FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「無断引用」について考える

2009-08-30-Sun
インターネットWatchに「■ おかしな用語「無断引用」が一部の新聞記事に使われる」という小見出しで書かれた文章があります。Twitterでえっけんさんをフォローしててひっかかったのですけど。
 → やじうまWatch:「■ おかしな用語「無断引用」が一部の新聞記事に使われる

この記事はアウトラインだけ書くと、かつてネット上には「無断引用」ということばをよく見かけた。これはおかしな用語で、そもそも「引用」とは著作者に断りなくしてかまわない合法的な行為である。ところが、ネットだけでなく新聞にまで書かれている。新聞の編集部よ、しっかりしろよ。みたいなところです。

「Copy & Copyright Diary」で、民事訴訟を伝える新聞記事に、この「無断引用」のことばがあったと指摘していた。新聞記事というのは、記者が書いたテキストがそのまま紙面に載るわけではなく、何人ものプロのチェックを経て読者の目に触れるはずだ。つまり、日本有数のプロ集団がちゃんと機能していないというわけなんだろう。
 → やじうまWatch:「■ おかしな用語「無断引用」が一部の新聞記事に使われる

ま、新聞にはしっかりしてもらいたいのですが、たぶん著作権法について、「無断引用」だの「無断転載」だの細かな用語についてまで、一般の人が気にしだしたのは、インターネットが復旧してからのことだと思いますので、ま、用語をきちんと整理していくのはいいことだと思いますが、なんというか、法律用語と日常の言葉のズレの宿命みたいなものもあるのではと思います。

わたしはそれが言いたいのですけど、流れ上、上の記事で紹介された Copy & Copyright Diary の記事ですが、みておきます。

石丸幸人弁護士に賠償請求 「無断引用で著作権侵害」 - 47NEWS(よんななニュース)」の見出しにもなっている「無断引用」という言葉について、果たして石丸弁護士がこんな請求をしたのか? という疑問から、各紙を参照することによって、それを否定し、「無断引用」という用語は著作権法上意味がないばかりか、誤解を与えるから、公器たる新聞は使うべきでないという主張です。末尾を引用します。

これは、著作権法上意味の無い用語を普及させるだけでなく、原告の弁護士は著作権法の知識が無いという誤解を広めてしまい、誹謗中傷を行っていることにもなりかねない。

「無断引用」という著作権法上意味の無い用語を弁護士が使うはずがない。

報道する側も、そのことを認識した上で、記事を書いて欲しい。
 → Copy & Copyright Diary:「弁護士は「無断引用」という用語を使っていない

ま、法律的にはそうなんです。弁護士が言ってもいないような台詞を言ったかのように書くのもは、それは新聞記事がまずい。その点も異議はありません。

ただ、世の中のことばがすべて法律上の定義にあてはまめられて使っているかというと、そういうわけではないのです。「無断引用」という言葉が著作権法上意味がないからといって、新聞記事には使えない言葉になってしまうのか? そこが疑問だったりします。

たとえば、「万引き」という言葉も法律上は窃盗罪適用なんですけど万引きは実体を表していて、十分市民権を得た言葉と言えます。
 → Wikipedia:「万引き

ちょっと話がズレますが、一時期言われた「デジタル万引き」なんてのもあります。道義的にはたしかにあんまりよくないような気もするんですが、コンビニの店頭で、気に入ったグラビアを1ページくらいパチリと撮って、ネットなどで流すわけでもなく個人的にも見せなければ、サンドイッチも買うことだし店も黙認してくれてもいいような気もします。常連化していっつもしてるってのは問題かもしれませんけれど……、って、やったことないですよ。

この、「デジタル万引き」についてはその言葉を使い出した側が自粛しているようです。

このような行為を違法とする根拠が不明確であるにもかかわらず、あたかも客を刑法による犯罪行為であるかのように誘導しているとの指摘を受けて、現在は日本雑誌協会自ら「誤解のある表現」として謝罪し使用しないよう自粛を指導している。
 → Wikipedia:「デジタル万引き

こんなふうに、違法性の根拠が不明確なことまで犯罪扱いするのはどうかと思いますが、雑誌側や店側が迷惑しているならしている実体があるわけで、これに代わる上手い言葉はないものかと思います。それが見つかったら、法律上認知されようとどうだろうと、それが使いたい。それが言葉というものでしょう。

世の中にある言葉のすべてが法律上の定義と同じとは限りません。一般に使われている言葉の意味を限定したり、付加したりして法律の言葉はできています。たとえば、一般に「少年」といえば男性で、「少女」の対義語ですが、法律では男性も女性もなく少年法で保護され、対義語は「成人」なになるかもしれません。法律的には。

「引用」という言葉も、別に法律用語としてしか使えないわけではありません。一般に普通に使っていい言葉です。やじうまWatchの「■ おかしな用語「無断引用」が一部の新聞記事に使われる」でも、Wikipediaの「引用」をリンクで紹介しています。引用しましょう。

広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載等[2]のこと。
 → Wikipedia:「引用

ちゃんと、「広義」と「狭義」とが併記されてますね。弁護士が法律の話をするときは「狭義」の方でないと話にならないのでしょうけど、ブログの記事を書くときの「引用」や「転載」という言葉を、広義の使い方でつかうのは全然かまわないということになってきます。

このような考えで「無断引用」を法律的な狭義の意味をもたせず、一般の言葉として考えはじめてしまうと、法律上の「無断転載」を包含し、「適切な引用」をも包含してしまいます。

とにかく、「著作権者に無断で掲載したものがある」時に、適切な「引用」とはいいがたく不備なんだけど、「無断転載」とは認めたくないというようなときに、一種詭弁的に「無断引用」ということを言うことがあるようです。
 → iza:「盗用疑惑TDL本の出版社長を直撃 「無断引用」認め謝罪

実際、新聞社や雑誌を抱えているような大手出版社などになってくると、一回こっきりの付き合いでなくて、連載の関係や記事執筆依頼の関係、過去のつきあいその他いろんな権利や契約もあって、誠実に対応するが、表立って白黒つけないで済ましたい、これも詭弁的な「無断引用」くらいですましたいというケースもありそうです。

広義で「無断引用」という言葉を考えていくと、実用面はこんなところになって、欺瞞性が見え見えで、そいつは「無断転載が正しいだろう」とついつい指摘したくなるのですね。つまらない結果になってしまいます。

ま、わたしがこんなふうに考えるようになったのも、かつては筆者(めたるまんさん)と同じような違和感からでした。そもそも「引用」なんて、著作者に断りなくていいはずだと。だから、「無断引用」なんてものはあり得ないと。

ところが、わたしの場合は逆で、新聞などでちょくちょく見かけるので、一応認知されている言葉なんだと理解し、自分の理解が(法律に)偏っているのではないかと考えるようになったことです。そして、上のような詭弁的な使い方にたどりついたとき、それでおもしろくもないので、もう少し前向きに考えてみました。ここからは、一種の提案めいてもいます。

「無断引用」の「無断」とは「断りのないこと」に決まっているのですが、誰に、どのように断ることをいうのでしょうか? 著作権法の関連で「無断転載」という言葉があるので、「著作権者に無断で」と考えたのですがちです。しかし、それでは法律の解釈にとらわれています。つまり狭義です。

「引用」は法律用語として狭義でとらえ、「無断」については狭義でなく一般的に「断りなく」という意味で解釈してみます。著作権者に「引用しますよ」と断るのでなくて、読者に「ここ引用ですよ」、「どこからの引用ですよ」と断ることを想定します。そういう「おことわり」を怠るというケースです。

いい例になるかどうかわかりませんが、わたしの作った新型インフルエンザのグラフについて、記事に「いいグラフですね、紹介させてください」と、連絡先未記入状態でコメントが付いたことがありました。どこで記事にとりあげるということが知らされなかったので、そのハンドルを頼りに検索でブログを探してみると、引用元を明示されることなく、グラフがペタリと貼り付けられているということがありました。
 → (過去記事)。

法律上は「無断転載」にあたると思います。ただ、もしこの人が、たった一行わたしのブログのURLを書いてさえいたら(なんで書かなかったか不思議です)、オリジナルの文章もしっかりしてるし、文章の主従関係も問題ないし、むしろ逆に適切な「引用」の見本にもなりうるるくらいのものだと思います。

こういう「不備なる引用」を考えるときに、法律的バサリと切ってしまったら「無断転載」なんですけれど、出典が明示してない(「拝借」と断ってある)という点で「不備なる引用」ということになろうかと思います。あたかも自分のものだとしている「盗用」とは違う、出所が明示していない「引用」……、それを「無断引用」と取り立てて呼んでもいいのかと思ったりもします。

もちろんそれは、法律的には「無断転載」であり、「無断引用」と呼んだところでなんの免罪にもならないわけですが、そんなことも考えました。ただ、わたしが勝手に妄想してるだけで、そもそも言葉は他の人に通じなければ意味をなさないのですから、単なる独りよがりに終わってしまうのですが……、「「無断引用」について考える」というタイトルには、一応偽りはないでしょ。(汗)。

スポンサーサイト



森進一は紅白で「おふくろさん」を歌えるか?

