David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログがGoogleにペナルティ食らってるって話~fc2blog.net問題

2012-11-28-Wed
もう、とんとブログ書いてません。あれだけ毎日、日によっては2本、3本と記事を書いていたのが嘘のようです。
書きたいことがあるのですが、まとまった時間がとれにくくなっているのかもしれません。ま、身体はそのほうが健康ですけれど、なんだろ、心はどうなのかなと思わなくもありませんけれど。

さて、個人的なことは置いといて、twitterから見つけて来た話題なんですけれど、これ。


「Google神の怒りを買った?」と書いてあるので、またかと思わぬこともなかったのですが、ま、このツイートのリンク先のNAVERまとめで、ま、わたしが記事に書くのが今更めいて、ほぼ全貌が明らかになっています。


つまり、「現在のところ、FC2ブログを更新しても、Google検索に載せてもらえない」ということが起きているようなのです。まとめのページによると、「11月18日の午後あたりから、記事を更新してもGoogle検索には無視されている」ということのようです。

で、これは、今年の8月あたりから、問題になっていたということのようですね。

この「はるか彼方の星の光」というブログ主は、fc2blog.netという中国向け重複コンテンツ作成を作成したことが、Googleが問題にしたと分析していらっしゃいます(参考:重複するコンテンツ - ウェブマスター ツール ヘルプ)。

これを忌避して、このブログ主はブログを移転して、その後も、元のFC2ブログのアクセス状況をチェックしていたようですが、なかなか回復しないと書いていらっしゃいます。

ま、冒頭に書きましたが、私は最近ほとんど書いてないので、どうってことないし、このできごとにも気づかずにいたのですが、先日ブログの有料化をしたのと平行して、このような問題が起きていたとしたら……、FC2ブログって相変わらずタコで、ユーザー泣かせなんだなと思わないでいられません。

いいところ、たくさんあると思うのですけれどね~。

スポンサーサイト

「ゲーム中毒」の9割は中毒ではない。でもネットは?~日別集計

2008-12-04-Thu
WIRED VISIONが「「ゲーム中毒」の9割は中毒ではない:専門クリニックが発表」(12/3付け)という記事を書いています。

ビデオゲーム「中毒」になった人の社会復帰治療とカウンセリングを行なうクリニックによると、ゲームに対する強迫観念は、心理的な中毒(依存症)とはあまり関係がなく、むしろ社会的圧力との関係が非常に大きいという。

この意見を発表したのは、オランダのクリニックで、記事によると

施設に来ている強迫的なゲーマーたちは、「昔ながらのコミュニケーション」を必要としているだけで、心理的な病気の治療は必ずしも必要ないという結論に達した

のだそうです。

つまり、ゲームにとらわれている状態は、「昔ながらのコミュニケーション」ができなくなっている状態で、その点を改善すれば病気(依存症)とではないということ見解のようです。そして、問題はそういう状態に若者を追いやっている背景つまり現実の社会的圧力ということのようです。クリニック院長(Keith Bakker氏)の説明では

「このようなゲームの問題は、われわれが現在暮らしている社会が生み出した結果だ。……われわれが治療している若者の80%は学校でいじめに遭っており、自分は孤立していると感じている」

というのです。

治療として、

クリニックの患者の10%に対しては――この10%には薬物やアルコールの依存症状も見られる――依存症患者向けのカウンセリングが効果的だが、残りの90%にはコミュニケーション療法や集団療法が役に立ち、自分と同じように考えている若者と親密な関係を築くことが疎外感や怒りの克服につながる

という説明されています。

こう説明されて、納得するゲーム好き、ネット好きも結構いらっしゃると思います。わたしも納得できます。ただ、少し気になることあります。それは、この医師は「ネット中毒」にも同じ判断を下すだろうか? ということです。もちろん、それは「ネットゲーム中毒」でも当然含まれるという意味でもあります。

先日中国で「ネット中毒」を病気としてWTOに届け出るという動きがあり、うちのブログでも記事にしたばかりです。
 → 「中国「ネット中毒」を病気としてWHOに登録へ?~週別集計」(08/11/17)

「ネット中毒」や「ゲーム中毒」が病気(精神疾患)なのではないかということは、欧米でも中国でも同様に問題で、うちのブログでネットニュースなどで記事を読むととりあげてきています。
 →「ネット中毒は精神障害~週別集計」(07/06/18)
 →「ゲーム中毒は精神障害ではない/日別集計」(07/06/26)
なんてのがあります。

わたしは、今まで深くも考えずに「ネット中毒」も「ゲーム中毒」を同一に論じていいと思ってきました。また、むしろネットの向こうに人がいるだけ、ネット好きの方がゲーム好きよりましだとさえ考えてきました。

そもそもこの両者を同一に論じていいかどうかは議論が必要でしょうが、比較的近いものだろうと今まで思ってきました。しかしながら、上記の4つの記事をタイトルを並べると、どうやら、ゲームよりもネットの方が危険であるということも言えそうです。

では、「ネット中毒」と「ゲーム中毒」の違い、「ネット」と「ゲーム」の違いはなんなのでしょう。ゲームとは違うネットの危険性とは……。わたしは2点指摘したいと思います。

一つは、「ネットの向こうに人がいること」です。つまり、「昔ながらのコミュニケーション」をゲームは断ち切っているのに比べて、ネットではその代償を与えているわけですね。ネット内のコミュニケーション。生のコミュニケーションもネット内も両方うまくできている人は構わない(深刻な事態に及ばない)のでしょうけれど、人とのコミュニケーションがネットの中だけ、それもネットゲームの中だけ……なんてことになってことになってくると、これは相当にマズいケースということになるかもしれませんね。病気かどうかでなくて、まず社会的にまずいでしょう。

もう一つは、「エンドレス」なことです。多くのゲームはエンディングがあります。そこに達成感、もしくは挫折感があり、なんらかの形で区切りがつきます。しかし、ネットのゲーム、中でもMMORPGはそれがありません。ほとんどエンドレス。自分から断ち切る意志がもてなければ、なかなか抜け出すことができなくなります。その意志が持てず、ネットに囚われてしまうこと。まさに「強迫的」です。そこに何か病的なところ(依存症)があるものとも思われます。

わたしは医師ではありませんので断定はできませんけれど、この2点に大きなポイントがあるように思うのです。

ネット中毒の自覚がある人……。特にMMORPG中心の人、気をつけましょう。

いつものグラフは後ほど追記。

にほんブログ村 ブログブログへ

FC2ブログのテンプレート改ざん事件~IFRAMEタグとJavaScript

2008-03-31-Mon
これは伝聞で、ブログ記事などネット上で報告されていることを断片的につないだに過ぎませんし、また、わたし自身もけっしてこういうことに詳しいわけではないのですが、ま、少しでも、特に詳しいわけでもないフツーのユーザーに理解してもらおうと、この記事を書くことにしました。したがって、細かな経緯や、専門的な観点からすると、実はちょっと間違っているということがあるかもしれません。それはそれで、コメントなどでご指摘いただければありがたいと思います。

まず、一言で言うと、FC2ブログで、ブログ管理人知らないうちに、テンプレートが勝手に書き換えられ(改ざん)、勝手に外部サイトを読み込むようになっているという現象が発生しました。これは、すでに、昨年末から最近まで、いくつかのゲーム関連のブログ(FC2ブログ)で発生しているようです。

そして、悪いことに(そもそもこれが目的なんでしょうが)、その外部サイトから、RealPlayerの脆弱性を利用したウィルスに感染し、オンラインゲーム(Lineage2)のパスワードを盗み出すようです。すでに被害のあったブログもいくつかあり、そして、その体験から、今までのような事実確認や、その対策が記事になっています。わたしが参考にしたのは、この二つのブログです。
 → [FF11]-まったり行こうよ!:「管理人の皆さん、ぜひ確認を!」(08/03/03)
    URL:http://winglea.blog.shinobi.jp/Entry/1054/
 → FF11 ペット狩り黒猫奮闘記
   :「ウイルス検出について【報告】」(08/03/01)
    URL:http://petsoro.blog91.fc2.com/blog-entry-171.html
   :「ウイルス検出について【情報追記】」(08/03/05)
    URL:http://petsoro.blog91.fc2.com/blog-entry-173.html
   :「ウイルス検出について【罠再び!】」(08/03/05)
    URL:http://petsoro.blog91.fc2.com/blog-entry-176.html

わたしが解説を書くより、これらの記事を読む方が、体験談でもあり、対策なども詳しいわけなのですが、ま、早い話が、テンプレートのHTML中に「<iframe>」(インフレームタグ)や「<Script>」(スクリプトタグ)が書いてあって、そこが、罠URLの内容を読み込むように設定してあるというわけです。

たとえば、
 <iframe src=”罠URL”></iframe>
だとか、
 <script src=”罠URL”></script>
という具合です。

で、この罠URLには、ウイルスが仕込んであるというわけですね。

ブログ管理人のとる対策は次のようです。

■ 管理人の方は今すぐチェックを! 03/22 20:15加筆
テンプレートをダウンロードしてそのまま使っている(もしくは手を加えて使っている)方は当然のこと、テンプレートは自作!という方も、ご自身のブログからそういった被害者を出さない為にすぐに以下のことを確認してみてください。

まずは今使っているテンプレートの編集画面を開き、そのソース(HTML)に
 iframe

 script
が含まれていないかを確認してください。

目視では見落とすこともありますので、「Ctrl+F」をして検索キーワードに
 iframe
でチェック。
それに加えてscript もチェックしてみてください。

それぞれのキーワードの後に続く文字列が意味の分からないものだったり、
自分の設置した覚えがないものがある場合はかなり危険です。

  → [FF11]-まったり行こうよ!:「管理人の皆さん、ぜひ確認を!」(08/03/03)より

※この危険な「<iframe src=”罠URL”></iframe>」や「<script src=”罠URL”></script>」は、これらのタグを削除するもしくはテンプレートを他のものに変更する必要があります。

これが、現在改ざんテンプレートの見つけ方ととりあえず応急処置のようです。

一方ユーザーの側(ブログの読者側)ですが、iframeタグやScriptを働かせないという方法で安全性を高めることもできるようですが、そもそもこんな意見もあります。

ここのところFC2で見つかっているマルウエアは、
1.ウィンドウズの脆弱性
2.IE6の脆弱性
3.リアルプレイヤーの脆弱性
を突いてくるらしいですが、いずれも最新のものにアップデートされていれば問題はないらしいです(自分で確認していないので伝聞)。
  → FC2ブログユーザーフォーラム:「原因究明・セキュリティ強化を」のschutzさんのコメント  


このあたりはFC2ブログのユーザーに限らず、ま、ネットを頻繁に利用するなら必須条件と思いますので、ぜひ、心がけておきたいところです。

にほんブログ村 ブログブログへ

少し遅れて3度目の正直。FC2ブログリニューアル~月別集計

2008-03-01-Sat
「2月26日に新管理画面に完全移行、旧管理画面は以後使用不可」と告知があったのは2月14日でした。
 → 「3度目の正直となるか、新管理画面への統合~日別集計)」(2/15)

ところが、2月26日になってもなかなか移行しない。よもや、3度目も幻か~と思われていましたが、わたしのブログも昨日(2/29)の夜の段階で「旧管理画面」が消えていました。
 → 「まだ旧管理画面に入れます。」(2/27)

参考までに、
▼新旧画面併行運用期の管理画面の上部メニュー

kyuu.gif



▼「旧管理画面」へのリンクの消滅した昨日の上部メニュー

sinkanri.jpg



この3日遅れた件について、FC2ブログの運営のいい加減さを揶揄するむきもあるかもしれませんが、この背景には一部OS(特にMacOS9)への配慮(可能な限り対応後に移行)という事情がありました。そもそも、過去2回のリニューアルが中途半端な形(新旧併行運用)でしかなされなかったのも、「新管理画面のエラーが多い」という事情もたしかにあったのですが、ベータ・テスト期に「どうせリニューアルするなら、今までの希望を可能な限り反映させてほしい」という、経験豊かなユーザーの声に耳を傾けたということもあったのです。メニュー画面の構成の合理化(同じジャンルのものは同じページに)を図った結果、従来管理画面との差が広がりすぎて、逆に「旧管理画面への慣れ」という視点からのハードルが高くなってしまうという配慮まで出て、いったん完成した新管理画面を封印し、わざわざ従来管理画面へ近づけるとうような遠回りをしたこともありました。逆にそうして抵抗感を低めようとしたところが、「新管理画面のどこが変わったの?」なんていう言われ方をすることにもなっていったのです。抵抗感を減らすように配慮したことをこんなふうに言われるのは、実に皮肉なことでもあります。

携帯電話の最近の豊富な機能。「自分は通話ができれば無駄な機能はいらない」「通話とメールができればカメラはいらない」「写メは送りたいが、ネットまでは」「ネットまではしたいが、ワンセグはいらない……」(笑) まさに十人十色、FC2ブログの登録者は220万人(重複・休眠・退会等含)ですから、まさにさまざまなんです。要望もさまざま、OSもさまざま、ブラウザもさまざま、そして、アクセス法もさまざまなんです。それで思い出すのは、たとえば先日の「香港のあるケーブルから英語OSでつないでるユーザは全くダメ」なんてケースです。
 → FC2ブログユーザフォーラム:「香港からI-Cableで英語版OSでつないでいます。たくさんの問題があります(BLOG76)

この解決の過程はネットを利用する者にとっては感動的ですらありますよね。もちろん、すべてがこんなふうにいくわけもないのですが、リニューアルって言うのはこういうユーザーにも対応しながら進めていくわけなんですね。もちろん、おそらくこの後もいくつか問題が出てくるということにもなるでしょう。だからといって、せっかくの機能向上、スピードアップを目的にした新ブログシステムをいつまでもその力を発揮させないでおくのは、開発者やユーザーを含めてシステム全体にもったいないことであり、ナンセンスだと思うのです。ぜひとも、今後も、今まで同様、ユーザーの声に耳を傾けながら、柔軟な運営をお願いしたいと思います。

改めて、リニューアルおめでとう。そしてお疲れさま、FC2ブログ。Kenさんもお疲れさま~。

では、2月も終わりましたので、月別集計です。12月、1月と比べると2日も少ない2月(いつもなら3日ですが今年はうるう年でした~)。先の2月より増えたブログを拾ってみますと、「大幅増のアメーバにたいして、まあ普通の増加がFC2ブログ、JUGEM、ココログの3社」です。

・この4社は今年も躍進すると占っておきましょうか。

actg0802.gif
※集計はブログファン(http://www.blogfan.org/)です。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
HOME NEXT

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。