FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ボクシングを見に行ったら三亀司ング

2007-02-12-Mon
先日、ボクシング好きの知り合いから電話があり、今度知人がリングにあがるから見に行かないかという話で、出かけてきました。
 → 参考記事:BOXING EYE:「土曜昼:豊橋!熊谷vs東洋15位!西郷vs三浦誉!」


一番おもしろかったのは、セミの8回戦で、主催のとよはし桜ジム所属の西郷選手(豊橋出身)【ポスター中央】と、元世界王者徳山のいる金沢ジム所属の三浦選手(蒲郡出身)でした。地元対決の上、西郷選手は「武師(たけし)」、三浦選手は「誉士(たかし)」でして、場内が熱い「たけし」コールと「たかし」コールでわけわからない感じで(笑)。 試合も非常に盛り上がりました。

試合的にはパワーファイター的にグングン前に出る展開が得意そうな西郷選手と、どちらかというと技巧派的に冷静に戦うとうい感じの三浦選手が、まさに地元だけに両者のプライドを賭け、また、互いの特徴をよく出した戦い方ができたと思います。結果はフルラウンド戦って最終ラウンド途中のドクターストップによる試合終了で判定になり、2-1で西郷の勝利でした。このドクターストップの原因は再三の西郷のバッティングで三浦が右目の上をカット、出血が多かったことです。試合は成立、その場面までのジャッジによる判定ということです。バッティングの原因は西郷のファイトスタイルにもあって、故意ではないでしょうがレフェリーも注意していました。ま、反則による出血ということで三浦選手には無念がのこり、西郷選手にも喜びきれないところがあったと思います。

申し訳ないが、セミに盛り上がりに比べてメインは今ひとつ。やはり、とよはし桜ジム所属の熊谷選手【ポスター左奥】がタイの東洋Sバンタム15位ノラシンに挑戦するという対戦でした。ノラシンは32歳のベテランで、スタミナを考えてか最初はかわすだけ。熊谷のパンチは空を切ります。ま、逃げるつもりしかない相手を追うのは大変です。セミの盛り上がりからノッてるって感じの熊谷と序盤から打ち合ったのでは、会場全体と戦うことになるので、ここは燃える闘志をクールに冷やす、そういうクレバーな試合運びかとも思いました。そして、そのディフェンスの技術というか、目というか、テクニックはすごいと思いました。

しかし、セミの激しい撃ち合いに興奮している会場には、今ひとつの試合だったと思います。判定は熊谷でしたが、技術ではノラシン、勢いで熊谷という感じで、若さというか、スタミナの勝利という感じでした。

現役高校生プロボクサー岡田選手【ポスター左前】の勝利や今試合が3戦めながらも引退する地元選手、また、練習生によるエキジビションスパーリングなど地元ならではの試合もありました。ま、そんあぐあいで、けっこうボクシングを楽しんだのですが、むふふ、もう一人、わたしを喜ばせたのが、リングアナウンサーでした。

あ、あの後ろ姿は……。まだ試合前で客席が埋まってない時間帯、リング下で書類に眼を通している一人のおっさんを見つけると、わたしは思わず近づき、声をかけてしまいした。
「あ、三亀司さん……」
「お。なんで、あんたわしのことを知っとるんだ?」
「いや。大須にたまに行くんで。こないだは一晩で名古屋にいる落語家を見る会にもいきましたよ~」
「なんだ、あんた落語好きなのか」
「ま、それなりに」
「お、こんどわしも独演会やるから……」
「へぇ~」
「よかったら来てよ。招待したるし」
「え、いつですか?」
「平日。火曜。5月か6月か」
(……うわぁ、ずいぶん先だ)
「今、ブログに夢中だで」
「ああ、わたしも持っています……」
「そか。どこだ……」
(どこって……。三亀司さんのこと、どっちかというと辛口で書いてたんだけどな……)」「ええと、獅籠さんところからリンクしてあるかも……(正確にはリンクはしてない。こっちがトラバを送ってあるだけ)」
「なに? ここにアドレス書いて……」
「え……」
なんていう会話を交わして、写真を撮らせていただきました。
 ※三亀司さんブログやってるっておっしゃってたけど、ちょっと検索できません。ホームページはコチラです
 ※その後、ブログを検索して発見記事もありましたのでトラバしておきました。

mikisi.jpg

ボクシングのリングアナやってるってのは、大須などでネタとしてしゃべっていたのですが、実際を見るのは始めてでした。ちゃんとやっていらっしゃいました。「三亀司、独楽回せ~」って野次るのはやめておいてあげました。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
スポンサーサイト



「絞め殺しの木」~仏陀が悟りを開いた木

2006-07-06-Thu
こんな写真が画像フォルダにありました。撮影は昨年の11月、きっと記事するために撮ってきたものだと思うのです。
sime01.jpg

撮影場所は「のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)」です。
 → マピオン 
読めますか? こう書いてありますね。

東南アジアなどの熱帯雨林には、絞殺木という異名をもった着生性のイチジクの仲間(インドボダイジュなど)が自生しています。絞殺木の種子は発芽すると二種類の根を出し、一つは宿り主の枝や幹にまとわりつき、もう一つは空中に垂れ下がって伸びていきます。空中に垂れ下がっていた根がやがて地面に着くと土の中から養分を吸収して生長が加速されみきの周りの根は太く堅くなり新しい根を次々と出し宿り主を網の目のように覆っていき、やがて宿り主を腐らせ、とって代わることになります。このときの様子が「絞め殺す」ように見えるのでこの名前がつきました。


