FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館

2011-08-22-Mon
暑かったですね。いつのまにか、その暑さが嘘のように、すっかり過ごしやすい日になっています。逆にこんだけ変化が急だと、体調はともかく服装に困ったりしますねw

その暑くて運動できないころの話です。なんとか運動できるところはないか、歩けるところはないかと、ま、横着なことを考えました。どこか冷房の聞いたところを楽しく歩けないか~。そうだ、展覧会やってたな。フェルメールが豊田に来ていたんだから、ちょっと見に行こう! そう思って、豊田市美術館まで行って来ました。


→ フェルメール<地理学者>とオランダフランドル絵画展の公式ページ

絵を見るのに好みはあっていいと思うので書きますが、わたしは特段フェルメールの絵に興味を感じません。あるとすれば、反語ではなくて、素直な疑問で、どうしてこの人の作品がそんなに話題なんだろう? ってことくらいです。

そもそも、わたしは映画でも芝居でも、絵画もそうなんですが、予備知識なしで見たいタイプなんです。もちろん、多少知ってないとなってときは予習していきますよ。先日も、ハリポタ「死の秘法」のパート2は、パート1見直してから見に行きました。そういうことではなくて、他の人が「この作品はこういうところがいい」だとか、「こういうところがすばらしい」とか、「誰それがほめていた」なんていうのは、あまりあてにしないように努めています。で、フェルメールが特にいいってことは、わたしは感じないです。いまも。

しかし、今回の「地理学者展」のテープガイダンス(佐々木蔵之介はなんであんな妙な芝居をしたのだろう。普通にやってくれたほうがいいのに。)で知ったんですが、ゴッホがフェルメールの色使いを誉めていた(→ここ)とか、ダリが「大洪水か何かで地球に危機が起きたときに、自身の作品以外で持ち出して逃げたい画家の作品は?」というような質問をされ、「フェルメールの絵画芸術」と答えたんだそうです。色も構図も天才的だとか。へぇ。そのときはピンと来ませんでしたが、「絵画芸術」ってのは「画家のアトリエ」のことですね(→これ)。

こんなスーパースターなのですから、今回の「オランダ・フランドル絵画展」は、フェルメールがなくても十分楽しめると思うのですが、フェルメールが1点あるというだけで、集客力もすごいのでしょう。もちろん、わたしも、別にフェルメールなんて、それほどでも。暑いからさ。なんていいながら、フェルメールの名まえがあって記憶にひっかかっていたことも確かなんですね。


森村泰昌「なにものかへのレクイエム」展~豊田市美術館

2010-08-21-Sat
先日、久しぶりに豊田市美術館に足を運びました。

豊田市美術館に行くには、高速を使いますので、見たいってのがないと出かけません。今回は「MORIMURA YASUMASA - A REQUIEM」展です。日本語では、「森村泰昌 -なにものかへのレクイエム」展です。
morimura_pic01_s.jpg
 → 豊田市美術館:「森村泰昌-なにものかへのレクイエム」のページ

◇Note
 2010年6月26日(土)~9月5日(日)
 豊田市美術館
 一般:1,000円  高校・大学生:800円  中学生以下:無料
見たくて行ったので、期待どおりというか、期待以上でとても満足しています。ただ、こういう言い方をすると、森村泰昌について、わたしがファンか何かで詳しいのではないかと思われるかもしれませんが、そうでもありません。

はっきりと森村泰昌を覚えているのは、フェルメールを三重県まで見に行ったとき(→過去記事:「「液晶絵画Still/Motion」展を見る~三重県立美術館」に、「真珠の耳飾りの女」の作画工房を再現してるようなコーナーがあって、そこで、森村泰昌が、画家の役になったり、モデルの役になったりして登場していたということです。その時、まだ、森村泰昌が何者か知らずにいたわたしh、いったい何をふざけているのかとさえ思ったくらいです。(笑)

森村泰昌って何者か……、その作品を文章だけで伝えるのは難しいのですが、拙文をお読みいただいている方にはほとんど初耳って人も少なくないと思いますんで、簡単に書いておくと、写真特にセルフポートレートの手法を主に使う芸術家です。セルフポートレートというのは、自分自身を被写体とする写真つまり自画像ってことなんですが、森村泰昌の場合は、コスプレしたちゃうんですね。

たとえば、今回のレクイエム展では、三島由紀夫の「薔薇刑」を再現してるんですね。森村泰昌が三島をやってるんです。あるいは、1970年11月の市ヶ谷駐屯地の事件なんかもパロディにしてしまうんですね。--まさに、今回会場で上映展示されていたもの(の一部)が、YouTubeに出ていますが、森村泰昌が三島を演じつつ芸術論を述べているというか、日本の現代の「芸術家」に奮起を求めているわけです。


こういうことを、「コスプレ」「パロディ」なんて言葉で説明すると、なんとなく安っぽくなって、作家自身には不本意かもしれませんが、ま、実際に見たことのない人に言葉で説明するとそうなるかなと思います。ただ、念のために書きますが、ま、大きな美術館で個展をできるようなレベルの高さと迫力で、真剣に徹底的にやってるんですね。アインシュタインとか、毛沢東とか、レーニンとか、ブリジット・バルドーとか、山口百恵とか……。なんか、こう書くと、清水美智子を思い出す方もいらっしゃるでしょうけれど、芸でなくて、芸術として森村泰昌はやってますので、そこんところろをお間違いなく。




RREVHOME