David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古典の日に、「正かな同人誌」の話をしよう。

2012-11-01-Thu
早いもので、もう十一月、今年もわずかに2ヶ月を残すばかりになりました。

さて、今日11月1日は古典の日です。「日本の古典文学を顕彰する記念日」ということになっておるようです。そういう日でもありますから、ちょっと、私が参加している同人誌の話を書きます。

私が参加しているの「正かな同人誌」というちょっと特殊な同人誌です。「同人誌」というからは、同じような考え、志向性、趣味、主義主張、思潮を持つ人たちのものというのが本来なのだと思います。この同人誌の理念は「正かなづかいは生きている」というものです。かなづかいについて、「新かなづかい」、「旧仮名遣い」などというふうに「新」「旧」という言葉を使ってしまうと、なんだか、歴史的仮名遣いは古臭い過去の仮名遣いのように思われ、今の時代に合わない古臭い仮名遣いであると考えられてしまいがちです。このままでは、古くて使えないと見捨てられそうです。

何歩か譲って、時代に合わなくなったというなら、ま、確かに戦後の国語政策、国語教育のためにそういう傾向はなくはないのですけれど、しかしながら、新しいものがいいもので、古いものは間違っているという観点だけでは、実は大事なことを見落としています。

それは、国語の歴史、つまり、言葉の歴史、由来、成り立ちのようなものです。

わたしは、普段は全く歴史的仮名遣いは使いませんけれど(読むことはあります)、正かなづかいを大切にしていこうという考えの人たち(「正かなクラスタ」などと呼ぶようですが)は、少なくとも言葉に関しては、強い関心を持っているし、知識も豊富で、真剣に向かい合おうとしています。

たとえば、「おばさん」と「おばあさん」という言葉に注目してみましょう。「新かな」だけで考えたら、この「お」の違いなんてことには、あるいは意識は及ばないでありましょう。

では、クイズ形式にしてみたらどうでしょう。あるいはこういう形にされると、気づく人もいらっしゃるかもしれません。

問:次の「お」のうち、仲間はずれはどれか。

 ア おばあさん イ おばさん ウ おかあさん エ おねえさん

いかがでしょうか?

文法的に、この「お」が「お菓子」や「お寿司」の「お(御)」と同じかどうかということに注目すれば、イの「おばさん」だけが異なることに気づきます。「お」を外して、常態にしたときに通じなくなるのです。合わせて、漢字表記を考えると、「御婆さん」または「御祖母さん」、「小母さん」または「叔母さん」「伯母さん」、「御母さん」、「御姉さん」となるので明らかです。

ところで、歴史的仮名遣いで書いてみます、「小母(叔母・伯母)」は「をば」と表記します。「小川」は「をがは」、「小野小町」は「をののこまち」です。「小」を「オ」と読むときの表記は「を」なのです。つまり、この問題の選択肢はこうなります。


 ア おばあさん イ をばさん ウ おかあさん エ おねえさん

現代かなづかいでは見えなくなってしまった日本語の姿を、歴史的仮名遣いは留めているのです。

そんなことどうだっていいではないか、今では同じ「オ」と読むのだからという意見も、それは理解できなくありません。そもそも現代仮名遣いはそういう発想で出来ていて、戦後我々はそういう発想で読み書きしているわけですから、そういう考えに陥りがちです。

しかし、歴史的仮名遣いは、「をばさん」と「おばあさん」とをかき分けることによって、それぞれの言葉の歴史や成り立ちを自然と知ることができるわけです。「歴史的仮名遣い」の「歴史的」とは、「歴史上使われていた、過去のもの」という意味合いなのでしょうけれど、逆にだからこそ「言葉の歴史をきちんと伝える仮名遣い」というふうにも解されるのですね。

発音と表記にズレが出てきて、たとえば四つ仮名(じぢずづ)をどう書き分けれるものかというようなことを日本人は長いこと混乱し、悩み、その解決のために、言葉の成り立ち、由来などをよく研究し、そこに根拠を求めようとしてきました。たとえば、「鼻血」は「はなぢ」なのか「はなじ」なのかという時は、もともと「血」だから「じ」でなくて「ぢ」だろうという考え方で、それはそのまんま現代仮名遣い採用されたわけなのです。発音が同じだからといって「はなじ」にしてしまってはいくらなんでもおかしいというわけですね。

「歴史的仮名遣い」のゆるぎない正しさというのはそこにあります。「正かなクラスタ」の人たちは、単に奇をてらうとか、知識をひけらかすためにしているわけでありません。言葉の歴史、成り立ちときちんと向き合っているのだと思っています。もちろん、彼らは言葉に関する意識だけが高いのでなく、よく勉強し知識も豊富です。

私自身は日常的には歴史的仮名遣いを全く使いませんが、わたしが「正かな同人誌」に参加している理由はここにあります。

その、正かな同人誌「正かなづかひ 理論と実践」の第3号が、11月の文フリ(文学フリマ、文学フリーマーケット)で発売になります。

20121029030012.jpg
→ はなごよみ:同人特設ページ
→ 歴史的仮名遣は生きてゐる - 「はなごよみ」公式ブログ

「第十五回文学フリマ」 開催概要
開催日 2012年11月18日(日)
開催時間 11:00~16:00→11:00~17:00に延長!
会 場 東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
→ 文学フリマ - 第十五回文学フリマ開催情報



もし、関心のある方は文学フリマに出向くなり、あるいは、花ごよみのサイトでお求めいただければと思います。

お盆二題(2)「洗米」をめぐる新たなる論争

2012-08-31-Fri
「お盆二題」なんてタイトルにしたけど、二つ目が公開できないうちに、処暑を過ぎ、八月も今日で終わり。相変わらずの暑さですが、それでも少し朝夕には暑さの治まりを感じますね

で、第二弾です。

父の三回忌も終え、今年も、我が家にお盆がやってきました。初盆に比べて、落ち着いたお盆です。逆に言うと入れ込み方が少し違います。準備も手を抜くというとアレですが、なかなかエンジンがかからなかったりします。

さて、お盆のアイテムはいろいろあります。盆提灯、施餓鬼棚、茄子の牛と胡瓜の馬なんてのも必要になります。いろんな考え方や由来があるようなんですが、菩提寺に施餓鬼(寺施餓鬼)でかけたら、住職がお盆の由来なんて話をしくくださいました。

釈迦の弟子に目連というう人がいて、なんでも神通力の使える人で、ある時死んだ母の姿を見ることがあって、今死んだ母は、天国ではなくて地獄にいて責め苦を受けているということがわかったのです。目連はびっくりしました。そこで釈迦に相談したのです。地獄で苦しむ母を救う方法はないのかと。

釈迦が言うには、目連の母親がそのような目にあっているのは生前の行いに問題があった。決して悪い人ではなかったのだが、布施ということをしなかったのだと。布施というのは、周囲への施しとうことです。目連の母は、わが子を優れた人物に育てたい、我が子が可愛いという一心でした。たとえば、美味しいものを手に入れれば、我が子に与えたいと強く思い、他の人たちには与えなかったのです。一事が万事で布施の心がなかったのです。だから、今、地獄に落ち餓鬼の苦しみを受けているのだと。

だから、それを救うには、目連が施しをすることだというのですね。施餓鬼(せがき)というのはまさにそう言う熟語です。で、ま、結果施餓鬼をきちんと行うことで、目連の母は無事極楽に行くことができたのです。

こんな話でした。だから私たちも、お盆には施餓鬼棚を作り、施餓鬼の供養をして、死後のご先祖様の安楽を祈るということのようですね。

劇場版「ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨」が2013年正月第2弾公開決定  

2012-08-26-Sun
夏の甲子園も終わり、学生たちは、ああ、8月も終わる夏休みも終わっっちゃうなぁと思っているかと思うのですが、今年の新学期は二日ほど遅いのではありませんかね。9月1、2日が土日ですから、始業式が3日なんて! わたしが学生だったら、これはもう、すごく嬉しいですね! 大袈裟に言えば人生を二日ほど得したような(笑) 羨ましい限りであります~。

そんな折り、早々と正月映画の話が出ています。劇場版「ベルセルク」の第3部「ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨」が公開となります。
fa301010d385b01789ed8389499f9c67.jpg

すごく楽しみです! 10年以上原作マンガ「ベルセルク」のファンをやっていますが、また、過去記事にはハリウッドで実写映画にしてほしいなどと書いてきましたが、このアニメによって、これ作りたい!という声が出てくることを期待したいです。

そうはいうものの、怖さもあります。ちと誤解を招きやすい言い方ですが、お化け屋敷やジェットコースターと同じような怖さです。つまり、うまく作られれば作られるほど、見終わった時の衝撃が大きすぎるのではないかということです。実際、過去の第1部、2部でもそうでした。スタンディングオベーション? とんでにもない! 椅子から立ち上がる力を奪われてしまったほどです。クライマックスの最後の場面に、破滅的で絶望的なシーンがあって、そこで断絶する、言わばそんな作りになっているのです。

今度の「蝕」はどうでしょうか? 蝕でなくて「降臨」という副題になったようですが……。すでにして崩壊状態にある鷹の団はグリフィスの奪回を試み、そして成功するわけです。おそらく冒頭から絶望状態にある中で、ささやかな成功、そして、ごの希望は幾分明るいものかもしれません。そういういくらかの光はあるにせよ、全編重苦しく、鬱々としたトーンになることは目に見えているのです。それを、圧倒的な迫力ある映像で見せつけられて……、正気で席を立ち、館から戻ってこられるものでしょうか。そんな心配さえされるのです。

