FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「感染列島」~劇場で

2009-02-07-Sat
家族にインフルエンザが出て5日目……。わたしも酷い咳が一晩続いた。たしか11月末に予防接種を打ったはずだったけれど……。とりあえず医者に行ってきたら、鼻に検査のためのめん棒を突っ込んでもらって出た結果は「いちおう、マイナス」。

え? マイナス? でも咳がひどいんで、咳止めもらって、マスクをして、むふふ、ゴホン、ゴホンしながら悪趣味にも、「感染列島」を見に行ってきました~。ゴホン、ゴホン。


 → 公式サイト

ところが、上の予告の冒頭でもあるのですが、この感染列島で、松岡医師(妻夫木)が見た患者は、熱があるということで病院を訪れるのですが、インフルエンザ検査は陰性なんですね。なのに発熱、嘔吐、下痢、粘膜からの出血、下血などという新型インフルエンザで想定される症状が出てるんです。先輩医師(佐藤浩市)は「新型インフルエンザはインフルエンザの検査がマイナスに出ることもある」などと言います。あははは、ヤバいじゃん俺~って思ってみたりします。ゴホン。ゴホン。
 
ストーリーは、2011年1月初め、東京都いずみ野市の養鶏場で鳥インフルエンザが発見され、時を前後して松岡医師の勤める病院で、新型インフルエンザではないかと思われる、エボラ出血熱とも類似の激しい症状の感染症が見つかります。実は、「新型インフルエンザ」の一番怖いのは、もちろん、効果的な薬が見つかっていないとか、治療法がわかっていないということもあるのですが、それ以前に、診断ができないということだというだということが、まず、描かれます。つまり、なんだかわからない病気に病院中振り回されるんです。院内感染を引き起こし、他の患者も医師や看護スタッフにも発症します。

また、「新型インフルエンザ」ということになると、治療だけでなく、国家レベルでの問題でもあるわけです。もし、新型インフルエンザということがはっきりすれば、強制力を持った地域封鎖などの措置をとらねばなりません。もちろん、マスコミ対策も……。日本だけでなく世界的な関心事でもありますし。まさに、次々と患者が担ぎこまれ、病院は万床状態です。(思うけれど、わたしの近くの公立病院はすでに年中万床に近いです。新型インフルエンザや東海大地震なんてときには、まったく役に立ちそうにないです……。普段の診療でさえ大わらわのてんてこ舞い状態なのに……。

足らないのはベッドだけではありません。スタッフも足りませんし、医療危機も不足してきます。映画が進むと遺体の処置にも困るようになります。もう絶対的にすべての面で不足しています。そもそも、薬なんてないのです。薬がないというか、確立された治療法がない。データの蓄積もない。なにせ、新型インフルエンザなんですから。

「新型インフルエンザ」という言葉があると、なんだか何かわかっているというような錯覚を抱くのですが、何にもわかっていない、未知のウィルスなんですね。そもそもどんな症状が出るかさえわからないんです。現代の医学で未知ほど怖いものはありません。そしてそれが、ものすごい勢いで伝染するんですから。そういう戦場ともいえる絶望的な病棟で治療を続ける医療スタッフたちの人間ドラマなんですね。

「新型インフルエンザ」の流行が危惧されている折、ついつい力を入れてみてしまう作品でした。映画館の片隅でマスクをしたおっさんが時々ゴホンゴホンと咳をしている……、一緒に見てる人たちはどんな気持ちだったでしょうか。むふふ、わたしは転居したある夏、墓場が見える部屋で見た「バタリアン」を思い出しました。

結末がちょっと拡散して破綻気味ではないかという感じもしますが、ま、映画としてまとめるためということもあるのでしょうね。示唆に富む作品だと思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



映画:「フリージア」~DVD

2007-11-28-Wed
松本次郎のマンガ「フリージア」が原作の、映画「フリージア」を見ました。ついこないだまで、わたしはこの松本次郎を「クーデタークラブ」「彼岸島」などを書いた松本光司と混同していました。この二つの作品はけっこう好きなんです~(ただ、ちょっと展開が遅いかなって思ってますけど~)。
クーデタークラブ 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)
松本 光司
講談社 (2001/07)
おすすめ度の平均: 5.0
5 Good

彼岸島 21 (21) (ヤングマガジンコミックス)
松本 光司
講談社 (2007/10/05)
おすすめ度の平均: 3.5
3 面白いんだが
4 安心して彼の世に逝ってくれ


この「フリージア」も、マン喫では同じ「マ行」の棚にあったのでついつい同じ作家だと思っていたのですが、どうやら別人でありました。ちょっと拳銃を構えている絵がちょっと嫌で、まだ読んだことはありませんでしたけれど。
フリージア 9 (9) (IKKI COMICS)
松本 次郎
小学館 (2007/09/28)
おすすめ度の平均: 5.0
5 愛してたのに
5 ますます混沌としてきた。
5 溝口づくし

 → 小学館月刊IKKI:「フリージア」のページ

話は近未来の日本ですが、やや世界観が違います。秩序の維持が難しくなってということかもしれませんが、「敵討ち法(かたきうちほう)」という法律が成立し、犯罪に対する個人による敵討ちが可能になった社会です。もちろん手続きは法に則って行われ、裁判所がきちんと敵討ちを認可した場合にのみそれが許されるわけですけど。その場合、敵を討ちたい側には執行代理人を依頼することができ、また、敵(かたき)の対象となった側も同様にきちんと告知がなされるので、弁護人ならぬ警護人を、規定の数だけ頼むことができるわけです。

そして、現在の弁護士事務所が、裁判で原告側の弁護をしたり、被告側の代理人をしたりするのと同様に、執行代理人事務所は敵(かたき)を討つ側の執行代理人になったり、逆に敵(かたき)として狙われた側を警護したり、ま、ビジネスライクにそれをするわけです。もちろん弁護士のように言葉でするのではなくて、武器、刃物とか銃器とかをつかって、命がけのプチ戦争をするわけですね。

執行代理人ヒロシ(玉山鉄二)は、若い頃日本軍(近未来では日本軍があります)の特殊計画に参加して、その後遺症で感情や感覚が麻痺してしまっています。感覚の麻痺というのは、たとえばスパゲッティーを食べても(映画でたべてましたんで)味を感じないわけです。おいしいとか、怖いとかいう感覚がないのですね。

だから、痛みを感じない肉体になっているわけでもあります。痛みはある意味肉体に対する警告信号なわけで、出血しても痛みを感じずに動いていた、助かる命も助からなくなってしまうことがあります。しかし、戦いの場合にあっては、痛みでひるんだりすることなく攻撃を続けられるので、簡単に言えば肉を切らせて骨を断つみたいな戦法が平気でできるわけです。怖さも感じませんから、強いです。

また、ヒロシの上司というか、その執行代理人事務所の事務員(マネジメントをしているので上司になるかと思います)に、同じ特殊計画に巻き込まれたヒグチ(つぐみ)がいます。同じ後遺症に悩んでいます。そして、このヒロシとヒグチと、過去の特殊計画の関係者を中心に、いくつかの敵討ちを展開しながら話が進んでいく、それが映画です。

ネットであちこち読むと、原作と映画は別のストーリーを進めているようで、映画は映画でヒロシとヒグチのエピソードを完結させて、一つの作品にしていますが、マンガ方はまだまだ連載中のようです。

ちょっと、血がとんだりしてグロいところもありますが、おもしろくできあがっていると思います。

フリージア
フリージア
posted with amazlet on 07.11.28
バンダイビジュアル (2007/09/25)
売り上げランキング: 22128
おすすめ度の平均: 3.0
4 惜しい! 
1 残念
4 玉山鉄二、カッコイイぞ!!


ちなみに題名の「フリージア」ですが、花の名前(→これ)でなくて、「冷凍する(フリーズ)」「冷凍庫(フリーザー)」などと派生関係にある言葉です。

映画では日本軍の特殊計画が冷凍爆弾であったこととも関連させてると思いますが、やっぱりそうではなくて、執行代理人や警護人たちなど、命のやりとりをしている男たちの、冷徹さというか、冷血性というか、人間性の喪失というか、人の心の冷たさというか、そうしたものを意味しているのだと思います。心も凍るってやつです。

にほんブログ村 映画ブログへ

映画:「アイランド」~コロナで

2005-08-08-Mon
「アイランド」見てきました。

いいですよ。面白かった! 

なんだろ、「マイノリティ・リポート」や「マトリックス」を連想させる、近未来(設定は2019年でした)の話なんですが、う~む、ネタバラシになるんで細かなことはいえないけれど、ネタ的には、これが結構いける。

最初から説明不足にも思われていたものが、どんどん、どんどんわかってきます。伏線も生きていて、おもしろい作品になっています。この夏の作品は、あまり見てなくて「スターウォーズ ep3」以来なんだけど、もちろん、あっちは大作の最終作だし、SFXというか、最新の技術使ってすごい映像になってるんだけど、どうでしょう、ひとつの作品としたら「アイランド」を押しますね。

なんでカーアクションが必要になってくるのか、最初を見てるうちは連想もしないわけなのだけれど(笑)、カーアクションもけっこういい。「マイ・ノリティリポート」の時も、「マトリックス2」(2だったと思うけど)の時も、カーアクション、バイクアクションあったと思うけど、ケタケタ笑いながらも見たのは、この「アイランド」だけ。あの、追跡してくる車が次々クラッシュしていくのは楽しくさえある。映画ならではなって思いました。

あと、ラブ・シーンもいいんだわ。特に官能的でも、ハードでもないんだけど、あはは、このよさはなんとも言えませんわ~。なんか、こんチクショウ、うらやましいぞって感じです。いいなぁ(ネタバラシになるんでこんな説明しかできないのが、さびしすぎ!)

結末もいいですよ。

▼ポスターを撮ってきました。
20050808163905


ほかにも、いい作品あるし、別にどうしても劇場でってこともないんですけど、一度見てみることをお勧めします。大作ではありませんけどね。

アイランド
アイランド
posted with amazlet on 05.10.04
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/25)


映画全般 - 映画

映画:「デイ・アフター・トゥモロー」~コロナで

2004-06-15-Tue
一応、この手のパニック系の作品のツボは押さえてました。

迫力ある映像、それなりの論理展開、愛と勇気もしくは(青年の)人間的成長、自己犠牲と嘘くさくない程度のハッピーエンド。合格点だと思います。

デイ・アフター・トゥモロー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/11/12)


特に、リアルで迫力ある映像は高く評価できます。

評価:B+

洋画全般 - 映画
HOME NEXT