David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「荒木経惟 往生写集ー顔・空景・道」展~豊田市美術館

2014-05-12-Mon
GW中、遠出はせずに豊田市美術館を訪れました。

豊田市美術館には、今年生誕100年を迎えた漆芸家高橋節郎の作品を常時展示する高橋節郎館もあります。こちらは、本夏、特別展を開催する予定です。一度は見ておくのがいいと思います。なんせ、漆器は英語でjapanでもありますし。

今回の訪問の目的は、「荒木経惟 往生写集ー顔・空景・道」展でした。

araki01.jpg

展覧会タイトルは源信の「往生要集」を踏まえてのネーミングなんだそうです。「往生要集」は読んだこともなく、名前くらいしか知らないのだけれど、「往生」といえば「極楽往生」なわけでして、それをタイトルにしてるってことで、(あれ? そういえば、アラーキーって死んだんだっけ?)と心のなかで叫んでしました。これは、大変失礼な話なのですが、わたしの知ってるアラーキーは、存在感のあるというか、質感のある、モノクロヘアヌードでして、性と生のエネルギーに溢れているという感じでして、「(極楽)往生」なんて言葉の正反対に位置しているイメージです。なんだろう、ひとさまの人生観を、こっちが勝手に決めてはあれですが、あくまでわたしのイメージとしては「わしはやりたいようにやり、撮りたいように撮ったんだ、地獄に落ちようが本望よ」って感じだったのですよ。「無頼派」のイメージと重なるような感じです。

……、でしたが、失礼、ご存命でした。ガン宣告や手術などを経験し、近年は右目を病で失いながら、ま、そうして体験hが「死」つまり「往生」を身近に感じたということから、このネーミングに至ったようです。

araki02.jpg

→ Wikipedia:「荒木常惟
→ 豊田市美術館:荒木経惟 往生写集―顔・空景・道の公式サイト


スポンサーサイト

今年生誕百年の高橋節郎まとめを作りました

2014-03-17-Mon
FC2ブログは、ひと月に1本記事を投稿しないと、広告が出てしまうので、最近はブログを書くようなまとまった時間がとりづらくなっているのだけれど、逆に、コツコツとまとめページを作るってことならできるので、ちょっと、作ってみたのがこっちです。



高橋節郎館は地元愛知の豊田市に、とってもすばらしいところがあるのですが、ぜひ、今年は、この企画展に行ってみたいと思います。

とりあえず、今日はこれだけ。

これで広告消して、落ち着いたら、もう少しいい文章にまとめますね

「山本糾 光・水・電気」展&「みえるもの/みえないもの」展~豊田市美術館

2012-03-17-Sat
豊田市美術館に「山本糾 光・水・電気」展に行ってきた。

山本糾を知っていたわけではないけれど、ふっと見かけた「落下する水」のポスターがとても興味深かったので。


yamamototadasu_pic01.jpg
→ 豊田市美術館:企画展:山本糾 光・水・電気展のページ


運良くギャラリートークにタイミングがあったので、学芸員の解説を聞きながら1時間くらいかけて見ることができました。山本糾は、エイトバイテンの大型フィルムを使って撮影していて、その大多数の作品はモノクロである。幾つかのシリーズを併行して撮り続けている。そのテーマは今回の展覧会のテーマにもある「水」や「光」などで、それは山本の生涯を通じてのテーマといってよい(一部意訳)というような話を聞きながら、具体的な作品の特徴を見ながら回った。

写真展をこうしたガイダンスを聞きながら見るという体験は初めてだったが、気に入った写真を撮るために、その場所に行き、その時間まで待つというような、そういう準備の苦労というか、裏話的なことが、とても参考になった。もちろん、数分の我慢なら、わたしも普段写真を撮るときにしたこともないわけでなく、プロは職業だから、それを時間単位、日にち単位でしてるだけと言えばそれまでなのだが。

展覧会全般を通じて、気に入った作品というか、印象に残った作品は、「考える水」のシリーズと、海岸の岩を撮った庭のシリーズ(→これ)、そして、最も初期の作品群であるガラス瓶のシリーズだった。もちろん、ポスターになっていた「落下する水」のシリーズは、ポスターの段階からインパクトがあった。二枚をつなぎ合わせた写真だが、あえてきちんとつなぎ合わせることでなく、デフォルメしたというと語弊があるが、あえて位置をずらしたり、倍率を変えているようなつなぎ合わせて、滝(落下する水)の迫力を表現している、学芸員の「単なるスナップ写真でなくて表現」という言葉がしっくりした。

「ガラス瓶」は山本糾にとっては最初の作品群で、ま、光と水と写真という切り取られ閉じた世界がそこにあるということだった。なるほど。作家は最初のテーマを生涯さまざまな形で追窮していくと言った人がいたが、山本糾の「ガラス瓶」もまさに同じだったということだと思った。

□■□■ NOTE □■□■□■□■□■
会期: 2012年1月7日[土]-4月8日[日]
休館日: 毎週月曜日[祝日の場合は開館]
会場: 豊田市美術館 展示室1-4
観覧料: 一般1,000円[800円]、高校・大学生800円[600円]、小・中学生無料
→ 豊田市美術館:企画展:山本糾 光・水・電気展のページ

※山本糾プチリンク集
朝日新聞デジタル:「山本糾 光・水・電気」展 明暗織りなす異形の水 - 文化トピックス - 文化
・雨引の里と彫刻:山本糾資料室
・GALLERY HASHIMOTO:山本糾のページ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


フェルメールのついでに見た松井紫朗がおもしろかった!~豊田市美術館

2011-08-24-Wed
先日、豊田市美術館で「フェルメールの<地理学者>とオランダ・フランドル絵画展」を見にいきました。
→ 過去記事:「「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館

そもそも、豊田市美術館には高橋節郎館という、とっても素敵な常設館が隣接しているので、今回だって、フェルメール見て、その後高橋節郎を回れば、わたしはもう満足ってはずったのです。
→ 高橋節郎館の公式サイト

ところが、実際は、高橋節郎館に立ち寄らずに帰ってきてしまいました。フェルメールとも高橋節郎とも違う、とてもおもしろい現代芸術展『松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―』がとってもおもしろかったのです。
→ 「松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―」の公式ページ

写真を全く撮ってこなかったのですけど、検索したらこちらのページのがよく伝えています。ちと、ここ(ART IT:「『松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―』」)から写真を借りながら説明したいと思います。

まず、最初にこの水色の通路に入るように促されます。これが、最初の展示作品です。フワフワした空間をぞくぞくした感じで進んでいきます。
ms2_enter.jpg

ms1_outside.jpg
もし、バラ色か肉色であれば、まるで巨大な腸の中を歩いているような感じだったのですが、明るい水色だったのでもっと健康的な感じがしました。明るく爽快な、トンネルを歩いているような感じです。それはゾクゾクするような、ウキウキするような感覚でした。

ああ、なんだか楽しい気分になる。そんな作品があるんだと感じていました。ちなみに、上の2枚の写真のうちの下が、そのチューブを外から見ているのですね。このチューブの中を見学したあと、わたしたちはその外側歩いて、次の展示室へのいくことになります。絵画ではなく、こうした木材や、金属、アクリルやガラスなどさまざまな素材を使ったオブジェを見ることになります。

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。