David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萩原朔太郎の「死なない蛸」を読み返してみる。

2011-04-19-Tue
こんな話を見つけました。

ニュージーランドで猟奇的な事件があった。

28歳の男性が自分の指を切り落とし、野菜と共に調理し、食べた。
カンニバリズム(人間が人間の肉を食べる行為)は宗教的背景も含め歴史的には様々な事件があるのだろうが、自己カンニバリズムと呼ぶべきケースは稀少で、世界でもこれまでに8件しかレポートされていない。
 → Platinum Telescope:「【猟奇的】 自分の指を切断して食べたうつ病男性」(2011/04/19)

ちと生々しくなるでしょうか、こんな内容です。

行為に至る前、男は深刻な不眠症に陥り、自殺観念や指を切り落とす行為について数日間考えをめぐらせていたようだ。この観念から逃げ出す為、最終的に彼は電動ノコギリの刃で指を切り落とし、野菜と共に調理してその肉を食した。
 → 同記事


こういうことって、人間でもあるのですね。いや、ヒトは最も雑食な生命体なので、ま、あるとしたらヒトが一番ありそうなんですが、ま、記事によるとこれまでに8件の報告があるようです。このご時勢、自傷、自殺は恐ろしいほどの数がありますが、さすがに調理して食べるというのは、想像を絶するエネルギーが必要でしょう。恐ろしいです。

「人間でもあるのですね」と書いたのは、わたしが、蛸は飢えると自分の足を食すると聞いたことがあったからです。いつどこで聞いたのか忘れたのですが、高校時代に読んだ、萩原朔太郎の詩で知ったのかもしれません。けっこう知られた話らしいんで、それ以前から知っていたのかもしれませんが……。朔太郎は、おそらく今でもわたしの精神に巣食っている、我が青春の作家の一人です。

朔太郎の「死なない蛸」はこんな詩です。
 → 「死なない蛸」(http://nsss.tumblr.com/post/592972569)
 → 「死なない蛸」のとってもいい朗読のあるページ(「しゃべりたいむ」)

旧字旧仮名が読みにくい方のために、 
 → ヤフー!知恵袋:「萩原朔太郎の死なない蛸の解説をしていたたけないでしょうか?」

今日は、ちょっと、朔太郎の「蛸」を読んでみます。

スポンサーサイト

「漠たる共感」(仮題)

2008-06-13-Fri
マスコミがアキバの無差別殺人者のことを報じている。
衝撃が大きかった。

ダガーナイフを規制してはという声が出ているそうだ。
安易に手に入るのは確かによくない。
無駄に殺傷力が高い。
2トントラックの方は規制するとは誰も言わない。
そりゃそうだろう。
日常的なものなのだ
歩行者天国は休止だそうだ。
日常的じゃないから意味がある
そうした開放感を売りにしたスペースだからなのだ。
特別な空間だった。

ダガーナイフが規制されるようになると、
ダガーナイフの神秘性はさらに増すことだろう。
ほら、これが、あのダガーナイフなんだと。
ヤツがダガーナイフを禁止にしたヤツなんだと。
ソレハ呪イデアリ、同時ニ、信仰トナラナイカ。
錆ビタ勲章ヲ与エルコトニナリハシナイカイ。

心理状態や生育環境、来歴などが「分析的に」語られる。
--深い孤独感 ・破滅・彼女がいない・教育ママ・負け組・挫折・派遣社員・進学校・成績優秀者の転落・キレる……誰かに止めてほしかった。

識者が言う。
--許せない・身勝手だ・甘えだ・自己中心的だ・異常だ・理解できない……。

理解できなくはないだろう。
共感を持つ若者はたくさんいると思う。
若者だけじゃなくて、大人たちにもわかるんじゃないだろうか。
ただし、行動にではなくて、心理に。

念のために書いておく。
犯行は決して許されるものではない。
どんな理由があっても免罪されることは必要ない。

許す、許さないではなくて、
怒る、怒らないではなくて、
悲しむ、悲しまないではなくて、
--いや、たぶん悲しいことに、
この若者の心理を理解する人は、
案外とたくさんいるんじゃないかと思う。

もちろん、誰かの心理のすべてがわかるなんて人はあり得ない。
そんなの誰にだってわかり得ない。
身近にいる人の気持ちがわからないことだってあるのに、
切り取って報じられた断片だけでは、
もちろんわかりようがない。

ただ、自分がこうしていられるのは、
あるかないかの才能があって、
そう呼ぶに値するかどうかの努力をして、
ありがたい家族や周りの支えがあって、
同時に、適当に羽根を伸ばすことができていて、
そして、いくらか運があった。

あのとき大学受験に失敗していたら、
あのとき就職試験に失敗していたら、
あの面接で不合格だったら、
あのとき会社が倒産していたら、
彼女がイエスと言ってくれなかったら、
あのとき母があの言葉を選ばなかったら……。

そんな寒々とした気持ちのなることはないのだろうか。

止むに止まれずに数人に聞いてみる。
--もしそんなふうに感じるとしたら、お前は不幸だ。
--そう言われればそうかもしれないが。そんなふうには思わない。
--全然違うよ。あれは異常だ。
--ふ~ん。でも、全然違うじゃん。

ありがとう。最後の言葉はありがたかった。
あなたはほんとうに優しい人だ。

demo ta reka oremo sodato ittekure.






------ 慎んで犠牲者の冥福をお祈りするとともに、
           被害者及びご家族にお見舞い申し上げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

「血の凶行」(仮題)

2008-06-11-Wed
選択するのは捨てること
何かに向けて何かを継続するのは
他の何かを捨ててそれだけに打ち込むこと

五輪の選手だってそう
五輪に出られなかった選手だってそう
その前の予選に出られなかった選手だってそう
その補欠だった選手だってそう

何かに向けて何かを続けるのは
他の何かを捨ててそれだけに打ち込むこと

勝って喜ぶのはいい
だってそれは何より本人の栄光だから

大切なのは
負けたとき
夢が破れたとき--

そんなときに
 ガッカリさせられた
 失望した
 お前は役立たずだ
 もう信用しないから

そんな言葉で捨てられたらたまったものではあるまい。

選択することは捨てること--
選択の余地なくそれを選択させておいて
気持ちにかかわらずそれを捨てさせておいて
結果が出なかったからといって
捨てられたらたまったものではないだろう

大切なのは
勝って喜ぶことではなくて
負けたときに誉めてやることなのですよ
そういう気持ちのわからない人が
親になってはいけません。




------ 慎んで犠牲者の冥福をお祈りするとともに、
           被害者及びご家族にお見舞い申し上げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

無題または「ハザード」

2007-05-13-Sun
一人でクルマを走らせるのが恐い。
周りが見えない。
普通の信号待ちがイライラする。

アクセルを踏み込んで追突してしてやりたくなる。
やっとの思いで正しく止まる。
そのくせ、
青になってもなかなか動き出せない。
前のクルマと車間が開いてから、思いついたように動き出す。

ラジオののど自慢がうっとうしい。
鐘がいくつ鳴ろうと関係ない。
アナウンサーの優しい呼びかけが耳に入らない。
むしろ思いつくのはニュース。
銀行に立てこもった税務署員の気持ちがわかる。
ゴルフ場で殺された人よりも、殺した男の気持ちが気になる。
もう、どうだっていい、なんとでもしてくれと。

たとえば虫歯の激しい痛みにこらえられず、
己の指先に針を刺して紛らそうとするようなことが、
あるいはあるとしたら、
犯人たちは、何かがほしいというよりも、
ただひたすらそこから逃げ出したくて犯行に及んでしまったのではなかろうかと、
妙な共感をする。

一人でクルマに乗るのが恐い。
カーブでスピードを落とす気にならない。
いつもより減速のタイミングが遅いことが自覚される。

周りのクルマの車種が気にならない。
運転席にどんな美人が乗っているかとか、
気にしてのぞくこともない。
ただ、邪魔だ、邪魔だ、どけ、どいてくれと念じている。
思い通りに進まず、ルールや状況に応じて運転するのが嫌でならない。

カタストロフという言葉が思いつく。
あるいは、覆水盆に返らずとか。

電話しても誰も出ない。
 誰か……。

ただ、一人でクルマに乗るのが無性に恐い。


mado01.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
HOME NEXT

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。