2008-11-04-Tue
著作権の問題として興味を持った「森進一のおふくろさん」問題ですが、「もう、森には歌わせない」と言っていた川内康範が亡くなってしまい(本年4月)、森進一にとっては直接の和解ということはないままということになってしまったわけです。

ところが、ここに来て、遺族が解禁したという報道と、まだダメという報道の二つがなされています。
まずスポーツ報知。

森進一、紅白で「おふくろさん」解禁へ!
 歌手の森進一(60)が作詞家の故・川内康範さんとのトラブルで封印していた代表曲「おふくろさん」の歌唱を解禁することが31日、スポーツ報知の取材で分かった。すでに川内さんと親しい関係者などへのあいさつを済ませ、出場確実な大みそかのNHK「紅白歌合戦」で歌うことが有力になった。騒動のきっかけとなった一昨年の紅白から丸2年。森の代表曲が復活する。

続いて、スポーツニッポン。

「おふくろさん」解禁!森 川内氏遺族と和解
11月2日7時5分配信 スポーツニッポン
 今年4月に死去した作詞家の故川内康範さん(享年88)からヒット曲「おふくろさん」の歌唱禁止を通告されていた歌手森進一(60)と川内さんの遺族らが1日までに話し合いを持ち、歌唱が許されることになった。

ところが、こうした報道を踏まえ、「川内さんに親しい関係者」が否定しているという記事が出た。芸能zakzakの記事から。

「おふくろさん」騒動再燃? 川内サイド「歌わせない」
一部スポーツ紙が和解、解禁報道も…

「おふくろさん」解禁が報じられた森だが、関係者は全面否定。道のりは果てしなく険しそうだ (クリックで拡大) 歌手、森進一(60)が作詞家の故・川内康範さんに歌うのを禁止されていた代表曲「おふくろさん」をめぐり、新たな動きが出てきた。一部スポーツ紙で、森、川内さんの両サイドが和解し、歌唱が解禁されると報道されたのだ。しかし、川内さんに親しい関係者は「川内先生の遺志のとおり森には歌わせない」としており、あの騒動が年末に向けて再燃しそうだ。
 ~中略~
川内さんと親しい関係者はこれを全面否定。「森が事務所の人間と接触したという話も、和解したという話もない。先生の遺志どおり、森には歌わせない」と呆れた様子。川内さんの生前、両者の和解に向けて尽力していた音楽関係者も「全く聞いていない」と驚いている。

これは森進一の所属するレコード会社も。

ビクターの担当者も「話は進めているが、和解したという話は聞いていない。どこからそんな話が出たのでしょう」と話した。

「おふくろさん」の歌詞の無断改変(?)がきっかけとなったこの問題は、金銭的なトラブルでなく、人間関係というか、相性というか、人柄に関するトラブルという見方があるんです。Wikipedia(「川内康範」)

騒動以前における森との確執の例
2002年、康範と親しい作曲家の曽根幸明(そねこうめい)が脳梗塞で倒れた際に、康範が見舞いに訪れ「曲を書け」と激励。その後、曽根は左半身不随の身で渾身の1曲を書き上げ、その曲に康範が作詞をし、曽根とは30年来の知り合いである森のところへ直接向かい「(曽根の)傘になってやってくれないか」とこの曲を歌ってくれるように頼んだ。しかし、森は曲も見ることなく冷たくあしらい、この曲は世に出ることが無かった。このことがきっかけで、森と康範の仲は急速に悪化し、生涯この溝が埋まることはなかった。

もしこのとおりだとすると、遺族もしばらくは「許可なんてとんでもない」でしょう。

予想して意味があるかどうかはわかりませんが、今年は森進一は「おふくろさん」を歌えないと思います。

以前記事にしたときには、騒動のきっかけとなったセリフ入りに「おふくろさん」がYoutubeにあったのですが、今はセリフのないものしかありません。


あと、参考までに、Wikipedia:「おふくろさん騒動」から「法律的観点」の部分を転載しておきます。

同一性保持権という法律的なことから見ると2007年3月8日放送分のニュース、ワイドショー番組「イブニング・ファイブ」などでは、著作者である川内の意に反した改変であるため、川内が提訴した場合、森が敗訴する可能性が高いと述べられている。一方で当時の森の立場などを考えると、森に対する訴えでは勝訴できない、本当に訴訟で解決するには改変部分の作詞者と作曲者および当時の所属事務所である渡辺プロダクションを訴訟相手としなければならないとする専門家の意見もある。2007年3月8日になって日本音楽著作権協会(JASRAC)は、「改変版の歌唱・利用許諾はできない」とし、森は改変された「おふくろさん」を歌うことは事実上できなくなった。

一方で森のセリフはイントロにすらかかっておらず、前ふりでしかないと森を擁護する意見も一部ではある。また川内側に偏った判断をしたJASRACやマスコミを非難する声もある。

問題の部分が前ぶり的セリフなのか、歌詞になってしまっているのかという点では、水掛け論的にもなっていて、裁判が決めるしかないと思うのですけど、川内広範がなくなった今、森進一が「あれは演出の一部で、改変でない」と裁判を起こし、仮にその主張が認められたとしても、それでも、川内サイドには依然「森には許諾しない」というカードが残るのでしょうから、やっぱり、そこまで行っても歌えない……ということになるのでしょうかしらん。

ま、「襟裳岬」でも「冬のリヴィエラ」でもいいと思うんですけどね……。

ブログランキング・にほんブログ村へ

槇原さんと松本さんが法廷で初対決~槇原敬之盗用疑惑(7)

2008-07-08-Tue
正直、ちょっと忘れかけてたのですが、このニュース。
 → iza:「槇原敬之さんと松本零士さん、法廷で初対決

いったい、もうどのくらいたつのでしょうか。うちのブログでも「銀河鉄道の時間と夢~槇原敬之盗用疑惑」という記事があって、それが06年10月の記事なんですね。もう、騒ぎになってこんなに立つんだとあらためのて思います。

この事件は、ま、「「約束の場所」歌詞盗用訴訟」という名前になっているようですが、槇原敬之が漫画家の松本零士に「(槇原がケミストリーに提供した楽曲の歌詞に)漫画のセリフを盗用された」と非難されたのですね。盗んだ覚えがないのに「盗用」といわれた槇原敬之が腹を立てて、名誉を傷つけられたなどとして、松本さんに2200万円の損害賠償などを求めていたのですね。

その訴訟の口頭弁論が本日(7日)、東京地裁で行われ、問題の槇原さんと松本さんが出廷したということでニュースになっていたのですね。記事によると、

槇原さんは、盗用を全面的に否定。「松本さんが泥棒扱いをするので不愉快になった」と提訴の動機を語った。

一方、

松本さんは「セリフは私の座右の銘で大切な言葉」とし、「言葉の前後を入れ替えただけで、セリフを見た可能性が極めて大きい」とした。

そうで、、あ、今日の段階では「盗用」とも「名誉毀損」ともどちらも決まったわけではないのですね。

ま、今まで、こんなふうにこの事件のことはおいかけていますので、今回も記事にしてみました。
 → tag:「槇原敬之」

ブログランキング・にほんブログ村へ

槇原盗用疑惑(6)~「和解の道ない」

2007-11-11-Sun
久しぶりに、槇原敬之の「盗用」疑惑のことがニュースになってます。
 → 槙原敬之が松本零士氏と「和解の道ない」

記事によると、1年9カ月ぶりのアルバム「悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。」を発売したんだそうです。
悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。
槇原敬之
エイベックス・エンタテインメント (2007/11/07)
売り上げランキング: 9
おすすめ度の平均: 5.0
5 avexではどんな槇原敬之が見れるのか?
5 マッキー、最高!
5 この冬マッキーで癒されたい方にお勧めです


昨年の9月に愛犬(ゆんぼ)を亡くした直後に松本零士から、歌詞の一部が「銀河鉄道999のセリフの無断使用」と指摘されて、論争のすえ、そんなら裁判でと、槇原側から訴訟に持ち込んだのですね。ま、その時期に作ったのが今回のアルバムも収録されていて、「悲しみを味わって初めて感じたこともあるし人の痛みも分かる。前向きな作品集になった」などと、語っているようです。それはそうなんでしょうが、「初めて」って、今まで悲しみを味わったことなかったの? って、ついついあげあし取りをしたくなっちゃいます。愛犬を亡くすのは確かに悲しいことだとは思いますし、心に深い傷を負うことも、ままあるようです。それで初めて気づくことももちろんあるんだろうけど……、でも、今までに人の痛みがわかるようなきっかけってなかったの?って……。

ま、裁判の方は年内に第5回口頭弁論が行われる予定で、それに関して槇原敬之は現段階で「和解の道はない」と断言したそうです。

一方の松本零士は、先日日経産業新聞フォーラムで「創作者の立場からみた著作権」に関して講演などなさっていたようです。
 → 日経産業新聞フォーラム2007
近くであったら行きたかったですね。

先日、著作権法の一部改正で「罰則の強化」がありましたよね。


著作権侵害等に係る罰則の強化
 著作権等侵害罪の懲役刑及び罰金刑、並びに秘密保持命令違反罪の法人処罰に係る罰金刑の上限について、特許法等と同様の水準に引き上げられました。(第119条第1項及び第124条関係)
(懲役刑) 5年以下の懲役 → 10年以下の懲役

(罰金刑) 個人 : 500万円以下の罰金 → 1,000万円以下の罰金
法人 : 1億5,000万円以下の罰金 → 3億円以下の罰金

 → 著作権法の一部を改正する法律の制定について


また、「著作権保護期間延長問題」(死後50年から70年に延長しようという動きとそれに反対する動き)もありますね。



参考記事→tag:「槇原敬之」

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT