FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

すごい日馬富士、惜しい豊響~平成21年度名古屋場所初日

2009-07-13-Mon
初日。凄い取り組みがありましたね。

大関日馬富士と同期入幕のライバル関脇稀勢の里の一戦です。

過去の対戦成績は10対10。先場所は「とったり」で日馬富士が買っているのですが、「下位への変化」と批判されたことも事実です。ま、わたしは、「とったり」を決め技にするなんて一流の技術がいると思って、日馬富士の変化を支持するのですが、どうも、そういう声は少なかったと思います。今場所は、横綱を目指す大関としては、そういうわけにはいきません。もちろん、稀勢の里も大関を目指すわけですから、逃げはないと思います。そもそも逃げはない人ですが。

両者正面から当たりました。日馬富士は低く、右の下手回しをひきつけるようにとりました。これに対して、稀勢の里は左の強烈な押っつけと、右手で、低い日馬富士の頭を、まるで上から押しつぶそうとするように、上から凄い力で押さえつけようとします。日馬富士は、本当に苦しかったと思います。

その苦しみを、回りながらしのいでしのいで、必死で下手を切られないようにくらいついて行き、そしてついに稀勢の里を土俵際により切るように攻め立てて、ま、寄り切ったわけなんですが。勝負が決まった後、幾分ダメ押し気味なのですが、今日の対戦を見て、あのダメ押しを咎める人は少なかろうと思います。もちろん、横綱になろうというものがダメ押しはダメと批判してもいいと思うのですが、それまでの苦しい展開をこらえにこらえてのより切りという流れからすると、日馬富士の「どうだ」という気持ちはわからないでもないと思います。これが勝負の世界だと思いますけどね。

朝青龍のダメ押しを咎めていた方は、ぜひ、同じ基準で日馬富士のダメ押しも評価して欲しいと思いますね。

もう一つ、豊響が千代大海に挑んだ一戦も、あそこまで突き押しの千代大海を、突き押しで攻め立てながら、最後は押し戻され、引かれて、多少仕切り線に足をとられたという要素もあると思いますが、残念な結果だと思います。

その他の対戦では、琴欧洲もだいぶよさそう。魁皇は初日黒押しで、豪栄道よくがんばったと思います。白鵬は琴奨菊に危なげなくを寄り切り、朝青龍も小結旭天鵬を下手投げで退けて、不安なところは見せませんでしたね。琴欧洲は阿覧を寄り切り、琴光喜が栃煌山を上手投げに決めたとなると、ま、いずれも安定感を感じます。

あと、うちの部屋では新関脇鶴竜は岩木山に善戦むなしく押し出されたという感じです。

横綱:白鵬 ○ 1戦全勝
大関:日馬富士 ○ 1戦全勝
三役:鶴竜 ● 1戦全敗
平十:豊響 ● 1戦全敗
 同 :把瑠都 ○ 1戦全勝
 同 :玉鷲 ● 1戦全敗
補欠:豊真将

目多掘部屋は3勝3敗でした。



ドリーム大相撲へのエントリー~平成21年度名古屋場所

2009-07-11-Sat
暑いですね。夏です。暑い夏の名古屋は、これです。大相撲名古屋場所~。まず、番付いきます。

ban_h2107.png

今場所は、日馬富士が綱とりの場所ということになっています。先場所が終わった頃は、大関になってからの不調を指摘されて、安定感というか、成績の信頼感が今ひとつで、なかなか、優勝したらすぐに横綱にとはいいにくいというような声もあったのですが、実際、どうでしょう、13勝2敗にしたところで、両横綱健在の場所で優勝したとなれば、申し分ないと思いますね。何より、二場所連続優勝ならば、ムードは盛り上がるし、横審とて「ダメ」とは、よう言わんじゃないかと思います。

ただ、日馬富士は軽量ですから、怪我にしろ病気にしろ、ちょっとどこか傷めたり、体調不良だったりすると大崩れするという不安はなきにしもあらずです。それを承知で横綱にするということもできづらいし、実際大関昇進後の数字は、その不安を如実に示しているわけで、それは、実際横綱になれても、なれなくても同じだとは思いますけれど。

