FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

観劇:「妻と社長と九ちゃんと」~劇団青年座公演

2011-11-27-Sun
演劇鑑賞の市民サークルに入っています。今回の例会は劇団青年座の「妻と社長と九ちゃん」という、古き良き昭和の文房具メーカーの世代交代の話です。世代交代には、平成から昭和へ、バブルの崩壊から国際化、グローバルスタンダードの時代の波が押し寄せる、経済的な背景は、もちろん無縁ではありません。企業が大きくなればなるほど、守旧的なだけではやっていけない、新しい波をいずれかの方法で受け入れなければならないのでしょうけれど。
tuma_post.jpg
→ 劇団青年座:「妻と社長と九ちゃん188」のページ

現代の世代交代の話なんですが、こういう話は日本ではもう、わたしの子どもの頃からずっと続いています。たぶん。日本だけでなく、どこの国でもどの時代でも、どんな組織でも、新しい世代が古い理念や手法を否定するというのは、もういくつも繰り返されて来たのでしょうね。

この芝居のようにそれがメインテーマになっているかどうかは別にして、わたしが読んできた小説や見てきたドラマなどでも扱われてきました。古くて新しいテーマというか、永遠のテーマになるのでしょうね。芝居はおもしろく、脚本も四季と起承転結をうまくマッチさせていて、ポスターのワンポイントにもなってる梅の伏線もよく効いていていい出来ばえで、楽しんで見ました。ま、役者がテレビのような芝居でなく、大きなホールであるということを考えて、もう少し客の方を向いて台詞を言ってくれるとよく聞こえたと思うので、その点はやや残念でした。自然な演技を優先し、結果横を向いて声の通らない役者の台詞が聞こえない……。全体のテーマがわかればそれでいいというつもりかもしれませんが、ま、そんなら、テレビなり映画にみればいいわけですのでね、ま、創作サイドもホールに応じた演技の工夫を考えるべきですね。大ホール向けではないから、オファーを断るとかさ。ま、そもそも、そういう劇団はオファーしなきゃいいのですけれどね。見ないとわからないだけに、きちんと記録をとっておかないと。


スポンサーサイト



HOME