FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

場所が始まってます/平成19年度名古屋場所

2007-07-10-Tue
もちろん気づいてはいたのですが、名古屋場所が始まってます。ちょっと、いろいろ忙しくてなかなか見られないのが残念です。なんとか、会場まで行きたいものだと思っているのですけど。

白鵬は土俵入りを無難にこなしたどころか上出来だとか、朝青龍は初日に負けて5連敗(二日目若の里に勝って連敗ストップ)だとか、琴光喜も期待どおりだとか、把瑠都が休場だとか~話題が入ってきていますので、こちらもうずうずしているのですけど。

ダイジェスト版やニュースなどの再現をあわせて、この二日間で見られたのは、車中のワンセグで初日に朝青龍が安美錦に負けた一番だけなんです。なので、思い入れしか書けないのですが、久しぶりに新聞に舛名大の話題が載ってましたのです、書いておきます。琴光喜と同じ岡崎出身です。

舛名大、経験の差が出た 国立大卒対決 46歳・一ノ矢に軍配

年の差2倍
 舛名大は緊張でガチガチだった。地元で初めての相撲、まして名大時代からあこがれていた一ノ矢との対戦だから無理もないだろう。花道から入場してくると、「国立大ガンバレ」「マスメイダイー」「イチノヤー」と大きな掛け声が飛ぶ。いつもの序二段の相撲では見られない熱気がこもっている。いつもはガラガラなのに、この日は約200人の観客がいた。舛名大が生まれた1984年には、すでに一ノ矢は角界に入門していた。舛名大は「一ノ矢さんは国立大学卒としてパイオニア。長年やられてきた。今も尊敬している」とはっきり言った。
   「中日スポーツ」記事の全文を読む……


舛名大が生まれたときには、もう角界入りをしていた一の矢はプロ入り24年のベテラン。現在46歳の琉球大学理学部卒業で東の序二段61枚目。対する舛名大は23歳、入門5場所目。名大(名古屋大学……「めいだい」と言えば全国的に明大(明治)なんでしょうが、愛知では名大(名古屋大)なんです。ちなみに明治大は「めいじ」または「めいじだい」と呼んでます)出身です。

この一ノ矢と弓の里(高知大農学部1年中退)と2002年名古屋場所で当たったようなのですが、国立大学卒業同士というのは史上初なんだそうです。

同じ支度部屋になったときには、一ノ矢は必ず「頑張れよ」と声を掛けてくれ、舛名大は一ノ矢のまわしを締めるのを手伝ってくれといわれ手伝ったこともあるという。舛名大にとってはあこがれの力士の一人であり、対戦を楽しみにしていた相手だった。

立ち合い、思い切っていこう、としか考えていなかった」と舛名大は言うが、実際は突進していったら左へいなされ相手がいなくて、あっさり引き落としを食ったと記事にあります。まだまだという感じですね。

参考記事(いずれも中日スポーツ
 →「舛名大VS一ノ矢 史上初、国立大卒業対戦」(7月7日)
 →「舛名大、経験の差が出た 国立大卒対決 46歳・一ノ矢に軍配」(7月10日)

じゃ、注目の愛知勢
  → goo大相撲:愛知県力士一覧

関脇琴光喜○○2勝0敗
西幕下筆頭市原●○1勝1敗
幕下12武雄山-○1勝0敗
西序二段60舛名大-●0勝1敗
西序ノ口36玉海山○-1勝0敗


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



平成19年度春場所~中日を終えて

2007-03-18-Sun
う~ん、いい相撲が続いていますが、栃東に土がつき、琴光喜も二敗となりました。それが残念です。

栃東は琴欧洲に立ち合いこそ先手をとった感じなんですが、攻められず、回しを取られてからは何もできなかった。もう少し粘れたのかもしれませんが、ま、まだ後半戦が残っていますから、右膝までやってしまってはあれですから。ま、今日はね~とは言うものの、なんというか、あとの対戦相手を考えるとちょっと寂しい結果でした。倒しておきたかった。

琴光喜(笑)。条件反射なんてことはないのでしょうが、なんでしょう、疲れちゃうんでしょうかね、一週間たつと。解説の北ノ富士はスピードについていけないみたいなことを言ってました。としたら、そこ克服してほしいです。

白鵬は強かったころの低い姿勢から前回しを取っての寄りで、春日王を一蹴。安定感あるし表情もいい。好調そうで、優勝候補ですよね。

朝青龍vs稀勢の里は激しい相撲。仕切りからやたらに睨みつける朝青龍。週刊現代の八百長疑惑記事で、稀勢の里は八百長でなくてガチンコって書かれてたことを意識してるんでしょうか? ま、今回に始まったことではなくて、稀勢の里戦はいつも何か闘争心剥き出しです。一方の稀勢の里は仕切りのときのにらみ合いにはのりたくないって感じでした。千代大海とやって親方にしからてますからね。えらいなぁ稀勢の里は~。相撲の展開は速くて激しい突き合いというか、朝青龍の速さに、なんとか回しを狙っていこうっていう稀勢の里が振り回されてるって感じもしました。結果的には朝青龍の一方的な相撲。勝敗が決まった後の膝はまさに蛇足。また物議を醸し出しそうです。流れというより、闘志が燃え残ってしまったって感じで、わからないでもなのですが、ま、いけませんね。

あと雅山が本日より休場。「右大腿四頭筋挫傷、右大腿内転筋挫傷で全治2週間の加療を要す見込み」だそうです。魁皇が星ひとつ儲けました~。

・どうでもいいですけど、「しまったしまった島倉千代子~」の島木譲二(→プロフ)と料理人の神田川俊郎(→ブログ)を見つけました。

これで全勝が消えて、
1敗:白鵬、栃東
2敗:朝青龍、琴光喜、豊真将、黒海、玉乃島、栃煌山
です。けっこう楽しみな顔ぶれですね。

関 脇 琴光喜 ○○○●○ ○○●
幕下3 武雄山 -●○-○ -●-
幕下4 市 原 ○--○○ -●○
序二段62舛名大 ○-○-○ --○
おっと、舛名大全勝で勝ち越しですね~。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

平成19年度春場所~舛名大卒論発表

2007-03-03-Sat
愛知県出身で、初の国立大学出身力士として話題になった舛名大(東序二段62枚目・千賀ノ浦部屋(関連ブログ)・名古屋大学工学部在学中)が、卒業論文の発表を行ったようです。

卒論のテーマは「イクラ(サケの卵)のエネルギー代謝物質(ATP)の研究」ということで、なんだかわたしにはよくわかりませんが、受精のメカニズムの関する研究のようです。
  →名古屋タイムズ:「春場所(11日初日)専念へ」

同じく、春場所の話題としては、新弟子が多いということですね。そもそも卒業の時期と一致していて年間でも多いのですが、近年に比べても多いということのようです。

注目の新弟子としては、

昨年の学生横綱で日大4年の森友樹(22)=東京都出身、追手風部屋=は177センチ、144キロだった。森は既に幕下15枚目格付け出しデビューが承認されている。
  → サンスポ:「学生横綱の森は144キロ 春場所の新弟子検査」

前橋市出身で、ともに小学5年で相撲を始めた時からプロ入りを考えていたという。高島部屋の兄・正浩は押し相撲、友綱部屋の弟・定浩は四つ相撲と取り口こそ違うが、顔と体形はそっくり
  → サンスポ:「15歳の双子、小暮兄弟が受検 大相撲の新弟子検査」

なんてニュースになってます。

それと、寂しい話題ですが、把瑠都が休場しそうだということです。怪我は治ってきているようですが、まだ、四股が踏めないという状況のようです。
 → 日刊スポーツ:「把瑠都が休場、しこも踏めず」

一方白鵬はかなりいいしあがりの様子。
 → サンスポ:「白鵬、完全復活へ気合十分!「調整は順調」」



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

平成19年度春場所~番付発表

2007-02-27-Tue
平成19年度大阪春場所の番付が発表になっています。

八百長問題の関係で書きかけた記事があるけど、うまくまとまらないのでやめた。今場所は、どうなんだろ、「八百長疑惑などといわれないようにガラリと変わる」のか、結果「あれ、今までと違うじゃん。じゃ、今までのはやっぱり八百長?」とますます言われちゃうかも~なんて思いますね。ま、一生懸命とってはほしいですが、わたしは、相手によって手を抜くことも、手加減することも、あっていいことだと思っています。もちろん、そうすることで力士自身の評価にはね返ってきますけれど、その上でです。

ozumoh1903.gif


愛知県勢は

幕内ではただ一人です。東の関脇琴光喜(ことみつき)。いいかげん、朝青龍を本当に倒して、今までのは八百長だった。オレはほんとうは強いんだ!ってことを証明して欲しいです。できるものなら~(笑)。

東の関脇・琴光喜は昭和以降、2位タイの9場所連続の関脇。先場所を含め過去8場所中7場所が8勝7敗。その7場所中6場所が千秋楽に負けている。余計な詮索(せんさく)をされないためにも爆発したいところだ。
  iza:「朝青龍“八百長”疑惑払拭できるか 春場所番付発表 」

なんて書かれてます。前は琴欧洲の援護射撃、今度は琴奨菊の援護射撃? そんな噛ませ犬みたいな役じゃなくて、琴光喜自身が大関になってほしいですよね

幕下上位ではこの3人ですか。東三枚目武雄山(ぶゆうざん)、東四枚目 市原(いちはら)、西四枚目の玉飛鳥(たまあすか)。ま、市原はちょっと独特の取り口のような気がしますが、わたしは勝って結果を出すことが大切だと思っていますんで、期待してます。

それから、枡名大(ますめいだい)は序二段で東六十二枚目まであがってきました。なかなかテレビで対戦を見られませんが、がんばってほしいです。

がんばれ! 枡名大!

参考:愛知県出身力士一覧

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME