FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

観劇:「モリー先生との火曜日」~加藤健一事務所公演

2013-06-08-Sat
いい芝居でした。

加藤健一の出ているお芝居は「木の皿」「詩人の恋」などを見てきていますが、いずれもテーマ性のある作品でわたしとしては好きなのですが、見終わったあとの爽快感というか、幸福感は、この「モリー先生との火曜日」が一番でしょう。
 → 過去記事:観劇:「木の皿」~加藤健一事務所公演
 → 過去記事:観劇:「詩人の恋」~加藤健一事務所公演
 
「木の皿」は老人問題、「詩人の恋」は戦争犯罪がテーマだったと思いますが、何か、出口がない沈鬱なムードになりがちでした。もちろん、現実の世界にはそういうことも少なくありません。そして、今回は難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)になった老人の話です。もちろん、それは深刻な話で、テーマは「死」もしくは「大切な人との永遠の別れ」ということになるでしょう。そういう意味では「悲劇的な話」の要素が強いはずなのですが、しかしながら、おそらく見終わったあと、すべての人が温かい気持ちを抱いて、生き生きと劇場をあとにしたでしょう。

この難病ALSも、先日ノーベル賞を受賞した山中教授たちの研究しているiPS細胞が、治療の道を大きく開くのではないかと期待されています。



「不治の病」ではなく、治る病気になる日も近いことでしょう。iPS細胞の研究はすばらしく、そして、多くの人を直接的に幸福にするということではあるのですが、これまた演劇は演劇で、別の意味で多くの人たちを勇気づけ、前向きにさせる、まさにそういう作品ということも言えると思いました。

moripost.png

→ 加藤健一事務所 ホームページ
→ 加藤健一事務所の「モリー先生との火曜日」の案内ページ

その他の「モリー先生」の情報はこちら。
→ Wikipedia による
→ Amazon(モリー先生) による

ちなみに、この芝居は実話を元にした二人芝居です。原作者のミッチの実体験を元にしています。原作者は当然ながら語る側で、「モリー先生」と「火曜日」をともに過ごしたわけです。主人公はモリー先生なんですが、今回の舞台では、実際の父と息子がそれを演じています。加藤健一(大学教授モリー先生役)と加藤義宗(原作者のミッチ役)は物語の上では大学の先生と学生なんですが、実際の生活では親子であり、当然ながら今まで生きてきた実際の親子としての生活があったのだろうと思います(実は、そのあたりは詳しくありませんが、舞台を見る限り、それなりに良好な親子関係の中にあったと想像します。なんというか、こういうときに引き合いに出すのはなんですが、先日お亡くなりになった三國連太郎と佐藤浩市親子みたいなことはないと思います。あくまでわたしの推測で、確認したわけではありませんけれど)。

それを知って、この舞台を見ていて一つの困惑がありました。そもそもは他人の設定のはずなのに、親子みたいだなと感じてしまうのは、配役の偶然によるものではないのかということです。それは原作者の意図なのか、それとも演出サイドというよりは、配役の妙なのかという疑問をひっかけながら見ることになったのです。それは混乱でした。正直、ここがなかなかすっきりといかなかったところです。

ところが、話も相当進んだところで、教授の方から「君を息子にしてもいいと思ったくらいだ」という言葉に触れてからは、なんだかわだかまりがすっと消えたような気がしました。親子のように感じるのは、そもそも役者が親子だったからではなくて、「教師と教え子の二人が、実の親子のように心を通わせる話」だったということです。

ああ、それは当然でした。舞台に立っているときは親子でもなんでもなくて、あくまで二人の役者なんですね。いったい、どこの誰が、「この二人は実の親子なんだ」という余分な知識を、したり顔でわたしに語ったのか、その犯人探しをしたいくらいです(笑)。知らなくっても全然困らない、少なくとも今回の観劇では、妨げになるような知識だったかなとさえ思ってしまいました。

