David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2IDへのブログ統合問題(終息編)

2006-01-07-Sat
もう「FC2IDへのブログ統合問題」なんていうタイトルも、ひょっとしたらふさわしくなくなったかとも思うのですが、流れなんでこのままで。

昨年の12月23日に「FC2IDへのブログ統合に関しまして」という記事が、FC2インフォメーションに掲載されました。この文章の文責は誰なのか、書いてるご当人がどこまでこのことに関してわかっているのか、ちと疑問でさえあります。説明がおおざっぱで、なんというか、かつてこういう業界のマニュアルはぶ厚いだけで読む気にならないという批判が多かったのですが、それを連想する、トリセツのへたな文章の見本みたいな記事でした。IDの統合が何を意味し、どういうメリットがあるのか、移行が必須なのか、選択の余地があるのかというようなことについてもよくわからないものでした。

しかし、パソコン好きは、新しもの好きってな人も多く、また、マニュアルなんて丹念に読まなくてもなんとかなるし、やり直しもきくみたいな感覚もあって、この移行にいち早く乗ったユーザーも少なくありませんでした。ところが、意外にうまくいかなかった。「二重認証」「早いタイムアップ」「ブログペットとの相性」「ケータイから管理不能」などいろんな不都合な状況が発生しました。「もう引っ越す」と言い出すユーザーも出ました。事実引っ越したユーザーも知っています。そういう混乱ぶりは、「FC2IDへのブログ統合に関しまして」という記事のコメント欄によく出ています。わたしも「FC2IDへのブログ統合問題」(12/27付け)でまとめてあります。

そうした困惑したユーザーにとっては不幸なことに、FC2の運営サイドは年末年始の休暇に入ってしまいました。また、ユーザーも年末年始休暇でPCのない環境にいくからこそ、ケータイからのブログ管理が必要だったのですね。間の悪いことに、その時期にこういうことになってしまったのです。たかが趣味のブログ、されど趣味のブログなんです。ブログでしかつきあいのない、親しい友達にブログ場で新年のあいさつをしたかった人もいたのだろうなぁと想像します。

「FC2IDへのブログ統合問題(2)」にも書きましたが、今回のFC2IDへの統合について「現状では現ユーザーにあまりメリットどころかデメリットしかない」という、あるプログラマの考察の記事もトラバさらました。それを読んで強制移行でなければ、わたしは現状維持(移行せず)だなと方針を決めていました。

しかしながら、すでに移行したユーザーの混乱した状況は、必ずしも解決したわけではありませんでした。あるいは年末年始の休業中もいくらか善後策を施したであろう形跡は伺えないではありませんでした。「タイムアップ」や「ブログペットへの対応」などは少しずつ改善されてきたようです(わたしは移行してないのでコメント欄などからの推測です)。

そして、本日やっと「FC2ID移行後への携帯対応について」というお知らせ記事が掲載されました。今後のFC2の展開を考えてもどうしても必要だと思われる、ケータイからのブログの管理が従前同様可能になりました。あわせて、説明不足を感じたFC2IDへのブログ統合に関しての疑問も、FC2マニュアル「FC2IDについて」という記事で、前の記事より格段にわかりやすく解説されています。

ひとまず、今回の「FC2IDへのブログ統合問題」は終息というところです。「統合の見送り」も問題ないことがこのページをみればわかりました。

今後このようなときには、やはり導入と同時にこのページへ、あらかじめ想定される疑問をいくつか掲載されているのがいいのでしょう。まず機能の公開、その後の苦情の対応でなく、相当程度疑問を予想してもらいたいです。また、コメントなどによせられた疑問、苦情、要望についても、こちらの記事から「すぐに対応します」「その方向で検討します」「現在そのような予定はありません」「検討します」くらいでも構わないので、すみやかに答えが発表されるとすばらしいと思います。そうした対応面は今後の課題として、なお残るものだと思います。

ただ、こうした「FC2マニュアル」のページができたことはありがたく、いっそうわかりやすく充実したものになることを祈っています。できれば、関連用語にハイパーリンクをはりめぐらしたものになるといいと思いますが、それって重くなるし、編集がすごく手間なんですよね。重いってのもね。ま、今後期待です。

にほんブログ村 ブログブログへ
スポンサーサイト

FC2ID>「ブログペット」はクリア~<週別集計>

2006-01-02-Mon
12月の最後の週のアクティブユーザー数がブログファンで集計発表されてます。12月の最後の週といいましても、各週を月曜から日曜までとしている関係で、昨日の元旦が含まれていまあす。年末の総括や新年のあいさつだけでもアップしたいというユーザーもいたのでありましょう、11月後半から全体的にふるわなかった更新数も、一気に挽回という感じです。
acts051226a.gif

どんなトラブルがあったのかわかりませんが、エキサイトも回復をしたようでなによりです。
acts051226b.gif

FC2ですが、FC2IDへのブログの統合について、「ブログペットの投稿」についてはクリアしたというようなコメントが出ていました。「ケータイユーザへの配慮」についても、この年末年始には間に合わなかったようですが、対応を検討するむねコメントをいただいてますので、休み明け早々にもそちらの方向で善処されるようであります。その点はありがたいです。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ

FC2IDへのブログ統合問題(2)

2005-12-31-Sat
個人的には、もし統合に乗るとしても年明けだなと思っていたのですが、プログラマの視点から今回の「FC2IDへの統合」について詳しく書いてある記事を見つけたので、紹介しておきます。

名鏡恵さんのブログそれは仕様?「FC2BLOG と FC2ID の統合」です。

記事では、まず、『IDの統合』みたいなのは一見便利そうに見えるが、たいていユーザー側にはそれほど大きなメリットはなく、作り手側(プログラマ)にも難しいことでありながら、管理者はやりたがるものである。だから、自分はFC2IDへの移行はしていないと前置きした上で、今回知り合いから、FC2Blogのアカウントとってくれという依頼でとってみたということです。

結果、

こりゃダメですな。ブログだけを使っている人には何のメリットもない、普通に操作すると2重に認証を済ませないとブログの管理画面に入れない。これじゃあPCのこと全然知らない知り合いにわかりやすく説明することができねぇです。

と、最初の感想を書かれています。ここまでズバリ書かれると、もう言うことないなぁ。なんじゃ、そりゃぁ。

さて、ここからがプログラマの視点です。二重認証を避けるために「認証のごまかし(FC2IDで認証されているときはFC2Blogも認証されているとする)」をしようと考えると、JavaScriptが必須になのくるようで、携帯のユーザーはさらに面倒なことになってるのではないかと推測していらっしゃいます。

だから、統合過程にある現段階としては、

・FC2IDで認証されている場合はFC2BLOGでも認証されているとみなす。
  (しかしコレはJavaScript必須)
・FC2BLOGの認証は
  そのBLOGのIDがFC2IDにひもつけられている場合はFC2IDの認証に飛ばす。
  そうでない場合は従来のFC2BLOGの認証を行う。

ということをしていると分析されています。

また、ここで生じてくる問題点の一つとして「FC2BLOGで認証されたことにする」という過程で「FC2BLOGの管理ページで食わせるクッキーを使用してしまう」という問題をあげています。こんなふうに書いてあります。

また、FC2BLOGで認証されたことにする部分は、
FC2BLOGの管理ページで食わせるクッキーを使用してしまっているようです。このため複数のブログを1つのPCから管理している場合、普通に考える操作ではどちらか片方のブログの管理画面に 決して入れなくなってしまうようです。『FC2ブログ』じゃなくて『トンカチアイコン』をクリックすればいいんだけど、そんなの普通はわからんです。

実際にやってないわたしには、少しわかりにくい書き方なのですが、おそらく、次のようなことをおっしゃりたいのだと思います。

複数のブログを管理する1つのPCで管理するものが今回のFC2IDへの統合を行った場合に、それぞれに統合化をしなければならない。もちろん、FC2IDの認証を経てそちらから「トンカチアイコン」をつかってきちんとブログにいけば管理画面にたどりつくことができる。しかし、それぞれのブログの側から従来の操作で管理画面に入ろうとすると、クッキーを使用しているため決まった一つの認証画面にしか飛んでいかない。結果、入れるのは一つのFC2IDと統合しているブログだけで、他のFC2IDに統合したブログには入れないで困惑するとうい現象がおきる。

さらに、JavaScriptがない環境だと、

 1.FC2BLOGの認証を行おうとBLOGのIDとPWを入力する。
 2.FC2IDの認証画面に飛ばされる。
 3.FC2IDの認証のためのメールアドレスとPWを入力する。
 4.FC2ID管理パネルに遷移する。
 5.ブログの編集をするため『FC2ブログ』を押下する。
 6.(JavaScriptがないため)FC2BLOGでは認証されていない。
 7.1に戻る。


となってしまうというのです。うわ。泣ける。ここでも「トンカチアイコン」で……と思うのだけれど、認証だけに無理なんだろうなぁ。

年末年始、帰省や旅行などPCがなかったり、ネットがない環境から、ブログを更新したいと思っていらっしゃるケータイユーザも、この時期のこの統合は泣けますね。ほんと、気持ちが痛いほどわかります。

さて、名鏡恵さんは、ただ眺めるだけのわたしとちがって「なんとかして」とお願いするだけでなく、現実的な解決策を提案されています。さすが、プログラマ。応急措置としては、

1.FC2BLOGトップページから直接 FC2ID 認証をできるようにする。
 (フォームごと2つ用意するか、ちゃんとした説明を入れる、
  どっちのIDを入れてもいいというのではわけがわからない。)
2.FC2ID管理パネルからFC2ブログを押下したときは
  FC2BLOGトップページではなく、個々のブログの管理ページに遷移する。


プログラマの視点とユーザーの視点から歩み寄った、現実的な解決策だと思われます。ここまでの具体的な案があげられています。あるいはFC2なりに解決にむけて、別のなにかを考えているかも知れません。少なくとも、現状の「改悪」状態をうまく解決してほしいです。

また、PC管理のユーザーだけでなく、ケータイ管理のユーザーの多さにあらためて驚きましたし、今後の需要も当然あがってくると思いますので、ぜひ、そちらを含めた現実的な解決を、早くお願いしたいと思っています。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ

FC2ID>ケータイへの対応~<日別集計>

2005-12-28-Wed
寒い日が続きます。8月21日に、FC2ブログがヤフー!ブログを抜いたというお知らせがあってから、「アクティブユーザー数」のグラフ化を始めました。約3か月分のデータが蓄積されています。残念ながら、その前のデータはわたしはもっていないのですが、どうでしょう、この主要ブログとして登場する8社の中で、どれが一番伸びているか。8月の時点から考えると、データ送信のエラーが続いていたライブドアをのぞけば、FC2だといえますね。
act051227a.gif

あくまで「更新したユーザー数」ですので、ブログの記事の質の問題やユーザーの交流の問題などはこれだけでははかれません。ただ、むしろ悪口として言われることもあるのですが、FC2の数の多さはアダルト系とアフィリエイト系が多いからだと指摘されることがあります。一面あたっているでしょう。しかし、逆の理屈で言えば、そういう人たちも使いやすいと認めているというこは言えると思います。

あと、グラフを見て一言いいたいのは、gooブログです。9月に一度gooの波がきたのように思ったのですが、9月いっぱいで脱落。しかしながら、その後、堅実にユーザーが増えているという印象ですね。逆に、ヤフー離れが進んでいると言えなくもありません。
act051227b.gif


では、数字をブログファンから転載しておきましょう。

12月27日のアクティブユーザー数
1.livedoor Blog 67847 人
2.ヤプログ! 38336 人
3.楽天広場 37709 人
4.FC2ブログ 37653 人
5.Yahoo!ブログ 33795 人
6.goo ブログ 26509 人
7.はてなダイアリー 20138 人
ブログファンより

12月に入って多くのブログでアクティブユーザーが減っています。理由は今ひとつわからないのですが、「寒い」「クリスマス、年末年始をひかえ、みんな忙しい」「受験生がブログの時間を勉強時間にかえて」くらいが仮説として考えられます。

FC2では、昨日記事にしましたが、クリスマス直前に「FC2IDへのブログの統合」にともなって、さまざまな混乱が起きています。そのなかで、意外に多く強かったのが「ケータイからの管理ができない」という声でして、ケータイユーザーの存在を改めて意識しました。

「ケータイから作ってるんで、もう、引っ越すしかない」という声もあるし、「年末年始はPCもネット喫茶もないところにいくから、これは困る」という声もあります。ブログサービス側がケータイに対して考えて行かねばならないと同時に、わたしたちもケータイで見るということを前提にテンプレを考えねばならないのだということを、改めて実感しました。

FC2IDへの統合について、改めて、ユーザーから見える対応をしましょう。ケータイから更新するユーザーを大切にしましょう。それも一つの時代の波ですので、見逃さないように。

インターネット全般 - インターネット・プログラミング
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。