FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

観劇:「族譜」~青年劇場公演

2010-09-28-Tue
観劇の市民サークルに入っています。

今回は青年劇場の「族譜」でした。
1009.jpg
 → 青年劇場のWebサイト

もう、15年以上演劇を見ていますけど、いろいろな見方ができるようになってきました。ただ、誰かに「正しい演劇鑑賞法」とかを教えてもらったことはありませんので、ま、勝手な見方というか、自己流で見ています。わたしの見方の基本は「予備知識を持たないで見る」、「役者や演技よりも作品のテーマ性を重視する」という感じです。言わば作品本位で見ています。15年以上見ていて、そんな見方しかできないのかというのはちと残念ですが、ま、わたしはそうなんです。

そんなわたしには、青年劇場はお気に入りの劇団だったりします。

・大スターがいないので作品中心に見られる。
・声がよく通って、とても見やすい。
・テーマがしっかりしていて、考えながら見られる。

そう思って、こないだ青年劇場を見たのはいつだったろうと思ってみると、「銃口」なんですね。2007年か。
 → 過去記事:「観劇:「銃口」~青年劇場」(2007・7・5付け)

ああ、この時も青年劇場褒めてますね、まさに名は体を表す。たとえ老人を演じていても、たとえ深刻なドラマでも、その名に恥じない、若くて、ハツラツとした演技が魅力的です。いいですね、青年劇場。こんなふうに、劇団を褒めることができるようになるのは、見続けている一つの成果なのかもしれません。

さて、「族譜」です。

テーマは「創氏改名」です。一応知識はありますが、Wikipediaから少し引用。

創氏改名(そうしかいめい)は、大日本帝国において朝鮮総督府が本籍地を朝鮮に有する日本臣民(以下朝鮮人という)に対して実施した政策のこと。昭和十四年制令十九号で定められた「創氏は義務であったが、昭和十四年制令二十号で定められた「改名」は任意であり、手数料を取られた


「創氏」というのは、苗字を作るってことですね。当時植民地であった朝鮮人の人たちに、日本人としての苗字を作るということです。朝鮮は、今の日本流に言えば、夫婦別姓だったんですね。一家のうち、嫁いできた嫁は旧家の姓をそのまんま名乗っています。したがって、所謂標準的な家族を想定すると、母だけが苗字が違うという感じになってるんですね。だから、ま、日本式の戸籍制度にして、夫婦同姓にして、家族全員が同じ苗字を名乗りましょう。日本式の氏制度にしましょうというわけなんです(台湾でも同じような日本式の苗字にするという政策があったのですが、台湾は夫婦同姓だったので、単に改姓ことで、「創氏」とは若干違うのですね)。

創氏改名と並んで悪評が高いのは日本語の強制ということもあげられます。「国語常用」と言って、朝鮮語を公的な場面から追放し、日本語を押し付けたのです。

観劇:「兄おとうと」~こまつ座公演

2009-09-15-Tue
観劇の市民サークルに入っています。月々会費を集めておいて、二つに1度例会という観劇会があるというしくみです。今回の例会はこまつ座の「兄おとうと」でした。

0603.jpg
 → 「こまつ座」の公式サイト

題名のとおり、兄と弟の話です。「兄弟」と書いてしまうと「きょうだい」と音読してしまいがちなので、「兄おとうと」としたのでありましょう。流石です。もちろん、ある兄弟の話です。どっちかというと、メインは兄の吉野作造です。ご存知でしょうか? 吉野作造。わたしは、どこかで聞いたことある名前くらいで、どんな人か、何をしたのか、そもそもどっち系のジャンルで出てきた人かさえわかりませんでした。

で、検索しました。吉野作造記念館ってのがあって、そのホームページがあります(→こちら)。「大正デモクラシーの旗手」って書いてありますね。ああ、大正デモクラシー。その言葉はよく知っていますが、その実際がどんなだったのか、詳しくは知りませんでした。明治の帝国憲法の下では議会だとかっても、特権階級のものでした。吉野作造は普通選挙を訴え、女性の地位向上を訴えます。劇中の吉野作造の台詞に「学者の仕事は2つある。研修することとその成果を広めることだ」と。吉野作造は留学し学んだ政治学の知識を、次第に強権的になり、軍事色を強めていく時代の中で、危険思想とにらまれながらも、論説を発表し、自らが理想と掲げた民主主義を広めようとしたのです。

吉野作造には10歳下の弟がいました。吉野信次です。兄弟ともに秀才で、兄と同じく東京帝国大学を首席で卒業します。兄が学者の道に進んだのに対して、吉野家の経済的な事情から、弟信次は官僚になります。こちらはこちらで役人として成功し出世していきますが、理想の下、危険思想とにらまれるような民主主義を訴え続ける兄作造に対して、軍隊が明治大帝の軍隊であれば、官僚も国のため、つまり天皇のために官僚ということになってきます。いわば吉野家の兄は反体制派の学者、弟は体制派というか体制のど真ん中にいるわけです。

