FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

草なぎ剛メンバーが公然わいせつ罪で逮捕された件~「公然わいせつ」

2009-04-24-Fri
昨日、カーラジオで国会中継を聞いていたら、SMAPの草なぎ剛容疑者(なぎは弓へんに剪)が公然わいせつで逮捕されたという速報が入りました。稲垣吾郎メンバーの時は「メンバー」で今回は「容疑者」か……と思いましたが、NHKと民放では違うのかしらんと思いました。

あるいは、「稲垣メンバー」という言い方の耳障りなところから、稲垣吾郎が活動を再会し事件を忘れた今となっても、この言葉が残っていて、当時は配慮したつもりがかえってネタにされ続けるような展開になったことを反省したのかもしれません。もちろん、その後の家宅捜索などでナニか発見されたら、草なぎ容疑者(なぎは弓へんに剪)は永遠にメンバーには戻れないかもしれなかったのですが、そういうことはなかったようです(→iza:「草なぎ自宅を家宅捜索 薬物反応はなし 警視庁」。

さて、事件というのは、わりと簡単で、「東京都港区赤坂の檜町公園で、23日午前3時頃、若い男が泥酔状態で全裸で騒いでいたため、公然わいせつの現行犯で逮捕された」ということです。花見のシーズンは終わったとは言え、まだまだ年度初めの新人歓迎会のシーズンであり、大学生だったりすれば「大ばかもの!」と言ってすまされる程度のことだったかもと考えるわたしは、世の中を甘く見てるというか、時代錯誤なんでしょうか? でも、わたしが感じるのは、その程度の事件なんです。

ただ、大きな問題は大学生ではなくて、34歳という立派な社会人、それもSMAPのメンバーだったってことなんでしょう。テレビ番組にもCMにも引っ張りだこの人気アイドルで、さわやかでいい人のイメージ路線で売っていた男です。鳩山大臣もお怒りですし(→iza:「鳩山総務相、地デジキャラ逮捕に「最低の人間だ」」)、番組やCMなども大変なことになっています(→iza:「草なぎCM、損害賠償50億円請求も!?」。
 ※鳩山大臣が発言を撤回というか修正しました。→「鳩山総務相が「最低の人間」発言を撤回

で、ふと思ったのは、午前3時の公園で全裸になるのは「公然わいせつ」に当たるのかということです。たまに、小説とかドラマや映画でもあるじゃないですか、人気(ひとけ)のない夜の海で、数名がフリチンで泳ぐというようなシチュエーション。これを、都会の深夜の公園でしたら、やっぱりマズいんでしょうか……。

同じようなことを考えられた方いました。

草なぎ剛に興味はないのだが。

事件は、近隣住民の通報で、ライトの消えた公園の芝生に、真っ裸であぐらをかいていた「草なぎ剛」を発見した警察官が、彼を「公然わいせつ罪で現行犯逮捕した」。

 しかるに報道では、「公然わいせつ容疑で逮捕」とはどういう事でしょうか。
 → マサおじさんのブログ:「気になる言葉 その6.『草なぎ剛(34)が公然わいせつ容疑罪で現行犯逮捕された事件』

で、「公然わいせつ」は一般にはこんなふうに考えられているようです。

公然わいせつ罪/社会
 不特定多数の人が認識できる状態の場所などで、わいせつな行為をした罪。刑法174条に規定され、罰則は6カ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留、科料。わいせつとは「普通の人の性的羞恥(しゅうち)心を害し、善良な道義観念に反する程度に興奮、刺激させる行為や物」(最高裁判例)とされる。
 → 静岡新聞オンライン:「ニュースの言葉:公然わいせつ/社会

昼間の公園で全裸になることは、まず、間違いなく該当すると言ってよいでしょう。深夜はどうかということです。でも、深夜の公園でわいせつな行為愛の営みをしているカップルっていなくはないと思いますし、ま、行為があまりに過激であればこの法律の対象になるのでしょうけれど。でも、問題は人がいるかいないかではないのでしょうか。

赤坂の檜町公園(ひのきまちこうえん)は六本木駅の間近で、こんなところです。「開園時間 24時間」とあります。24時間、ゆったりと落ち着いた気分で使える公園を目指したのでありましょう。
 → HILLS CLUB:「檜町公園

しかし、今回の事件を報じる中にこんな記事がありました。

 現場の檜町公園は、観光名所の東京ミッドタウンや六本木の繁華街の近く。なだらかな坂に芝生が広がり、場所柄、散策する芸能人の姿を見かけることも。深夜時間帯は入り口に鎖をかけて利用の自粛を呼び掛けているという。

 23日午前、犬の散歩中だった会社役員の女性(34)は「このあたりは夜は静か。ただ、公園のすぐそばに住む人からは、『深夜に若い人が酒を飲んで騒いで迷惑だ』と聞いたことがある」と話していた。
 → スポニチ:「草なぎ容疑者、利用禁止時間に侵入?

「利用禁止時間に進入」というのは、二重に悪いじゃん!ってことになるのかもしれませんが、逆に「公然わいせつ」の「公然」の部分が薄れてきませんか? 他に利用者いない時間帯なのです。

でも、そうじゃなかったんです。実際は「公然わいせつ」の容疑で逮捕されています。

そもそもは、24時間開園の憩いのスペースの公園のはずが、深夜の利用にあたっては「若い人が騒ぐ」というようなことがあったのでしょうね。公園の周囲の静寂を守るために深夜の利用が制限されたという背景があったのです。今回も、そもそも通報があったのは、全裸よりも、深夜(未明)に騒ぐという行為だったはずです。

赤坂署の調べによると、23日午前2時55分ごろ、港区赤坂の檜町公園で、酔っぱらいが騒いでいると、近所の男性から110番通報があった。

 署員が駆けつけたところ、草なぎ容疑者が1人で全裸になって、意味不明な言葉を叫んでいたという。このため、署員が現行犯逮捕したという。
 → iza:「SMAP草なぎ容疑者、意味不明な言葉も…1人で全裸


午前3時。報道は未明としていますが、むしろ真夜中でしょう。全裸に公園にいられることより、騒がれたことの方が迷惑だったのです。それで通報があったんですね。

ただ、誰かに見せようとしてやってわけじゃないし、露出者を含めて痴漢という被害の訴えがあったわけでもないようですし、夜中の公園で、利用制限の時間帯ということを考えると、「公然わいせつ」ってことになるの? って思えてきます。

騒ぎが相当大きくなっていて、幾人もの人だかりができるような状態で、その中で全裸でいたというのなら、「公然」に当たらなくもないと思いますが、「草なぎ容疑者が1人で全裸になって、意味不明な言葉を叫んでいた」というのであれば、誰も見ている人はいないってことでしょう。

それとも、「ズボンを履け」「裸で何が悪い」というやり取りがいけなかったのでしょうか? それでも「公然」と言う点には疑問を持ちます。

34才の「トップアイドル」がした事件にしては、情けなく、恥ずかしい事件ではあります。社会人がするには迷惑な行為です。それは否定しません。しかし、なんでしょう、結果「わいせつ」と言っても、女性を襲ったわけでもないし、露出者のように誰かに見せて反応を楽しんだりしてるわけでもないんです。つまり、「わいせつ」の被害者はいない状態なのですね。酒があわなかったのか、暑かったのか、自宅と間違えちゃったのか、たまたま全裸になって、酔っ払って騒いでいただけという感じです。

ちょっと、「公然わいせつ」がどういう扱いになっていくか、結果を見てみたいと思います。

お笑い芸人であれば、しばらく自粛か謹慎して、ネタにしてということも考えられますが、さわやかいい人路線にはちょっと痛手なのは免れないでしょうけれど、それでも、なんか、さすがSMAPという感じはしますね。同じ「公然わいせつ」でも、いやらしさが全く違う。「わいせつ」「全裸」という言葉とはちょっと違う、「単なる行き過ぎた酔っ払い」という感じで、「変態」って感じがしないですよね。

真相を知らなくてここで引き合いに出すのは申し訳ないけど、「東海道新幹線の車内で全裸」ではイタ過ぎでしょう。
 → ITmediaNews:「公然わいせつで逮捕のファーストサーバ社長が辞任



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



アルカイダの友人の友人は「死に神」~目くそ鼻くそを笑う

2008-06-21-Sat
朝日新聞の夕刊のコラム欄「素粒子」に鳩山法相が「死に神」と書かれてご立腹だそうです。ほぅ、そう~。

うちは読売ですんでどんなふうに書かれたのかしらないのですが、こちら

 素粒子(6月18日付朝日新聞夕刊一面)

 永世名人 羽生新名人。勝利目前、極限までの緊張と集中力からか、駒を持つ手が震え出す凄み。またの名、将棋の神様。

 永世死刑執行人 鳩山法相。「自信と責任」に胸を張り、2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神。

 永世官製談合人 品川局長。官僚の、税金による、天下りのためのを繰り返して出世栄達。またの名、国民軽侮の疫病神。

と書かれたようだとあり、その情報はこちらとも、こちらとも一致するようなので、一応これが本文だろうということにここではしておきます(こういうのは「孫引き」と言ってほんとうはよくないので、もし、違っていたらぜひご指摘下さい)。

で、これを読んで、友人の友人がアルカイダの鳩山法相が怒ったわけです。

「死に神」表現に猛抗議 死刑執行で鳩山法相(東京新聞6/20)

 「苦しんだ揚げ句に死刑を執行した。彼らは『死に神』に連れて行かれたのか」。鳩山邦夫法相は20日の閣議後会見で、13人の死刑執行を命令したことを朝日新聞が「死に神」と表現したことに対し「軽率な文章には心から抗議したい」と怒りをあらわにした。

 朝日新聞18日付夕刊の「素粒子」欄は、鳩山法相について「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと記載した。

 これに対して鳩山法相は「極刑を実施するんだから、心境は穏やかでないが、どんなにつらくても社会正義のためにやむを得ないと思ってきた」と語り、「(死刑囚にも)人権も人格もある。司法の慎重な判断、法律の規定があり、苦しんだ揚げ句に執行した。彼らは死に神に連れて行かれたのか」とマイクが置かれた台をたたいて声を荒らげた。

 さらに「私に対する侮辱は一向に構わないが、執行された人への侮辱でもあると思う。軽率な文章が世の中を悪くしていると思う」と語った。


同じことを朝日はこんなふうに伝えています。

法相、朝日新聞夕刊コラムを批判 「死に神」表現で(朝日新聞6/20)

 鳩山法相は20日の閣議後の記者会見で、朝日新聞の18日夕刊1面の時事寸評コラム「素粒子」で死刑執行に絡んで「死に神」と表現されたことについて「大変な問題だ。そういう軽率な文章を平気で載せるということ自体が、世の中を悪くしている」と批判、「司法の慎重な判断、法律の規定により、私も苦しんだ揚げ句に執行した」などと述べた。

 「素粒子」では「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと表現した。

 法相の発言について、朝日新聞社広報部は「『素粒子』は、世の中の様々な出来事を題材に、短い文章で辛口の批評をするコラムです。鳩山氏や関係者を中傷する意図は全くありません」としている。

う~む。まず思うのは、「軽率な文章で世の中を悪くしている」というのは、いくぶんあたっていると思います。特に大変な努力をして永世名人となった羽生名人に対してはそもそも失礼だと思います。ま、しかし、たしかに中傷されてるわけではないので、これも表現の自由というやつなのでしょう。

また、永世談合名人も、これは悪事、国民の血税を使って私腹を肥やしていたわけで、ま、「疫病神」と言われてもいたしかたないところもあると思います。さて、鳩山法相。確かに、アルカイダの友人の友人であり、ベルトコンベア式死刑執行論ともいうべき主張をした法相であります。そういう軽率な表現で、いろいろと物議を醸してきた法相ではありますが、少なくとも死刑執行は、法相の権限であり、職務であるとわたしは思います。給料だけもらって、その責務を怠っていた杉浦元法相よりもわたしは評価したいと思っています。法律にある以上は、法務大臣といえども、いや法務大臣だからこそ、信念と違おうがその責を果たさなければならないと思います(嫌なら法務大臣になるべきでないと思います)。だからといって、「ベルトコンベア式に執行する」だとか、「乱数表で決める」だとか言っていいということでは全くないわけです。よくも、そんなことを言っておきながら、「死に神」と言われて、「私に対する侮辱は一向に構わないが、執行された人への侮辱でもあると思う」なんてことが言えるもんだと思います。

そうでしょう。過去に、ベルトコンベアのように機械的に執行するとか、乱数表のように適当に決めるとかいうようなことを言っておいて、自分が「死に神」と呼ばれると、「極刑を実施するんだから、心境は穏やかでないが、どんなにつらくても社会正義のためにやむを得ないと思ってきた」とか、「司法の慎重な判断、法律の規定があり、苦しんだ揚げ句に執行した」などと、よくもまぁ言えたもんだと思います。

ああ、それにしても、鳩山法相が死に神だなんて、むふふ、いけない想像力が働いてしまいますわ。
水木しげるの死神ってこんなんですが、あはは、似てるかも~。となると、自ら貧乏くじって言ってた福田首相は貧乏神ですよね。

舛添厚労相はズバリ!ネズミ男、でもって、伊吹文科相は妖怪中の妖怪ぬらりひょんですね~。

石破防衛相は、ほら、これ(「呼子」って言うらしい)とか、あ、こっちか……。

なんだが、現役大臣に似ている妖怪を次々と探していかせるなんて、朝日も罪な記事を書いたものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

「友人の友人がアルカイダ」~鳩山法相失言

2007-10-31-Wed
10月29日午後、自民党の鳩山邦夫法務相が東京・有楽町の日本外国特派員協会でスピーチを行ったそうです。その席で、どうも「友人の友人がアルカイダで、事前にバリ島の中心部を爆破するから近づくなと言われていた」というような趣旨のスピーチを行ったらしいのですね。

オーマイニュースに、そのスピーチの動画が掲載されています。
 → オーマイニュース:「私の友人の友人がアルカイダ

全体が30分余りのスピーチなんですけれど、26分50秒くらいから再現すると、こんなことを言っています。

私の友人の友人がアルカイダなんですね。私は会ったことはないんですけども、……(中略)……彼はあのバリ島の中心部の爆破事件に絡んでおりましたけれども、私は彼の友人の友人ですけども、バリ島の中心部は爆破するから近づかないようにというアドバイスは受けておりました。私は。


確かにこうおっしゃってます。誤解とかミスリーディングとか、舌足らずとかじゃなくて、何度聞いてもこうおっしゃっています。

9・11の例の同時多発テロ(2001年)以来、テロとの戦いを展開してきたようなことをおっしゃっているんですが、どうして、バリ島爆破事件の関係者と友人の友人で、その発生以前に「近寄るな」ってアドバイスを受けていたなんて、どう考えても「テロとの戦い」をしていませんよね~。法相ご自身はお忘れなのかも知れませんけれど、日本人だって9・11で命を落としているし、「近寄るな」とアドバイスされたというバリ島でも邦人の被害者も出てるのですよ。知っていたならなんで言わないって話ですよね。まして外国人記者クラブで話していったいどうするの……って感じですね。こんな意識で「国際テロと戦うために外国人の写真と指紋を取らせてもらうことになった」なんて言っちゃダメでしょう~国際感覚ゼロ。一国平和主義なんてものでさえありません。自分さえ危険に近づかなきゃそれでいいって感じです。あんまり書きたくないが、国益に反するどころか国辱ものです。

このことを福田首相に軽率だと注意されて、

「事実を言ってはいけないことだろうか。国際的な信用にかかわるとは思わない」  →iza:「「友人の友人はアルカーイダ」発言 福田首相が鳩山法相を注意


とおっしゃったようなんですね。はぁ? 国際的な信用どころか、国内的な信用にも関わりますって。邦人だって巻き添えで亡くなってるんですよ~。万が一、友人の友人にアルカイダがいて、事前に自分だけ「近づくな」とアドバイスをされていたのに黙っていたなんて、事実だろうが事実でなかろうが、信用にかかわりますね。今言うことが問題じゃなくて、知っていたのに黙っていたことが問題なんですよ。それを、言っていけないのか?なんて開き直るのは、もう泣きそうです。そりゃ、事実なんだから隠しておくより白日のもとに晒すほうがマシというのでしたらわからなくもないですが、その場合には、言い方があるでしょう。悔恨なり謝罪なりを込めて語るものです。法務大臣ってことを考え合わせると亀田の親父以下ですね。

もっとも、この話、後で訂正が入ったようなんです。

法相は記者会見に先立ちコメントを発表。自らの発言について「趣味の“チョウ”の同好の士には海外も含め大勢の仲間がおり、『中にはテロ組織の構成員と思われる者がいて、日本にも入ってきたことがあることや、バリ島事件にも関与していた』との話を聞いたことがある。これを友人の話として発言した」と釈明。「私自身、組織の者と思われる者と友人でもなければ、面識を有するものでもない」とした。
  → ニッカンスポーツ:「鳩山法相「アルカイダ」発言を訂正

あー。これがなにか釈明というか、何かの免罪になるわけでしょうか? 邦人も命を落としたバリ島爆破事件に関与する人物の所在の手がかりを知っていたということなんですよね。事前に、計画段階で情報を知っていて黙っていたとすれば問題なんですが、実際に爆破事件が発生後に、バリ島事件に関わっているとされる人物が身近にいる可能性がありながら、よく調べるようにしかるべき局に通報しなかったのは、それはそれで、国会議員として自覚が足りないし、卑しくも「テロとの戦い」などと引き合いに出して語れる話ではありません。また、あるいはそのバリ島事件の関係者の存在が、ま、ちょっとしたホラ話であるとしたなら、ま、それを「友人の友人がアルカイダで……」などと外国人特派員を前に話し出す意味が全くわかりません……。

あんまり政治的なことをブログでとりあげるつもりはないのですが、今回ばかりは、ほんとうにただただ呆れるというか、こんな人に法務大臣やられたらかなわないなぁと感じたので、ちょっと書いてみました。

これはひどい……。

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME