FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

K-1PREMIUM2007Dynamite!!~TV観戦感想

2008-01-01-Tue
いちおう見たんで、感想書きます。

全体的には、なんというか、所謂「かみ合わない」というか、力関係が一方的みたいな、そんな対戦ばかりのような感じですね。本家対アマチュアあったり、本家対他種目みたいな試合ばかりという感じで。ま、全部じゃないのですけれど、試合前からなんとなく、こういう展開でこんな決着かなと思えて、ま、ひょっとしたら違う展開があるかと期待するというようなそんな組み合わせが多いという感じ。

それと、ま、真剣勝負ってのはそうなったらそれで勝った選手がすばらしいわけなんだけれど、KIDの相手の寝技世界一の選手の寝技が一つも見られないって。つまりこれはKIDが相手の土俵に乗らなかったってことなんですけど、なんか、逆にそれがもったいなくて(笑)。一方で、武蔵は相手がたいしたの経歴のない選手だからできたんあけど、相手を全部引き出そうとしたとは思うんだけど、そこでなにか、武蔵の凄さが伝わらなかったんですよね。そもそもないものは引き出せないから、逆になにもたもたしてるんだって~(笑)。なんかそういう感じがしましたた。ま、批判的に書くのは簡単で、実際みんなが満足するのって難しいのでしょうけど。

じゃ、一言感想。

○桜庭和志vs船木誠勝●
両者覆面をかぶっての登場で、期待感はもりあがります。昨年(今となっては一昨年)の秋山戦の方が、緊張感もテンションも高かったと思いますね。ま、船木は船木でいいのですが、どれくらい準備期間があったのかわからないけれど、ちょっともう少し、所謂試合勘を取り戻してからやってほしかったですね。こしてみると、昨年(今となっては一昨年)秋山はやっぱり凄かったと思います。ま、昨年に続いてのゴタゴタでは、TBSもK-1もかなわないので、今年は、クリーンでフェアで、年末年始らしい感じにしたのかもしれません。これはこれという感じですか。

○山本“KID”徳郁vsハニ・ヤヒーラ●
ある意味予想どおり、山本KIDが立ち技で制したというところ。ハニ・ヤヒーラのパンチが、意表をついたということでしょうが、以外にKIDにあたってました。ああして振り回すと当たるということは、ああいう総合的な立ち方というか、ああいう低い前傾同志ではあるということなのでしょう。せっかく、アブダビコンバットのチャンピオン連れてきて、彼の寝技が全く見られないというのは、残念な気もしました。ま、そこがプロレスとは違う所なんですけどね。

○ボブ・サップvsボビー・オロゴン●
予想どおり、ボブ・サップはボビーが怖くもなんともないので、ガンガン行けました。結局、ボブ・サップってつながっていくんですよね。「IWGPチャンピオン」って紹介はおもしろかった。

○魔裟斗vsチェ・ヨンス●
魔裟斗は「パンチで倒す」などと言いながら、ローキックなど多用してましたね。現役が他競技の元世界王者連れてきて、自分のルールでやってるのですからね。

○ニコラス・ペタスvsキム・ヨンヒョン●
外国人同士ですが、ま、親日家のペタスの人気が出るような番組構成でした。キムはチェホンマンより、ちっともすごくない(笑) 技のある小さい選手が木偶の棒みたいな選手を倒すと、ま、盛り上がりますね。

○武蔵vsベルナール・アッカ●
アッカって意外にやるじゃん、次も見たい……という作りなんでしょうか? 1Rは、武蔵にしたら見ていったと思うのです。そして、3Rで見せたように「打ち合えばいつでも勝てる」というのも、やる前からわかっていたと思いますしね。最初から本気でやったら大人げないと言われるとは思うのですけど。武蔵もおもしろくないでしょう。でも、こんな、役回りしかなくなったのでしょうか?

○田村潔司vs所英男●
はい。ま、こんなものなのでしょう。「所が勝つ」というシナリオはまだ書けません。え、まさか、ひょっとして? ってなことにもならない。ウェートや身体が大きいだけでは、ペダスvsキムみたいなこともあるからわからないわけだけれど、それ加えて競技経験も田村の方が上。「所が勝つ」というのは、イコール田村引退くらいでしかないわけで……、全然そんなことないし。

○ズールvsミノワマン●
ズールが勝ったんですね。ミノワマンがマラソン戦法(わたしがつけました)で。プロレスとは、自分がプロレスしたくても、相手にその気がなければダメっていうしてそういう見本なんでしょうか。ズールはまた見たい。ミノワマンは新日に来い。