兄弟の考え方の違い、立場の違いは疎遠にし、不仲にもするわけです。しかし、姉妹の姉といもうとを娶ったこともあって、やはり血は水よりも濃い、夫同士は顔を合わせなくとも、妻同士は連絡をとりながら、両家の交流は成り立って行きます。

この秀才ながら別々の理想に生きる、10歳違いの兄弟が、生涯で5夜だけ枕を並べた夜があった……。ものがたりは、5つの場面から構成されます。最初は信次は未婚で、兄嫁の妹と交際しているようだという場面ではありますが、ま、5つの場面ともこの二組の夫婦が中心に話が進むと言ってもいいでしょう。

しかし、そのメインを食ってしまうほどおもしろいのが脇役であるべき二人の男女です。吉野家(よしのけ)、大学の研究室、旅行先の宿など場面はそれぞれですが、言わばホスト的な作造兄弟夫婦に対して、ゲスト的に関わり、事件を起こし、引っ掻き回し、そして何かを残していく二人の男女がいます。吉野家の客と女中、街の巡査と女工、右翼学生と袁世凱の娘、説教強盗、町工場の主人と離別した妹など毎回役が代わるのですが、全部同じ俳優がやっています。そして、主役の作造兄弟夫婦以上にこちらがおもしろい。

その、社会の中のさまざまな場面に暮らしている人々と、理想の違う秀才兄弟を対峙させることによって、政治とは何か、憲法とは何か、民主主義とは何かを考えてもらおうという、そんなテーマになっているのですね。

こまつ座の芝居はやや長めなのですが、ストーリーもおもしろく、音楽も歌もあって飽きさせません。ああ、そいうえば、井上ひさしって「ひょっこりひょうたん島」を書いてたんだよなぁと、なんとなく思い出す。そんな作品ですね。おもしろい。


観劇:「ハーヴィーからの贈り物」~劇団NLT公演

2009-07-12-Sun
観劇の市民サークルに入っています。今回の作品は、劇団NLT公演の「ハーヴィーからの贈り物」でした。
0907.jpg
 → 劇団NLT公式サイト(http://www.nlt.co.jp/)
これ、超おもしろい。

演劇に限らず、すべての作品はそうなんでしょうけれど、題名やポスターだけではわかりません。上のポスターの寺泉憲の影のとなりに、大きなウサギの耳をした影が写っているのですが、それがハーヴィーの影です。このハーヴィーはエルウッド(寺泉憲)の友だちなのですが、一般の人には姿が見えないという設定になっています。エルウッドにしか見えないのです。

現代の科学では、これを妄想というふうに片付けているようです。精神科、もしくは、心理学関連の問題ということになるのでしょう。つまり、精神的に病んでいるか、あるいは非常に大きなショックやストレスを受けた状態にあると。

しかし、ハーヴィーの存在を信じて止まないエルウッドは、家族やみんなに「プーカ」だと説明します。おぉ! プーカ! こんな現代劇でプーカに出会えるとは思いませんでした。プーカは所謂ケルト神話の妖精の一種で、日本で言えば妖怪、そう、ゲゲゲの鬼太郎に出てくるような、ちょっといたずらをする、身近な妖怪なんですね。わたしが、パソ通時代に参加していたオンラインTRPGでは、プッカという言い方でメインキャラになっていたので、とても懐かしく感じました。

つまり、ま、日本で言えば、全く同じかどうかはわかりませんが、たとえば、もう40を過ぎたおっさんが、コロボックルが見えるとか言ってるのと同じ設定ということなんですね。それは、家族にとっては悩みの種でして、同居している姪の縁談がうまく進まないのもこのエルウッドの「妄想」が原因だというわけで、なんとかしてエルウッドを治療したい、もしくは、病院に入れてしまいたいと考えるようになっていきます。エルウッドの屋敷と著名な精神病院、この二つの場面を使ったどたばた騒動が始まるわけなんですね。

いろいろツボで、おもしろおかしくて、イヒヒヒとか、ムフフフとか、ガハハハとか笑いながら見ていました。どうしても、観劇市民サークルは平均年齢が高く、人情芝居みたいのは見慣れているのですが、この手のコメディは苦手そうなので、ま、ちょっとムード作りということもあったのですが。(笑) そうそう。ネット上で記事を書いて文末に「w」とか「(笑)」とか書くことがありますが、ま、そういう効果です。ただ、乱発すると誤解され、場面によっては危険なのは、ネットも観劇も変わりません~w

さて、エルウッドをなんとかして治療して「正常」にしたいと考えるのは、我々もわからなくはありません。実際、家族は少なからず迷惑を被っています。ただし、誰とでも仲良くし、誰にでも酒を奢りたがり、誰かれ構わず家に招待したがるのは、迷惑ではありますが、所謂「病気」というか、「不健康」の概念とは異なります。なぜならば、社会生活の上で破綻がなく、家族がそれを受け入れられればそれで済む話だと思うからです。

