David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説:「池のほとり」(5/5)

2001-03-10-Sat



  (5)

竜女がそんな小さないさかいに目を留めるのは、じつのところ珍しいことでした。いつもは、大地震だとか、飛行機の着陸ミスだとか、ガス爆発だとか、そうした派手な事件や災害を見ることが多かったのです。たまたまその日はそうした派手なできごとに見飽きていたというのがいいのでしょうか、小さな島国でおきた小さなできごとに注目したのです。

その小さな島国。物質的には最も豊かでありながら、その精神的な荒廃ぶりはこれまた最低であるという、「邪蛮(じゃばん)」と呼ばれる島国では連日ひどい事件が起こっていました。何よりもひどいのは、大人も、子どもの、老人も、もうあらゆる世代で自殺者があるということだと竜女は思っていました。そんなにも追い込まれた魂たちが住むひどい国、竜女は邪蛮をそんなイメージでとらえていたのです。

そして竜女は太郎を覚えていました。その年の臨海学校で、部屋に蛾が飛び込んできたときに、女子の一人が、「虫が嫌い」「蛾が怖い」なんて言っているのを、「自然だから当たり前じゃないか」と言って笑い飛ばしていたのです。また、同じ少女が部屋に入ってきた「蜘蛛を殺してほしい」と言い出したときに、例によって正論で「やたらに生命を傷つけてはいけない。虫の命だって大切だ。蜘蛛だって殺してはいけないんだ」と得意げに言っていたのです。

あのとき、太郎くんは本当に蛾も蜘蛛も殺さなかったのよね--竜女はそれを思い出しました。竜女がふっと横をみると、翡翠のような色をした蓮の葉の上に、一匹の蜘蛛が美しい銀色の糸をかけていました。竜女は細いかわいい指先でその蜘蛛の糸をそっとつまむと、はるか下にある蓄游へとまっすぐにそれを垂らしだしたのです。

糸は音もなく太郎の頭上に現れました。戻れば捕まる、進むといつ深みがあって足をとられるとも限らない、まさに進退極まりなくなって太郎の頭上に、重なるように茂った木々の間から、どこからか銀色の細い糸が、まるで人目にかかるのを恐れるように、一すじ細く光りながら、するすると垂れてきたのです。

なんだ? あれは……。まさか、これにしがみついて昇るのなどということがあるはずがない。ウザい。太郎はそれを払って捨てようとしたのです。ところが、いざ触れてみると手ごたえがちょっと違います。どういうわけか簡単に切れず、それどころか弾力がありました。テグスなどが皮膚に食い込むと切れてそうになるというよなよくある心配は不要の感じです。手にしっくりとなじんでこのまま掴んで昇るのが、むしろ容易ではないかと思えるほどでした。

これは昇れるぞ……。太郎はそう思いました。そして迷いはありませんでした。さっそくその糸を昇り始めたのです。結果は思ったとおりでした。糸は手になじみ、大変昇りやすかったのです。どこかに不思議な力が働いて太郎の体重を浮かせてくれているようでもありました。ところが、太郎が下を見ると数メートルあけて少年たちが一人、二人と昇ってくるのです。

太郎はどこかでこんな話があったのを思い出しました。ああ、あれはなんとかいう小説家が書いた『蜘蛛の糸』って話だったな。カンダタという罪人が地獄の血の池から蜘蛛の糸を頼りに昇って逃れようとした話だった。自分だけが助かりたいという欲を出して、「この糸は俺のものだ」と叫んだ瞬間に糸が切れて台無しになったというような話で……。

太郎はあらすじを思い出しました。果たしてこんなことが、現実にあるものなのか。太郎はびっくりしました。まるで、この世が地獄とでもいいたいような……、ま、確かに似たようなものだけど……と太郎は大人びたことを考えながらも、昇る手は休めませんでした。

もう日はすっかり沈んで夕闇という感じでした。池を取り巻くように生えている針葉樹、その高さと同じくらいまで昇ったときに、太郎はふっと疑問に思うことがありました。いったいこの糸はなんだろうということです。今まで助かりたさに夢中だったのですが、いったいだれが、何のためにこんなものを自分の前に垂らしたのか? 太郎は見当もつきませんでした。

お釈迦さまか、神さまか、いったい誰が、なんのために。その思いはどんどん太郎の中で広がっていきました。芥川の小説の中ではお釈迦さまが、盗人の一瞬の善意を覚えていて地獄から助けてくれようとしたのだけれど、自分のそうなんだろうか、これでいいんだろうか……。太郎にはそれが不思議で不思議でしかたがなかったのです。そして、太郎は思ったことは正直に口にしないではいられない性質だったので、それをそのまんま言葉として発してしまったのです。

「いったいこの糸はなんなんだぁ。俺は、神も仏も信じない。無神論者だけどかまわないのか?」

その途端のことでした。そして一瞬でした。今まで何ともなかった蜘蛛の糸が、急に太郎のぶら下っているところから、ぷつりと音を立てて切れてしまったのです。あっという間もなく、太郎も少年たちも、独楽のようにくるくるまわりながら、みるみる池の中に落ちていってしまいました。

  (6)

竜女は蓮池のふちでこの一部始終をじっと見ていましたが、神田太郎が暗い池の中へ大きな音を立てて落ちるのを見とどけると、ふっと笑って顔をあげました。そうしてポンと蓄游の上を叩きました。暗闇に青く美しく輝いていた蓄游は、まるでスイッチの切られたディスプレイのように、ぷつんと輝きをなくし、ホログラムのような映像も同時に消えてしまいました。

あーぁ。小さくため息混じりを一つして、竜女は腰を上げ蓮池のほとりを離れ、せせらぎにそって歩き出し、太郎が落ち込んだ池のほとりでは、三月だというのに生温かい風がすっと吹きすぎていくのでした。

                      <了>

(平成19年3月10日)



<<(4)へ----(5)----表紙へ>>






芥川龍之介「蜘蛛の糸」(青空文庫)
スポンサーサイト

短編小説:「池のほとり」(4/5)

2001-03-10-Sat



  (4)

池といっても、ほとりに近いところはそんなに深くないことは、そのあたりで育った太郎も少年たちもよく知っていました。太郎は必死の思いでじゃぶじゃぶと数歩走って逃げました。いくら暖かいとはいえ、まだまだ春先で、しかも夕方です。水はとても冷たく感じられました。そのせいか、少年たちがすぐに飛び込んで追いかけてくるという気配はありませんでした。岸から太郎を包囲するように見守っています。

あるいは、そこで太郎が冷静になって謝ることができたなら、まだよかったかもしれません。しかし太郎の口から出た言葉は相変わらずでした。太郎は吠えるように言いました。
「お前たち、言いつけてやる。先生にも。警察にも。親に言って訴えてもらうからな」
そんなこと言葉を聞くと、少年たちも後もどりができなくなってしまったのです。何を、この野郎ということになり、池の岸と水の中とでのにらみ合いが始まりました。

やがて日は傾き、池は夕焼けを映して赤い血の色ようにさえ見えました。ああ、日が暮れる。どうなるんだろう。やむなく太郎は逃げてきた岸ではなくて、別の岸を求めて、ひょうたん池を奥へ奥へと歩き出したのです。池は思いのほか深くはありません。深いと思っていたのは子どものころで、身体が大きくなった太郎にはなんだか怖くない深さでした。泥が足にまとわりついて重いながらも、このまま腰の深さくらいであれば、なんとか逃げ道を確保できるのではないか。そう思うと太郎はいっそう力強く足を進めました。

ひょうたん池はその名前のとおり、細長い池の真ん中あたりがくびれています。太郎はとびこんだあたりはから林の奥へ進み、ちょうどくびれて細くなったところにさしかかっていました。そこを過ぎると再び細長く広がって針葉樹の林のさらに奥へと入り込んでいくのですが、そのくびれを過ぎるところが太郎にとってはチャンスでした。岸に立つ少年たちからは一瞬死角になるのです。くびれを過ぎて右にとるか、左にとるかで少年たちを引き離すことができそうなのです。

「おい、太郎が逃げるぞぉ」
太郎の作戦を見抜いたように少年の一人が叫びました。
「回れ、回れ!」
「行かすな。やっちゃえ」
「水に入って追いかけろ」
そう叫びながら、太郎を岸から包囲しようとしていた少年たちの中にも、ついにジャブジャブと自分から池に入るものさえあらわられました。そんな少年たちの勢いを見て、太郎はやっと本当に怖くなったのです。ここで捕まったら、池に沈められるかもしれない……。太郎は急に恐ろしくなりました。






<<(3)へ----(4)----(5)へ>>


短編小説:「池のほとり」(3/5)

2001-03-10-Sat


  (3)

しかし、子どもたちの世界は待ってはくれません。教師がそうした注意をしようかどうしようかと慎重に会議で決めているあいだにも、ある日の授業後太郎は数人の男子に学校の裏山に呼び出されてしまったのです。もう3年生も卒業し、いよいよ太郎たちの学年が最上級生とになるという矢先のことでした。歴史的な暖冬で、3月中旬だというのに桜の開花宣言が出て、これも温暖化の影響だぞと理科の教師が言っていました。

太郎が呼び出されたのは、裏山の林のそばの「ひょうたん池」と呼ばれている、浅めながらわりと大きな池が呼び出しの場所でした。
「おい、卑怯者。いつも先生にチクリやがって」
そんな声から、太郎の糾弾は始まりました。
「自分だけが調子こいてるんじゃないぞ。偽善者め」
「なにが、善意の発言だ。みんなが迷惑がっているんだよ」
取り囲んだ少年たちの主張はみんな似通ったものでした。今に始まったことでなくて、積もり積もったものという感じです。

「なんだ、仲間はずれの次は脅迫かよ。卑怯者はどっちだ」
もちろん太郎も一方的にやられているだけではありませんでしたえ。
「偽善者は俺だけじゃないぞ。あいつだってこんなことをしたし。俺よりもあいつの方がひどいんだ。知らないのか?」
「傷つけてるって、お前たちだって、俺一人をみんなで傷つけてるじゃないか。卑怯だろ」
「手を出してみろ、お前たち。学校にいられなくなるぞ」
太郎は口では負けませんでした。そして、そうした売り言葉に買い言葉は、やがて小突きあいに発展しました。
「なんだ、生意気な」
「テメエ」
「やっちゃえ」
取り囲んだ少年たちは次々と太郎に襲いかかりました。
「訴えるぞ。警察に訴えるぞ~。傷害だ。暴力だ」
太郎がわめきながら暴れました。ガンっとまた殴られました。

こいつはやばい。多勢に無勢です。太郎は池の縁に追い込まれていましたが、もう抵抗できないと思うと、服のまんまおかまいなしに背後の池に飛び込みました。






<<(2)へ----(3)----(4)へ>>

短編小説:「池のほとり」(2/5)

2001-03-10-Sat



  (2)

神田太郎の口癖は「俺って天才、俺ってカッコいい」でした。そして、「お前、馬鹿じゃねーの」でした。実際、多くの同級生たちは彼がそれなりに頭の回転が速く、理屈を言わせてもそこそこであることは認めていました。また、太郎は教師に対しては「先生、面白い顔だね」などとよくからかっていました。生徒を注意しているときなどは「そんなことより、先生も顔をなんかしたら?」とか、「そんなおもしろい顔で言われてもね~」などと言って、茶化してそれでけっこうウけてもいたのです。中学生ってそんなものなのでしょう。

もちろん、それは太郎自身の自慢の裏返しでした。要するに、自分のことはなかなかイケると思っていたのです。才色兼備。思春期に限らないことですが、成績がよくルックスがいいというのは誰もが羨むことです。太郎の場合、けっこう教師からも好かれていて、安心してそうした嫌味な発言が大目に見てもらえていたのかもしれません。また、ズケズケあからさまにものを言うのをおもしろがる現代的な風潮もあって、太郎自身はけこうクラスで人気もあると思っていたのかもしれません。

しかし、いくら正直であり、おもしろいことであろうと、言い方と場合によっては敵意を買うということは、やはりまたこの世の常であります。いっしょに遊びに出かけては、ちょっとしたいたずらをするとそれを親や教師にチクられてしまう。悩みを打ち明けると、そんな小さなことで悩んでいるのかと小ばかにしたように笑い飛ばされる。ふっと疲れて友達の愚痴をこぼすと、あいつは陰口を言っていたぞと当の本人に伝えられる。秘密の話のはずが尾ひれがついて笑いものにされている。そうして、太郎のことが逆に問題になるようなときには、ルールやきまりを笠に着て杓子定規に自分の正当性を主張しました。

そういうことが繰り返され、また、級友たちが成長してくるにつれて、太郎は単なるおもしろい頭のいい子ではなくなって、しだいしだいに、だれかれとなく疎まれ、のけ者にされるようになっていったのです。しかし、太郎は黙ってはいませんでした。「俺はいじめられている」「成績がよく先生に気に入られているから妬まれている」「仲間はずれにされている」というようなことを、自分だけでなく保護者を巻き込んで主張したのです。

それは一面当っていました。教師から見れば、太郎の友だちの気持ちを思いやらない、一方的で自己中心的な発想や発言は、必ずしも問題がないわけではありませんでした。しかし、太郎も保護者もそれを棚に上げていざ、イジメの被害者であることを主張しました。イジメを前面に出されると原因の一部は太郎にもあるということは、教師にとっても正直なかなか指摘しづらくなっていました。仲間はずれは確かにいけないことです。それだけをとりあげて指導しても真の解決にはならないと思いながらも、太郎が仲間はずれ状態にあることも事実で、保護者からの強烈なアピールの手前その点を注意しないわけにはいかなかったのです。






<<(1)へ----(2)----(3)へ>>


HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。