あと、離婚報告騒動の朝青龍でが、どうなんでしょう、微妙ですね。スキャンダルにならない範囲であれば、むしろ土俵に集中できる要因じゃないかと思っているのですが、ちょっとマスコミが五月蝿いかなと思っています。集中して、本来の強さを発揮して欲しいと期待していますが、どうも、舞の海は厳しい見方をしているようですね。

 大相撲名古屋場所(12日初日、愛知県体育館)を前に、再び朝青龍vs舞の海の場外戦が勃発(ぼっぱつ)した。

 3場所ぶりの賜杯奪回を狙う横綱朝青龍(28)は9日、愛知・春日井市の春日野部屋へ出げいこしたが、視察した相撲解説者の舞の海秀平氏(41)が「体に張りがなくて驚いている。優勝は厳しい」とバッサリ切り捨てたのだ。

 出げいこで16戦全勝だった朝青龍は、「上体の動きはよくなっていると思う。あと3日? 気にせずいつも通り調整していきたい」。離婚騒動など、どこ吹く風とばかりに上機嫌で打ち上げた。
  → iza:「朝青龍「あの人の予想外れた」…舞の海と場外戦再び

稽古不足、調整不足なのか、それとも出稽古16戦全勝なのか……。ま、いうまでもなく、朝青龍が強いほうが、白鵬も、日馬富士も、鶴竜も成長してきている今場所、おもしろいに決まっているのだけれど~。

さて、そこで、ドリーム大相撲への参戦です。
 → バカピカさんのブログ:「かんたん大相撲ゲーム(POG)「ドリーム大相撲09年7月」参加者募集中

わたし(出人親方)の目多掘部屋目下、ドリーム大相撲で連覇中です。2連覇は、ま、ドリーム大相撲の(言うほど長いわけではない歴史の中で)過去に誰もいません。わたしが初めてです。そして、まだ途切れていませんので、3連覇を目指しています。こういうときは、変化なしの正攻法で選ばせてもらいました。というわけで、ドンっ!

横綱:白鵬
大関:日馬富士
三役:鶴竜
平十:豊響・把瑠都・玉鷲
補欠:豊真将

三役は鶴竜でいいでしょう。文句ない。朝青龍を食って欲しいです。豊響・把瑠都は定番ですが、把瑠都は先場所の不調を取り戻してくると思いますが、逆に、豊響はほとんど自己最高位だと思います。病気からの復調をバネに、一気にここで三役へ飛躍してほしいです。

ま、この上位陣なら、大きくずれることなく終盤戦へ突入できるでしょう。

ここであと一人、最近の成長を買って、玉鷲を入れてみたいです。正直、まだ顔を覚えてないくらいなんですが、先場所、たびたび、こいつは誰? なかなかいいじゃん! と思ったのは玉鷲でした。

というわけで、このメンバーです。ま、補欠は発動しないで終わりそうですが、ま、一応、豊真将を入れてと、吟じます。

朝青龍がぁぁ~ぁ~ぁぁ~ぁ~
離婚してぇ~ぇ~
奥さんが来日したなんてぇ~え~
ワイドショーがまた騒ぐに決まってるからぁぁ~~ぁ~
なんだか、また、イケなさそうな気がするぅ~~

だから、優勝は、がはは、わたしの部屋です。ごっちゃんです。



【追悼】三沢光晴、まさにリングに散る……。

2009-06-14-Sun
実は、生誕百年の太宰の記事でも書こうかと思っていたら、なんだか、不穏なニュースをネットで見つけてしまいました。ノアの三沢が試合中に倒れ、病院に搬送されたというのです。そして、次に見たときは、「死亡」に変わっていました……。
 → iza:「プロレスラー三沢光晴さん試合中に病院搬送 心肺停止状態

