FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

だまし絵展に行ったあとで大須演芸場を行き三亀司に声をかけてもらう

2009-04-27-Mon
名古屋市美術館で「だまし絵展」を見て、その後大須に向かいました。

三亀司さんはブログで「風が強いんでとばされてお客が入る」と書いてますが、そんなんじゃなくて、わたしの場合は予定通りでした。獅篭がYoutubeで公開している「ターケネーター」がおもしろかったんで、ちょっと獅篭をみたくなったんです。落語のしゃべりと、四コママンガで鍛えてきた着眼点。これはいいかも~って思いました。


 ※どうやらこれは、第4回の独演会で上映されたようですが、わたしは第1回しか行けてないのではじめてみました。
 → 獅篭ブログ:公演情報

幸福のホームページにある割引券を持って行った(というか、財布にいつも入っている)のですが、おかみさんが「今日は1000円でいいです」と言ってくれました。最終回はよくおまけしてくれますね。

わたしは入ったときは、平林(立川平林)がすでに始まってました。名古屋弁落語をしていました。わたしが、以前「平林にこのネタあげるわ」って書いた「鶴舞」のネタをしゃぺってました。う~む。ちょっと今日はあえて辛口で書きましょう。平林、顔が怖いですw。ええと、表情が怖いんです。優しい顔でやってもらった方が笑いやすいと思います。それと、早口過ぎませんか? 落語のリズムじゃなくて、漫才のリズムみたいです? 平林には平林の考えがあってやっとるんでしょうし、名古屋弁のリズムってのは早くとなのかもしれませんが、どうでしょう、もう少しのんびり、ゆったり演じてみては。

次が、かつら竜鶴。もう80才なんですね。前は黒メガネだったんですが、今日はメガネなし。いい感じです。この方が何倍もいい。「名古屋甚句」に「名古屋名物」、とてもよかったです。で、雷門幸福。最初の挨拶がマイクが遠くて小声で何しゃべってるのかわからなかたけれど、落語に入ったらちゃんと聞けました。その点は問題ない。聞きやすかったし、もう、わたしが何か言えるレベルじゃないでしょう。

で、三亀司の独楽。お元気そうで何よりです。「風車」という芸が不本意だったらしく、悔しい悔しいと言いながら再チャレンジをしてました。「わたしくらいのベテランになるとなぜだか時間がわかる。今28分で、あと10分くらい……」などといいながらやるわけですが、別にベテランの勘で時間がわかるわけでなくて、大須演芸場の出入り口の隣に時計があるので誰だってわかるんです。ネタのつもりかなにかわからないですw。「みなさんにもお教えしましょう。どうしたら時間がわかるか。出入り口のところに時計があるんです。あれを見れば誰だってわかる。でも、みなさんは、やっちゃあいけません。落語でも、歌謡でも、漫談でも。演じてるのに、お客さんがちらちらと後ろの壁の時計を見られたらたまりませんからね。ほらっ。独楽だって落っこちゃう~」とかさ。

最後は三遊亭楽市という岐阜出身の若い落語家。10日間くらい大須にあがってるそうです。がんばって~。

大須はあいかわらず平和でした。帰りがけに、三亀司さんが降りてきて、「久しぶりだね。今日はプロレスやっとるの?」とやさしく声をかけてくれました。前にプロレスのついでに来てるというようなことを話したのを覚えてくれていたのですね。「いいえ、今日は美術展で……」と短く話して終わりました。

ちょっと、大須で笑いのセンスを取り戻したので、メキシコの豚インフルエンザの記事ができたのですね。
 → 「メキシコで豚インフルエンザでマスクってぇと、やっぱりあれですかねぇ……と不謹慎なことを書く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



大須演芸場で平林を2回見る

2008-03-10-Mon
大須演芸場→愛知県体育館というのは、一つのパターンでありまして、今回も大須演芸場に行って来ましたよ。

昼飯時、入ると平林(立川平林)がもう羽織を脱いでいまして、得意の小咄を語ってました。お、平林毛がのびたじゃねぇかってのが第一印象。目に余裕が見られます。大須演芸場は、土日は3回講演で、11:00から1ターン約2時間で6時までリレー式に展開します。もう1回平林見ると、一応一回り見たことになります。わたしは、平林をもう一度みたら出ようとそのとき決めたのです(基本的に入れ替え制を採用していないので、ずっとみることもできます)。

二人めはかつら竜鶴という、三味線漫談なんでしょうか。ちょっと時代遅れのギラギラしたじいちゃんという感じです。なんでサングラス? と思いました。あの髪型で、あの体形で、あのサングラスって、笑えません(笑)。のんき節(→Wikipedia:「石田一松」)やってました。内容は時代遅れじゃなくて、現代の時勢を織り込んでました。はは、のんきだね~。

獅篭。古典落語「三枚起請」(さんまいきしょう:→Wikipedia:「三枚起請」)です。表情がおもしろいんで、いいと思います。落語が聞きたくていくので、少なくともわたしは、似顔絵描いてもらうよりこっちの方がいい。ちょっと気になったのが、「棟梁(とうりょう)」がどうも「とうりゅう」に聞こえてしまうこと。正直、ずっと、「とうりゅう」って誰なんだろう、棟梁じゃないのかって思って居心地がわるかったです。
・朝のカラスはゴミを漁ってたしかに迷惑なんですよね、現代でも~。

マジックの鳥居克次はおもしろい。イリュージョンみたいのはもちろんなくて、ステッキとかリングとか、花が増えたりだとか、ちょっと嫌な言葉で言えば、今どきこのレベルのマジックって学生でもしそうなネタなんだけどなぁと思ったのですが、途中で話芸が入るところが2箇所あるのですね(「リサイクルコーラー」のネタと、最後の「ハンカチの種明かし」のネタ)。そこがいい。そこに芸を見ました。味がある。話の方が多くなると、どこかの独楽廻しの師匠みたいになっちゃうんだろうけど……(そういえば今回師匠はお見受けしませんでした)。また見たいですね。

演歌のイ・ジョンエ、なごやのバタやんに続いて、雷門小ゆび(こゆび)。入場料を払うときに、入り口で後ろから「どうも、ありがとうございます~」と声をかけれて、ピンときませんでした。そういえば姫ちゃんが結婚する(→獅篭ブログ参照)と言っていたので、寿退社で次の子が入ったのか~くらいにしか思わなかったのですが、姫ちゃんはあいかわらず座布団やマイクを運んでましたんで、あれは誰だろうと思っていたら、この小ゆびだったんですね。

ああ、そういえば、不登校だか、引き込もりだったかで苦しんでいる中で落語と出会い、人生を再スタートさせたみたいな番組をテレビでやってたことあったなぁと思い出しました。
 → 中京テレビニュース「リアルタイム」:特集「名古屋初!女性落語家 雷門小ゆび奮闘記」

獅篭のブログでも「五本目の指」とか「大須ラクゴレンジャー」などと紹介していましたね。

まだまだ駆け出しでしょう。女性の落語家ってあんまり見たことがないので(以前、露の団姫を見たことがありますが)、なんとも評価はできません。表情がよくって、ニコニコで、話しにも力が感じられてよかったと思います。聞きやすかったし。がんばってほしいです。

ひと:みちゃん(「」はウムラウトで、「み」についているので、ひとみ:ちゃんでも、ひと:みちゃんでもなく、「み」の上に冠のようにのっけて書くべきなのですけど。参考過去記事:→「色物について思う」)は、おとなしかった。会場に降りてきませんでした(なんでも、マイクスタンドステージ床の照明用のガラスを割ったからだそうです。わたしはウソだと思います。きっとお客と喧嘩になった~(笑))いったい何者かわかりませんが、先回で心構えができていたので、今回は積極的に手拍子に協力できました。

そして、二回目の平林。客席には子ども連れが入ってきていたので、小咄も子ども向けバージョンを披露、続いて、すぐに大人バージョン(?)に入っていきました。平林の小咄は、考え落ちというのか、なかなか難しいところがあって、タイミングよく全員が笑うというわけにはいかないのですね。むしろ、ニンマリとするという感じで、ま、そのあたりの空気を感じることができているのかなと思いました。名古屋弁落語はおもしろい試みだと思います。よかったらこの「鶴舞公園」のネタを提供しますけどね(→過去記事:「ベッカムな話」) まだ続けていくんでしょうが、やっぱり名古屋弁になじみのない人が聞いたら、やっぱりキツいというか、怖いと思うんですよ。名古屋弁って。どうしてもキツめに響く。だから、せめて、表情は軟らかくやってほしいかなって思いますです。マジで。

 → 大須寄席情報割引券あり
 → マピオン「大須演芸場」


ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME