David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合気道(6)-交流試合-

2003-02-24-Mon
2月23日 わたしの習っている「合気道」の交流試合・演武会が行われた。

前々から、ここではうちの流派の特徴について語っているのだけれど、「合気道」と標榜してはいるものの、所謂伝統合気道とは似て非なるものである。ただし、流れ的には伝統合気道に組手を積極的にとりいれた進化形だと捉えている。さらに、立ち技が主体(実は座って施す技も豊富なのでこの言い方には語弊があるが)の合気道に比べ、うちの流派では寝技も稽古している。もちろん名称は「組討(くみうち)」で、「合気道」とは一線を画す。

というわけで、交流試合・演武会は少年の部の型(演武)と打撃組手。一般の部の型(演武)・合気道組手・組討組手という種目でおこなわれた。

わたしにとっての第一試合は「組討組手」。相手はSさんでまだ20代前半。二段である。しかしながらウェートや身長ではわたしの方がかなり大きくわたしの方が有利だった。結果はお互いが「アキレス腱固め」を掛け合う形となりわたしがかろうじて勝利し、幸先のよい結果であった。

つぎが、演武。有段者は「正面突き連続自由技」が課せられている。正面突きをしてきた相手に合気道技を左右10本ずつ掛けるというものである。試合形式をとり入れているのが特徴であるわれわれの流派においては、正直演武は軽視されがちである。なので出場選手が少なく、結果わたしは演武の部ではなんとか入賞を果たすことができた。

引き続いて「合気道組手」。正直、わたしはまだまだこちらは自信がない。経験も浅く、身体に頼りがちで技のタイミングがわからないのだ。相手は、3級のHさん。級はわたしより下だが、わたしが入門したときにすでに色帯でわたしの先輩である。わたしが押していて、終了の合図とほぼ同時に「小手返し」が決まったと思ったのだが、判定は僅差でHさんにあがった。「惜敗」。

さらに、もう一試合。組討組手。2段のDさん。ストイックで研究熱心。身体は小さいが強靭で柔らかく、上手い。9月の組討組手では判定で負けている相手である。かなりの攻防があったのだが、結果は技あり二本の合わせ技一本で、わたしの「完敗」だった。

以上が結果である。

試合のあとは、会場のあちこちで、お互いにすがすがしく談笑し、素直にたたえ合う風景が見られ、とても気持ちのいい1日だった。また、稽古に励み、さらにこうしたゲームを楽しめるようになりたいものだ。

(入門シリーズはここで打ち切り)

にほんブログ村 格闘技ブログへ
スポンサーサイト

合気道(5)-「耳がレタス」

2003-02-13-Thu
今日の稽古後で右の耳に違和感があったで、触ってみたらどうもぷよぷよしている。なんというのかな、火傷すると水膨れができることがあるけれど、右耳の穴の少し上のところに、そだなぁ、小指の爪くらいの水膨れができている。触らなければ、痛むことはないのだけれど、眼鏡の掛け外しの時や、風呂で洗うときなどにはどうしても痛む。

こういうのがひどくなるのを「耳がレタスになる」という。主に、柔道や相撲の選手がよくなる。プロレスラーなどもなっている。

一応、初めてのことなんで医者に行って聞いてみると、「こすれて血腫ができたんでしょう。この程度なら、切ったりしたときの化膿や感染などのリスクを考えると、放っておくほうはいいです。もっと大きくなったら簡単な手術をします。機能的には問題がないんで、我慢してください」とのこと。

実際、聞こえにくいことはないし、両耳を見比べなければ気づかない程度のものなので、それでいいのだけれど、なんだか、少しびっくりしたことも確かだ。

交流試合を十日後に控え、稽古にも熱が入る。こういうことも起こるものなのかもしれない。もちろん、通常の合気道の稽古では、おそらく耳がレタスになることはないだろう。「組討組手」といって、寝技を中心にした組手があるからである。

家族が言う。
「どんなことがあっても文句は言いませんって誓約書を書いたんだもんね……」
……そうだった。やっぱり、いろいろあるんだ。こういう困難を乗り越えて、強くなっていくんだよ。

(つづく)

にほんブログ村 格闘技ブログへ

フリーパスを当てた友達

2003-02-01-Sat
わたしではなくて、同僚のお話。

彼女は30代前半で、映画の話はよく合うのでわりとフレンドリーにつきあっているのだが、彼女がよくいく映画館でスタンプをためて、3ヶ月フリーパスを当てた。うらやまし〜。

彼女の意見は、「スタンプなどはやはり応募してみるものである」ということと、「なんで、平日限定なのか?」ということである。「土日とか祝祭日だったら、わたしは1人で行かず、誰かを誘っていくんだから、その方が絶対に儲かるはず」というんだ。

ごもっとも。映画館関係者、こういう消費者の心理をよく考えよう。  

ところで、彼女が恥ずかしそうに言ったのが、そのフリーパスの取得には、顔写真や住所、生年月日などの個人情報が必要だってことである……そうなのか、知らなかった。でなければ、他人に貸せちゃうから当然か。そりゃそうだ。
「……ですが、出人さん(もちろんここでは俗世間での名前を呼んだのだが)、わたし、応募のときに、年齢を若く書いちゃったんですよ……」
……意味がわからなかった……。
「なんで、そんなとこにまで見栄はってサバ読むの?」
とわたしは笑いながら言うと
「違いますよ~」
と彼女は恥ずかしそうに続けた。

彼女によると、主催者側は少しでもお客を連れてきそうな人を当てるだろうからと考えて(……そうなのか)、職業の欄には「OL」と書き、年齢は数歳若く書いたというのだ……そうなんか? そうなんか?

疑問は残るものの、なるほど、それで確かに当選したのだから、わたしには「さすが」というよりほかなかったが……。

でも、現在彼女は、当選はしたが、フリーパスを手にしていない。身分証明書などを参照されることを心配して本当の年齢を言うべきか、それとも、万一年齢の詐称を理由に当選を無効にされはしまいかで、悩んでいる。ここ2、3日で締め切りだそうだけれど、どうするものか……。

うらやましくも、感心し、また、楽しい、わたしの同僚のお話でした。

後輩ってばさ - 出来事・話題の○○
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。