FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

HTMLの著作権~テンプレの著作権(2)

2007-04-22-Sun
いちおう先日書いた「テンプレの話題があるんで、わたしも。」(4/17付)の続きです。それと、そんなことは今さらお前に言われなくてもわかってる~みたいなツッコミはなしでお願いしたいです。それ言われると、この先に何も書けませんから~。ま、わたしのブログですから、わたしが気づいた!ってことが重要なわけなんですから。

名鏡さんのブログで、テンプレやHTMLの著作権について考えるシリーズをやっています。わたしはこういう、禅問答的な対話が好きです。ま、人によるとよそさまのブログで議論をするってのは一種の迷惑行為だとおっしゃる方いますので、ま、あるいはそういう石が飛んでくるんじゃないかとヒヤヒヤしながらやってます。一応、名鏡さんは「嫌だ」とは直接はおっしゃらないので、こっちもついつい調子にのって、時に議論的にやっています。

わたしとしては、そういう過程で、おそらくブログ主の方にも得るものがあるはずだと信じているのですが、ま、過去の経験上ときどきおしかりをうけることもあります(ひどい場合は絶交されます……)。どうぞ、わたしに絡まれて嫌なときは「もうくたびれます」くらい書いて下さい。早々に詫びを入れて撤退しますので。

さて、書きたいのは「テンプレの著作権」なんですが、今は「HTMLの著作権」です。わたしは正直この対話を通してやっとわかったのです。いや、もちろんおそらくそんなことはわかっていたのでしょうけれど、はっきりと認識できたのです。たいしたことではないので、あるいはもののわかっていた方にはとっくにわかっていたとおっしゃるだろうし、あるいはそんなことはもう気づいていたかもしれないのですけれど、ま、わたしにとっては成果でしたので正直にまとめておくことにします。

名鏡さんはこの記事のコメントでアルフィーのある歌詞を示してくださいました。引用します(名鏡さんのコメントです)。

『おはよう』
『おやすみ』
『こんにちは』
『こんばんわ』

これらはそれぞれ著作物ではありえないですが、
(私個人としては、何らかの思想を持ってそれを『おはよう』で表現した、と作者が主張するなら、著作物だという作者の主張自体は正当なものだと思いますが、実際問題としてその権利が認められることもないと思います。)

『おはよう おやすみ こんにちは こんばんわ』

として、THE ALFEE の『ごあいさつのうた』からの引用だ、といえば、それは(多分)著作物なわけですよ。
(べっ、別にJASRACの権利を侵害なんかしてないんだからね。これはあくまで引用だから。カンチガイしないでよね。)


ここでわたしが考えたのは、『おはよう おやすみ こんにちは こんばんわ』が著作物かどうかというところなんですが、この扱いが微妙です。

もし、歌集などで、この歌のこの部分を『おやすみ おはよう こんにちは こんばんわ』と書かれてしまっては、アルフィーとしては著作権の侵害と言えると思います。わたしはそんな歌詞を書いてないと。これは「森進一のおふくろさん問題」で川内康範が言ってたところでしょう。当然ながらアルフィーだってこれは言えると思うんですね。

しかし、『おはよう おやすみ こんにちは こんばんわ』というフレーズについて、それはわたしの著作物だから必ず断ってから使え、でないと盗用だなどという主張は、ちょっと苦しいと思います。これは例の「銀河鉄道999」の中の台詞(マンガの中では重要なフレーズ)「時間は夢を裏切らない……」について、松本零士が言っていることですが、「おはよう おやすみ……」よりもはるかにオリジナリティがあって、また思想的にもはっきりとしているのですが、それでもわたしは、松本の主張に無理があると思うのです。

つまり「銀河鉄道999」が松本零士の著作であることは自明だが、「時間は夢を……」の類似フレーズにまで自分の著作権を主張するのは無理があると思うのですね。『おはよう おやすみ こんにちは こんばんわ』についても同じで、アルフィーの歌詞に出てくるフレーズです。そういう意味ではアルフィーの著作物の一部ですが、これをもって、では誰もがそれを使うときにアルフィーに許可がいる(アルフィーが著作権を主張できる)とは思えないのです。

