David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスター曙、W-1へ。

2005-06-30-Thu
7月3日にミスター(長島)が病から復活、東京ドームで広島戦を観戦すると報道されています。もうすぐです。
 → 東京中日スポーツ('05/06/14)

プロは話題を提供することも一つの仕事なんですよね。実際の勝負ももちろん大切なのだけれど、いかにいい勝負をしようが、お客が来なければいわば自己満足の世界に終わってしまうってこともあるわけで、アマチュアならいざしらず、プロということになってくると、客が呼べると言うことは、試合に勝つことよりも時に重要なことなのでしょう。

それは、昨シーズンのプロ野球の合併騒動で幾度も考えさせられたことです。そういう意味で、ミスター(長嶋)のこのような行動はまさにプロ中のプロの行動とも言えましょう。長嶋が監督になった年、思うように勝てずにシーズンを通して低迷、最下位に終わりました。しかしながら、誰が監督をやるよりも人気があった……。確かあれは、ミスター(長嶋)が1回目の監督を辞めることになったときだったと思いますが、大リーグ某チームのオーナーがこんな言葉を発したと報道されたと記憶しています。「なんでこんな理想的な監督をクビにするんだ。うちのチームをお願いしたいくらいだ。マスコミでは人気、スタンドは連日満員。それでいて(優勝しないのだから)選手の年俸は抑えられる」と。プロのビジネスとして、野球をとらえたときの発想です。

さて、あの曙がいよいよプロレス入りということで、連日スポーツ新聞(の一部)をにぎわせています。

まず、6月28日付けのサンスポ「【W-1】曙Vsムタ…8・4激突!!」。曙は「WRESTLE-1」のシングル戦トーナメントにエントリーするそうです。8月4日の両国国技館大会に出場し、その対戦相手はザ・グレート・ムタ(武藤とは別レスラー? 記事に写真あり)だそうです。

ムタが武藤なら、曙のよさを充分引き出しおもしろいプロレスを展開するかもしれません。ただ、力勝負ならいざ知らず、身の軽い選手に翻弄される曙という図式が果たしてどこまで楽しめるか。アメリカならともかく、大相撲やK-1という世界で闘ってきたのを知っている日本人の客にとって、やはりそれは、コミカルであり、同時に哀れでさえあるかもしれません。そんな形で人気が出たところで、曙は嬉しくはないでしょう。ま、試合内容と勝敗は別というのが、ま、プロレスの世界だからあれだけど、果たして、武藤のW-1が、どこまで曙を輝かせ、また、お客を納得させるかは、少し楽しみです。

それに先だって、WWEスーパーショー(7月1、2日、さいたまスーパーアリーナ)では、1日にビッグショーのセコンドとして、2日にはタッグパートナーしてリングに上がるそうです。
 → 6月29日付ニッカンスポーツ「曙、超高層のど輪落とし」

相手をのど輪でとらえた曙をビッグショーが持ち上げ、4メートル近い高さから落とす合体技「超高層のど輪落とし」なんて、荒技(?)を開発中らしい。ま、それを事前にどれだけ公開しようが、ちゃんと受けてもらえるのが、プロレスのよさだから、こっちは大丈夫でしょう。

大相撲を引退廃業後、K-1に転向し6連敗という惨憺たる成績。その後、K-1のソウル大会で角田に勝って初白星後、WWEのスモーマッチで2戦2勝後、今度はプロレス。

大相撲時代、心技体ともに激賞された曙。その曙だからこそ、6連敗をしようが、「客寄せパンダ」と言われようが、ここまでやってきたのだと思います。プロとしての曙の生き方をもう少し応援してみたいと思います。

K-1 - 格闘技
スポンサーサイト

母さん、僕のあの○○どうしたのでしょうね。

2005-06-28-Tue
森村誠一の「人間の証明」は西条八十の詩をモチーフにして、戦争が終わり30年たってもなお残る、さまざまな形での影を扱っています。一人のアメリカ青年の死とそれを追う若き刑事、それぞれ背景を描きつつ、人間愛、家族愛まで迫る作品です。'77年に、「犬神家の一族」に続く角川映画第2段として、棟居刑事役に松田勇作を起用して映画化されました。その後も渡辺謙や竹之内豊でTVドラマ化され人気を博しましたが、やはり、当時の角川映画は勢いがありましたよね。
人間の証明
人間の証明
posted with amazlet on 05.11.23
サントラ
Priject-T (1998/05/25)
売り上げランキング: 31,433
おすすめ度の平均: 5
5 忘れ得ぬ名作映画の名サントラですよ!!

西条八十の詩のとりあげ方が非常にうまく、もちろん原作でもそうなんでしょうが、ことに映画のTVCMで効果的に使われました。この「母さん、僕のあの麦わら帽子どうしたのでしょうね」のフレーズは、当時誰でも知っているものになりました。

作中でとりあげられた西条八十の詩「帽子」は、このフレーズ以外でもとてもいい詩です。読んでいただければわかりますが、少年時代を回想した作品です。目の前に母がいて語りかけているというよりは、むしろ、いない方がいい。心の中の母に向かって、母といっしょに歩いた子どもの頃の旅の行程を回想しているのでしょう。

もちろん、「帽子」という作品において、大切な麦わら帽子をなくしてしまったという設定になっているのですが、この麦わら帽子は、当時の母とわたしとの思い出の象徴であり、幸福だった家庭生活の象徴です(それは直ちに今が不幸であるという意味するわけではありません)。

今は失われた少年時代、幸せだった少年時代、幸せだった子どもの頃は、もうどこか遠く、橋から見た、あの谷底のはるか遠くに行ってしまい、草だの雪だの年月などにすっかりうずもれてしまっているわけです。

読みたくなりましたか? 「西条八十 帽子」でググれば見やすいページもヒットします。ただ、「霧積」のムードもわかるページとなると「霧積温泉 きりづみ館」の紹介されているページがいいかもしれません。こちらのサイトです。
 → 「明治時代を再現の六角風呂の『霧積温泉 きりづみ館」のページ。

ここで終わっては、第5回トラックバックテーマ「子どもの頃に信じていたこと」になりませんね。では、わたしが「信じていたこと」を西条八十の「帽子」のパロディでお伝えしましょう。

母さん、僕のあのお年玉、どうしたのでしょうね?
ええ、毎年の正月、母さんの在所でお年玉をもらうたびに、
落としたらいけないと母さんがあずかったあのお年玉ですよ。

母さん、あれは大切なカネでしたよ、
僕はあのときずいぶんくやしかった、
あとで返してよといっても、貯金しておくからというもんだから。

母さん、ある年は、いとこにもお年玉渡してましたっけね、
なんだか僕がもらったのとそっくりの袋に入れて。
あれ、僕のじゃないかなって、確かめようとしたのですけどね。
けれど、とうとう駄目だった、
なにしろいとこは、それをしっかりと握っていたし、
背たけも僕より大きくて力でかなわなかったんですもの。

母さん、ほんとにあのおカネどうなったでしょう?
そのとき僕がもらっていたって、別にたいしたものに使わなかった。
だって、せいぜい好きな本を買うくらいしかなかったのですから。
そして、春夏秋冬、さまざまな季節のなかで、
あのお年玉は毎晩のおかずになったり、僕の靴になったかも知れませんよ。

母さん、そして、きっと今頃は、今夜あたりは、
そんな金の存在などとっくに忘れているでしょう、
昔、あこがれにさえ感じたあの伊藤博文の顔と、
1000円という文字を、
もう僕も忘れてしまいそうです、静かに、寂しく。

……わたしが子どもの頃信じていたことは「母が預かってくれると言ったこのお年玉は、きっともう僕のもとには返ってこないだろう」ってことです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

缶ジュースの飲み方でわかる「鼻」?

