FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Zガンダムで泣く/「星を継ぐ者」

2007-06-11-Mon
囚人さんの紹介でファースト・ガンダムシリーズの劇場版【特別版】を見て、よかったよ~って書いたら、ほんじゃ、次は「新訳劇場版Z」って紹介されたので、さっそく借りに行きました。

そもそもファーストと違ってほとんどみたことがありません。記憶のどこかに「百式」と「カミーユ」と、「マークツー」と「クワトロ大佐」なんて言葉がひっかかっているに過ぎません。わたしの「Z(ゼータと読むのは知ってました!)」に関する知識なんてほぼゼロです。そもそも、囚人さんから聞いた「新訳」というのが、一種のスラングであることがわらかず、レンタル店の棚の前でしばらく悩んでいたくらいであります。「しんやく」という音から聖書の「新約」の字を浮かべていたので、「New Translation」って英語名に結びつかなかったのですね。

ま、そんでも見つけて借りてきました。「星を継ぐ者」ってのを教えてもらえばよかったんですよね。

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
バンダイビジュアル (2005/10/28)
売り上げランキング: 9800
おすすめ度の平均: 3.0
4 今は動けな〜い♪…
4 戦いを終わらせる為に飛べマークII
1 音響も酷いね


設定的にはファーストガンダムの戦争(「1年戦争」と呼んでます)から10年後の世界だっことは、ま、説明されるからわかるのだけれど、全く予備知識がなく見たものだから、いきなり始まる赤い宇宙服の男の基地への潜入シーンなども、こいつが誰で、どっち側の人間で、何をしようとしているのか全くわかりませんから。わけがわからない状態で、なんとなく混沌として乗り込めないでいるのですね。

それも、カタカナ名が多過ぎって困ってしまいます。言われたのが人名か、地名か、あるいはひょとしたらメカの名前なのかさえわからないんですね。だから、冒頭の4分の1くらいでとっても集中力がいるし、だんだんわかってきても、なんとなく、おもしろがるゆとりがないんです。なんか精一杯で~(笑)。

ところが、が、そのうちにシャアだとか、アムロだとか知ってる人物の名前が、登場人物の口から出始めると、なんというのかな、なんとなくそのうちに登場してくるんじゃないかと、期待されるというか、だんだん、そのうちに「登場するに決まってる!」って予感というか、確信が生まれてくるわけなんですよね。なんか、わかってくるというか、ちょっとずつ目覚めるよな感じ……なんですね。それこそまさに、何か未覚醒の感覚が、少しずつ確実に、そして連鎖的に開発されてくるような~(笑)。

作中で、クワトロやカミーユがニュータイプ能力の手応えを確かめているようなところがあるのですが、ま、その感じを、「おお、ブライトがいるぞ」「あ、これハヤトかよ」「こいつはカイなんじゃないか」「いよいよ次はアムロが登場するんじゃないか」というような、ま、そういうところが、なんとなくニュータイプの能力の覚醒を擬似的追体験してるなんて言えなくもないわけです。それが、なんとなく懐かしさと合わせておきてくるのが、いい感じです。

全体的な作者の狙いがどうかはわかりませんが、ファーストシリーズの登場人物が次々と元気な顔で出てくるのは、とってもうれしいですし、ついに最後の「再会」のシーンは感動で、目に涙があふれました。

なんでしょう、自分でもびっくりしました。まさか、ロボットアニメのエンディングで、二体のロボットが寄り添うように並ぶ遠景の構図で涙することになろうとは思いませんでした。ネタバレになったらいけないのかなぁ。二人の「再会」。二人はさ、一年戦争で宿敵として戦い、そして、双方の英雄として伝説になってるわけですよ。「ヒーローらしく、俺は地下にロボットを隠してるんだって言ってくださいよ」って、レツだか、カツがいにしえのヒーロー観をぶつけるシーンがあるんだけれど、本当のヒーローとは何か? みたいな、「ヒーロー論」みたいなものもテーマの一つになってるのでしょうね。あと、「ニュータイプ」が一種の危険分子というか、要注意人物になっちゃってるのは、ま、「七瀬ふたたび」の超能力者も「X-MEN」のミュータントにも通じる者があります。同じわけなんですね。

ま、それにしても、最後のシーンは感動的です。お互いが伝説の存在である二人が、名前だけはおそらく何度も何度も聞き、この十年間、なんどもなんども思い出したであろうその二人が、十年ぶりに合うわけです。寄り添い合った二体のロボットの、互いの手の上に載るような形で。

相互の名前を呼ぶまでは、二人の表情が映されますが、エンディングは二体のロボット遠景となります。そのあと、抱き合ったか、手を取り合ったか、どういう言葉をかけあったのか、それは見る側の想像に託されます。そこがいいのですよね。そんな再会を、こんなロボットの遠景で描くなんてすごいじゃないか、ガンダム!と、わたしは感動しました~。
機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】 機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】

ファーストシリーズの劇場版【特別版】を通しで見てきて、そして「星を継ぐ者」を見ると、なんとも言えない感動がエンディングには待っています。わたしは、囚人さんというよきガイドを得たことに感謝して、この感動を、ぜひ、まだガンダム見てない人には味わって欲しいと思いますよ。

にほんブログ村 映画ブログへ

ガンダムを見る/劇場版【特別版】1~3

2007-06-05-Tue
先日、この記事でアニメ感想系ではいい記事を書いている囚人さんが、いろいろ言う人はいますがとりあえず映画版の「ガンダム1」「2(哀・戦士)」「3(めぐり合い宇宙)」を見ればガンダムを語る資格はできるというようなことをおっしゃっていたので、さっそく借りてきた。「特別版【劇場版】」のシリーズである。
機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】 機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】
テレビのガンダムの放送をたびたび見た記憶はあるので、何箇所も見たことのシーンが並ぶ。シャーとの遭遇だとか、ミハルのシーンだとか、ララとの出会いだとか、父との再会だとか。ただ自分の中では通して見たという実感がないので、どういう話なのかわからなかったが、まさに、再構築されたという感じであった。

「1」は、背景の説明と、少年アムロがガンダムのパイロットになっていく過程を描いている。ライバルであり、あるいは主人公より有名な敵軍の将赤い彗星シャアとも遭遇する。

「2」では、アムロはもちろん話の中心だが、脇役たちにスポットがあたる。戦争とは敵を倒すことというだけでなく、大切な人やものを失うことであるという、ま、至極当然のことが描かれる。それぞれの悲しみの中で、ま、アムロは戦士として成長していくわけでもある。

「3」では、ガンダムの一つの視点である「ニュータイプ理論」を核にした戦いが描かれる。アムロ、シャーを結びつける役として、ララが登場する。

内容的にはそんなところ。

ただ、Amazonのレビューには酷評が並ぶ(笑)。この特別版は声優の一部を入れ替えたとか、あるいはBGMなどの音楽面での差し替えがあって、オリジナルのイメージをぶちこわした作品ということになっているようだ。確かにアニメというのは難しく、なりほど総合芸術なんだなと思う。

機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
バンダイビジュアル (2006/12/22)
売り上げランキング: 2268
おすすめ度の平均: 4.0
5 ガリアンもいいですよ
5 少年の成長
5 これぞ゛機動戦士ガンダム

▲「これを見ろ」ってことらしい……。

囚人さんが「いろいろ言う人もいるが……」とおっしゃたのは、この…だったのだろう。しかしながら、「ガンダム」の入門版としては充分というか、ちょうどいいとわたしは思った。単なる「ロボット対戦アニメ」ではなくて、少年アムロが、その仲間や敵とのさまざまな体験、戦いを乗りこえて、勇気を持ち、愛を知り、そして一人の戦士として、大人として成長していく過程が描かれている。職業軍人というのではなくて、不本意ながら戦争に巻き込まれ、戦わざるを得なくなり、殺し合いの恐ろしさを知り、それがまさしく現実であるのを受け止める。

戦争の中にあっては、兵士は人でなくて戦力なんだということを痛感するが、それは、実は戦争の中だけではなくて、「企業戦士」と言うような言葉が通用する、現代の社会にも共通するところがあるのだろう。モビルスーツやビームライフルこそは使わないが、競争相手をまさに滅ぼすような勢いで勝負に出ている企業もあるように思う。それは、「受験戦争」という名前で、大人だけでなくて、子どもたちの世界にも起きてはいるのだけれど。

後輩H()との会話。

:「この休みにガンダムを見たよ」
:「マジですか? ダブルオーやりますからね」
:「ダブルオー? そうじゃなくて。劇場版の、3本のやつ。1と哀戦士とめぐり合いそらって……」
:「ああ。そうですか……」
:「……。」
:「……。」
:「これで、ガンダム無双とか楽しめるのかな」
:「さぁ。ファーストだけではだめで、ゼータとか、ほにゃららとか、なんたらとか、ずっと出るんじゃないですか」
:「(ファースト……第1作の無印のことをこう呼ぶらしい)え、そうなんだ……。」
:「それに敵はザクだけらしいし」
:「そんなことはない、「無双」だろう。呂布級の敵まで出るはずだぞ。(お前は無双をわかってないなぁ)」
:「さぁ。ガンダム無双は知らないです。それより……」

「ガンダム無双」への道は遠そうである(笑)
ガンダム無双
ガンダム無双
posted with amazlet on 07.06.05
バンダイ (2007/03/01)
売り上げランキング: 553
おすすめ度の平均: 4.0
4 ステージ数が…
1 微妙ッス
3 今の値段なら買い

※レビューなどを見ると、ファーストのほか、「Zガンダム」、「ZZ」まででいいらしい。やはり遠そうです。

ちなみに、ダブルオーといってたのはこれ。もっと遠そうである。
 → 機動戦士ガンダムOOの公式サイト

にほんブログ村 映画ブログへ

仏師が彫る木製ガンダム

2007-05-30-Wed
わたしはガンダムよりもライディーンやマジンガーZの方が好きなんですけど。ガイキングとか(笑)。ま、ロボットアニメ的には。実際、昭和50年代のテレビアニメのリバイバルがの流れがきているようなんですね。10代のころオリジナル版を見て育った30、40代の大人世代を対象に、衛星、インターネットなどの多チャンネル放送、良質安価なDVDなどの手段が整備され、「大人なら有料放送でもみてくれる」というところから、懐かしのロボットアニメも注目されているわけです。
 → iza:「懐かしロボットアニメ、流行するリバイバル」




▲ゴールドライタンの復刻とか~

ま、これはロボットアニメに限ったことではなくて、映画の実写化だって、「キャシャーン」「デビルマン」「キュティーハニー」「どろろ」「鬼太郎」と来てるわけですから、消費の中心は、なんといっても金を持ってて使ってくれる団塊ジュニアたちなんだろうなと思いますけどね。

ま、そこで「ガンダム」です。シリーズー全体を流れるテーマ性となると、やはりガンダムはすぐれていて、大雑把に言えば、なんというか、単なる懐古ということでなくて、今の目で見てもハマルというか、大人の鑑賞にも堪える作品になっているんだろうと思います。だからガンダムは根強い、継続した人気があるのでしょう。

ただ、わたしがガンダムの話題となると、ついつい記事を書きたくなるのは、ま、そういうことではなくて、巡回先のブロガーがけっこうガンダム好きって方がいらして、囚人さんはいうまでもなく、えっけんさんは親子で作るってるし、子どもからとりあげてつくってるし~、ひよこさんはガンプラ泣きながら作ってましたし(笑)……って笑ったらいかんか。でもテンプレまでガンダム仕様になってたし~。

そこでガンダムの話題です。木製の「ガンダム」が発売されたんですね。
 → iza:「木製「ガンダム」立つ!仏師が手彫り」

記事によると、価格は5万400円で、高さ約30センチ、幅(両足の幅)18センチの天然木だそうです。仏像に使われる椴木(だんぼく)を材料にして、仏師が手彫りして仕上げるんだそうです。

なんか、このサイズ、まさに仏像って感じですが、ま、神棚に飾って拝むなら、ライディーンの方が感じがでそうだけど……。

発売元はバンダイネットワークスのララビットマーケットです。
 → 「機動戦士ガンダム 木製ガンダムRX-78-2」の通販ページ

もう初回予約分は充足しているようです。初回お届けは7月ですんで、次の予約受け付けは、どうでしょう、その頃でしょうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ

横溝よりもガンダムか?~実寸大アトラクション

2007-05-15-Tue
先日、「山梨に横溝正史記念館がオープンした」という記事を書きました。マジに行ってみたいと思っているのですが、なんと山梨には竹中英太郎記念館もあったんですね。ついでに昨年が生誕100年だったなんて、存じ上げませんでした。
 → 竹中英太郎記念館の公式ページ(http://takenaka-kinenkan.jp/)

まぁ、「探偵小説」という言葉に興味のある方なら、竹中英太郎はきっとご存じだろうと思います。一言で言えば

横溝正史が編集長をしていた当時の「新青年」にて、江戸川乱歩「陰獣」の挿絵を担当した。その後、「新青年」を中心に活躍。
   Wikipedia:「竹中英太郎」より  



美は乱調にあり、生は無頼にあり―幻の画家・竹中英太郎の生涯
備仲 臣道
批評社 (2006/03)
売り上げランキング: 338648


作品が多く載っているのはこちらのページ
 → 竹中英太郎コレクション(http://www.deepmysterymania.biz-web.jp/Eitarou_Collection.htm)

うわぁ。これなら出不精のわたしも行きたいですね。題して「横溝正史記念館と竹中英太郎記念館ツアー」なんて具合になるわけですが、誰が一緒に行ってくれるのかは、あいかわらず謎ですが(笑)

ところが山梨には、もっとものすごいものができつつあるらしいんですね。名付けて「ガンダムクライシス」。なんでも実寸大ガンダムにお目にかかれるアトラクションらしいです。
gun_fujiq.jpg

 → 富士急ハイランド:「ガンダムクライシス」(http://www.fujikyu.co.jp/fuji-q/information/new/index.html)
 → 時事ドットコム:「ガンダムの実寸大アトラクション登場」

アトラクションの舞台はガンダムの格納庫。ここに世界初となる全長約18メートルのフルボディのガンダムが実際に格納されている。参加者は、このガンダムの周りでグループに分かれ、「パワーアップチーム」としてミッションゲームを行うというもの。
    時事ドットコムの記事より



なんだか、わたしの中では山梨がキテるんですけど。大河ドラマも風林火山だし!



ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME NEXT