FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「ライブドアブログの警告」~<日別集計>

2006-08-22-Tue
livedoor Blog 開発日誌こんな記事(8/21付)が載りました。

livedoor Blogと酷似したURLへのアクセスにつきまして

平素はlivedoor Blogをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

最近、弊社のドメイン「livedoor.net」に酷似したドメインを使用し、いわゆるワンクリック詐欺の恐れがある行為を行っている者あるいは業者が存在しております。
  …… 全文を読む

記事によると「livedoor.net」というドメインをライブドアは持っているようなのですが、「bloglivedoor.net」という、類似しているものの、全くライブドアとは無関係のドメインを使って料金を請求してくるというのです。これも架空請求の一つなんですね。ライブドアとしては、身に覚えのない請求には支払わないように注意を喚起するとともに、ライブドア側から個人情報が伝わるおそれは全くないとした上で、

お客様が何らかの情報を先方に通知してしまい、料金請求の催促を受けられている、あるいは、利用した覚えのない料金請求に応じてお金を振り込んでしまった場合には最寄りの警察にご相談されることをおすすめいたします。

と告知しています。

どんな被害があったのかは、なかかなみつけられませんでした。これのことかな? ちなみにその記事の中に、「ワンクリック詐欺かも?」と紹介されているURLは今も生きていて、アダルトサイトにリンクしているようです。ご注意を。

では、いつものブログファンの集計による主要ブログアクティブユーザー数の比較グラフです。今回は毎日のアクティブユーザー数である、<日別集計>ですね。久しぶりに下に、タイマッチのやつをのせましょう。
act060821a.gif

act060821b.gif

もう、完全に逆転しています。

さて、こうして逆転して次にFC2ブログがめざすものはなんでしょうか? いっそ、大々的にアンケートでもしてみますか。アクティブユーザー数No.1の宣伝がてら。早ければ今月末にも登録90万人にも達するのではないかと予測されていますので、100万人(最速10月10日と勝手に推定)達成記念イベントの先駆けとして、今後のFC2ブログのあり方をアンケートして(たぶん、「独自ドメイン機能はまだ~?」みたいな意見が出るんでしょうけど)、積極的に広くニーズを知るのも必要かと思います。

わたしは機能強化の追究だけでなくて、サポート技術というかサービスのあり方について、まだまだ考えたらいいなじゃないかと思いますね。ま、無料ユーザーのためにどうしてそこまでやるのかって思わなくもないですが(笑)。でも、ま、こんな「お知らせ」が出るようになったんだなって、ちょっと感動してます。



あと、すでにそうなんですが、「わかってない人」がブログを始めています。いろんな意味でわかっていない。だから、規約にあるようなこと、あるいは、常識的なことも機会をみてお知らせに流してもいいのかもしれません。「パスワードの管理をしっかりしましょう」「著作権を侵害しないようにしましょう」「個人情報の取り扱いは慎重に」みたいなことを、ときどきに流してもいいと思います。そういう中に、「ライブドアでおこったような、ワンクリック詐欺のこと」とか、「共有テンプレートをめぐって起きているトラブル」とか。

なんというか、たぶん今まで、こうしたことは「個人の責任」としてで、システム側があまり積極的に関与してこなかったと思います。特にFC2は。それが大人のやり方だとも思います。しかし、残念ながらそういう点で日本人はお子さまなんですね。「お客さま」というか。勤勉で、誠実に理解しようとする反面、教わらないとなかなかできないんです。そういう過剰サービスに慣れているというか。「ユーザーフォーラムの存在とその使い方」とか、なんというか、同じ文章を何度も流すのも芸がないようなんですけれど、そういう初心者への情報も、どこかで扱ってもいいかと思うようになっています。ま、これも、パソ通時代のデジャブなんですけどね。

「お知らせ」でなくて、メルマガでもいけるかもと思います。たとえば、登録1週間後、登録2週間後、登録1か月後、登録3か月後、登録半年後などの時期に。ちょうど、初心者から次第に中級者へと、活動が広がり、理解が進む。その段階に応じた内容のメルマガを送るんです。

おめでとうございます。今日で登録後1週間です。ブログを更新していただけていますか? FC2ブログから、登録後1週間のユーザーにお送りする情報です。
 ・ ユーザーフォーラム活用してますか?
 ・ テンプレートでこまっていませんか?
 ・ 著作権ご存じですか?
 ・ ブログにコメント書いてますか? 


なんてぐあいです。

現在でも「FC2からのお知らせ」みたいなメルマガが、機能強化などの時に来ていますよね。ああ、今日も来た。「FC2ホスティングサービスをリニューアル!」みたな内容のやつが。そうしたものですね、1年以上たった人にはいいんで、開設後半年間くらいに数通送ってみたらどうかと思います。

「初心者教育」というとおこがましいですから、「初心者ユーザーへのサービス」として送るんです。定着率もよくなるかもしれませんし、ユーザー・フォーラムの軋轢が減ったり、共有テンプレなどのトラブルが減るかもしれません。「スパム行為の防止策としてこういうメルマガを送って注意を喚起している」という言い訳にも使えるし。

ま、思いつきですが、何かの参考になればと思いまして。>FC2

ブログランキング
スポンサーサイト



テンプレにかぎったことじゃない~<日別集計>

2006-08-18-Fri
sugarさんが「FC2共有テンプレート」の危機を訴えています。
 → 共有テンプレートを殺すのは誰か・1
 → 共有テンプレートを殺すのは誰か・2
 ※まだ続くそうです。

豊富な共有テンプレートといえば、FC2ブログの魅力の一つです。テンプレート作者(ユーザーです)が「こんなの作ったけど、よかったら使って」と自由意志で登録し、ま、ユーザーがその中から気に入ったのを自由に使う、そういうしくみになっています。

さて、sugarさんのお話にはまだ続きがあるようですが、上の2本の記事を読むとこんなことが問題になっているようです。

2006年8月15日現在公開中の共有テンプレートは2227本。しかし、一方で、質の高い、人気テンプレートの作者たちが、配布をやめるたり、ブログ上でのサポートをやめるということが起きている。

さまざまな事情があるのだろうが、中にはユーザーの自己中心的で理不尽な態度に、怒り、傷つき、やる気を失ったという声もあった。

また、最近配布を停止した、別の人気テンプレートの作者は「これからは自分の為だけにカスタマイズを楽しみたいと書いていた。長らく人気のテンプレート(総合ダウンロード1位を長期継続)ゆえの、サポート(問い合わせや質問)に関する心労や苦労も多かったはずだ。

共有テンプレート作者に作者としての責任、質を求めるのと同じように、は「ユーザの側の問題」(マナー、責任、質など)を考えねばならないと改めて感じた。

また、中には盗用というか、ソースを共有テンプレートから無断で借用しておきながら、「ソースは公式テンプレートから」と詐称するようなケースもあった。

 ※引用の形態をとっていますが、sugarさんの記事の要約です。
 原文はこちら → 共有テンプレートを殺すのは誰か・1 , 〃 ・2 


パソコン通信時代に、「フリーソフトウェア」を作者に無断でdisk本にして売ってしまった人気SIG(フォーラム)のサブオペがいたな。大論争になり、SIGを割る事態ににまで発展した。自体に、ネットで大論争になったことがあったことをなんとなく思い出しました。当時から、作者とユーザーとはこういう関係です。わたしは「よきフィードバックこそ作者を育てる」と勝手に主張して、要望をどんどん送るユーザーでした。むふふ、ここでFC2ウォッチングなどと適当なカテゴリー名をつけ、「ああいう機能がほしい」「こういうのはダメ」などと書いてるのは、ま、昔取った杵柄でもあります。

閑話休題。sugarさんが記事1を読んでコメント書いて消して、2を読んでコメント書いて消して、トラックバックにします。例によって長くなるかもしれないし、ちょっと身も蓋もないこと書きそうだし、ちょっとグラフのネタに困っているし(ってのはこっちの事情)。以下の文が、一見sugarさんへのラブレターみたいな感じなのも、もともとコメントだったからです。

たぶん、sugarさんは、あきらめられなくて書いていらっしゃる。いつもそういうあきらめないところが、sugarさんなんです。何をって、人間をあきらめない。わたしは、もう少しあきらめちゃってます。つまり、「そんなのテンプレートに限ったことじゃない」ってことです。ほとんど、ありとあらゆるものがそうではありませんか? 便乗、パクリ、盗用、無断借用、無断転載、偽物、海賊版……。

マナーとか、心構えなんて、そもそも守る気のある人にしか有効でなくて、守る気のない人には意味がないんです。「善意の人」=「単なるお人好し」と考えてる人さえいると思いますよ。

もちろん、マナーを守り、よりよいユーザーたらんとしてる人もたくさんいます。これもまたテンプレに限ったことじゃないんですね。なんだろう、使うところが違うかもしれないけれど、「捨てる神あれば拾う神あり」というか、「すべての人がちゃんとする」ということはあきらめていても、「すべての人がちゃんとできないわけではない」ということはあきらめてはいません。

確かに、「テンプレの作成」「公開」「公開からの撤退」あるいは「公開の継続」など、ま、すばらしいユーザーがいたり、心ないユーザーがいたりのおかげで、作者側にも、喜びというか、気苦労というか、満足した日もあれば、不愉快な判断が必要になってくる場合もあるのでしょう。心ないフィードバックも少なくないかも知れないけれど、それを支えてあげられるユーザーも、またいるのでありましょう。

テンプレの公開で11人のすばらしい人と出会い、10人の不愉快な人と出会った。「11人と10人」が「10人と1人」かもしれないし、逆に「1人と10人」とか、もちろん、ほかにもいろいろ……。「1人」のために続ける人もいるかもしれないし、「1人」のためにやめる人もいるかもしれないです。

だからどう? というのじゃなくて、世の中そんなものって感じかな。

こんで終わるのもなんなので、多少まとめ的に書くと、sugarさんがこういうことを書かれることは、ユーザーというよりテンプレ作者にとって意義があるのではないでしょうか。テンプレ作者にとってすばらしいエールになっていると思います。sugarさんは、「その1人」になりえる可能性があるってことです。

悪意の人の根絶は無理だと思うけれど、テンプレを使わせてもらう側に、感謝というか、支えるというか、そういう方法があるんだという気持ちも抱かせることができるかもしれません。そうだ、わたしもユーザーとして自覚しなきゃって思うユーザーも出てくる可能性も、きっとあると思いますね。むふふ。わたしも、けっこうあきらめてないかも~(笑)

じゃ、ブログファン集計の主要ブログのアクティブユーザー数の比較グラフです。(8月16日までのデータです)
act060816a.gif

最近同じこと書いてますが、すっかりライブドアブログを逆転していますよね。ゲーム的な見方をすると、7位争いが熾烈です。「エキサイト」「はてな」の従来のブログに「アメーバ」「seesaa」「jugem」という新しいところが挑んでいるという形になっています。

ブログランキング
HOME