FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

お盆二題(2)「洗米」をめぐる新たなる論争

2012-08-31-Fri
「お盆二題」なんてタイトルにしたけど、二つ目が公開できないうちに、処暑を過ぎ、八月も今日で終わり。相変わらずの暑さですが、それでも少し朝夕には暑さの治まりを感じますね

で、第二弾です。

父の三回忌も終え、今年も、我が家にお盆がやってきました。初盆に比べて、落ち着いたお盆です。逆に言うと入れ込み方が少し違います。準備も手を抜くというとアレですが、なかなかエンジンがかからなかったりします。

さて、お盆のアイテムはいろいろあります。盆提灯、施餓鬼棚、茄子の牛と胡瓜の馬なんてのも必要になります。いろんな考え方や由来があるようなんですが、菩提寺に施餓鬼(寺施餓鬼)でかけたら、住職がお盆の由来なんて話をしくくださいました。

釈迦の弟子に目連というう人がいて、なんでも神通力の使える人で、ある時死んだ母の姿を見ることがあって、今死んだ母は、天国ではなくて地獄にいて責め苦を受けているということがわかったのです。目連はびっくりしました。そこで釈迦に相談したのです。地獄で苦しむ母を救う方法はないのかと。

釈迦が言うには、目連の母親がそのような目にあっているのは生前の行いに問題があった。決して悪い人ではなかったのだが、布施ということをしなかったのだと。布施というのは、周囲への施しとうことです。目連の母は、わが子を優れた人物に育てたい、我が子が可愛いという一心でした。たとえば、美味しいものを手に入れれば、我が子に与えたいと強く思い、他の人たちには与えなかったのです。一事が万事で布施の心がなかったのです。だから、今、地獄に落ち餓鬼の苦しみを受けているのだと。

だから、それを救うには、目連が施しをすることだというのですね。施餓鬼(せがき)というのはまさにそう言う熟語です。で、ま、結果施餓鬼をきちんと行うことで、目連の母は無事極楽に行くことができたのです。

こんな話でした。だから私たちも、お盆には施餓鬼棚を作り、施餓鬼の供養をして、死後のご先祖様の安楽を祈るということのようですね。

お盆2題(1)あれ? これは。気づいてしまった、くら寿司の秘密!

2012-08-19-Sun
回転寿司、好きです。よく行きます。

なにより、回ってるのを眺めているのが楽しいし、その中から適当に選んで食べるってのがいいんですね。「おあいそ」とか「しゃり」とか「あがり」というような専門用語を知らなくても食べられるし、安価だし、気楽に食べられます。わたしは、この気楽さが好きです。

また、一口に回転寿司と言っても、チェーン展開する大手から、地域密着型のもの、一皿100円(105円)の安価が売りのところや、ネタ勝負の高級店、ハンバーグや焼肉をネタにしているところなど、いろんな工夫があっておもしろくもあります。

回転寿司大好きなんで、よく行く店もあるのですが、寿司ネタも大切ですが、まず、寿司めしが旨くなくては話になりませんね。いや、別に格別にこだわるのではなくて、競争が激しいせいかネタはそこそこ新鮮なのに、不釣り合い不味い飯の店があります。もともとは地元のお寿司屋さんが回転寿司のノウハウを取り入れて、魚はうまいんですけど、価格競争に勝つために米を落としているんじゃないかと思われて、結局そこにはいかなくなりました。

と、まぁ、回転寿司のことはどうでもいいのですれけれど、お盆にちょっと、家族でくら寿司に行ったんですね。



くら寿司は、工夫をいろいろとしていて、それが目に見えてわかるのが気に入っています。基本一皿105円なんですが、その価格を工夫で維持しているとういのがわかって、そこが好き。そのひとつは、お皿の回収システムでしょう。カウンターやテーブルにお皿の断面の形をしたスリットがあって、客自身がそこにお皿をすべり込ませるという仕組みになっているのですね。中はどうなっているのか知りませんが、おそらくそのまんま洗浄用の流しに運ばれていくと思います。片付けの労力を機械化省略化して、人件費を削り、価格を抑える工夫をしています。同時に何枚のお皿が投入されたか、自動的にカウントされるしくみになっています。会計の根拠になるわけなので正確にカウントされることが大切なのですが、機械でカウントされれば退店時の時間短縮にもつながりますので、お客にもメリットがあります。

