FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

そうか、落語ブームなんだぁ~大須夜席の宣伝

2008-03-27-Thu
先日、大須演芸場で落語を見て、雷門獅籠が古典落語「三枚起請」(さんまいきしょう)ってのをやっていて、「棟梁(とうりょう)」を「とうりゅう」って言ってるように聞こえて、気になってしかたがなかったというようなことを書いて、ま、よせばいいのに獅籠自身のブログにトラバを送ったりなんてしたものだから、獅篭ご自身からコメントをつけていただくということになってしまいました。

棟梁=とうりゅう は江戸弁というか落語のルール言葉というか・・・。

詳しくは「とうりゅう 落語」とかで検索ちゃんしてみてくだはい!

このコメントを見て、ああ、申し訳なかったなぁと思うと同時に少し複雑な気持ちになったのです。これからは舞台を見ても、当のご本人のブログにトラバするのは、少なくとも止めたほうがいいかもしれないぞと反省したりしました。こちとらお客だぞ~ってな調子で書きたいこと書いて、それをトラバするというのは、なんだろ、ちょっとマナー上よくないというか、フェアじゃないかもしれないなぁとちょっと思ったのです。

客商売。こんな客でも、客は客。あっちはおもしろくなくても、一応は客と思って対応しなければならないわけでしょう。きっと、獅籠自身も、どうコメントしたものかときっと悩んだに違いないと思ったのです。「くらはい!」というちょっとおどけた言い回しに、わたしはその、戸惑いというか、ためらいというか、一種の屈折のようなものを感じたのです。

ま、わたしは教えていただいたとおり、「棟梁 とうりゅう」で検索して、いくつかヒットしたページから、「大工(だいく)」を「でぇく」と言うのは江戸弁で、同じく「棟梁(とうりょう)」を「とうりゅう」と発音するというような説明のページをみつけました。「うむ、さすがは大工は棟梁(とうりゅう)(細工は流々)」というように、「だいくはとうりゅう」と「さいくはりゅうりゅう」の洒落を使った落語を紹介しているページもみつけました。
 → 「お家寄席」

なるほど。獅篭は古典落語の伝統に則って「棟梁(とうりょう)」を「とうりゅう」と言っていたってことなのですね。そうなんでしょうね。でも、わたしの中では「でぇく」や「しゃかん」「あすび」というのは耳障りでなくても、「とうりゅう」は、なんだかやっぱり居心地が悪いんですね。なにか、すんなり乗り換えられないなぁというような感覚がどこかにあるのですね(落語が間違ってるとか言ってるんじゃないですよ)。

ほんでもなぁ、「りょう」を「りゅう」なんてちょっと座りがわるいなぁと思っていて、ふっと思い浮かんだ人物がいたんです。

坂本龍馬

ああ~。「龍馬」は「りょうま」とも読むなぁって思ったんですよ。ちなみに、検索するとこんなページがあります。

ちなみに、「龍馬」は慣用音「りゅうま」だが、漢音は「りょうま」で、
同時代の人の日記や書簡に「良馬」の当て字で記されていることもあり、
また龍馬自身も書簡の中で「りよふ」と自署していることもあるため、
「りょうま」と読まれていたことは間違いないようです^^
「竜」は「龍」の新字で、本来ならば「竜馬」は誤りですが、
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」以来、慣用化されています^^
      → 雑学のすすめ:「坂本龍馬が免許皆伝って、ほんと?

これ読むと、漢字上は「りゅう」が正当で、「りょう」は慣用で、ところが坂本龍馬の場合は「りょうま」の方がどうやら正しいという話のようなのですが、「りょう」と「りゅう」を通じさせたのは「棟梁」だけでもなかったんだということで、ちょっと納得したりしてるわけです。

で、話は元に戻して、獅篭がコメントをつけてくれたのを見て、わたし自身はなにか申し訳ないような気持ちが働いて、ついつい、「師匠、コメントありがとうございました」などとレスしたら、スゥ。さんから、「真打以上が師匠なんだけど、獅篭は真打だっけ?」みたいなコメントをいただきました(同じ記事です)。相撲でも「関取」と呼んでいいのは十両以上のように、落語にも慣習というか、しきたりがあるのでした。しまったなぁと思ったのですが、ま、しかたがありませんね。こうして、少しずつ、落語の言葉を覚えていくというわけですね。

そんなスゥ。さんが教えて下さったのが、大須夜席の情報です。

yoruseki16.jpg第16回 大須夜席
泉水亭錦魚・立川談奈
   二つ目昇進記念落語会


日時 平成20年3月29日(土)
開場 午後5:30 開演 午後6:00
会場 大須演芸場
※地下鉄鶴舞線大須観音駅下車徒歩5分
出演 泉水亭錦魚、立川談奈、
雷門獅篭、雷門幸福、雷門小ゆび
木戸 1,500円(全席自由 当日のみ)

「二つ目」ってのは何か? 真打とは何か? なんて話を、誰かが枕でしてくれそうな企画でもありますね。

ええと、落語ブームらしくって、中央公論4月号が「落語の「通」になりたい」なんて特集やってましたんで、Amazonで買って読んでみました。お薦めDVDは参考になりましたし、「名人論」(?)も、興味深くはあります。

中央公論 2008年 04月号 [雑誌]

中央公論新社 (2008/03/10)


ブログランキング・にほんブログ村へ

名古屋の落語家獅篭がTシャツ販売開始!~「たまてぃ」

2008-01-13-Sun
「奇跡の寄席」と言われた大須演芸場に雷門獅篭という漫画家兼落語家がいます。大須演芸場にはレギュラーで出てるし、漫画は「ほんわら(本当にあった笑える話)」に連載中、加えて、シャアザクコレクターとしてもオファーがあるようであります。
 → 獅篭ブログ
 → 過去記事:ガンダムファンの落語家兼漫画家の話

で、この獅篭があるときちょっとしたことに気づいたんです。

こんなTシャツがあることに……。



そして、こんなTシャツもあることに……。



さらに、こんなのやこんなもあることに……。




そして、そして……、彼は気づいてしまったのです。自分の飼ってる猫が「たま」だってことに……!

こうして、そのプロジェクトは始まってしまったのでした。名付けて「たまTシャツ制作委員会」。

企画後3か月足らず……。ついにたまTシャツはオンラインショップ開店にこぎつけたわけですあります。
 → 獅篭ブログ:HP新コンテンツ

60a71d79.jpgtamat.gif

 → オンラインショップ:篭屋

どうです? 獲物を狙って飛びかかる果敢なこ太り猫のシルエット! まさに、ネズミ年の今年を勝ち抜く必須アイテムと言っても過言ではないでしょう! オンラインショップ「篭屋」にて限定販売中です。

合い言葉は「タマT着て、大須演芸場に行こう!」。

ブログランキング・にほんブログ村へ

演芸情報:モロさんのX'mas Box~長久手

2007-11-29-Thu
半月ほど前に、雷門幸福の独演会の情報を記事にしたときに、スゥ。さんがコメントで教えて下さいました。

モロさんのX'mas Box
~モロ師岡と仲間たちの飛び出す芸ライブ~
● ● ● ● ● ● ● ● ●
12月22日(土)17:00~
12月23日(日)14:00~
主催:長久手町
お問い合わせ:長久手町文化の家
電話:0561-61-3411
 → モロさんのX'mas Box

ちなみに長久手文化の家はこちら(Yahoo!地図)
モロって言えばモロ師岡。
 → 公式サイト

でも、スゥ。さんがモロが好きだったとは初耳だけれどと思って、教えてもらったチケットぴあのページをよくみると、理由がわかりました。獅篭も出てるんですね。福三も出るらしい。ふむ、大須演芸場のレギュラー陣が出るんですね~(ふむ。モロを食いかねないのでひと:みちゃんには声がかからなかったのかもしれんね~)。

【出 演】
 モロ師岡(一人芝居)
 伊藤みづめ(歌舞伎)
 少年ボーイズ(ショートコント)
 雷門獅篭(落語)
 雷門福三(落語)

 噛まないアナウンサー
 藤 深智(ヴァイオリン)
 水嶋千詠(お天気お姉さん)
 松井真人(コント)
 とみぃ(コント)
 武藤祥子(オカリナ)
 多田木亮祐(演出・進行役)
 ほか
  → 長久手文化の家のイベント情報のページより


とはいっても、メインはモロ師岡なんで、ちょっと動画がないかと思ってYouTubeとか検索してみたのだけれど、なかなか見つからない。著作権、肖像権とかの問題があるから、もちろんわたしがなんとも言えないのだけれど、こういう紹介の時にも使えるので、1本くらい、見本というか、お試しモードというか、ちょっとした宣伝を兼ねて、あえて流出させておいてもいいんじゃないかと思うのだけれど、そういうふうには考えないのでしょうね。

ここまで私が宣伝する必要もないんでしょうが、モロ師岡のDVDはこちらから買えます。

モロさんのX'mas Boxチケットはこちら(チケットぴあ)で買えます。

主な出演者のサイト
モロ師岡のWebサイト
少年ボーイズのWebサイト
雷門獅篭のWebサイト

それにしても、出演者の中にある「噛まないアナウンサー」って何者でしょう? 情報を待つ~。

▼モロが出ている映画。もろにでているかどうかはしらんけど~。


ブログランキング・にほんブログ村へ

eBookJapanで読む「風とマンダラ」

2007-03-10-Sat
eBookJapanってサイトがあります。日本最大級の品揃えを誇る電子書籍・オンラインコミックサイトです。24時間いつでもダウンロードが可能で、また、データをパソコンに保存できるので、ダウンロードした作品はいつでも読むことができるのが特徴です。

さて、eBookJapanを見てみると、「風とマンダラ」があるのを発見しました。立川談志23番目の弟子である落語家兼漫画家の作者が、週刊モーニングに連載した自伝的エッセイ風マンガということになるでしょうか。

現在作者の立川志加吾は談志に破門され、流れ流れて、名古屋は雷門一門に弟子入りし、雷門獅篭と名前を改めて、大須演芸場の高座にあがる傍ら、月刊「本当にあった笑える話」(ぶんか社)で「雷とマンダラ」を連載中です。

わたしは大須演芸場に時々見に行き、雷門獅篭のことを知り、この「風とマンダラ」を長いこと読みたいと思っていましたが、なかなか実際の書店などで見つけられずにいたら、eBookJapanで全巻を読むことができるとは驚きました。立ち読みが無料ということで、さっそく無料ダウンロードしてみました。
  → 関連記事(tag:大須演芸場
  → 雷門獅篭のブログ

17インチのディスプレイだと、実際のA6判サイズのコミックスよりもやや大きめの画面で見ることができます。実際に持った重量感とかページをめくる感覚は違いますが、きれいに見ることができます。カラーの口絵が4ページあるのですが、これもあざやかです。正直意外にきれいで読みやすいという感想です。いいですね。

品ぞろいも豊富で、マンガは少女コミックスやアダルト系のものも入っていますし、小説や写真集などもあって、全部で1万4千点以上の作品が、購入できます。作家は遠藤周作、井上ひさし、江戸川乱歩、筒井康隆などなど非常に多くの作家が名前を連ね、電子書籍の世界がここまできたのかと、今さらながら驚いたというのが正直な感想です。

現在eBookJapanでは無料でお友達にeBookをプレゼントキャンペーンをやっています。

音楽界がCDから、ネット販売へと次第に展開していったように、活字やマンガも電子書籍化がどんどん進んでいくということなのでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME NEXT