しかし、ミッチ(義宗)はピアノがとても上手でした。実際の舞台では生演奏で聞かせてくれます。それは「詩人の恋」で加藤健一のピアノを思い出させました。親子でピアノが弾ける役者だなんて、そして息子のピアノで躍る父の素敵なダンス……。それが「良好な親子関係」とわたしが推測した、一つの大きな理由でした。

すばらしい作品です。ぜひ、劇場で御覧ください。

スポンサーサイト



観劇:「さんしょう太夫」~前進座公演

2012-07-07-Sat
観劇の市民サークルに入っています。しばらく、観劇スケジュールが合わずに見そびれてきましたが、今月の前進座公演「さんしょう太夫」を見ることができました。
sansyo.jpg
→ 前進座「さんしょう太夫」の公式ページ

「さんしょう太夫」は「山椒大夫」の話であり、「安寿と厨子王」の物語です。

簡単に言えば、平将門の孫というような高貴な身にありながら、旅先で人買いにたぶらかされた姉弟が、「山椒太夫」に売られ、過酷で不慣れな奴隷として生活を強いられる。その後、弟が脱出し、出世して復讐するという話で、離別した母との再会のシーンもあります。

そもそもは、説経節「さんせう太夫」が元の話です。脈々と日本に伝わり、明治の文豪森鴎外が小説「山椒大夫」として書き、後に映画化されるなどの有名な物語で、わたしは、子供向けの本で「安寿と厨子王」を読んでいました。

壺齋閑話ブログ:「さんせう太夫(山椒大夫―安寿と厨子王の物語)」によると、説経節の「さんせう太夫」について「物語の比重は、迫害を受けるものの悲哀と苦しみに置かれており、故なき差別や暴力への怨念に満ちたこだわりがある」とあります。

つまり、中世の日本における支配する者とされる者との間の「厳然とした溝」、「過酷な対立」が背景にあって、説経節「さんせう太夫」は、こうした下人たちの境遇に中心があるというのです。

説経を語る者たちも、定住の地を持たぬ漂泊の民であり、「ささら乞食」として差別される身であった。その彼らが語ることによって、故なく貶められていた人々の情念が乗り移り、物語に人間の叫びを伴わせた。聞くものをして身を震わせ、今日の我々にも訴えかけてくるものは、この人間の魂の叫びなのである。
→ 壺齋閑話ブログ:「さんせう太夫(山椒大夫―安寿と厨子王の物語)」



これに対して、鴎外の小説「山椒大夫」ですが、もちろんあらすじは説経節を踏まえているが、中心は「親子や姉弟の骨肉の愛」で、そこが今でも人の心を打つと言うのです。

鴎外は人間の感情の普遍的なあり方に比重を置くあまり、原作の説経が持っていた荒々しい情念の部分を切り捨てた。安寿とつし王が蒙る、悲惨な拷問の場面や、つし王が後に復習する際の凄惨な光景などは、余分なものとして切り捨てたのである。
→ 壺齋閑話ブログ:「さんせう太夫(山椒大夫―安寿と厨子王の物語)」


今回の「さんしょう太夫」は、鴎外の「山椒大夫」でなく、説経節「さんせう太夫」を芝居にしたもので、わたしが子供の頃読んだ「安寿と厨子王」は鴎外の話に近いものだと、ま、芝居を見て思いました。たとえば、山椒大夫の子の三郎が、残酷な拷問で安寿を責め殺す場面はありませんでした。確か、おぼろげな記憶では、池に身を投げたとなっていたような。舞台では今時のテレビではここまでしないだろうというような残酷な責めも展開されます。息の途絶えるところまではやりませんが、炎をあげる火櫃に顔を押し付けるところはあります。

なぜ、かくも残酷な場面をこれでもかというほど描くのか。それは説経節が、主人の側の物語でなく、大衆や奴婢のサイドの物語だったからですね。かくまで残酷な仕打ちがどれほどあったかどうかはわかりませんが、中世の格差社会は相当であり、こういう共感は民衆にとってはカタルシスであったのでしょう。なにより、身分の差なく信仰あるものを救う姿を描く「説経」そのもののの役割に必要だったということなのかもしれません。

