FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「村山槐多の全貌」展~岡崎市美術博物館

2011-12-18-Sun
岡崎で村山槐多(かいた)の大きな展覧会をしています。

「村山槐多の全貌展」です。

ご存知でしょうか?

最近の、本をあまりよまなくなった人たちはあまり知らないかもしれないと思うのですが、なんというか、「おたく」という言葉が流行する前のおたくみたいな人たちは必ず「名前くらいは知っている」ような……とでもいうか、読書や詩や版画などを少し踏み込んでしている人たちは「名前くらいは聞いたことがある、しかし、その作品にはあんまり触れていない、いや、触れようとしてもなかなか出くわさない」というような作家(というより画家?)です。

わたしも知ったようなことを書いていますが、名前くらいしかほとんど知りませんでした。大学時代に、友人の一人が「わたしの知り合いがムラヤマカイタが好きと言っていたが、出人さんは知ってる?」と聞かれたことを思い出す程度です。その時、「ムラヤマカイタ」と聞いて、「村山槐多」の字を想起することができなかったことを思い出します。正直そのとき槐多の絵の一つも見たことはなかったと思います。ただ、当時乱歩全集を読みかじっていたので、たぶん槐多の名前はどこかにひっかかっていたはずなのですが。江戸川乱歩がどんなに槐多の「二少年図」を賞賛しようが(購入して自室に飾っていたそうです)、実際の絵をみたことがなければ、なかなか記憶にとどまらないのですね。こちらに引用のあるブログを見つけましたのでリンクします。
→ 偏在する乱歩・A‐I→乱歩が愛した村山槐多の「二少年図」 - 飾釦

たとえば、あの江戸川乱歩によってこのように愛されて語られた時、槐多の「二少年図」は伝説となります。いったい、どんな作品だろうと……。ま、今回の展示でそれが見られます。また、槐多のデスマスクも展示されています。たとえば、こういうところから槐多に近づく人も少なくなかったと思います。だって、あの江戸川乱歩ですから。

こう書くと画家という感じなんですが、小説も書いていまして、「悪魔の舌」は近代の怪奇小説の代表として、いろんな作品集に採られています。わたしもこれは読んだことがあります。今では青空文庫で読まれますね。わたしも舌は長い方で、学生時代は二枚舌を洒落て、「俺の舌は二枚分ある」などとうそぶいていたことがありますけれど、ま、ニンニクは好きで今日も食べましたけれど、人肉を食べたいと思ったことはありません(って、書くまでないですよね)。
→ 青空文庫:村山槐多 悪魔の舌 村山槐多 悪魔の舌

こんな怪奇で幻想的な小説を書いた村山槐多ですが、どっちかというと、作家の側面よりも画家としての方が有名だったようなんです。どうも、槐多を認めて世に出したのは、詩人であり彫刻家であった高村光太郎ようです。当時流行した「デカダンス」という言葉があったのですが、ま、槐多はまさに、このデカダンスを生きた芸術家だったようです。何か通じるところがあったんでしょうか。

□■□■ NOTE □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
開催場所 岡崎市美術博物館(マインドスケープ・ミュージアム)
開催期間 2011/12/03~2012/01/29(月曜日休館(祝日の場合はその翌平日)、年末年始休館有)
入場料:一般1000円、小中学生500円
※ ただし、「かいた」さんは無料招待だそうです。確認できるものが必要。詳しくは下ページを。
参照 → 槐多展特設ページ
                □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


スポンサーサイト



「フェルメールからのラブレター展」~京都市美術館

2011-09-26-Mon
豊田市美術館の「フェkルメール<地理学者>とオランダフランドル絵画展」(→過去記事:「「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館」に続いて、京都まで出かけて、フェルメール見てきました。

台風の影響があったりで、10月16日までの日程を考えると、どうしても23日しか予定がとれませんでした。しかし、これが間違いでした。23日はお彼岸のお中日ということもあったのでしょう、京都への道のりは大渋滞でした。高速道路も京都東インターを降りてからも、そして駐車場も……。そして、なんとか駐車場を探して美術館の前に立った時は3時近くでした。しかも、昼飯抜き~w 救いは台風15号が過ぎた後のさわやかさだけでした。台風の前だったら、さらに暑さも加わっていたことでしょう。
moblog_0dcfbe31.jpg
→ 「フェルメールからのラブレター展」公式ページ

「フェルメールからのラブレター展」と題された今回は、30数点しか確認されていないフェルメールの作品の中か、手紙にちなんだ3作品が展示されます。フェルメールブルーをふんだんに使った「手紙を読む青衣の女」は日本初上陸だそうです。それに合わせて、「手紙」にスポットを当てていくわけです。

現代は携帯電話、電子メールなどが当たり前になり、私信を手紙で送るということは非常に稀になっています。ビジネス用やダイレクトメールとしてはまだ使われていますが、個人間の通信にはほとんrど使いませんね。ところが、フェルメールがいた17世紀はちょうど逆の流れが起きたいたと言えそうです。公的な通知や商業用の書簡が発達するのと併行的に、個人の間でも手紙をやりとりしようという風潮が生まれてきたのです。そこには個人の気持ちや感情ももちろんダイレクトに書かれました。その一つの代表が「ラブレター」ですね。風俗画はさまざまな人々のコミュニケーションのかたちを描き出しています。もちろん、手紙もその中に登場することになるわけなんです。

ただ、会場の中も大変混雑していまして、じっくりと絵を見るという感じにはならなかったのです。人気の絵画展はあんなものなんでしょうけれど、集中力散漫なわたしは絵よりもむしろ、絵を見る人たちがおもしろくなってしまうんで……。困ってしまいますわ。





フェルメールのついでに見た松井紫朗がおもしろかった!~豊田市美術館

2011-08-24-Wed
先日、豊田市美術館で「フェルメールの<地理学者>とオランダ・フランドル絵画展」を見にいきました。
→ 過去記事:「「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館

そもそも、豊田市美術館には高橋節郎館という、とっても素敵な常設館が隣接しているので、今回だって、フェルメール見て、その後高橋節郎を回れば、わたしはもう満足ってはずったのです。
→ 高橋節郎館の公式サイト

ところが、実際は、高橋節郎館に立ち寄らずに帰ってきてしまいました。フェルメールとも高橋節郎とも違う、とてもおもしろい現代芸術展『松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―』がとってもおもしろかったのです。
→ 「松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―」の公式ページ

写真を全く撮ってこなかったのですけど、検索したらこちらのページのがよく伝えています。ちと、ここ(ART IT:「『松井紫朗 ―亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法―』」)から写真を借りながら説明したいと思います。

まず、最初にこの水色の通路に入るように促されます。これが、最初の展示作品です。フワフワした空間をぞくぞくした感じで進んでいきます。
ms2_enter.jpg

ms1_outside.jpg
もし、バラ色か肉色であれば、まるで巨大な腸の中を歩いているような感じだったのですが、明るい水色だったのでもっと健康的な感じがしました。明るく爽快な、トンネルを歩いているような感じです。それはゾクゾクするような、ウキウキするような感覚でした。

ああ、なんだか楽しい気分になる。そんな作品があるんだと感じていました。ちなみに、上の2枚の写真のうちの下が、そのチューブを外から見ているのですね。このチューブの中を見学したあと、わたしたちはその外側歩いて、次の展示室へのいくことになります。絵画ではなく、こうした木材や、金属、アクリルやガラスなどさまざまな素材を使ったオブジェを見ることになります。

「フェルメール地理学者」展でなく「オランダ・フランドル絵画」展~豊田市美術館

2011-08-22-Mon
暑かったですね。いつのまにか、その暑さが嘘のように、すっかり過ごしやすい日になっています。逆にこんだけ変化が急だと、体調はともかく服装に困ったりしますねw

その暑くて運動できないころの話です。なんとか運動できるところはないか、歩けるところはないかと、ま、横着なことを考えました。どこか冷房の聞いたところを楽しく歩けないか~。そうだ、展覧会やってたな。フェルメールが豊田に来ていたんだから、ちょっと見に行こう! そう思って、豊田市美術館まで行って来ました。


→ フェルメール<地理学者>とオランダフランドル絵画展の公式ページ

絵を見るのに好みはあっていいと思うので書きますが、わたしは特段フェルメールの絵に興味を感じません。あるとすれば、反語ではなくて、素直な疑問で、どうしてこの人の作品がそんなに話題なんだろう? ってことくらいです。

そもそも、わたしは映画でも芝居でも、絵画もそうなんですが、予備知識なしで見たいタイプなんです。もちろん、多少知ってないとなってときは予習していきますよ。先日も、ハリポタ「死の秘法」のパート2は、パート1見直してから見に行きました。そういうことではなくて、他の人が「この作品はこういうところがいい」だとか、「こういうところがすばらしい」とか、「誰それがほめていた」なんていうのは、あまりあてにしないように努めています。で、フェルメールが特にいいってことは、わたしは感じないです。いまも。

しかし、今回の「地理学者展」のテープガイダンス(佐々木蔵之介はなんであんな妙な芝居をしたのだろう。普通にやってくれたほうがいいのに。)で知ったんですが、ゴッホがフェルメールの色使いを誉めていた(→ここ)とか、ダリが「大洪水か何かで地球に危機が起きたときに、自身の作品以外で持ち出して逃げたい画家の作品は?」というような質問をされ、「フェルメールの絵画芸術」と答えたんだそうです。色も構図も天才的だとか。へぇ。そのときはピンと来ませんでしたが、「絵画芸術」ってのは「画家のアトリエ」のことですね(→これ)。

こんなスーパースターなのですから、今回の「オランダ・フランドル絵画展」は、フェルメールがなくても十分楽しめると思うのですが、フェルメールが1点あるというだけで、集客力もすごいのでしょう。もちろん、わたしも、別にフェルメールなんて、それほどでも。暑いからさ。なんていいながら、フェルメールの名まえがあって記憶にひっかかっていたことも確かなんですね。


HOME NEXT