13日午後8時半すぎ、広島市中区の広島県立総合体育館で、プロレスラー、三沢光晴さん(46)が試合中に相手の技をかけられて頭を強打。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。
 → iza:「プロレスラー三沢光晴さん死亡 試合中に頭強打

信じられません! プロレスラーというのは、強いと思います。どんなスポーツの選手よりも、不死身だと思っています。だって、あんな凄い試合を連日やってるのですから。

今まで、いろんな形でレスラーの死に接してきました。もっともショックだったのはブルーザー・ブロディですけど。好きな選手だったし。最近では橋本(→過去記事:「爆勝宣言を聴きながら-追悼!橋本真也-」)。しかし、トップレスラーが、リング上で、技を喰らって死ぬというのは……、信じられません。それも公開の試合で。もちろん、危険なスポーツだとは思いますけれど。

わたしは、それからさっそく2chを読みました。新聞の記事では、

大会関係者によると、三沢さんはこの日開かれた「サザンナビ09」広島大会のメーンイベントのGHCタッグ選手権に出場。試合開始から約30分後、後方から抱え上げて、反り返るようにして投げるバックドロップをかけられ、リングで頭を強打し、意識を失ったという。

 試合を観戦した人によると、意識不明になった三沢さんに、リング上で自動体外式除細動器(AED)による蘇生(そせい)措置が施された。約2300人の観客からは「三沢コール」が起こったが、意識は回復せず、救急隊員が三沢さんを担架で運んだという。
 → YOMIURI ONLINE:「プロレスの三沢光晴さん、リングで頭強打し死亡

せいぜい、この程度なのですが、2chではとりあえず、こんな感じでした。

310 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2009/06/14(日) 00:09:03 ID:KkoFTvcF0
779 : キエビネ(千葉県) :2009/06/14(日) 00:02:57.91 ID:rVgI+7IK
■現場画像と流れ(今北重産業用)
http://www.776town.net/uploader/img/up4876.jpg

・ 三沢にタッチが渡り、エルボーを連発しバイソンを止めると、バイソンをコーナーに乗せる。
 ところが斎藤が駆け付けて雪崩式アイアンクロースラムを炸裂。そのままタッチをもらった斎藤はカカト落とし、
 キチンシンク、顔面への串刺しニーリフトと三沢を畳みかけ、急角度のバックドロップで突き刺した。
・ そこで、三沢はそのまま動かなくなり異変を感じたレフェリーが直ちに試合を止めた。
・ 試合後は騒然。三沢は息をしていない模様で、血相を変えてトレーナーらが駆け込む。
 会場に来ていた医者の観客らが駆け込んで心臓マッサージが行われ、心肺蘇生装置も持ち込まれる。
 選手らはほぼ全員マットに上がり、「社長!」「社長!」と口々に叫ぶが、三沢に反応はない。
 しばらくして救急隊が到着し、サードロープが外されて搬出処置がとられる。
 見た限りでは三沢の心配が蘇生したかどうかわからないが、救急隊が担架に乗せて病院へと運ばれた。
・ 騒然とする会場。森嶋選手会長がマイクを握り「三沢社長は容態がわかりませんが、選手一同無事を祈っています。
 本日はありがとうございました」。
・ おれはまじでめしうまです。

会場は広島グリーンアリーナ。メインエベントとしてGHQタッグ選手権で、三沢は挑戦者チームでした。NOAHのホームページの試合結果はこうなっています

misawa_01.png

試合はレフェリーストップで、バックドロップを食らわした斎藤の勝利で王座チームの防衛ということを淡々と伝えています。試合としてはそうなんでしょう。しかし、試合中は真剣に、比喩的な意味ではまさに相手を殺すくらいの気でやっていても、まさか殺してしまうことはないと思ってやってると信じますので、勝った斎藤も相当にショックだったろうと思います。怖くて試合ができないんじゃないでしょうか……。亡くなった三沢も気の毒ですが、残された関係者も痛手が大きいと思いますね。

ま、わたしもショックを受けながら、スレをいくつか読んだり、リンクをたどって、動画を何本か見ました。これがよかったので、一つ、貼っておきます。

90年9月1日、ジャンボ鶴田対三沢光晴。解説はジャイアント馬場です。今ではもう三人とも故人なんですね。どうぞ、天国で、心行くまでプロレスして楽しんでください。三沢選手のご冥福をお祈りします。

……いくつも動画見てるうちに、眠れなくなってしまいました。

ついでに、テーマ曲貼っておきます。浸ってください。





にほんブログ村 格闘技ブログへ

ついにドリーム大相撲は連覇!~平成21年度夏場所

2009-05-27-Wed
ドリーム大相撲は、うちの目多掘部屋が、逆転優勝でした。

目多掘部屋がまさかの天鵬兄さん楽日勝ち越しで100点の大台に乗せ
逆転優勝で連覇(゚∀゚)おめでとうございます。
終始優勝争いをリードしていたGo for部屋は楽日2勝4敗で無念の2位。
雅様・黒海が揃って黒星だったのが非常に惜しまれます('A`)

とバカピカさんが書いてますが、はい、千秋楽、横綱白鵬と大関日馬富士が優勝決定戦に出たということが、実はラッキーな面もありました。優勝決定戦には出場ボーナスも、勝利ボーナスもあります。ただの優勝よりも価値があるんです。そして、優勝得点も加算されるわけでして、唯一白鵬と日馬富士の二人を指名していた、わが目多掘部屋が有利でした。

と、ドリーム大相撲の勝利のことばかりかくのもあれですが、うちの力士についてちょっとコメントしながら場所を振り返っておきますね。

☆日馬富士
大関3場所目にして、14勝1敗で優勝です。稽古もたくさんしたようですし、膝の不安も土俵では見られなかったので、調子自体もよかったのでしょう。また、メンタル面が大関昇進前の安馬の時代に戻っていたと思います。いわば、「挑戦者」というか、「若武者」というか、そういう積極性が安馬の信条で、それをあらわすのが、まさに駿馬のようにすばやく、一気に突っ込んでいくというスタイルに出ていたと思います。今場所は、それが復活したようですが、立合い手のあてがい方を昔と変えたかなという気がしないでもありません。前は、どっちかというとのど輪狙いみたいな、手をつき伸ばし入るようなところがあったと思うのですね。大関になってからは回し狙いでいってると、ま、そんな気がします。

さて、何日目でしたか、稀勢の里戦の「変化」が話題になっています。Youtubeで探しました。単独の取り組みはなくて、下の1分40秒くらいのところに出ています。

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)が25日、東京・両国国技館で開かれ、夏場所を14勝1敗で初優勝した大関日馬富士(25)の来場所での綱とりに厳しい意見が相次いだ。出席した12人の委員がこうした姿勢を示した。各委員は大関昇進後の成績が8勝、10勝にとどまり、11日目の稀勢の里戦での変化を痛烈に批判。横綱昇進のノルマとして、14勝以上の優勝、立ち合いの変化を“全面禁止”とする過酷な条件を課した。

やり玉に挙げられたのは、11日目の稀勢の里戦だった。立ち合いの変化でうっちゃったが、鶴田委員長は「評価できない」とばっさり。内館委員も「番付が下の相手にやってはいけない。朝青龍も白鵬も変化はしない」とまくし立てた。
 → iza:「日馬富士に高いハードル 横綱審議会

「全面禁止」なんてことは、全くもって迷惑な話だと思いますけどね。朝青龍が、やはり、稀勢の里に蹴手繰りという技を見せて転がして、「品格がない」などと言われない批判を受けたことがありました。横綱ですからね、やみくもに頭を下げて突っ込んでくるような力士は、こうした足技で転がすこともできますと言わんばかり、一つの技の手本を土俵上で見せたと理解するのがいいと思うのです。
 → 過去記事:「平成18年度九州場所~まとめ

日馬富士が言ってるように、当たってから変化しているように思いますけどね。

全勝の日馬富士に1敗の稀勢の里が挑む、この日随一の好取組。制限時間いっぱいの土俵に注がれた今場所最大の歓声は、あまりにもあっけない結末にため息へと変わった。目先の勝負にこだわった大関に対するお客さんの反応は正直だ。

変わり気味の立ち合いに、「当たってましたよね」と報道陣に逆取材したが、ファンが期待する真っ向勝負とはほど遠い。とったりで転がしたとはいえ、自身のブログのタイトルが「真っ向勝負!」であることを忘れたような内容だった。
 → iza:「作戦勝ちだけど…日馬富士にファンため息


それに、「とったり」です。「とったり」といえば、これ。

わたしにとっての「とったり」は単なる崩し技で決め技ではなかったのですけど、体勢によってはこんなに見事に決まるんです。

稀勢の里戦で日馬富士が下手糞なとったりしかできなかったというのなら、ダメでしょう。しかし、見事に決まってます。これは、ちゃんとした技だと思いますけどね。

確かに、3人いる横綱の全員がモンゴル人で日本人がゼロだなんて耐えられない気分の方もいらっしゃるでしょう。だからといって、やたらめったら真っ向勝負を美化して、こうした瞬間の反応力から出る技を軽視していることが、かえってハードルを高くしていることに気づかないのでしょうか。どんどん力士が大型化している時代に、比較的小兵の日本人力士が変化を否定されたら、勝ち星があがらないでしょうね。これでは、大関に昇進できる日本人力士がどんどん減ってしまうと思いますね。運よく大関になれたとしても、横綱なんて無理じゃないでしょうか。

正面から当たることは大切だし、頭から行くことも、胸で受け止めることも素晴らしいと思います。しかし、蹴手繰りやとったりだって、見事に決まればすごい技なんです。技の名前に品格がないなどというでたらめ極まりない因縁をつけた横審委員が依然しましたけれど、技は技、逃げたというのとは違いますので、そこはよく考えてほしいと思います。お客のため息だって、日馬富士のとったりにがっかりしたのか、稀勢の里にがっかりしたのかは、わからないでしょうしね。

ま、日馬富士、来場所綱取りです。余分なプレッシャーかけられましたけど、今場所と同じ、自分の相撲を一番一番お願いします~。

☆白鵬
とっても安定感のある横綱になったと思います。琴欧洲に連勝を止められた相撲を見ていないのですが、驚きとともに残念でした。後半どうも「腰痛再発」というニュースがありましたんで、まずは養生して、来場所、また連勝記録を始めてください。

☆把瑠都
なんと4勝11敗。 初日に足首をやってしまったようですね。足の故障は大型力士だけにつらいものがあります。左膝と右足首に古傷をもち、大型であるわたしもよくわかります。魁皇は持ち前の技術と腕力で、あの脚の裏側の故障がありながらも勝ち越せるわけです。スポーツことに格闘技には怪我がつきもの、しかし怪我をしにくい相撲、怪我をしていても勝てる技術を把瑠都も身につけられるといいと思います。 

☆豊響 11勝。惜しくも三賞を逃す。
よくぞ復活してくださいました! 病気が網膜はく離で、治ったとは言え、もうあのビッグバンベイダーのような体当たりはみられないかと思いましたが、全然大丈夫な感じです。三賞選考には名前が出たようですが、過半数に至らなかったとのこと。「網膜はく離という病気からの復帰です。せめて千秋楽の結果次第」というのにしてほしいところです。来場所は番付もあがりますんで、がんばってください。

☆旭天鵬 銀星1つ
千秋楽での勝ち越しは、ドリーム大相撲にとってもありがたかったです。

☆安美錦 金星1つ
朝青龍を一気にやぶる、今場所唯一の金星をあげながら、5勝10敗。故障によるものと思うので、直してもっと上を破っていってほしいです。

そして、最後に、白鵬に抜きさられ、日馬富士にも抜かれようとしている朝青龍……。いよいよ引退か、それとも復活を見せるのか……。楽しみです。がんばれ! 朝青龍



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
RREVHOME NEXT