FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

知プラコード~形式主義の弊害の極み

2005-06-08-Wed
知プラってのはNAVERの1コーナーから、5月末にハンゲームの1コーナーへと移転した、「知識データペース」の知識plusのことです。

この移転に際し、文章中に問題の言葉があると自動的に入力を拒否するというしくむを組み込んだようで、非常に表層的で、形式的な「言葉狩り」が行われています。

たとえば「愚痴」という、きわめてふつうに、老若男女がつかう言葉が、「痴」という字が使われているためにハネられるわけです。なんともお粗末としかいいようがないいシステムです。

「ばかばかしい」が「ばか」があるから使えないばかりか、この「ばかりか」っていう、きわめて普通の言い回しがはねられるんです。常識では考えられんというか、このシステムそのものが極めて恥ずかしい……。

さて、同時におなじ基準で従来の知プラの質問を回答を見直したようです。具体的にどのような作業がおこなわれたのか不明ですが。結果、「ベスト回答」として1年近く採用されていながら、幼稚な「言葉狩り」が行われ、その結果削除にあったものが、わたしの回答の中にもありました。

別にいいんだけど、1年近く放置しといて、今さら「公序良俗に反している」なんてよくも言うよな……。そんな悪いことなら、もっと早く対応しろよ。

さて、削除されたわたしの回答たち。

1)質問は「ちょっとエッチな言葉」というようなタイトルで、
「アオカン」とはなにか?ってことの質問でした。

わたしの「ベスト回答」。回答とベスト回答の分の-13ポイントでした。

「カン」は「姦」ですね。性交することです。
「アオ」は「青」です。ニュアンスとしては「青空の下で」ってことかな。

「青姦」と書いて「屋外で性交する」ことを言いますね。

晴天でも、曇天でも、雨天でも、
夕焼けでも、星空でも、深夜でも、
ま、「青姦」でいいでしょう。


「姦」の字がアウトなんですね。あと「性交」もだめっぽい。

2)質問は「何故エロいことはひた隠しにされるのでしょうか。」
というタイトルで、そのまんまの質問だったと思われます。

質問がダメだったんで、わたしは「ベスト回答」でしたが、減点はなしでした。


それらが恥ずかしいこととして育ったからです。

欲求を思いのままに追求するのは、
理性ある人のすることでなく、理性の弱い人のすることであるという考え方です。
そうでないことは、野蛮なことなわけです。

日本の文化では、人前で寝ることも、ものを食うことも本来恥ずかしいことでした。
でも腹が減りますよね。だから食事は「食堂」だけでとります。
これは、排泄を「便所」に限定するのと同じ理屈です。
もちろん、性や性愛に関することも恥ずかしいことでした。

ただ以前に比べて、
人前で寝る人が増えてきてますし、ものを食う人が増えてきています。
エロなことを言ったり、行ったりする(たとえば路上抱擁とかキスとか)する人も、
同様に増えてきてます。服装の露出も、雑誌の写真も過激になっています。

こういう自然な欲求を無理に抑制するのは変だという風潮なのでしょう。
性に関する方面があと一歩進まないのは、
軽犯罪法、迷惑行為禁止条例、猥褻なんたら法等、
法律で禁じれれているからです。


これを消してしまうのは、自分で言うのもなんだけど、損失だと思いますよ。なんというか、質問者には悪いけど、低レベルの質問をそれなりの質にまで引き上げて回答してるんですから(笑)。

3)「ドッギングって日本では合法なんですか?」って質問。これも、質問がNGなんで、わたしは減点なし。参考までに、わたしの回答。


おはずかしい、「ドッギング」ってはじめて聞きましたんで、
検索して調べました。

公共の場のセックスを群衆が見物することを言うらしいですね。
イギリスで流行っているとか。

これを日本ですると、「公然わいせつ」になりますね。


極めて穏当な回答だと思いますけどね。

4)質問は「No more ××って、一度もないときにも使うんですか?」ってなタイトルで、一度もsexしたことがないのに、「No more sex」なんて言うんだろうか? というような内容でした。
質問が問題なんで、減点はなしでした。

わたしは英語に全く強くないですが、
「No more Hiroshima」 は、「広島に二度と原爆を落とさないで」ではなくて、
「この世にもう二度と広島のような悲劇は起こさないで」ですよね。

「No more sex」ってのがあるとすれば、当然ですが、
「あなたは二度とセックスしないで」ではなくて、
「もうこれ以上セックスはいらない」というふうに解釈すべきなのではないでしょうか?

だから、交通事故でも、銃の悲劇でもなんでも、
前に一度起こした人にいうのではなくて、
誰に対してでも、「この世に交通事故はいらない」「銃の悲劇を繰り返さないで」
って言っていいわけです。

どこも問題ないと思っていますけど。

というわけで、わたしの回答で問題になったのは、今のところ「1)」だけです。

※この記事は、☆惰弱☆さんのCURURU「万物は流転する」の「言葉狩りにあった質問・回答」からのトラックバックです。

また、同CURURUには「NGワード集」もあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



ペンギンにも性の悩み?

2005-06-08-Wed
北海道登別の水族館「登別マリンパークニクス」では、ペンギンパレードが人気なんですが、キングペンギンが同性同士でペアを作り、飼育員を悩ませているということです。 → ヤフーニュース・「<ペンギン>同性ペアが相次ぐ 北海道登別市の水族館」('05/06/08)

「登別マリンパーク」のサイトをみるとペンギンパレードってのが行われているんですね。これは、1日2回、数匹のキングペンギンが飼育施設を出て。列をなして広場を歩くってイベントです。サイトには写真があります。

で。記事によると「98年の飼育開始以来、雄の数が雌を上回る状態が続いており、現在は雄8羽、雌3羽、性別不明1羽の計12羽を飼育している」んだそうです。で、「'03年に初めて雄同士が交尾をした形跡が見つかり」、昨年は雌2羽が、今年は雄同士が同性ペアとなったようです。

ふむ。「雌同士の交尾の形跡」ってのは、なんなのかなぁ……。品性の下劣なわたしは、人間の女性を想像しついつい妄想を巡らしてしまうのですが、ま、12羽の中の3羽しかいない雌のうち2羽がペア作っちゃったら、残りは1羽じゃん。なんじゃそりゃ~、その1羽を巡る争いもなんか熾烈じゃん。

そんな中でやっとできたペアなんですが、館側は「同性ペアを引き離し、雌雄間でのカップリングを試み」ってなことをしていて、別室に隔離された雌雄のペアが交尾したというような成果もあったようです。

……気の毒の上にも気の毒ですね。無理矢理自然界から引き離され、雌雄のバランスが崩れてしまった環境に置かれ、その中でやっと巡り会った相手と、同性だから異常と決めつけられ。引き裂かれ、別の異性と強制的に隔離され、そこで性行為が行われた……うわぁ、泣ける……。それも、パレードで活躍してる、その名もキングペンギンですよ……。

高村光太郎の「ぼろぼろな駝鳥」という詩を思い出すが、駝鳥よりも何倍も気の毒です。「人間よ、もう止せ、こんな事は。」(高村光太郎「ぼろぼろな駝鳥」)

余談ですが、ちなみに、記事中にある「性別不明」ってところが少しばかり気になるのですが、さすが水族館のサイト、ペンギンの性別は難しく、どうやって識別しているかってこともサイト上で公開しています(同館→「サイトマップ」→「ペンギン館」→「ちょっとした話」で読めます)。

そうそう、ピーターよ。お前にはこんな思いはさせない。いい相手を探してやるからな。むふふ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME