FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成18年度九州場所~二日目

2006-11-14-Tue
黒海×魁皇
魁皇は表情がいい。サポーターも例の大きな絆創膏もないし。なんか勝って当然って顔してる。白鵬休場の場所の主役は朝青龍と自分しかないという確信をしている感じだ。協会としても魁皇に勝ってもらわないとという気になっているだろう。旭鷲山が引退を発表したこの日、そう言えば魁皇も1年くらい前、引退だとかなんとか言っていたなということを思い出す。われわれは土俵上の力士を、わずかにテレビを通して見るだけなのだけれど、なにか、力士一人一人の人生や考え方、勇気、心構えまで見るような気がする。それにしても、魁皇は調子がいい。いつだったか、こんなふうにどんと胸で受け止めていたときに、胸を痛めてしまって後半ボロボロになった時があったので、好調はいいことだが、ま、油断せず、ぜひ、賜杯を狙ってほしいものだ。

朝青龍×普天王●
テレビではVTRで昨年普天王が盤石朝青龍を下した一番を流している。その時の場内の盛り上がりは爆発的である。九州場所は普天王にとっても地元の場所だ。なんとか土俵際へ押し込み、その再現かと期待をさせたが、しっかりとひきつけられて朝青龍が逆に寄り切った。勝敗は朝青龍で力も上だと思うけれど、一応相撲になるので、普天王には今後とも期待。

雅山×岩木山●
とりあえず、雅山は今までのようなプレッシャーは感じてないようなんで、なんとなく期待。ただ、好調かどうかを見極めるほど見てないんでわからないけれど。

安美錦×琴光喜
毎場所10日目までは大関相撲をとる琴光喜。今場所も快調のようです。琴欧洲も元気だけに相乗効果でいってほしいです。

千代大海×琴奨菊●
ご当地九州勢同志の戦いです。千代大海はいつもの軽いつっぱりがトントンと決まって、土俵際までさがったとことろはたいて転がしました。アナが「千代大海の相撲です!」と誉めるように言っていたのが印象的。

安馬×露鵬
今場所の安馬はどうなんでしょうね。露鵬はあいかわらずいいと思います。変化のない、小柄な安馬をすんなりと遠い上手をとって転がしました。

上位陣は2日とも安泰です。

平成9年九州場所で横綱貴乃花、大関武蔵丸・貴ノ浪・若乃花が2連勝して以来9年ぶりなんだそうです(横綱曙は休場)。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



平成18年度秋場所をふりかえって

2006-09-25-Mon
結局朝青龍の14日目の黒星優勝に終わった今場所。場所前の期待のわりに、不本意というか、おもしろくなかった。

一つは「白鵬の横綱」という長い夢が終わってしまったということだろう。それもこんなに脆くも。8勝7敗。白鵬ならきっと横綱になる。誰でもそう思っていたに違いない。大鵬の再来のような、貴乃花の再来のような、王道を歩く横綱になる。そんな期待というか、夢がずっと相撲ファンにはあったんだと思う。おそらく、誰もが望んでいた。それが、こんな形で終わった。「青白時代」だとか「龍鵬時代」だとか、そんな言葉がむなしくさえある。ま、しかし、実力のある大関には違いない。再起を期待し応援したい。

ついでのようで申し訳ないが雅山。また来場所に繋がった。ダメになるよりよかったのだろうけど、5大関が健在だからギリギリではあがれないよ。大勝ちしないと。ヨーロッパ勢が力をつけてるなかで、試練の戦いを続けねばならないだろう。応援する。

把瑠都露鵬琴欧州黒海のヨーロッパ勢。全体的によかった。でも、突っ走れなかった。ヨーロッパ勢の大型力士が胸を合わせるのって、相撲の上手い下手にかかわらず迫力があって好き。把瑠都の途中休場は大きかった。白鵬の昇進消滅と前後して、把瑠都が休場して残念だった。

中でも安馬安美錦の二人はすくいだった。北の富士が千秋楽の解説で「今場所は安馬がいなかったら悲惨ですよ」と言ったそうだが、おっしゃるとおり、その通り。安馬でもった。安美錦も活躍して、大型力士の中で、二人ともそれぞれに相撲の上手さというのを見せてくれたという感じだ。欧州勢を合わせて来場所の期待と。

あと、忘れてならないのは愛子さまの初観戦。愛子さまって琴光喜に似ているとわたしは思うんだけど(そういえば家族は旭天鵬が東京ダイナマイトの金髪じゃないほうに似てると言っていたけど)、ま、それはともかく、今まで、あんまり関心がなかった愛子さまがすごく好きになった(笑)。

愛子さまを天皇に!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

平成18年度秋場所~千秋楽

2006-09-25-Mon
終わりました。14日目で優勝が決まりました。千秋楽で注目していたのは、ま、白鵬がどういう形でか、不本意であっただろう今場所の最後一戦を戦うかです。朝青龍戦ですね。結果はともかく、相撲としては双方力を出し切ったいい相撲だったと思います。

雅山×琴光喜
雅山は9勝め。のびのびととれました。また北ノ湖が来場所に繋がるとかなんだとか寝言のようなことを言ってました。ま、可能性があるんなら、雅山にはがんばってほしいです。そう何度もないチャンスでしょうから。琴光喜は4大関を破りながら8勝7敗。後半疲れが出ちゃうんでしょうか? 油断しちゃうんでしょうか? 欲が出ちゃうんでしょうか? 「とにかく前に出る」とか、「とにかくがんばるとか」そういう「とにかく」でなくて、そこを分析した方がいいかも。

露鵬×栃東
露鵬のパターンって感じですかね。長い上手がひょいといい位置をとります。そうされると栃東はちょっといけませんね。露鵬10勝。期待通りの活躍でした。上手をとれないときはどうしたらいいかという課題も見つかったし、来場所はまた強くなるでしょう。次の大関に一番近いのは露鵬かも。栃東は9勝止まり。調子のわりにはよくやったのでしょう。しかし大関としたら誉められた成績ではないですね。

琴欧州×千代大海
昨日(十四日め)で燃え尽きちゃったの? って感じの千代大海。琴欧州にはうまくとられて寄り切られました。なんかあっけない。ともに10勝に載せました。琴欧州は回復してきていますので、来場所楽しみです。

朝青龍×白鵬
がっぷり組んでの両者の力相撲。優勝がかかっていると盛り上がっただろうにと思いながら見ていました。ああいう形なら、白鵬が万全なら白鵬が勝てるんじゃないかと、勝手にも思うんですけど。足が痛いのか、腰痛なのか、気力の差なのか、朝青龍の堂々たる勝利でした。白鵬は一から出直しです。それもいい。すっきりと、落ち着いてよく考えて、心身ともにリフレッシュして、なすべきことをなして、再スタートを切って欲しいです。

幕内優勝 朝青龍(18回目)
殊勲賞 稀勢の里(初)
敢闘賞 安馬(初)
技能賞 安美錦(3回目)
十両優勝 隆乃若(初)


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

平成18年度秋場所~七日目

2006-09-16-Sat
「横綱・大関の全敗はいつ以来か?」というのを調べていたら、過去に大関が6人だったことはないということが改めてわかった。(→wikipedia「大関」) 果たして、白鵬が横綱挑戦に失敗して、雅山が大関取りに成功すると、これまた史上初の6大関時代となる。5大関でさえバブリーのようにいわれているが、果たして6大関なんてことがあり得るのだろうか。ま、そういう心配しなくてもいいように、白鵬にはがんばってもらいたいところである。

安馬×岩木山○
岩木山と組んで、左に回ろうとしたときに、なんか左足の親指と人差し指(足だけど?)が、土俵に突き刺さるように立て曲がり込んだらしく、それが原因で膝から落ちてしまいました。そのまましばらくたてず、ケンケンをするように土俵から落ち、若い衆の肩を借りての退場となりました。全勝から1敗なんですが、不詳の具合では、このあと休場あるいは、騙しながらの出場となります。ここまできて休場はしたくないんでしょうけれど、なんとか明日から元気で出て欲しいと思っています。上位との対戦が残っていて、安馬自身も楽しみにしてるようだったの、ほんと元気でやってほしいです。


●玉春日×露鵬
露鵬落ち着いています。荒々しさも、怒りを顔に浮かべることもありません。今後が楽しみですね。

雅山×稀勢の里●
昨日朝青龍を倒した、日本相撲界期待の星との一番でした。雅山よくやったと思います。気分のいい勝ち方。娘さん達にもなにか報告していると思います。これで4勝3敗。あまりギリギリだと「6大関だしなぁ~」と言われかねないんで、「6大関になるけどなぁ~」と言わせるようにしないとダメだと思う。

白鵬×琴光喜
白鵬が今ひとつよくないということは言われていたのですが、ここに来て連敗です。今日の相撲だって、まわしがとれなくてというようなことを言っていました。届いたんだけど切れたようなこと。白鵬って確かにそういう自分の型になると強かったんですが、そうでなくてもしぶとく残して、よくしのいで、最後勝ちに結びつけたりしてたと思うんですね。そういう相撲じゃ「内容が悪い」と評価されているんでしょうか? ま、自分の形、白鵬相撲ってのができることがいいことなんでしょうが、けっこうどんな不利な体勢でも勝てるというのが白鵬の良さではないかと思うんですね。それでも勝ったらいいとおもうんですけどね。でも、あらためて解説者のいうことって侮れないと思いました。ま、そりゃそうなんでしょうけど。もう3敗めですので、優勝でもしない限り横綱は無理でしょう。

黒海×栃東
どんなにか栃東の膝が悪いんじゃないかと心配していたが、黒海相手にこういう有利な形で相撲をコントロールして、勝利を手にすることができるなんてなかなやるな。やはり、勝機が見いだせるから休場しないで続けているんだと思う。がんばれ! 栃東!!

●時天空×琴欧州
琴欧州の豪快な上手投げが決まる。時天空は土俵に叩きつけられる。膝の完治はまだなのかもしれないが、こんな動きができるのだからかなりいい。やはり。今場所は期待してよさそうだ。白鵬がもたもたしているようなら、先に横綱争いレースの有利に立つチャンスかもしれない。

●魁皇×玉乃島○
魁皇本日より休場。玉乃島不戦勝で初日。

●出島×千代大海
千代大海期待していいんでしょうか。確かに動きはいいですね。

朝青龍×把瑠都
朝青龍の朝青龍たるゆえん。スピード。把瑠都は相撲をさせてもらえませんでした。朝青龍の充実した顔と、把瑠都の呆れたような顔が印象的でした。

ブログランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
HOME NEXT