FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

野次の愉しみ(2)

2005-03-15-Tue
このプロレスに関する野次について語ろうと思ったのに、名古屋会場(愛知県体育館)で見た、もう一人の女性ファンの存在がある。

彼女は、なんというのだろう、いわゆる若いイケメン系のレスラーに黄色い声援を送っている。井上や後藤(洋央紀)などに対して、「ワタル~イケぇ~」とか、「ダメダメダメ、注意しないとダメだって~」とか、(体固めでカウントとられているときに)「返しなさい! ほら、返しなさい!」とか、ま、あたかも保護者気分で声援を送るのである。

明らかに、これは野次ではない。声援、それも熱烈な声援である。しかも、そのかん高い声がよく通る。相当に夢中になっている。12月の大会の時に、彼女はわたしの2列前の4つほど左にいて、そういう調子で声援を送っていたので、わたしの回りの男どもは、かなりひいていたし、時には苦笑とも、冷笑とも、失笑ともつかない笑いが起きたりもしていたのは事実である。

わたしも、確かに、気恥ずかしいというか、そこまで夢中で、しかも、母親気取りとも思えるような声援はどうかと思うのだが、同時に、彼女が全く嫌いではなかった。

先日(3月13日)の大会にも、実は彼女のその黄色い声援が聞くことができるのではないかと、内心楽しみに会場に向かったくらいである。そして、彼女はいた。前と同じような、熱く、高い、保護者気取りとも思えるような声援を送っていた。わたしの席は北側の特別リングサイドだったが、声の聞こえる方向からするとおそらく彼女は、東側の特別リングサイドに位置していたものと思われる。わたしは、暗闇を目で追ったり、休憩時間に東側の席を眺めてみたが、彼女は見つからなかった。彼女の長い髪と、大きな目の横顔と、なんとなく不自由そうな右手と足取りを12月の時から覚えていたのである。

ああ、顔は見られなかったが、声は聞けたなと思っていたのだが、何試合めのことだったろうか、彼女がまだ何試合か残して、ペットボトルを片手にわたしの席の前の通路を出口の方に向かう姿を見かけた。その姿は用事に中座するというよりも、なにか、寂しく帰っていくように思われた。

え、まだ、好カードが残っているのにここで帰えってしまっていいの……。わたしは、心の中でそういいながら、彼女を見送った。

野次が試合に影響を与えるなんてことが、ひょっとしたらあるかもしれないし、同時に、そうした野次自体が(この場合は声援だが)プロレスのいろんな見方を改めて教えてくれることになることもあるのである。

また、次に、いっしょに野次りましょう。名前も知らないあなた。


新日本プロレス - 格闘技

野次の愉しみ(1)

2005-03-14-Mon
プロレスだけではないのだろうが、野次というのも、スポーツ観戦の楽しみの一つと言えるだろう。中でも、プロレスは、ひょっとしたらそれが最も似つかわしい種目かもしれない。会場が狭く、個人の声の力が会場全体に伝わりやすい。また、ファン全体にも、おもしろい野次を楽しもうという姿勢もうかがえるからだ。

今日、この文章を書かせる動機になったような野次が、昨日の愛知県体育館(メイン:IWGPタッグ選手権)でもいくつかあった。

その一つは、新日本体吉江・真壁組vsブラックニュージャパン蝶野・柳澤組の中での若い女性のよく通る、勢いのある野次であった。ゴングを待たずに突っかけた真壁が勝手に暴れたとう感じの展開が一段落、吉江にタッグされ、吉江がコーナーからリングに入った瞬間だった。「おい、デブ帰れ~!」。その言葉の勢いの強さに、一瞬だが会場は静まった感じにさえ思われた。

あの場面で「吉江帰れ」はありえない……。あとから考えれば、真壁の本体離脱宣言の一戦だったので、その点を考慮すれば真壁の暴走は一応納得するのだが、先回の愛知県体育館(12月)でも真壁がゴング前に暴走気味に長州に突っかかっり、消化不良で試合が終わってしまったということがあった。おい、真壁またぶちこわしかよと思ったファンも少なからずいたはずなのだ。……だから、吉江に替わって一安心という矢先だった。

誰もが試合の立て直しを託し、吉江頼むぞみたいな思いがあると思っていたところに、「おい、デブ帰れ!」は鮮烈であった。それが若いおねーさんだったから、いっそうきわだった。実は、彼女はわたしの二列後ろの数個となりの椅子にいたので、わたしにはわかったのだが(もちろん知り合いでもなんでもない)、だってデブ嫌いだもん……彼女は、会場の空気を感じたと思われる友だち(妹かも)の問いかけに、そう答えているのが聞こえた。

この、「デブ帰れ」は、いったん吉江がひっこみ、再び吉江が入ったときにも、少しトーンを落としたが、繰り返された。今度は会場もその勢いに負けなかった。二度めだけにそのインパクトもなかったのだろう。そこでわたしは「吉江ガンバレー」と、同じように、トーンを落として声援した。こんなプロレスをわからないネーちゃんに体形だけで「帰れ」と言われたら、かわいそうだと思ったからだ。こんな声援にめげるんじゃないという思いからだ(めげているかどうかはわからんのだけど)。

もちろん、そのような野次を受け止める責任が、プロレスラーにはあると思っている。同時に「金払って見苦しい体形は見たくない」と思っているファンもいてもいいと思っている。なので、ま、わたしはそのネーちゃんの野次を当然認めるのである。

試合は、わがまま放題の試合運びのあげく、真壁がなんと、パートナーの吉江にんラリアットをくらわして、相手側通路(ブラック側)に退場するという、形でおわった。カウントをとられ起きあがった吉江は、去りゆく真壁をしばしぼんやると見送った。「吉江、いけ!」わたしは、思いっきり叫んだ。果たして吉江にその声が届いたかどうかは、わたしにはわからない。一瞬躊躇して、吉江は真壁を追って会場から消えた……。

-つづく-(つもり)
新日本プロレス - 格闘技

IWGPタッグ戦(名古屋)

2005-03-13-Sun
愛知県体育館、いってきましたよ~。

050313_1846~001.jpg


ちと画像悪いですが、真ん中で手をあげてる背広の男、誰かわかりますか? 藤波辰巳です。なんだか今日の話では、3月26日の両国大会で復帰するとあいさつしてました。調べると、3月1日の段階で発表されていたのですね。
 → http://www.njpw.co.jp/news/info_lev2/2005/03/0301_01.html

アクシデントがたくさんあったって印象です。ま、新日本らしいって言えば言えるのかな。

まず、長井と成瀬のシングル戦は、総合の色の出るかみあうゲームになるのではと期待したんだけど、場外にエスケープした成瀬に対して、なにを思ったのか、エプロンから跳び膝蹴りを喰らわしたはずだった。両者なかなか上がってこなかったが、上がってきたのは成瀬。その後、ゴングが連打され、ノーコンテスト。長井は担架で退場することに……。(最終戦では元気にセコンドとして姿を見せる→これ間違いでした。意外な重傷のようですね。)

次に、吉江と真壁が組んで、ブラックNJPWの蝶野と柳澤の一戦では、真壁がゴング前に蝶野につっかかっていき、そのままゴング。攻めたいだけ攻めると吉江とタッチ。しかし、吉江のピンチにはまったく援護にいかない。やる気なしのムードそのまま。あげくの果てには、孤軍奮闘する吉江にラリアットを喰らわすとそのまま、入場の時とは逆の通路(蝶野側)を退場。吉江と真壁の遺恨発生という感じ。吉江は追いかけてった!

さらに、セミファイナルの佐々木・飯塚組VS永田・西村組。それぞれが持ち味を発揮した、おもしろい試合。ただ、飯塚はきまじめな性格なのか、一直線というのか、頭に血が上ると試合全体が見えないという感じ。この日は永田と試合の流れをまったく無視した殴り合いが……。二人の殴り合いは、場外、通路と場所を選ばず、その間、健介と西村がそれぞれのプロレスを披露って感じ。なんというかな、飯塚、永田はもういいなぁ。

標記のIWGP選手権では、ノートンの爆発的な攻撃の前に、若い王者チームはボロボロ。特に、棚橋はコーナーや場外で徹底的に攻められ、おそらくあばらを骨折(ヒビ?)。あわやリングアウト負けの大ピンチ。トリッキーなタッチワークで中村と替わると、中村がいたぶられいるあいだに、あばらをテーピングでぐるぐる巻きにしていたいたしく再登場。しかし、中西、ノートンの攻撃は再現がない……。ノートンの強さと恐ろしさ、そして、あいかわらずの中西の間抜けぶりがよくわかる……。

マスクドCTUも、ま、企画としては成功。CTU側のレスラーたちのサービス精神に感動しました。金本、井上、石森、竹村ら「正規軍」がかすんでみえた。

ヤングライオン杯リーグ戦。一つめの伊藤博之と後藤洋央紀。伊藤は、なんというかプロレスのキャリアが浅い感じ。スポーツマンやっちゃってる。いい攻めをしているのですが、ツメが甘く、そこをみごとに後藤につかれちゃってますね。

もう一つのヤングライオン杯は、安沢明也と山本尚史。性格の違いが出たって感じかな。山本はきっと素質は充分なんだろうけど、安沢の強気が効を奏した。

試合結果詳細はスポーツナビへ。

それにしても、会場の野次はおもしろい。これだから、会場観戦はいい。もちろん、わたしも、やじりまくってきましたけど……。

新日本プロレス - 格闘技

金のしゃちほこを盗む。

2005-03-04-Fri
名古屋といえば金のシャチホコだと、ま、そう考えているようなんですが、そうなんでしょうか? ちょっとアンケしときます。
  → アンプラ「名古屋といえば金のシャチホコというフレーズについてどう思いますか?」

アンケしてからおもったけど、どこの地域にお住まいかを合わせて聞いてもよかったかなと思ったのですが、ま、いいですわ。

さて、「愛・地球博」ってのが、まもなく愛知県で開催されます。
  → 「愛・地球博」のサイト

その中での企画として金のシャチホコを会場に出展するようなんですね(出展は3月の23日24日)。そのために、先日、金のシャチホコが名古屋城天守閣からおろされたわけであります。
 → 「準備作業」を伝えるgooニュース 

「ほんならついでやがね……(名古屋弁)」と思ったかどうかわかりませんが、「新世紀・名古屋城博」なんてのを、便乗してやっちゃうんですね~。

企画が企画を呼ぶ、さらにその便乗として、「名古屋城の金のシャチホコを、みごとに盗んだら10万円」というコンクールまで登場しているというのであります。知りませんでした。主催しているのは、現代美術家らしいのですが……、おもしろんんで、なんとか応募してみたいのですが、いい案はありませんか?

ちなみに、金のシャチホコが盗まれたことは、どうやら実際にあったようでして、「名古屋城」のサイトに紹介されています。

愛知:ご当地情報全般 - ご当地
RREVHOME NEXT