FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

朝青龍のいない12~14日目~平成19年度秋場所

2007-09-22-Sat
新入幕の前頭14枚目の豪栄道豪太郎(なんて名前だ~)は、11日目を終えた段階で10勝1敗。なんと、成績単独首位で、横綱白鵬が一人が2敗で追うという展開になった。

そこで、なんと、ま、すごい対戦を考えた。「12日め小結安馬」「13日め大関千代大海」「14日め横綱白鵬」である。新入幕で前頭14枚目の地位でである。これはちょっと異例だった。伝統を重んじる人たちの中には、あるいは異を唱える声もあるかもしれない。ただ、ファンは大歓迎だろう。八百長や朝青龍の処分などでちょっと嫌な話題の多かった角界に、一陣のさわやかな風(?)が吹き抜けたという感じだった。

朝青龍がいなくてどうにも見る気にならなかったところが、話題性もあるし、元気もある若武者然とした新鋭の、好成績での上位への挑戦は誰でも喜ぶだろう。新しいスターの誕生を思わせる。勝敗こそ3戦3敗で、14日目を終わった段階で4敗となり優勝の目はなくなってしまった。逆にわずかながらも番付が上の12枚目の旭天鵬の方は、大関とも横綱とも当たらぬまま、11勝3敗で、まだ優勝圏内に残っていることとなった(14日目に安馬とは3敗同士で対戦し勝った。理想を言えばここで安馬が勝っていれば旭天鵬は4敗で、横綱を破った安馬が残ることに形になって、ま、こういう矛盾みたいなものは自然に解消されることになったのだけれど)。

こうした割の組み方が、一見公平でないなと感じないでもないが、それでも、多くのファンは大歓迎だろうとわたしは思うと、同時に、これがもし、豪栄道が外国出身で、旭天鵬が日本人だったりしたら(現在帰化しているのは知っています)、またここで、外国人差別、外国人だけを上位に当てて優勝の目をつぶしたと言われかねないのかなぁとちょっと思ったりもした。

欲を言えば、3日間のうちで、誰か一人をやぶってもらえるともっと盛り上がったのだろうけれど、ま、新入幕、豪栄道豪太郎はいい勉強をし、また、その存在感をいっそう高めたことと思う。

朝青龍が戻ってくるまでにいっそう強くなって、むふふ、土をつけてもらいたい!

■幕内成績優秀者
2敗:白 鵬

3敗:旭天鵬

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●○○・●○○●●・○○●○9勝5敗
幕下筆頭市原○-○-○・-○-●-・○-○-6勝1敗
西幕下8玉飛鳥-●●-○・--●-○・-●--2勝4敗
幕下26武雄山-●○-●・--●○-・●---2勝4敗
序二段82舛名大-○-○○・-●--●・-○●-4勝3敗
序二段116玉海山○--○-・○-●-○・-○○-6勝1敗


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



HOME