ったが、
母の落胆は激しく半月が過ぎようとする今なお寝込んでいるという。

--兄弟はいないのか? 
--元気な弟と妹がいる。
誰かがささやくが、むろんそんな問題ではない。

その苦しい戦いは5年以上に及び、死という形で幕を下ろして2週間、まだなおその死の現実の重さに立てない母。

……そういうものなのだろうか……。
改めて、母の想いに、わたしは驚いた。

時折の小康はあったものの、転移を繰り返し、着実にむしばんでいく癌と、長期に渡って闘ってきた……はずだ。わたしなら、もう充分がんばりました……と、少年と医療スタッフと家族をねぎらってしまっていたのではないだろうか……。事実、通夜の席で、わたしは喪主の父に対し、ほかにことばが見つからず、それだけを発した。

--長い間、よくがんばりました……。

父は涙を浮かべながら頷くばかりで、声にもならない答えだった。母がその席にいなかったのは、わが子の死の重さに持ちこたえられないからだったという。

もしいたら、わたしの言葉は間違いだったのか。その場に彼女がいたら、その想いに比べ、わたしの言葉はあまりにも軽すぎたのだろうか。2週間過ぎてなお立ち直れないでいるというのを聞き、わたしは自分の言葉を振り返った。

もっとがんばりたかった。
もっともっとがんばりたかった。
もっともっともっとがんばって欲しかったと、
母は今なお叫びつづけているのかもしれない。

不治の病です……。そんな残酷な通告をする医者はいないだろうが、おそらく病気がわかったとき、それにも等しい意味で受け取ったに違いない。絶望という二文字を切り捨て、消えかかっている希望の灯を、継ぎ足し継ぎ足し、今まで来たに違いないのだ。

自ら律し、奮い立たせてきた母のよるべは、少年だったのだ。

……あきらめ、そんなことできるはずがない。
 そんなにたやすくあきらめることができるなら、
 今まで闘ってこられなかった。


--そうですよね。
 わたしも親の顔を見に戻ります。

 もう、わたしの中では、
 とっくにあきらめてしまっていました……。



親戚がね - 出来事・話題の○○
HOME