○メルヴィン・マヌーフvs西島洋介●
洋介山の打撃が出せませんでしたね。もうちょっとやらしてもらいたいところです。ま、マヌーフのセンスの勝ちというか、反応力の勝ちというか、思ったより早かったけど、こんなものだろうとは……。

●宮田和幸vsヨアキム・ハンセン○
ハンセンうまい!下からの攻めが速い。

○立川隆史 vs 井上由久●
元プロ野球選手、しかも一軍の四番ってのは凄いんだって思いますね。井上さん、なんかとってもお気の毒……。今後、どうしていくのだろう。

■K-1甲子園U-18日本一決定トーナメント
・1回戦●久保賢司vs雄大○
・1回戦○HIROYAvs才賀紀左衛門●
・決勝戦●HIROYAvs雄大●
の3試合を放送。こういう若い選手のK-1ルールは、それなりにおもしろい。決勝戦はお互い大事に行ってしまった感じで、内容的には1回戦のHIROYAvs才賀、特に才賀がおもしろかった。たくさんはなくていいけど、こういう試合もあっていいかと思った。

○エメリヤーエンコ・ヒョードルvsチェ・ホンマン●
ホンマンはよくやった(笑)。ホンマンもっと練習して、キム・ヨンヒョンとともにコリアンパワーを見せて欲しいです。

○三崎和雄vs秋山成勲●
まず、秋山へのブーイング。あれはマジなブーイングですね。へそ曲がりなわたしは、今からでも会場に行って、秋山に声援を送りたくなりました。たしかに桜庭戦の時の秋山はしてならないことをしたと思いますし、あのときはわたしも桜庭に立って、ヌルヌル秋山を責めましたが、認めたし、謝罪したし、責任は果たしたかなと思いました。試合は、三崎の大逆転という感じでした。わたしは、もう一度、ゼロから秋山にはい上がって欲しいと思いました。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
スポンサーサイト



K-1PREMIUM2007Dynamite!!対戦カード

2007-12-30-Sun
あすは大晦日です。ここんところ毎年のように、大晦日には格闘技ということになっていて、おもしろいわけですが、ま、どういうものか、テレビは18:00から、23:30まで、ずっとK-1で、21:30~23:00がハッスルということで、かぶってます。こんだけの時間ずっと見るのか~と思うと、実際どうもなと思わないでもないですね。

また、ハッスルには、ミルコが来るらしいです。本物の~(笑)。高田が「ミルコがくる、ミルコがくるって、蓋を開けたらミルコ・シロコップなんてことはありませんから」みたいなことを言ってました。ま、しかし、ハッスルですからね~。ま、K-1見ます。

では、対戦カード書いておきましょう。ちょっと予習と。

メインは
■桜庭和志vs船木誠勝※HERO’Sルール(総合ルール)
K-1HERO’Sのページに計量のシーンが載っていて、桜庭は「巨人の星」で飛雄馬がつけていた大リーグボール養成ギブスのような、Dynamite!!養成ギブスをつけて現れたそうです。それみて船木誠勝がびっくりしたとか。一方の船木は船木で、7年ぶりの実戦のリングということで、どんな試合になるか楽しみです。谷川がなにか、入場でおもしろい演出を用意してくれているそうです。試合はどんなものになるか予想がつきませんね。

サブということでいいのでしょうけれど、
■山本“KID”徳郁 vs ハニ・ヤヒーラ※HERO’Sルール(総合ルール)
KIDの相手は寝技世界王者ハニ・ヤヒーラです。アブダビコンバット(→Wikipedia)のチャンピオンです。見たことのない選手ですが、捕まえに来たら、KIDはけっこう打撃でいけそうです。KIDが苦戦するとしたら、実力というよりも、センスというか、反射神経や対応力のある選手が相手の時だと思います。苦しんで、苦しんで、KIDが勝つという展開が見たいですね。
 → 11月29日スポーツナビ:「山本“KID”徳郁、寝技世界王者ハニ・ヤヒーラと大みそか激突=Dynamite!! 軽量級のパイオニアとして実力を見せつける

■ボブ・サップ vs ボビー・オロゴン※HERO’Sルール(総合ルール)
う~ん。ま、見てみてもいいでしょう。ボブ・サップもボビーなら怖くもなんともないので、ガンガン行けそう。ボビーはかわしてかわしていくかな。でも、圧倒的なパワーにボビーやられちゃうでしょう……。怪我しないといいけど。いくらなんでも、ボブ・サップが勝つと思います。

■魔裟斗 vs チェ・ヨンス※K-1ルール
チェ・ヨンスは韓国のボクシングの元世界王者だそうです。ま、ボクシングルールでなくて、K-1ルールでやるのですから、魔裟斗が勝って当たり前ですよね。こういう設定って、ファアじゃないですよね。

■ニコラス・ペタス vs キム・ヨンヒョン※K-1ルール

■武蔵 vs ベルナール・アッカ※K-1ルール
武蔵の相手はベルナール・アッカ。お笑い芸人です。いちおう総合らしい。仮にも、武蔵はK-1選手なんですから、総合の半アマチュアと、K-1ルールでやるのはどうかと思う。武蔵は負けられない。負けたら、武蔵がお笑い芸人ですよね。
 → アッカのブログ

■K-1甲子園U-18日本一決定トーナメント決勝戦
1回戦の久保賢司vs雄大HIROYAvs才賀紀左衛門の勝者が当たる。こういう若い選手のK-1ルールというのは、逆に見ていておもしろいのではと期待できる。全員日本人というのもいい。リザーブ決定戦村越凌vs藤本新

■田村潔司vs所英男※HERO’Sルール
ベテランと新鋭の対決という感じ。ともに総合系とはいえ、打撃で田村、もつれたら所という感じかな、一応。じっくり見たい。あと、ウェートが15キロも違うんだそうです。これでは……。ま、田村が勝って当然という対戦です。

■ズールvsミノワマン※HERO’Sルール
プロレスしてほしい。ま、意外にいい試合になる予感がします。勝敗よりも内容というか、接戦を期待します。

■メルヴィン・マヌーフvs西島洋介※HERO’Sルール
洋介山の打撃をマヌーフがいくつかもらいながらも、案外きれいに決めるという感じじゃないかと思う。マヌーフのセンスの勝ちというか、反応力の勝ちというか。

■宮田和幸vsヨアキム・ハンセン※HERO’Sルール
ハンセンは総合の選手で、五味をやぶったことがあるらしい……。宮田はちょっとキツいかも。がんばれ。

■立川隆史 vs 井上由久※K-1ルール

※ほぼ試合順の逆です。ただし、U-18の試合はトーナメントの第1回戦が、オープニングファイトの次に入ります。また、リザーブ決定戦はオープニングファイトの前に入ります。この辺はTVで放送してくれるかどうかはわかりませんけど。

こうしてみると、たくさんあるのですね、試合数は。しかし、どの試合も実際試合してる時間は短くて、なんというか、演出の時間というか、紹介の時間というか、回想シーンや、選手の歴史みたいのを含めて、版身としての時間が長くなってますね。ま、それも合わせて、楽しんだらいいんでしょうが。

ま、楽しみではあります。ヒョードルのもやるのですよね、テレビで。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

K-1WORLDGP2007(横浜大会)

2007-03-05-Mon
K-1はショーとして見せることを前提として、それもかなり前提として試合を運営しているのですね。

実際の会場でもたぶんこの順序で運営されたのだと思いますが、TVでは「K-1へビー級王座挑戦者決定戦」といううたい文句で「ルスラン・カラエフVSバダ・ハリ」「武蔵VS藤本祐介」が連続して放映されました。

今回はTBSでないフジ系だったのですが、テレビでは「カラエフとバダ・ハリとの因縁」が取り上げられていました。それは、前の対戦のときに(パンチを打たれて)腰をついたバダ・ハリにカラエフの蹴りが入ってのKOという展開だったことです。バダ・ハリはこれを卑怯だと言っていました。倒れている相手への攻撃は認められてないはずだと。確かにルールではそうなんですが、モーションに入っていたら止められないということもあって、実際かなりレフェリーやジャッジは臨機応変の判断が迫られるのでしょう。このときはカラエフの勝ちで、試合直後のバダ・ハリはやり場のない怒りから、いろんなところに八つ当たり、会場を壊している様子までテレビでは放映されました。自分の勝利を卑怯者のように言われておもしろくないのはカラエフも同じです。次やっても同じだと吐き捨てます。

その二人が対戦する! こういうのおもしろいです。やる気満々で闘争心をむき出しにする試合というのは、ま、ひじょうにわかりやすくおもしろい。そして、試合は始まりました。バダ・ハリは慎重のように感じました。逆に、挑発に乗って前面に出てるのはカラエフかなって。どんどん蹴りやパンチで前に出るのを、バダ・ハリは後ろへ避ける感じです。攻勢のカラエフ、守勢のバダ・ハリという感じもするのですが、はやるカラエフ、いなすバダ・ハリという感じでもします。そんな展開で2ラウンドまで来て、カラエフほ左の低い軌跡のフックがカラエフの顔面にヒット。ダウンとなります。そのままKOとならず、立ったバダ・ハリに一気に決めようと大振りに左を打ってくるカラエフを、内側から速い右ストレートカウンターが決まったという感じです。なんだろ、派手な試合も結局勝負は基本って感じですかね。番組のつくりとはうらはらに、バダ・ハリって結構冷静で、カッカ来てたのはカラエフだったのでは?って思います。また次も見たいですね。

ところが、続く藤本対武蔵。これは「ヒーロー武蔵のスパーリングパートナーだった藤本の武蔵超え」ってアングルです。そのとおりの試合でした。ペースというか、流れは武蔵だったんだろうと思います。藤本は勝ちたかったので、やけくそにというか、やみくもにいつものような大振りをしなかった。むしろローキックを打っていくという戦略的な展開です。それに対して武蔵はいつもの武蔵だったと思うんですね。「負けない武蔵」です。外国人との対戦では五分五分の内容だったら判定で勝たしてもらえるってくらいのことはK-1の日本人選手にはあると思うんです。それに甘えたらだめですけど、どうしてもそういう地元有利みおたいなところって、判定ではありますよね、特にプロでは、K-1に限らず。

ところが今回はそうじゃなかったのですね。藤本は日本人で、おまけに延長の前に「こんな消極的な試合では、初代ヘビー級チャンピオンにはふさわしくない。両者失格にします」なんて角田審判部長(?)が出て来て発破をかけたんです。これは要するに武蔵の守り勝つという戦法を否定して藤本の得意な殴り合いをしろってことなんです。今まで積んできたローキックの伏線が生きて、左ハイキックが見事に武蔵にヒットして、一発で沈めました。

これって、冒頭に書いた「K-1はショーとして見せることを前提として試合を運営している」ってのが、勝敗に影響した格好の例だと思います。それを批判しているのではありません。プロレスなんてモロにそれをやっていて、わたしはそういうプロレスが好きですから。しかしそれは「命がけでやる格闘技」とは、ひょっとしたら正反対のところにあるのかもしれません。
 →ヤフーニュース「武蔵KO負け、“日本人最強”藤本がバダ・ハリとヘビー級王座決定戦へ=K-1」

「学生相撲出身の野田貢がアビディに判定勝ち」「K-1で2戦めの澤屋敷がバンナに判定勝ち」ってのいう感じで、ニューヒーロー誕生なんて感じなんですけど、これも営業的には非常にいいですね。今後楽しみです。でも、アビディはなんだか太ってて身体重そうなところに、野田が相撲的な、身体全体で押してくるような、時には頭を当ててくるような(実際野田はバッティングで出血)展開だったし、バンナは蹴りは全く出ないし、左前腕には大きなテーピングだったし、澤屋敷はアウトボクシングで勝ったって感じ。二人とも金星も金星なんでしょうけど、ちょっとなにか、うまくいきすぎなのがアレ。すんません。
 → 「波乱の始まり…学生相撲出身のホープ野田貢がアビディを破る金星!」
 → 「バンナ撃破!ヘビー級に新ヒーロー」「3・4谷川EPがバンナを破った澤屋敷を絶賛!ホンマンはハワイで復帰戦濃厚」

最後のセフォーとシュルト。テレビ的にはファンタジェスタでカリスマ性のある、人気のセフォーと、強いけれども強いだけで、おもしろみがなく人気の薄いシュルトとの対戦という感じでした。なんか、シュルトに人気がなく、客が喜ばないのはプロとしてはダメみたいな感じさえある紹介でした。だからファンはセフォーを応援するという感じの。

ファンは好きなほうを応援したらいいのです。別にどっちを応援するかなんてことをテレビに教えてもらう必要はまったくない。そして、わたしはK-1は、そんな、ただでかくて強いだけの、地味なシュルトを大切にしてほしい。むしろそれを利用して、たぶんシュルトには気の毒だけど、一種のヒールになってほしいですね。誰がいっても勝てない、そういう絶対的な強さを持つ、憎まれ役。大相撲で言ったら、そういう無敵の大横綱みたいな存在になってほしいんです。

確かに、K-1トレカ(なんてのがあるかどうかは知らないけど)なんかは売れないかもしれない。ブーイングが多いかもしれない。しかし、人気があるものが強いんじゃなくて、強いものが強いんだ。強いものが勝つんだっていう、そういう象徴としてシュルトにはずっとチャンピオンであってほしいです。お客は正直ですし、子どもは正直ですから。本当に強ければ、根強い人気が出ます。実は、セフォーがダウンを奪ったときに、実はわたしもちょっと期待したのだけれど……。
 → 「シュルトがK-1スーパーヘビー級初代王者に、GPと合わせ2冠達成」

「人気か実力か」「ファン本位か選手本位か」、八百長疑惑報道のされている大相撲でもそうなんですけど、真剣勝負っていったって、お互い生身の人間だし、体調もあるし、人生もあるわけなんだから。理想と現実というか。

●シリル・アビディVS 野田貢○

○グーカン・サキVS天田ヒロミ●

○アレキサンダー・ピチュクノフVS堀啓●

○ザビット・サメドフVS中迫強●

●ジェロム・レ・バンナVS澤屋敷純一○

●チェ・ホンマンVSマイティー・モー○

◇へビー級王座挑戦者決定戦
●ルスラン・カラエフVSバダ・ハリ○

◇へビー級王座挑戦者決定戦
●武蔵 VS 藤本祐介○

◆スーパーヘビー級王座決定戦
○セーム・シュルトVSレイ・セフォー●


にほんブログ村 格闘技ブログへ
ブログランキング

ボクシング協会がK-1に門戸開放?

2007-02-13-Tue
う~む。どういうこと? というのは、この記事。

東日本ボクシング協会次期会長への就任が確実になった大橋秀行氏(41)=大橋ジム会長=が12日、K-1など他の格闘技に門戸を開放する私案を示した。「他の格闘技の選手たちがボクシングのリングに上がれるようにしたい」と話し、日本プロボクシング協会などの関係団体と意見を調整したうえで、JBC(日本ボクシングコミッション)に働きかける予定だ。
 iza:「人気低迷ボクシング界がK-1などに門戸開放へ」

記事を読むと、要するにボクシング界の現状を見ると、格闘技ブームの中でK-1とかPRIDEなどのあおりをうけ人気的には低迷しているので、「K-1などで戦う有名選手をボクサーとして戦わせる改革」をしようということなんですね。

うわぁ~。これは~(笑)。そこまですることはないのでは? 相撲で言ったら、ボブ・サップやシルバ、レバンナ、武蔵などを土俵にあげようってことなんですいよね~。ちょっと、疑います(笑)。

わたしは、大相撲界もボクシング界もK-1なんて相手にしてないと今まで信じてました(笑)。確かに、曙が負け続けて相撲を愛する人が「もうやめて」とか、逆に格闘技を愛する人たちが「あんな身体で格闘技を舐めとる。身体作ってこい」って意見を言ってるを聞いて、なんてまぁ純粋な人たちだろうと思っていました。けっきょく、プロレス1本にした曙は正解で、ま、そういう人生もあるのだと理解してやってよと思っていました。

しかし、ボクシング界がK-1などから選手を入れるって~、無理無理(笑)。勝てっこないと思います。K-1の選手がボクシングルールで、あの階級制でボクシングのリングにあがっても勝てっこないと思います。

たしか前に、ボクシング界は他の格闘技のリングにあがると資格を剥奪(永久追放)って方針だったと思います(関連記事→「永久追放」と「対戦禁止令」)。あ、でも、今回の記事によると、永久追放(ライセンスの失効)をしているのは、ボクシング協会はボクシング協会でも、西日本ボクシング協会なんですね。今回の大橋会長は東日本ボクシング協会で、ま、この点は必ずしも意見の一致をみていないようで、逆にこういう意見にもなったんでしょうか。

それにしてもJBCは、現在他のプロ格闘技などでプレーする選手に対してはライセンスを発給しないことになってるようで、ま、根本的に違ってきますね。大橋会長の私案としては、他の格闘技の現役選手でも協会のボクシングジムに所属することなどを条件にして、ライセンスを出そうということのようなんです。ま、ライセンスが欲しいという選手がいたとしても、どうなんでしょう、人気回復の起爆剤になるような選手が、果たしてボクシングのリングにあがろうと思うかどうか……。もちろん、鍛えてないような新人とやるのだったら別ですけど、相応のキャリアを積んだ選手同士だったら、K-1であれ、ボクシングであれ、相撲であれ、柔道であれ、外様は本職に勝てないのが当たり前でしょう。



にほんブログ村 格闘技ブログへ
HOME NEXT