2005-06-26-Sun
えーと、アンケートをとります。

缶ジュース(ボトル缶タイプでなく、ストレート缶タイプ)を飲むときのことを思い出して、次の2問に YESNO で答えて下さい。

第1問 あなたは缶ジュース(ボトル缶タイプでなく、ストレート缶タイプ)を飲むとき、人より首を後ろにのけぞらせていませんか?
YES:「のけぞらせます」
N O:「そんなこと感じたことはありません」

第2問 あなたは缶ジュース(ボトル缶タイプでなく、ストレート缶タイプ)を飲むとき、鼻が缶の縁にあたって飲みづらいと感じませんか?
YES:「鼻があたり飲みづらいです」
N O:「そんなこと感じたことはありません」 

占い全般 - 占い

大相撲の外国人枠

2005-06-25-Sat
旭天鵬と旭天山の帰化したという記事が出ています。
 → 日刊スポーツ(2005年6月25日)

記事によると、旭天鵬(30才)と旭天山(31才)が日本国籍を取得。ともに、モンゴル出身の大島部屋で、モンゴル出身力士の日本国籍取得は初めてのこと。これにより引退後も日本相撲協会に残ることができる年寄名跡取得が可能となったということです。

モンゴルに帰らずに、日本で生きていくことを決めたんですね。大変でしょうが、がんばってほしいと思います。

わたしの職場に大相撲大好きのKという男がいます(相撲関連の記事に時々登場する通称同僚K)。彼は現在の大相撲の外国人の勢いを非常に嘆いています。やつらを倒すような日本人力士の登場を待望して久しいのです。

それは彼のみならず、日本人には決して珍しくない感情でありましょう。「出身地だけで差別している」とわたしは思わないのでもないのですが、プロスポーツですからファンがどういう理由で誰を応援しようが、ま、節度があればかまわないのでしょうし(中国のサッカーアジア大会みたいは見苦しかったね)、また、おそらく郷土の力士を応援しようというコンセプトがあるのでしょう、力士の出身地をコールしたりしているのですから、意図してそういう視点を協会側も持ち込んでいるわけです。「国技」などと標榜していることもあり、そのファンが外国人を嫌悪してもある種必然なのかもしれません。

わたしに限っていえば、わたしは日本人ですが、素直に朝青龍の強さを評価応援し、白鵬の素質と将来を楽しみにしています。そして、もちろん、彼らを倒すような、かつての貴乃花、千代の富士や北ノ湖のようなスーパー横綱が出てきてほしいとも思っています。

ところで、大相撲に外国人枠というのがあるのを、ご存じですか。けっこう相撲好きのわたしも、それを知ったのは最近のことでした。知プラで「大相撲での外国人力士の数に上限」があるのでしょうか? という質問をしました。

その回答によると、2002年の2月に「外国人力士は一部屋につき一人まで」と決まったということです。

ただ、現在、高砂部屋(朝青龍と朝赤龍)や大島部屋(旭鷲山と旭天鵬)など複数の外国人力士がいる部屋もあるり、これは旧規定(「一部屋二人(全体最大で40人)」)の時代に入門したためだそうです。

そうして、この規定は「相撲部屋の乱立の一つの要因」になっているというのですね。

ウラとってみようと思ってググって、「タマローの部屋・大相撲情報・部屋数の変遷」というページをみてみました。大相撲の部屋数はこの30年近く、ずっと増加傾向にあります。'02年(平成14年)からの外国人枠の影響というのは、どうなんでしょう、この表からは読みとれるほど顕著ということはないです。残念ながら……。

で、当然ですが、この二人の帰化により、建前上外国人は二人減ったことになりますが、二人のいる大島部屋にはまだ、旭鷲山がいますので、外国人枠は空かないことになります。

さて、少し余談になりますが、「帰化と国籍取得とは同じではない」という、禅問答のようなページがあります。そちらに行ってみれば、理屈はわかりますし、別にどうってことはないわけなんですけど、法律というのは面倒くさいってことですね。
 → 誰も教えてくれない戸籍の話「国籍取得と帰化」

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。