そういう意味で、というのは、説経という意味で、この「さんしょう太夫」はよくできているのかもしれません。別れに当たって、母が姉に与えた地蔵菩薩像は二人をよく助け、また、弟を逃した折に姉が弟に託してからは、弟をよく助け、一方で姉を苦しみに追いやります。地蔵菩薩を持った弟は追手から逃げ延び、出世を果たしすことができます。地蔵菩薩像を持つものには奇跡が起きに、家族のためであっても、身から離したものには辛い運命が訪れます。

そもそも説経とはそうしたものですが、それをそのまんま芝居にしているので、実は現代の視点で見ると、ことのお地蔵様のご利益が、少しばかり鬱陶しく感じられますね。もうちょっと控えめならばとおもいます。ま、そうしたものにいちゃもんをつけてもしかたがないのですが、もう、この話はテーマは、極悪非道な山椒太夫でも、かわいそうな安寿と厨子王でもなく、ありがたいお地蔵さまになってしまうのですね。ま、そういうものだと思ってみればいいわけですけど。

逆に言えば、現代の格差社会に、お地蔵さんはいないということでもあります。

大学を出ても仕事がなく、あっても、労働条件は厳しく過酷になるばかり。一部の大企業は内部留保をたっぷり持ちながら、また行政改革などちっとも進まない中、消費増税案だけが衆院を通過してしまっているのです。消費増税をしないと言って勝った民主党と、消費増税をしますと言って負けた自民党が手を組んで、法案が通ってしまう世の中です。民意を充分知っていながら、平気で自分たちの都合で動く政治家たちが、山椒太夫に見えるばかりで、どこにもホトケはみあたりませんね。

観劇:「妻と社長と九ちゃんと」~劇団青年座公演

2011-11-27-Sun
演劇鑑賞の市民サークルに入っています。今回の例会は劇団青年座の「妻と社長と九ちゃん」という、古き良き昭和の文房具メーカーの世代交代の話です。世代交代には、平成から昭和へ、バブルの崩壊から国際化、グローバルスタンダードの時代の波が押し寄せる、経済的な背景は、もちろん無縁ではありません。企業が大きくなればなるほど、守旧的なだけではやっていけない、新しい波をいずれかの方法で受け入れなければならないのでしょうけれど。
tuma_post.jpg
→ 劇団青年座:「妻と社長と九ちゃん188」のページ

現代の世代交代の話なんですが、こういう話は日本ではもう、わたしの子どもの頃からずっと続いています。たぶん。日本だけでなく、どこの国でもどの時代でも、どんな組織でも、新しい世代が古い理念や手法を否定するというのは、もういくつも繰り返されて来たのでしょうね。

この芝居のようにそれがメインテーマになっているかどうかは別にして、わたしが読んできた小説や見てきたドラマなどでも扱われてきました。古くて新しいテーマというか、永遠のテーマになるのでしょうね。芝居はおもしろく、脚本も四季と起承転結をうまくマッチさせていて、ポスターのワンポイントにもなってる梅の伏線もよく効いていていい出来ばえで、楽しんで見ました。ま、役者がテレビのような芝居でなく、大きなホールであるということを考えて、もう少し客の方を向いて台詞を言ってくれるとよく聞こえたと思うので、その点はやや残念でした。自然な演技を優先し、結果横を向いて声の通らない役者の台詞が聞こえない……。全体のテーマがわかればそれでいいというつもりかもしれませんが、ま、そんなら、テレビなり映画にみればいいわけですのでね、ま、創作サイドもホールに応じた演技の工夫を考えるべきですね。大ホール向けではないから、オファーを断るとかさ。ま、そもそも、そういう劇団はオファーしなきゃいいのですけれどね。見ないとわからないだけに、きちんと記録をとっておかないと。


観劇:「中西和久のエノケン」~京楽座公演

2010-11-07-Sun
観劇の市民サークルに入っています。演劇鑑賞会というんですけどね。ま、毎月会費を納めておいて、二月1度くらいの割合でお芝居を見ようというしくみです。わたしは、どうでしょう、まだ20年にはなってないかなぁ、確実に15年以上は入ってるんですけどね。

今回の演目は「中西和久のエノケン」。
nakanisi.jpg
 → 京楽座公式ページ
エノケンは流石に名前くらいしか知りませんでした。コント55号とか、ドリフは、ま、毎週楽しみにして見ていたんですけどね、エノケンとは~。一応、Wikipediaね。


nakanisi.jpg
榎本 健一(えのもと けんいち、1904年10月11日 - 1970年1月7日)は、日本の俳優、歌手、コメディアンである。当初は浅草を拠点としていたが、エノケンの愛称で広く全国に知られていった。「日本の喜劇王」とも呼ばれ、第二次世界大戦期前後の日本で活躍した。
 → Wikipedia:「榎本健一」

エノケンはほとんど知らないけれど、劇中で使われてる曲は知ってるものが多くて、特に、「俺は村中で一番~」で始まる曲(タイトルまでは知らなかったけれど「洒落男」)や「私の青空」などは、カバー曲やCMの替え歌などで聞いたことがあるんで、ああ、そのもとはこれだったのか~って、再認識しながら見てました。全編にわたって生演奏がたくさん出てくる楽しい作品です。

冒頭で、なんと、中西和久扮するエノケンが客席通路より登場し、「いったい、俺の偽物をやってる中西和久はどこにいるんだ~」というような、虚々実々の展開です。もちろん中西和久がやってるんですから、舞台上や袖のどこを探そうが、中西和久はいるわけはない。電車が遅れてるようだなとか言いながら、エノケンは昔話を始めます。自分が喜劇に足を突っ込んだのはどういう経緯だったとか、当時はどんな時代だったとか。そういう時代に詳しくない世代が見ても、上に書いた楽曲のように、時代の遺産みたいなものをいくつも知ってるわけですから、ま、歌や踊りを楽しみながら、近代風俗史の一面を見せられるわけです。一種のノスタルジーを感じながら。

喜劇王エノケンのスタートは水族館の客寄せイベントだったとか、佐藤ハチローとか菊田一夫、菊田栄らがエノケンを育てたとか、奥さん公認の愛人がいただとか、戦争中にはアチャラカ芝居はやる方はともかくも見る方は引けめを感じているようだったとか、ちょっと順番は忘れてしまいまいたけど、喜劇役者エノケンの誕生から昭和40年1月7日に命を引き取るまでの半生を、1時間45分に凝縮して見せてくれます。時間が立つのを忘れさせてくれる、エノケンを知らない人も楽しめるお芝居です。エンディングに冒頭の「本物のエノケンが中西和久を探す」という伏線が生きてきます。ま、これぞ一つのお手本というくらい見事に決まります。

脚本はジェームス三木ですが、ジェームス三木のホームページには、作品一覧のページがあって、本作のタイトルは「中西和久のエノケン」と明記されています。一見当たり前のようですが、もう一度書きますね。作品名が「エノケン」となっているのでなくて「中西和久のエノケン」となっているのです。わかりますか? 演劇だけの情報を見ると、ジェームス三木の書いた「エノケン」を中西和久がやるから「中西和久のエノケン」というタイトルのような気がするのですけど、そうではないのですよ。ジェームス三木が「中西和久のエノケン」を書いたのです。最初から。なんでも、ジェームス三木が中西和久を見て、「あんたはエノケンに似てるから、エノケンをやってくれ」と言って、この脚本ができたそうです。だから、作品名は、脚本の段階から「中西和久のエノケン」なんです。

そういえば、先の例会「族譜」も同じジェームス三木の本でした。「族譜」(→過去記事)の重厚さに比べて、一転して軽くて明るい作品で、そういう意味でも印象的でした。


HOME NEXT