「テキストなしのHTML」についても同様のことが言えるのではないかと思うのですね。

たとえば、わたしのブログで今使ってるテンプレには、名鏡さんがブログで記事にしていたあるHTMLのタグが張り込んであります。それは「ユーザタグの変数を各記事下に貼って、クリックによって関連記事を表示する」という機能のHTMLです。こういうしくみ(機能)は、わたしには思いつくことさえできず、名鏡さんのアイデアを借りなければできなかったことに間違いはありません。

わたしには、そのHTML部分が名鏡さんの著作物だと言われれば、導入の過程からいって、たしかにそういう部分は色濃くあると思います。ただ、借りてつけておいていうのもなんですが(笑)、やはり同時に、著作物だとしても、同じものを誰かが切り取ってテンプレに無断で貼りつけたからといって、果たして著作権を主張できるものなのかとう点については、依然として疑問なのです。疑問というのは「否定的」の婉曲表現的言い方のつもりです。上の例で言えば、どっちかというと松本零士の主張に近い立場のように思えます。

ちょっと極論的ですが、現時点では、「トータルに完成されたテンプレートについては、全体で表現しているイメージとか、機能とかがあって著作物と認められるが、その部分(パーツ)のすべてについて著作権があると言えるかどうかは疑問」ということになってきます。

ま、これが今のところのわたしの意見ですが、ま、そうすると、「ほんじゃぁ、プラグインはどうなの?」ってことになってくるかとも思うんですね。



にほんブログ村 ブログブログへ

槇原盗用疑惑(5)~第1回口頭弁論

2007-03-29-Thu
槇原敬之が松本零士を名誉毀損で訴えた裁判の第1回口頭弁論ってのが、28日にあったのですね。

口頭弁論とは、日本における民事訴訟手続において、双方の当事者または訴訟代理人が公開法廷における裁判官の面前で、争いのある訴訟物に対して意見や主張を述べ合って攻撃防御の弁論活動をする訴訟行為ということになっています。(Wikipedia

例の大相撲の「八百長疑惑」訴訟でも、当然ながら行われるわけでして、こちら(八百長)の場合は第1回口頭弁論は4月5日とういことになっておるようです(週刊現代側に、相撲協会と横綱朝青龍ら関係力士17人が名誉棄損で計約4億8000万円の損害賠償などを求めた)。
 → サンスポ:「【大相撲】「八百長疑惑」訴訟…第1回口頭弁論は4月5日」

で、槇原敬之「盗作疑惑訴訟」(と言うのが適切かどうかわかりませんが)では、

槇原側は「盗作の証拠がないのに、(雑誌のインタビューなどで)盗作だと決めつけて大々的に宣伝したことは名誉棄損にあたる」と主張。盗作でないと認められた場合、2200万円の損害賠償を請求している。これに対し松本氏側は「和解するつもりはありません」と全面的に争う姿勢を見せた。
   サンスポ:「松本Vs槇原が全面対決!「盗作訴訟」第1回口頭弁論」


松本零士氏は「和解するつもりはありません」ではなくて、「証拠ならいくらでもあると言っていたわけだから、トーンダウンしないでそれを繰り返して欲しいものです。

さて、全面対決、行く末はどうなることか。注目(?)の次回の口頭弁論は5月14日の予定です。

参考記事→tag:「槇原敬之」

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日の森さん~「三文芝居」

2007-03-01-Thu

“みちのくおわび旅”の森進一に川内氏「三文芝居」

「おふくろさん」をめぐる“改作騒動”で、歌手の森進一(59)が2月28日、作詞家、川内康範氏(87)に謝罪するため青森県八戸市の自宅を再訪したが、川内氏は、すれ違いで上京していたことが1日分かった。川内氏はマスコミを通じ、森の謝罪旅を「三文芝居」と切り捨て、無断で自宅敷地内に入ったことに怒りを倍増させている。

  iza:全文を読む……

「おふくろさん問題」で、森進一が青森県八戸市内の川内康範の自宅を2日にわたって訪問したが、実際、川内氏は病気治療のため上京中で会おうにも会えない状況だったようだ。

ただ、実際は不在でなくても合う意思はないようだったのだけれど。実際、きじによると、手土産を置くためとは言え、無断で敷地内に立ち入ったことに関して怒ってもいる様子で、実際のところそうとうこじれているという感じである。

また、さらに、川内を東京で直撃したテレビ朝日の情報番組「ワイド! スクランブル」に対して、森への怒りをしたためた直筆の手紙を託したという。その記事によると、

 手紙の冒頭では、≪告ぐ! 我が真実、無償の愛は何があっても変わりなし≫と心血を注いで作詞した「おふくろさん」への変わらぬ思いを主張。マスコミが囲む中での八戸来訪を≪森進一の三文芝居≫と切り捨て、≪拙宅は無断侵入禁止の札が掲げおるにもかかわらず侵入した≫と激高している。手土産などは、家政婦が宅配便で森の事務所に返送したとし、≪これが私の返事です≫と修復不可能であることをうかがわせた。

ということで、なにをどう取り繕おうとしても、かえって逆効果という感じになってしまっている。

お気の毒という感じだ。こうして、毎日ボロボロになっている森進一を見て、視聴者は「バカめ、こいつ」とは思わないで(当初はそういう目で見ていたかもしれないが)、むしろ、同情が集まり、川内康範もいい加減許してやれ、森が気の毒だという風潮になる可能性もある。

人気低迷の森に対して、そこまで読んだちょっとした演出かもと思わなくもないが、それにしても、森もそのうちつぶれてしまうかもしれないなって、ちょっと思う。

ガンバレ! 森進一!! あきらめたらダメだと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ

今日の森さん~青森で門前払い

2007-02-28-Wed
まさか、これがシリーズ化するとは思わなかったな~(笑)

「森進一、青森まで行って門前払い」

歌手森進一(59)が27日、青森県内の作詞家川内康範氏(86)の自宅を訪れたが、面会できなかった。

   ライブドアニュース:全文を読む……


かなり深刻です。森進一サイド。たしか、川内康範は「おふくろさん」だけでなくて、自分の歌は一切歌わせないという主張だったのですからね。

川内さんは、この問題については10年ほど前から森さんに伝えていたとして、「やっていることは作家同士なら盗作と同じなんだ。人間として失格」と森さんを激しく非難。「僕の志と違ったことをやる者にはオレの作品は一切歌わせない」と森さんに言うと、居直って「結構だ」と言ったという。
   ライブドアニュース:全文を読む……。

で、川内康範作詞の森の歌ってどんなのがあるかと、森進一のホームページを探してみると、いくつかあります。

おふくろさん

昭43 「花と蝶」
昭44 「花と涙」「恋にもたれて」
昭46 「おふくろさん」「小鳥と少年」
昭46 「火の女」「二人のいのち」
昭56 「命あたえて」「愛と憎しみと」
 参考:森進一ホームページ EP・LPライブラリー

「おふくろさん」だけでなくて「花と蝶」もだめなわけです。「花と蝶」などは「森進一の三大名曲」に数える人もいますんで、とても残念ですね。

これらを「全部歌わせない」と川内が言っているんで、JASRACも当然その意を汲んで使用許諾を与えないものだとばかり思っていましたら、どうやらそうではないという意見がありました。

川内康範氏はおふくろさんその他の歌詞をJASRACに権利委託していると思われる(そうでないと現実的にレコード出せないし)ので、作詞家本人が歌わせないとがんばってもJASRACに金さえ払えば誰でも自由におふくろさんを歌えます。逆に金を払わなければ川内康範氏本人ですら公けの場で歌うことはできません。これが悪名高いJASRACの権利委託です。

   たけくまメモ:「森進一はどうするべきか」のコメント欄より。発言者はでかいのさん

つまり、強行すれば、森も歌えないわけではないようなのです。しかしながら、もちろん、そんなことをしてもなんの解決にもならないどころか、事態は悪化する一方なのです。

というわけで、ますますドロ沼っぽい展開なんですが、ま、おかげで、こんなふうにいろいろと勉強になります。がんばれ! 森進一!

ええと、こんなのもあるのですね。ちょっと欲しくなったかも~(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME NEXT