じゃ、ハーヴィーが見えることはどうか? これも、微妙です。現代人が考えれば明らかに「病気」なんでしょうが、むふふ、そうですね、これが神様だったらどうですか? 「わたしには神が見える。神のお告げが聞こえる」と言っているだけで、他人にそれを押し付けるでもなく、壷や印鑑を売るでもない……そんな人に向かって、お前は病気だ、精神病だなどと言えるのかどうか、微妙な問題がいろいろ出てきそうです。信仰の自由を侵すだとか。

ま、そういう、病気とは何か? 神話とは何か? というような、大袈裟に言えば哲学的で心理学的な問題を孕みながら、エルウッドとハーヴィーと、それに振り回される人たちの物語は展開していきます。フィクションだけに、ハーヴィーがいるのか、いないのか、ま、観客自身が試されることになるわけなんでしょうね~。

物質文明が進み、科学万能の考え方の進んだ現代にあって、心の時代が叫ばれて久しいです。スピリチュアルなテレビ番組も人気があるようですし、どうも、某宗教系の政党が総選挙に出馬すると宣言しているようでもあります。

最後に、エルウッドの家族がした決断は、正常な現代人に対する皮肉というよりは、ストレートな批判でもあるのでしょうが、とても、おもしろく、たのしいお芝居でした。

この劇団NLTの「ハーヴィーからの贈り物」は、中部北陸の地方公演に出ています。多くはわたしが所属しているような、市民サークル(「演劇鑑賞会」といいます。→演劇鑑賞団体リンク集))のような会員制でないと見られないところを回ると思います。

もし、これを読んでご覧になりたい方は、お近くの演劇鑑賞会に問い合わせてみてください。きっと、大歓迎されると思います。きっと大歓迎されると思います。なぜなら、多くの演劇鑑賞団体が瀕死状態だからです。この不景気もあって、どこも会員数を減らしているのが実情だからです。

このことは、また、記事にまとめてみたいと思います。

観劇:「初雷」~文学座公演

2009-03-28-Sat
演劇の市民サークルに入っています。今回は文学座公演の「初雷」でした。
haturai.jpg
 → 文学座の公式ページ
 → 「初雷」公式ページ

タイトルの「初雷」。わたしは「はつらい」と読んでいるのですが、辞書などでは「はつがみなり」という読みも紹介してます。「 はつ‐らい【初雷】」の項に「「はつがみなり」に同じ」とあることから、そもそもは「はつがみなり」なのかもしれません。ただ、俳句の春の季語になっておりまして、音数が勝負ですので「はつがみなり」よりも「はつらい」の方が、俳句としては有効で、ま、「はつらい」で定着しているものと、考えています。
 → ヤフー辞書:「初雷

意味は「立春後、初めて鳴るかみなり」。「ささやかな春の嵐」みたいなニュアンスがあるのですが、どこかロマンティックです。平穏な日々に突然に訪れる衝撃みたいな響きはもつものの、所詮春には春って感じで、そこには厳しい冬みたいな、大きな闇みたいイメージはありませんね。

それは、このストーリーの主人公、50歳の主婦理子(みちこ)と、その家族に訪れた転機をさしています。35歳の時に兄嫁が幼子二人を残して他界、それまでキャリアウーマンとして仕事に燃えてきた理子は退職仕事を辞め、残された二人の子供を育てながら、兄と四人の生活を、まさに「主婦」に専念してきたのです。

自分を実の母のように思ってくれる子どもの成長は、理子にとっては満ち足りていて後悔のないものだったのですが、下の子が成人を迎えるのをきっかけに、再び自分の道を選択したいと思うようになります。これが「初雷」なんですね。かつてのキャリアウーマンも、50歳となり15年のブランク。再就職の道は厳しいわけです。実際、平和な家庭を築いてきたものの、兄と兄嫁の子どもであり、理子自身の恋愛も結婚もどこかに置き去りにしているようなものでもあります。

自分の選択と、自分の人生に後悔しているわけではないのだけれど、さて、今後どうしたらいいのかというとなかなかそこは答えが得られない……というわけですね。

「初雷」のWebページには「女性の自立と家族の絆」というテーマと書いてありますが、男である私は女に限ったことではないだろうと思います。仕事にやりがいを感じて突き進んできたとしても、仕事の側ではそれほど自分を評価してくれていない現実や、次々と新しい技術や知識が求められる世の中で、熟練の腕や長年の勘所などが否定されるということも少なくありません。表現がいいかどうかわからないけれど、「仕事と自立」というか、「仕事と家庭」もしくは「仕事と個人と家族」というのもあるのではないかと思います。ありますよね、ずっと。

芝居の感想としては、理子の元同僚桂子が出てきたあたりからはテンポもよく、おもしろくなったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME NEXT