人や動物を絞め殺すわけではなくて、寄生木で、宿り主の木を、生長するにしたがってじわじわと絞め殺してしまうわけですね。

標本がありました。
sime02.jpg


sime03.jpg

この編み目のようなのが「絞殺木」の標本です。宿り主となった木は、ありません。枯れてなくなったのですね。空洞が、わずかにその面影を留めているのです。

標本だけで実際に生えてる写真はないのですが、ちょっと気になることがありますね。そう「インドボダイジュ」って名前です。インドのボダイジュって言ったら、ある人物を思い出しませんか。そう釈迦です。釈迦が結跏趺坐(けっかふざ)して、悟りを開いたのがこの、インドボダイジュ~「正しい悟りの智の木」を意味のボーディ・ドルマ(bodhi-druma=菩提樹)~なんです。
 → 参考:草木図鑑「インドボダイジュ」木々の移ろい:「インドボダイジュ」
 
釈迦が瞑想していたのは、絞殺木と同種ですが、きちんと地面にたどりついたインドボダイジュだったのでしょう。20メートルもの巨木に生長すると書かれていますので、おそらく修行する釈迦にここちよい木陰を与える立派な木だと思います。ただ、同じ木の種でも地面でなく他の木に着いたりすると、最初はその宿り主を頼りに芽吹き生長していくのですが、やがて宿り主を絞め殺し、自らが立っていくようになるのです……。そんなインドボダイジュの性質を踏まえて釈迦は悟りを開いたんじゃないか、そんな気がしてきます。

色即是空」とか、言ってみたくなりませんか。

ブログランキング・にほんブログ村へ



もう少し画像を探してみました。ちょっと音が出ますけど、このページの下から3枚目は「ベンガルボダイジュ」ってなってますけど、感じがわかるかも。これも違う木のようですが、一応「絞殺木」。マレーシアです

「語らい」 【ブログdeフォトコンテスト応募作品】

2006-01-27-Fri
語らい.jpg

=NOTE==
タイトル: 「語らい」
応募テーマ: 身近な自然
撮影機種: KONIKA MINOLTA DiMAGE Xg
撮影日: 2006/01/22
撮影者: 出人
被写体の情報: 豊橋市大池公園
使用ソフト: なし
コメント: 
写真コンテストに応募するのは二回目です。デジカメ持って出かけてはいるのですが、思うような瞬間をカメラに納めるのが難しいです。撮影したときはいいと思っても、持ち帰ってみるとあれとがっかりしたり、自分のイメージと随分違うものができあがったりしていて。今回も、実はこんなふうにするつもりはなかったのですけど、選んでいるとこれが残ってしまいました。作品としていい写真って、考え出すと難しいしですね。ほんと。
======

※今回応募したブログdeフォトコンテスト【身近な自然】の写真募集ページです。

愛知:ご当地情報全般 - ご当地

ありゃなんだん? 恐竜かん!?

2005-11-15-Tue
ありゃなんだん? あの大きいのは? 恐竜かん? 木の上から顔をだしとるじゃないかん。それも、子ん坊もいっしょだに。



お、木の陰にもおるじゃないかん。なんだんありゃぁ、しっぽがやたらけっこいのん。
PICT0002.jpg


ほい、こっちはおそがいくらいだのん。いやったい色をしとるし。気持ちわりぃねぇ。
PICT0004.jpg


あっちじゃぁ、ちいさい子んとぉが遊んどるじゃん。
PICT0003.jpg


こんなおっきな恐竜たちにさわったり、上れたりしたら子どもは楽しいでしょうね。

これは豊橋ののんほいパーク内にある自然史博物館前の展示物(?)です。

「のんほい」というのは、三河弁であります。「のん」は「ねぇ」とか「なぁ」です。ただ、これは年長年下関係なく、対等に使えるいい言葉です。「ほい」は「おい」とか「やぁ」って感じ。

だから、「のんほいパーク」は「ねぇやぁ公園」もしくは「なぁおい公園」って感じなんですが、地元の人たちには本当に優しく温かく響く言葉です。

上の4枚の写真の上に書いた言葉も、三河弁です。写真があるんで意味もとらえやすいですよね。

ところで、恐竜の色はなんですが、この公園の恐竜たちも途中で塗り直されました。以前はもっと、地味でそうですね、多くは軍隊の迷彩服につかわれているような色合いで塗られていたりしたのですが、近年、意外に派手な色に塗り直されました。

そもそもが化石などから恐竜の形を復元してきているわけでして、たとえばステゴザウルス(写真4枚目)の背中のひれみたいなものや、尾っぽの先のトゲみたいなものが、写真のような形でついていたというのも一つの説にすぎません。

恐竜たちの皮膚の色となると、もっとはっきりとしなくて、最初はいわゆる「保護色」というような考え方から、回りの環境に似ている地味な色を想定していたのですが、近年考え方が変わりまして、これだけ巨大な身体をしていたのだから、襲ってくる敵も少なく、保護色などということは必要なかったであろう。

むしろ爬虫類は視覚に優れていて、色鮮やかでそれぞれの種族を特徴づける目立つ色をしていたと考える方が適当ではないかという考え方が出てきたようです。そんな考え方を踏まえているらしいのですが、どうも、わたしには「子どもに親しんでもらおう」という営業上の視点も加わっているような気もしてしまいます。別にそれで構いませんけれど。

ちなみに、こののんほいパーク、動物園、植物園、自然史博物館、ファミリー向け遊園地、展望台など楽しめるし、勉強にもなります。

愛知:ご当地情報全般 - ご当地

HOME NEXT