せめては、空々しくも冷たい光と、混沌とした絶望が織り成す静寂の中を、風が吹き抜け鷹が舞う…、そんな静かな映像でクールダウンさせて欲しいと、見る前から願っています。
今回の第3部に、わたしは出演するチャンスがありました。エキストラです。もちろんアニメですので「声のエキストラ」ですけれど。劇場版ベルセルクの公式サイトに鷹の団という登録制のファン参加型のコーナーがあって、その鷹の団の中のTwitter枠からツイートするとポイントがもらえ、そのポイントの蓄積によって各自が階級を与えられ、もちろん出世していきます。そして、騎士の階級を与えられている人が声のエキストラとして、アフレコに参加させてもらえるわけです。

役は「ニエ(生贄)」の役です。蝕のシーンは鷹の団の「壊滅」のシーンなのですが、まさに、鷹の団の一員として、「ウワー」とか「ギャー」とか叫び声を上げることによって、ジュドー、ピピン、リッケルトたちと運命をともにすることができるわけです。ああ、これ書いてると行きたくなるなぁ。応募締め切りは本日26日24時です。抽選で10名だけが参加できるんですけど……。







お盆2題(1)あれ? これは。気づいてしまった、くら寿司の秘密!

2012-08-19-Sun
回転寿司、好きです。よく行きます。

なにより、回ってるのを眺めているのが楽しいし、その中から適当に選んで食べるってのがいいんですね。「おあいそ」とか「しゃり」とか「あがり」というような専門用語を知らなくても食べられるし、安価だし、気楽に食べられます。わたしは、この気楽さが好きです。

また、一口に回転寿司と言っても、チェーン展開する大手から、地域密着型のもの、一皿100円(105円)の安価が売りのところや、ネタ勝負の高級店、ハンバーグや焼肉をネタにしているところなど、いろんな工夫があっておもしろくもあります。

回転寿司大好きなんで、よく行く店もあるのですが、寿司ネタも大切ですが、まず、寿司めしが旨くなくては話になりませんね。いや、別に格別にこだわるのではなくて、競争が激しいせいかネタはそこそこ新鮮なのに、不釣り合い不味い飯の店があります。もともとは地元のお寿司屋さんが回転寿司のノウハウを取り入れて、魚はうまいんですけど、価格競争に勝つために米を落としているんじゃないかと思われて、結局そこにはいかなくなりました。

と、まぁ、回転寿司のことはどうでもいいのですれけれど、お盆にちょっと、家族でくら寿司に行ったんですね。



くら寿司は、工夫をいろいろとしていて、それが目に見えてわかるのが気に入っています。基本一皿105円なんですが、その価格を工夫で維持しているとういのがわかって、そこが好き。そのひとつは、お皿の回収システムでしょう。カウンターやテーブルにお皿の断面の形をしたスリットがあって、客自身がそこにお皿をすべり込ませるという仕組みになっているのですね。中はどうなっているのか知りませんが、おそらくそのまんま洗浄用の流しに運ばれていくと思います。片付けの労力を機械化省略化して、人件費を削り、価格を抑える工夫をしています。同時に何枚のお皿が投入されたか、自動的にカウントされるしくみになっています。会計の根拠になるわけなので正確にカウントされることが大切なのですが、機械でカウントされれば退店時の時間短縮にもつながりますので、お客にもメリットがあります。

しかし、数が違うというクレームがあると、検算のしようがないし、ちと問題かと思うのですが、お客がきちんとお皿を入れたくなり、また、今何枚であるかを時々に気に止める補助的なシステムが確立しています。それが、ガチャポンの仕組みです。寿司皿を5枚投入することに、注文にも使えるタッチパネルの中で一種のゲームが自動スタートします。そのゲームで勝つ(当たる)と、今度はバーチャルでないリアルなガチャポンが起動して、上からカプセルが転がり落ちてきます。それは、寿司ネタを模したストラップが入っています(まだ一度も当たったことがありません)。

この仕組みは素晴らしいと思いました。お客に積極的に皿を片付けさせる動機付けになっているどころか、もうひと皿でガチャポンゲームが始まるときなどは、あとひと皿余分に頼むという動機付けにもなっているのです。そして、毎回でないにしろ、今何皿めであるかということは時々気にする仕組みになっています。一人で行ってもおもしろいし、家族で行っても、友達と行っても、話題になりますし、いい仕組みだと思います。わたしはこのアイデアに惚れ惚れしていまして、これだけでもくら寿司に行こうと思っています。

それ以外に、生ビールはセルフサービスです。自動販売機のように自分でコインを入れて持ってきます。ガソリンスタンドでもセルフの時代ですからね、これもおもしろいと言えばおもしろいのですが、これも人件費を抑える工夫です。くら寿司にはそういうお店の工夫が目に見えて、ほんとうに素敵です。

こういうさまざまな工夫をして、低価格を維持しているのと、飯のコメのランクを下げて価格競争をしているのとでは、勝負は決まっています。だから、このお盆にも「くら寿司に行こう」とつい言ってしまったのですね。

RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。