しかし、数が違うというクレームがあると、検算のしようがないし、ちと問題かと思うのですが、お客がきちんとお皿を入れたくなり、また、今何枚であるかを時々に気に止める補助的なシステムが確立しています。それが、ガチャポンの仕組みです。寿司皿を5枚投入することに、注文にも使えるタッチパネルの中で一種のゲームが自動スタートします。そのゲームで勝つ(当たる)と、今度はバーチャルでないリアルなガチャポンが起動して、上からカプセルが転がり落ちてきます。それは、寿司ネタを模したストラップが入っています(まだ一度も当たったことがありません)。

この仕組みは素晴らしいと思いました。お客に積極的に皿を片付けさせる動機付けになっているどころか、もうひと皿でガチャポンゲームが始まるときなどは、あとひと皿余分に頼むという動機付けにもなっているのです。そして、毎回でないにしろ、今何皿めであるかということは時々気にする仕組みになっています。一人で行ってもおもしろいし、家族で行っても、友達と行っても、話題になりますし、いい仕組みだと思います。わたしはこのアイデアに惚れ惚れしていまして、これだけでもくら寿司に行こうと思っています。

それ以外に、生ビールはセルフサービスです。自動販売機のように自分でコインを入れて持ってきます。ガソリンスタンドでもセルフの時代ですからね、これもおもしろいと言えばおもしろいのですが、これも人件費を抑える工夫です。くら寿司にはそういうお店の工夫が目に見えて、ほんとうに素敵です。

こういうさまざまな工夫をして、低価格を維持しているのと、飯のコメのランクを下げて価格競争をしているのとでは、勝負は決まっています。だから、このお盆にも「くら寿司に行こう」とつい言ってしまったのですね。

ロンドンオリンピックたけなわの中コミケの話で恐縮ですが……。~イカ本出ました!

2012-08-10-Fri
残暑お見舞い申し上げます。暑くて熱いですね。ロンドン五輪も。高校野球の甲子園大会も始まってますね。ま、ついでに書くと我国の最高立法機関の次のテーマは「近いうち」とはいつかという、極めて不毛なでお寒い展開になりつつあります。いや、あれも熱いといえばあついのでしょうけれど。

さて、歴史的仮名遣いを愛する人たちの同人誌に「正かなづかひの本」(書肆言葉言葉言葉刊)というシリーズがありまして、普段から現代かなづかい崩れしか、よう使いこなせてないわたしが、ショートショートを書かせていただいておりまして、この度の夏コミに合わせて、正かなづかひの本シリーズの第3作が発刊されるということで、拙作も三作目となりました。

20120805171520.jpg
→ コミックマーケット82にサークル参加します - 「愛」も「萌え」も定義は広い。

今回は「イカと正かなづかひの本」というタイトルです。「イカ」とは「烏賊」のことですが、そもそもは「イカ娘」(→「侵略!?イカ娘」)を扱ってはどうかという、編集会議(というか、ただのツィート?)から設定されたテーマのようですが(真相はここ)、実際、執筆サイドのほとんどが、イカ娘についてはかろうじて名前を知っている程度ということで、結局は、イカ全般を扱うということになったようです。

ま、わたしは、野嵜さん(@nozakitakehide)のTLに、「次はイカ娘らしい」というようなのを読んでいたので、ま、なんとかそれで構想しました。題して「昨日の空の」。トオルくんと言葉シリーズ第3段です。いずれも、小学生のトオルくんが重厚にして繊細な(?)言葉の世界に遊ぶという作りになっています。主人公のトオルくんとその家族、そして裏主人公というべき猫のミーも登場します。

正かなづかひの本シリーズとトオルくんと言葉シリーズについては、こんな感じで、ま、以後「お前はもういい」といわれない限り、続けていきたいと思っています。また、毎回、お願いして、スグルさんに挿絵書いていただいてますが。これも、「もう嫌です」と言われない限り、自動的にお願いしようかと思っています。(→ 時代の斜めうしろ:「イカと正かなづかひの同人誌;正かな同人誌どうぞよろしく(4)」)



20120805171520.jpg
第3段
平成24年8月刊
300円
トオルくんと言葉シリーズ(3)
題名:「昨日の空の」
内容:お父さんがトオルくんを夜店に行こうと誘ってくれました。何を買ってもらえるか楽しみでなりません。トオルくんが選んだものは……。
20120504120531.jpg
第2段
平成24年2月刊
(同年8月改訂)
500円
トオルくんと言葉シリーズ(2)
題名:「カニの横歩き」
内容:トオルくんが沢ガニを捕まえて帰ってきましたが、お祖母ちゃんはお相撲が大切なようで、相手になってもらえません……。
20120805171405.jpg
平成24年8月刊
・初版平成23年12月刊の改訂新版
300円
トオルくんと言葉シリーズ(1)
題名:「来年の干支」
内容:年末の大掃除に忙しいお母さんから、トオルくんは年賀状を書くように「宿題」を出されてしましました……。
→ こちらの記事で公開しています。
c81a01s.jpg
企画第1弾
平成23年12月刊
300円
絶版


夏コミ(コミケ82 於:東京ビッグサイト)、8月12日(日)に参加しているはずです!

日時:2012/8/12(日)
場所:東京ビッグサイト
スペースNo:3日目 東R-49a


万一(?)、コミケに行かれない場合は、押井さんのはなごよみのサイトで購入可能です。よろしくお願いします!

関連ページ
同人誌「正かなづかひの本」シリーズ

「おおい町 翻ろう」って~新聞の漢字

2012-06-10-Sun
今日(10日)、Twitterで、野嵜さん(@nozakitakehide)がこんなことを書いている。

「障がいはほんと意味わかんない。」も「障が / いはほんと / 意味わかんない。に見える。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211684669786300417


何ごとかとTLを遡って読むと、こんなTLが続いた(念のために書くがすべて、@nozakitakehide さんのツィートである)。

「なぜ」も俺は屡々「何故」と書く。假名で書くと、「福沢諭吉 / はなぜ / 朝鮮に」と見えてしまふからだ。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211684536298385408

とか、

「障がい」は、「障が(謎の名詞+助詞) / い(助詞の次に出てくるのだから體言か用言だらうが謎)」と分かれるやうに見えるし、「子ども」は「子ど(謎の名詞)+も(助詞)」のやうに感じられる。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211683805944229888

とか、

「ぼう大」のやうに書かれると、かなで書かれてゐるから「ぼう」が直前の助詞(かなで書かれてゐる)と一體のやうに見えてしまひ、「○○ / がぼう / 大な」と、妙な風に認識されてしまふ。これでは意味がさつぱりわからない。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211681683181797376

とかである。

要するに、漢字とかなの交ぜ書きは紛らわしいという主張だ。

和語ならかな書きするとしても、漢語をかなで書くのは違和感が強い。一つの漢語をかなと漢字を交ぜて書く「交ぜ書き」は、漢語の語としての一體性を破壞するから、讀む際に誤讀し易くなる。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211682547850158080

わからなくもない。

「障碍」「膨大」という漢語を「障がい」「ぼう大」と漢字とかなを組み合わせて書く、所謂「交ぜ書き」が、ただみっともないという見てくれのレベルだけでなく、実用面でも不都合があるという主張である。

「なぜ」も「何故」の方がわかりやすいというのは、個人差がありはしないかと思う。それは、単にわたしは、「なぜ」というひらがな書きの「なぜ」を見慣れているということによるのだ。おそらく、野嵜さんは「何故」の方を「なぜ」よりも見慣れたり、書き慣れたりしているのであろう。

また、すべての文節の始めは漢字の方がわかりやすいというのは、少しばかり無理筋だとは思うけれど、漢文というか、漢文の書き下し文はこういう考え方をとっているのも、また、確かである。

「文節」の頭は漢字で始まるべきだと思ふ。その方が語の區切りがはつきりわかつて、意味が判りやすい。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211681907182800896


そもそも、こういう、みっともない上に、意味的にも混乱が生じるような「交ぜ書き」をせねばならない背景の一つには、漢字の使用制限がある。当用漢字から常用漢字につながる流れが、こうした妙竹林な「交ぜ書き」を生んでいるのだ。

で、こんなTLを見たあとで、食事に出かけたラーメン屋で、手にした朝刊がこんな見出しだった。「なんじゃこりゃ」とぶったまげて、思わず写メを撮った。どうしてもブログに記事を書かねばと思ったのだ。

それがこれ。


本日(6月10日付け)の、中日新聞の第1面である。

さて、太字の見出し、読める?

RREVHOME NEXT